ファイナルカット

ドラマ「ファイナルカット」の6話のあらすじ。真犯人はドコに?

ドラマ「FINAL CUT(ファイナルカット)」6話のやあらすじと感想です。プロデューサーの井出に続き、ディレクターの真崎久美子、ディレクターの小池、カメラマンの皆川、MCの百々瀬塁にもファイナルカットを突きつけました。すると、ほんとうの敵は、警視庁の芳賀啓二部長だとわかりました。慶介は真犯人を捕まえると宣言しました。

スポンサーリンク

6話のあらすじ

慶介(亀梨和也)の正体がだれだかわからなくなった雪子(栗山千明)は、慶介の目的は、兄の祥太じゃないかと妹の若葉(橋本環奈)にはなしました。さらに、失踪宣告をしようと言ってるのに、母親が翔太らしき人物と電話で話していたことを伝えました。何かわからないけど、そのために慶介が近づいてきたから、もう会わないほうがいいと若葉にいいました。

家に帰った慶介は、感づかれたみたいだと野田(高木雄也)にいうと、間抜けだといわれてしまいます。慶介は小河原姉妹からフェードアウトして翔太を追いかけるといいました。ただ、姉妹は母親の敵なのですが、どこかしら気になってる慶介でした。

 

翌日、MCの百々瀬(藤木直人)は、井出を待ち伏せして内緒の話をしました。

慶介が警視庁にいると、事件が起きたと知らせがきました。TV局の真崎のところにも、警視庁にスパイがいるようですぐに連絡が来てみんなで出かけていきました。亡くなったのは、可愛いと評判の料理研究家の柴みちる(今野杏南)でした。容疑者は、彼氏の矢口透(中村倫也)でした。

真崎たちが取材から帰ってくると、百々瀬からよばれました。机の上には盗聴器、盗撮カメラが山と置かれていました。そして、全員が慶介から脅迫されていたことがやっとわかりました。すると、

「化けるかもな、大化けするかも」

と百々瀬がつぶやいて、慶介を調べろと命令しました。

 

慶介が家に帰ってくると、ずぶぬれになった容疑者の矢口がいました。慶介に被害者救済サイトの人ですかとたずねて、もう家には帰れないから助けてくれとお願いしました。

家に入った矢口は、「ぼくはやっていません」と言い出します。被害者のみちるとは幼馴染で、東京に出てきてからいっしょに暮らし始めたといいます。そして、今朝、些細なことからけんかをしてしまい強く言い過ぎたので、ケーキを買って帰ってきたらすでに息はなかったといいます。そして警察を呼んで事情を聞かれてると、取材陣がたくさん集まりました。その中には、『ザ・プレミアワイド』ももちろんいて、近所の主婦をだましていました。それから、TVの画面には矢口の写真が出ていて、すでに犯罪者扱いでした。そのあと、ホテルに行こうとしましたが、矢口の行動がぜんぶSNSで拡散されていました。怖くなって、慶介のところにやってきたということでした。

その日の夜は、慶介の家に止まらせることにしました。

しばらくして、みちるのアシスタントのインタビューが、矢口と違うことを話してる動画をみつけました。野田は本当に大丈夫か?犯人じゃないのか?と慶介にききました。そのことを矢口がきいていました。

小河原家では、雪子が母親と父親に兄の翔太のことをききましたが、ごまかされました。部屋に戻った若葉は、慶介が好きだからあきらめられないと雪子に言いました。

翌日、慶介が目を覚ますと若葉から、<守がだれでもいいの、会いたい>とメッセージがきていました。さらに隣の部屋にいたはずの矢口がいませんでした。

 

慶介が警視庁に行くと、矢口が逃げてることから警察内でも犯人扱いされていました。芳賀啓二部長もやってきて、とりあえず公務執行妨害で逮捕状が出ました。慶介は、高田副署長に捜査に加えさせてくれとお願いしました。高田副署長に矢口を昨晩かくまったことを告げると、あきれられました。そして、監視するために自分の下に来させたと説明して、「これだけは言っておく、自分の力を過信するな。青二才が大きな組織にかなうわけがない。必ず足元をすくわれる」といいました。すると、矢口た逮捕されたと連絡が入りました。

いっしょに廊下を歩いてると、高田副署長に百々瀬から電話がかかってきました。高田副署長は慶介のめをおそれて何も言いませんでした。百々瀬は逮捕は間近だと気がつきました。すぐに、井出のところに逮捕したという情報が入ってきました。百々瀬は、矢口と満ちるの写真を矢口に見せてその顔を絶対に撮影しろと小池に命じました。

その日の『ザ・プレミアワイド』はしょっぱなから矢口の事件の話題でした。さらに、矢口の両親の謝る映像も延々と流していました。すでに、矢口が犯人扱いされていました。高田副署長も、「公務執行妨害なのに」と驚きました。

警察に矢口が連行されてやってくると、取材陣がいっせいにフラッシュがたかれました。小池は、矢口に写真を見せて「今これを見て何を」とインタビューしました。その写真の裏には、「ずっといっしょにいようね。みちる」という文字が書かれていました。それを見た矢口は叫んで逃げ出しました。そして、走ってきた車の前にたって自らの命を絶とうとします。それを慶介が一瞬の差で助けました。それをカメラがうつしていました。『ザ・プレミアワイド』のクルーたちは、自分たちを脅迫した慶介がどこのだれだかばれてしまいました。矢口は「誰かとであったら、しがみついてでも失わないでください」と言って連行されていきました。

高田副署長は調書を見てると、真犯人に気がつきました。そこに署長がやってきて真犯人が出頭したといいました。真犯人は高田副署長の想像通りアシスタントの女性でした。そして、矢口を犯人扱いをしたのはメディアだと念を押せと命じました。

『ザ・プレミアワイド』では、慶介の顔がしっかりと写されていて、百々瀬は「これからが楽しみです」としめくくりました。小河原家では、雪子がその番組を見ていて慶介に気がつきました。

そのあと、慶介が帰る途中雪子が現れました。雪子が本当のことを話してくれというと、「俺の名は早川慶介」といって、母親をなくした事件のことを由紀子に話して、真犯人は雪子の兄だといいました。

(⇒7話のあらすじ

ドラマ「ファイナルカット」は、有料ですが、フジテレビの動画配信サービス「FOD」で配信中です。こちらをクリックして「ファイナルカット」を見ましょう。

≫FODプレミアム公式サイト

詳しい申し込み方法はコチラです。

各話のあらすじ

キャスト

  • 中村慶介 亀梨和也
  • 野田大地 高木雄也、慶介の後輩
  • 小河原雪子 栗山千明、事件当時、慶介の母親を見たと証言
  • 小河原若葉 橋本環奈、兄といっしょにいたとアリバイを証言
  • 高田清一郎 佐々木蔵之介、担当刑事で、現在副署長
  • 百々瀬塁 藤木直人、「ザ・プレミアワイド」のMC
  • 井手正弥 杉本哲太、「ザ・プレミアワイド」のプロデューサー
  • 真崎久美子 水野美紀、「ザ・プレミアワイド」のディレクター
  • 小池悠人 林遣都、「ザ・プレミアワイド」のディレクター
  • 皆川義和 やついいちろう、「ザ・プレミアワイド」のカメラマン

以上、ドラマ「ファイナルカット」の6話のあらすじと感想でした。


あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 


LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

40歳で人生を見直す

  1. 人生の転機は40代
  2. 旅
  3. 人生の時間




疲れたときにおススメ

  1. 隣の家族は青く見える
  2. GTO
  3. ショムニ(FODプレミアム)
  4. 昼顔
  5. 探偵物語
  6. 民衆の敵
  7. ゴーストライター
  8. パフェちっく
  9. ホタルノヒカリ

40代におススメの韓流ドラマ

  1. 君の声が聞こえる
  2. ジャグラス
  3. バリでの出来事
  4. 記憶~愛するひとへ~
  5. 冬鳥
  6. キャリアを引く女
  7. オー・マイ・クムビ
  8. トッケビ
  9. 輝くか、狂うか
  10. あなたが眠ってる間に
スポンサーリンク

最新情報

  1. Bリーグ
  2. B2リーグ
  3. Jリーグ2019
  4. J1昇格プレーオフ
ドラマ「海月姫」
  1. インハンド
  2. 愛してたって、秘密はある
  3. 地味にスゴイ!
  4. ゼロ~一獲千金ゲーム
  5. ドクターX
  6. 恋がヘタでも生きてます
  7. オーマイゴッド

多くの人に読まれている情報

  1. 内省的なボス
  2. リピート~運命を変える10か月~
  3. 嫌われる勇気
  4. 神様、もう少しだけ
  5. はちみつ黒酢ダイエット
  6. YBCルヴァンカップ2017
  7. IQ246~華麗なる事件簿~
  8. 警視庁いきもの係
auひかりバナー
PAGE TOP