ファイナルカット

ドラマ「ファイナルカット」の4話のあらすじと感想。なぜ母親を犯人扱いに?

ドラマ「FINAL CUT(ファイナルカット)」4話のやあらすじと感想です。プロデューサーの井出に続き、ディレクターの真崎久美子、ディレクターの小池でにもファイナルカットを突きつけました。小池には、なぜ母親を犯人扱いしたのかを調べろといいました。

スポンサーリンク

4話のあらすじ

慶介(亀梨和也)の後輩の野田大地(高木雄也)が、被害者サイト「MP.info.net」をみてると、1通のメールがきました。そこには、先日起きた人気子役の転落事故のことがかかれていました。人気子役は、藤井ゆめという女の子で、主役が決まった映画のオーディション中に階段を落ちてしまったのですが、そばにいたメールの主の息子の光喜が押したのではないかと疑われて取材が殺到したということでした。そのときに特にしつこかったのが、『ザ・プレミアワイド』でした。

それを慶介につたえようとすると、先日雪子(栗山千明)から聞いた兄の祥太が失踪していて亡くなったことにするという話で頭がいっぱいでした。野田は、慶介を揺さぶって、新しいメールが来てると伝えました。そのしつこい取材はカメラマンの皆川義和(やついいちろう)でした。慶介は「今度はお前だ」とつぶやきました。

小河原家では、慶介とキスをした雪子はルンルンでネイルを塗っていました。ところが、妹の若葉(橋本環奈)は、「だれか、女がいる」と険しい顔をしてつぶやいていました。最近の慶介の態度に感づいてしまったようでした。

 

『ザ・プレミアワイド』のメンバーは、MCの百々瀬塁(藤木直人)の家に集められてランチ会が開かれていました。プロデューサーの井出(杉本哲太)は、これは確認会だといいまいた。百々瀬は、いま話題の子役のゆめちゃんの事件は必ず独占で放送したいといって、相手の男の子も集中して取材しろとハッパをかけました。

慶介は、ディレクターの小池(林遣都)に母親の事件のテープを調べておけといって、自分は、高田副所長(佐々木蔵之介)に母親の事件ではじめから犯人扱いされていたのはなぜかとききました。そして、調書にあったハンカチのことをききました。そこには亡くなった少女のDNAがついていて、母親のものでした。母親は少女に貸したものだと供述していましたが、高田はその可能性もあるので捜査は慎重に進められたといいます。ハンカチのことも発表せず、母親は重要参考人扱いにしたといいました。

すると、慶介は、ある番組だけは事件開始当初から母親を犯人扱いにしていたといいます。その番組のおかげで他の番組も追随して犯人扱いをしてしまいました。「なんでその番組だけ、なんでかわかりませんか?」と高田に聞くと、「重要参考人は亡くなった。事件は未解決。それが今いえるすべてだ。気持ちはわかるが、それがすべてなんだ」そいういうと、慶介の肩を握り締めてその場から離れました。

 

そのころ、野田はふたたびカメラマンの皆川に盗撮カメラをしかけていました。

皆川と真崎たちは、おしたとされる光喜くんの小学校にいきましたが休んでるようでした。皆川は、光喜の友達からSNSを教えてもらい、翌日の撮影のために来てる美容室まで追いかけて、嫌がって逃げる光喜にインタビューしてました。

慶介は仕事が終わって帰ろうとしてると、若葉から会いたいと連絡が来ました。慶介は「行く」と答えました。若葉が待ってるレストランには、サプライズということで、慶介には内緒で雪子もいました。若葉は、雪子の相手も呼んじゃえば?というと、雪子は慶介にメッセージを送りました。慶介は遅くなるけど行くと返信しました。

慶介が若葉が待つレストランに入ろうとすると、スマホの携帯がなりました。光喜の母親からで追いかけられて無理やりインタビューされたということでした。若葉と雪子には断りのメッセージを入れて、光喜たちのところに行きました。慶介は、ゆめちゃんが落ちたときの事を聞いたのかと母親に聞きました。やってないという事だけ聞いたというと、母親はゆめちゃんの事務所が宣伝に使えるということで何も発表しない言われてるといいました。今日のことは抗議するけども、事件の真相がわからない限りずっと追われるといって、慶介は光喜くんにお守りだと言ってバッジを渡しました。

そのころ、カメラマンの皆川は真崎と別れてカプセルホテルに向かいました。そこで何かをしてるようでした。

 

翌日、光喜くんの撮影スタジオにいった皆川はひそかに侵入していきました。スタジオでは、光喜くんを疑いのまなざしで見ていてなかまはずれにされていました。そこに皆川がやってきてふたたび光喜をおいかけました。倉庫の奥に光喜くんを追い詰めた皆川がこえをかけると、光喜くんは、高いところから落ちてしまいました。皆川は、痛がって足を押さえてる光喜くんに「ひとつだけ教えて。聞いたらすぐに帰るから」といって夢ちゃんを押したかどうかをしつこくききつづけました。光喜くんは「おしました」といってしまいました。

そこに、慶介がやってきました。「なにやってる?」と聞くと、皆川は足早に立ち去りました。

慶介は、光喜を喫茶店につれていって話を聞きました。光喜くんは「お母さんが飼っちゃだめだって」と言ってハムスターをカバンから出しました。じつは、ゆめちゃんが落ちたのは、光喜くんが逃がしてしまったハムスターを見て驚いて落ちてしまったんです。ハムスターも飼えなくなるし、仕事もできなくなるから言い出せなかったといいます。そして、「さっき、押したって言っちゃった」といいます。

慶介は、「安心して、あいつの好きなようにはさせないから」といいました。

 

TV局に戻った皆川のところに、電話がかかってきて、ネタがあるからと夜の競馬場に呼び出されました。そこに待っていたのは、慶介でした。いつものようにURLを渡して、競馬場のワイドスクリーンのターフビジョンを見ろと指差しました。そこには、会議すっぽかして競馬に行ったり、タレントのお宝写真を売って副業をしてるところ、光喜くんを追いかけて高価なライトを割ったり高いところから落としたところがばっちり写っていました。

それを見た皆川は頭を下げて謝りました。すると慶介は母親のことを話してなぜ母親をはじめから追いかけたと聞くと、MCの百々瀬から「犯人は早川恭子だ。ある筋から情報を得た。われわれザ・プレミアワイドは早川恭子を追求する」と言われたと白状しました。慶介は、皆川にこれからはおれに協力しろと脅してその場を去りました。

 

翌日のザ・プレミアワイドの会議では、光喜くんが飼っていたハムスターが逃げ出しておどろいたゆめちゃんがおちたと、走法の事務所から連絡が来たと真崎たちが百々瀬に報告しました。さらに皆川が光喜くんにインタビューを強要させて嘘の証言をさせたと抗議がきてるといいました。そのことを百々瀬がきくと、こんなときになにをやってるのか!と怒り出しました。

小田原家では、雪子が帰ってくると、母親が「もう大丈夫だから、心配要らないわよ」と祥太の写真や賞状を見て電話をしているのを聞きました。慶介にあったときに、母親がたぶん兄の祥太と電話で話をしていたようだと話しました。そこに買い物帰りの若葉がやってきました。若葉は雪子の相手が守だと気がついて二人に近づいていって、雪子の腕を取って「守、どういうこと?」と怒って聞きました。

(⇒5話のあらすじ

ドラマ「ファイナルカット」は、有料ですが、フジテレビの動画配信サービス「FOD」で配信中です。こちらをクリックして「ファイナルカット」を見ましょう。

≫FODプレミアム公式サイト

詳しい申し込み方法はコチラです。

各話のあらすじ

感想

おもしろかったですね。ついに、若葉と雪子の相手がおなじ慶介だということがばれてしまいました。ということは、慶介の目的もばれてしまうかもしれないので、いままでは何とか聞き出そうとしていましたが強制的になぜウソの証言をしたのかを問いただしていくのではないでしょうか。

ちょっと物足りなさを感じてるのは、慶介にしたら、母親の命を奪った犯人の家族で、しかもウソの証言をしてる姉妹なのに、憎しみが感じられないという部分です。「ザ・プレミアワイド」のメンバーと同じように盗撮して、むりやり口を割らせればいいんじゃないかと感じました。それとも、もっとべつな復讐を考えてるのかも知れませんが、そのあたりが復讐劇としたらかなりぬるい感じがします。

今回の皆川に対する慶介の行動もちょっとぬるすぎるように感じました。おそらく、実際の取材はこんなもんじゃないとみんなが思ってるのに、それにたいする仕置きが言うことを聞かせるだけっていうのがスカッとしない原因のひとつだと思います。ただ、これでメンバーのほとんどが慶介の言いなりになりました。このあと、どんな展開に持っていくのか、星名と高田にどうやって復讐していくのか楽しみになってきました。

さらには、真犯人の祥太がどこにいて誰が演じるのかとても期待しています。子供の命を奪ってアメリカに行って失踪したことになってるくらいですから、そうとうサイコパスのような人物が登場すると盛り上がってくるような気がします。

スポンサーリンク

キャスト

  • 中村慶介 亀梨和也
  • 野田大地 高木雄也、慶介の後輩
  • 小河原雪子 栗山千明、事件当時、慶介の母親を見たと証言
  • 小河原若葉 橋本環奈、兄といっしょにいたとアリバイを証言
  • 高田清一郎 佐々木蔵之介、担当刑事で、現在副署長
  • 百々瀬塁 藤木直人、「ザ・プレミアワイド」のMC
  • 井手正弥 杉本哲太、「ザ・プレミアワイド」のプロデューサー
  • 真崎久美子 水野美紀、「ザ・プレミアワイド」のディレクター
  • 小池悠人 林遣都、「ザ・プレミアワイド」のディレクター
  • 皆川義和 やついいちろう、「ザ・プレミアワイド」のカメラマン

以上、ドラマ「ファイナルカット」の4話のあらすじと感想でした。


あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 


LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

40歳で人生を見直す

  1. プロ野球
  2. 幸せ




疲れたときにおススメ

  1. 王様のレストラン
  2. 好きな人がいること
  3. 恋ノチカラ
  4. 僕のいた時間
  5. 恋仲
  6. 救命病棟24時
  7. ブザービート
  8. 地味にスゴイ!
  9. ゆとりですがなにか
  10. 101回目のプロポーズ

40代におススメの韓流ドラマ

  1. アンダンテ~恋する速度~
  2. アイム・ソーリー・カン・ナムグ
  3. 明日、キミと
  4. マンホール
  5. テバク
  6. 韓国ドラマ
  7. メロホリック
  8. トンイ
  9. スパイ
  10. ファンタスティック~君がくれた奇跡~
スポンサーリンク

最新情報

  1. 黄昏流星群
  2. 黄昏流星群
  3. リーガルV ~元弁護士小鳥遊翔子
  4. リーガルV ~元弁護士小鳥遊翔子
  5. NBA2017-2018
ドクターX
  1. 介護
  2. 明日の約束-1
  3. 突然ですが、明日結婚します
  4. 明日、キミと
  5. 骨ストレッチ
  6. 帝一の國
  7. 子猫
  8. 家政婦のミタゾノ
  9. ブラックペアン

多くの人に読まれている情報

  1. オーファンブラック
  2. オーマイゴッド
  3. 刑事ゆがみ
  4. 犯罪症候群
  5. 嘘の戦争
  6. 今夜、ロマンス劇場で
  7. レンタル救世主
  8. スニッファー嗅覚捜査官
  9. モンテクリスト伯
  10. いすみ鉄道
auひかりバナー
PAGE TOP