ごめん、愛してる

「ごめん、愛してる」最終回のあらすじ(ネタバレ)と感想!

ごめん、愛してる
LINEで送る
Pocket

 今夜のドラマは?
ドクターX 2017
刑事ゆがみ
ブラックリベンジ

ドラマ「ごめん、愛してる」の最終回のあらすじと感想です。病状が悪化したと感じた律は、凛華を悲しませないように、若菜と魚を連れて塔子の別荘に隠れました。


スポンサードリンク


「ごめん、愛してる」最終回あらすじ

「ごめん、愛してる」は、他のおもしろいドラマも含めて、有料ですがU-NEXTで見ることができます。⇒ U-NEXT

ここから先はネタバレが含まれます。今までのストーリーはコチラ⇒ストーリーまでジャンプ!

 

律(長瀬智也)とホテルに泊まった凛華(吉岡里帆)は、翌朝、目を覚ますと、

「ごめんな ボケチン」

と書かれた置手紙がありました。凛華が急いで律と若菜がいっしょに住んでた家に行きますが、誰もいませんでした。

律が町を歩いてると、塔子が車の前に立っていました。わけを話して、律は若菜と魚を連れて、塔子の海沿いの別荘に行きました。

凛華が若菜の家で待ってると、恒夫(中村梅雀)がやってきますが、凛華は律のことを愛してると言って、ずっと家の中で待っていました。

病院では、サトルが、サトルより前に生まれた子が生きてて病気だったら命がけで助ける?と聞いていました。そこに、医者がやってきて、麗子だけに、律の心臓が適合すると伝えました。麗子はそれを律に伝えました。律はうれしいような悲しいような顔をしました。そのとき、律に発作がやってきます。物音に驚いた若菜と塔子は部屋に入ろうとしましたが、律は鍵を閉めました。

律は、みっともない姿をみせたくなくて、楽しい思い出だけで終わらせるから家まで送っていってやってくれと電話で塔子にお願いしました。律は、元気なふりをして、仕事ができたからはじめに帰ってろと若菜に話をしました。

翌朝、塔子が若菜と魚を送っていくと、凛華がまだいました。塔子から率の場所を聞いた凛華は、別荘にやってきましたが、律は玄関を開けませんでした。凛華はそのまま玄関の外に座りました。

しばらくすると、雨が降ってきました。凛華のことが心配になって外に出ると、凛華が後ろから抱きしめました。

「わかってるから。こんな遠くまで来て隠れてるのは私のこと悲しませたくないから。でもね、律。だいじょうぶだよ。私はボケチンだからすぐわすれちゃう。あなたがなくなったら1ヶ月は泣く。3ヶ月くらいはつらくて眠れないかも。でも、半年もしたら、いつものボケチンに戻るから。それよりつらいことは、いまこの瞬間、あなたといっしょにいられないこと。あなたをひとりでいかせたくない。いっしょにいさせて」

律は、凛華に向き直って抱きしめました。

その日から、二人はいっしょに暮らし始めました。

海辺で二人で誕生日の話をしてると、サトルがやってきました。そして、

「ごめん、ちょっとだけ、りゅうさんとふたりきりにしてもらいたいんだ」

家の中に入ると、サトルは、律の心臓をもらってまで生きたくないと再び言い出します。そして、サトルは麗子の本当の子供じゃなくて養子だと告白します。ちいさいころ施設で育ってて養子で来て育ててもらったけど、愛されてる実感がないといいます。だから、心臓をもらう資格がないといいました。

律は、「おまえはおふくろにあいされてるよ」というと、サトルがまだ麗子には何も言ってないから、ちゃんと話したほうが良いといってると、胸を押さえて苦しみ始めました。

凛華が海で待ってると、律から<サトルを病院まで送っていく。お前は別荘で待ってろ>とメッセージが入りました。

 

サトルを病院に連れて行くと、ストレッチャーで運ばれますが、それを見た麗子が気を失ってしまいます。ベンチに寝かせた律は、そのほほに触ろうとしますが、途中でやめました。そして、ふらふらと歩き始めました。その姿を恒夫が見ていて、たまらなくなった恒夫は律を追いかけて「ぜんぶわたしがやったことだ」と白状しました。

律が生まれたとき、麗子は体調がわるくなって3日間意識がなかったので、その間に恒夫が施設に捨てたと話しました。動機は、キャリアが汚されるのと、どうしても黒川の子供を産んでほしくなかったといいました。

それを聞いた律は、恒夫の胸倉をつかんで、

「なんでさいごのときに、そんなこというんだ。もっと生きたくなるんじゃねえかよ」

と言って突き放しました。恒夫は土下座をして謝りました。

 

別荘では、凛華がケーキを買ってきて誕生日用に飾り付けていました。

 

病院では、サトルの意識が戻って麗子と会話をしていました。律が部屋に入っていくと、サトルは律に送ってもらってヘッドフォンをとってきてもらいたいとお願いをしました。

家に着くと、サトルが心臓をいらないといっていたけど、それでも自分の気持ちは変わらないと律に、麗子はお礼をしたいといいます。すると、律は「めし、めし作ってください」とお願いしました。

麗子は、「ろくなもの作れない」といいながら、調理を始めます。律は食卓に座って、その一部始終を見ていました。作ったのは卵ぞうすいでした。律は一口食べて、何か言いかけますが「すいません」と言って席を立ちました。麗子は「どうしたの?」といいてたちあがりますが、なぜか涙が出てきてしまいました。なぜ泣いてるのか麗子にもわかりませんでした。

律は玄関の門にもたれながら、「かあちゃん」とつぶやきました。そして、一番初めの動画日記を見ました。

「7月5日、決めた。俺は日本に帰る。日本に帰って母ちゃんを探す。そしたらどうすんだ。こういうか・・母ちゃん、おかげさまで悪くねえ人生だった。産んでくれてありがとう。さよなら。母ちゃん、幸せになってくれよ」

そして、いままでの動画をすべて消してしまいました。

そして、歩きながら、

「母ちゃん、産んでくれてありがとう。また生まれ変わっても親子になろうな」

 

別荘に戻ると、凛華はソファの上にねていました。その上に毛布をかけると、凛華の携帯をそっとひろって、二人の画像をすべて消しました。そして、寝てる凛華の横に座って、そっとキスをしました。凛華の寝顔を見て笑うと、車に乗って病院に向かいました。その途中、鼻血がでてきました。

目が覚めた凛華は、毛布がかけられていて、携帯に律の画像がなくなってることに気がつきます。あわてて外に出ると、律から電話がありました。律は海辺にいました。そして、お守りと指輪を海に投げました。

「律」

「ボケチン」

「なに?」

「ごめん、愛してる」

そういうと、電話を切りました。

 

一年後。

満場のコンサートホールのステージにサトルがたっていました。拍手が終わると話し出しました。

「僕には一人の兄がいます。その兄のおかげで、僕は命をつなぐことができました。今日の演奏を兄にささげます」

そういうと、ショパンの「別れの曲」を演奏しはじめました。会場には麗子の姿もありました。聞いてうるちに涙が出てきた麗子は、会場を後にします。その後姿を見て塔子が追いかけて話しかけました。

「泣いてらっしゃるのですか」

「泣いてなんかいないわ。私の息子はサトルひとりだけよ。もうひとりむすこがいたけど、遠い昔に捨てたの。その子のために、涙を流す資格は私にはないわ」

家に帰ると、ドアの後ろで律が聞いていた曲を引き始めました。

若菜の家では、「いつ帰ってくるのかな~?りっくん」と空を見ながらつぶやいていました。

凛華は、韓国に行って、初めて律と会って連れて行ってもらったマットレスに寝ました。律の声が聞こえるようでした。

(おわり)

「ごめん、愛してる」最終回の感想

面白かったですね。悲しかったですが、意外にあっさりしていました。結局、麗子には何も言わずに律はなくなってしまいました。麗子と凛華だけがそのことを知らないまま天国に行ってしまったのですが、後から聞かされてどう思ったのでしょうか。特に、麗子は、なんとなく心で感じて胸が痛んだと思いますが、とても悔しかったと思います。どうせわかってしまうんだったら、余計悲しみを与えることになるので、話してしまったほうが良かったような気がしました。

見ていた人も、律と麗子が名乗り合って泣きながらお互いを許すっていうシーンを望んでいたんじゃないでしょうか。特に、このセリフ、

「母ちゃん、産んでくれてありがとう。また生まれ変わっても親子になろうな」

これを直接、麗子に言いながら泣いてご飯を食べるような、そんなシーンをわたしは見たかったです。料理も卵ぞうすいでもよかったんですが、ご飯とお味噌汁と魚みたいな和風のものが良かったような気がします。もしかしたら、そこだけは、原作と同じなのかもしれません。

それと凜華と律の別れももうちょっと時間をかけてもいいと感じました。今まで凜華からずっと逃げてきた律が、凜華の気持ちに負けて受け入れたのでしたら、もっと楽しいことをさせてから、ある朝、とつぜんいなくなったほうが泣けたような気がします。素直な感想としては、最終回を2話に膨らませてもらいたかったです。

韓国版が原作なのですが、ラストがちょっと違っていました。韓国版は、サトルと塔子が結婚して、凛華が律のお墓の前で自ら命を絶ちました。おそらく、日本の現状ではその結末が無理だと思いますが、もうすこしほかにあったようなかんじがしました。そのせいで、なんとなくまとまらずにおわってしまったような印象をうけました。結局、律が日本に帰ってくる前と、みんな同じ状態に戻っただけで、ただ悲しみが残ってるだけというオチになってました。

とはいえ、一番ぐっと来たのは、最後の若菜と魚のシーンですね。あのシーンをもう少し長くしてもらいたかったです。池脇千鶴さん、始めてみましたがとてつもない女優さんだと思います。これからも見ていきたいです。

 


スポンサーリンク

「ごめん、愛してる」のストーリー

赤ん坊のころに、児童養護施設「つばめ園」の前に赤ん坊が捨てられていました。一緒に、お守りと指輪と「律」と書かれた紙切れが1枚入っていました。すくすくと育った律(長瀬智也)は、小学生のときに、岡崎家に引き取られます。小さいころから仲良しだった若菜(池脇千鶴)は、連れて行かれる律を追いかけて交通事故に遭ってしまいます。その事故の影響で脳に障害が残り、7歳の知能のまま大人になりました。

一方、律は、岡崎家が韓国に赴任したあと、家出をして裏社会に入ってしまいました。組織の若頭に気に入られますが、日本人だという理由で配下の者たちから嫌われています。ある日、日本人の女性からスーツケースを奪って、身柄も売り飛ばしてしまう仕事を手下の二人とやってると、凜華(吉岡里帆)に出会います。その天然さにいじらしさを感じた律は、組織を裏切って凜華と逃げてしまいました。翌日、つかまった律は若頭の誕生日会に連れて行かれます。敵対組織が雇ったヒットマンが若頭を狙ってることに気が付いた律は、その拳銃の前に身を投げ出して意識不明の重体になってしまいました。3日後、目を覚ましますが、銃弾が頭に残っていて、いつ命が亡くなるかわからないと医者に言われます。

リハビリしながら、残った人生をどうやって過ごすか考えて、自分を捨てた母親を探すことにしました。

日本に帰ってきて、つばめ園に行くと、若菜の事故のことを聞きます。妹のようにかわいい若菜の所に身を寄せながら母親を探していると、ジャーナリストの加賀美修平(六角精児)から、母親の手掛かりがつかめます。聞いた住所に行くと、その大豪邸には、天才ピアニストのサトル(坂口健太郎)と母親の元ピアニストの麗子(大竹しのぶ)とマネージャーの凜華がいました。

やっと母親に会えたと思った律は、涙を流して近づいていきましたが、麗子は何も言わずに涙を流しながら近づいてくる大男に恐怖を感じます。その手をはねのけて「出て行け!警察を呼ぶよ!」と叫ぶ麗子を見て、ショックを受けた律は、そのまま何も言わずに屋敷を出て行きました。

翌日、サトルの家の前に現れれた律は、凜華のお願いで1日運転手になります。塔子とのCM撮影に湖に行ったサトルは、たまたま現れた俳優とけんかになって湖に飛び込んでしまいます。発作が起きたサトルを律が助けると、麗子にも認められて、ボディガード兼運転手に雇われました。湖の一件で仲良くなったサトルと塔子を見た凛華は、律とやけ酒を飲みました。飲みすぎた凜華を背負って帰ってくると、凜華の父親に会います。凜華の父親は、律の首からさげてる指輪を見て血相を変えて、「消えろ」と叫びました。律の捨てられたときのことに関係しているようです。

麗子の元彼、律の父親の指揮者の黒川が亡くなりました。ジャーナリストの加賀美は麗子の付き人の三田恒夫や麗子に執拗につきまといます。頭にきた律は加賀美を殴ってしまい、警察に連行されてしまいます。サトルは塔子にいったん好きじゃないと言われますがあきらめ切れずに麗子に認めてくれと頼み続けました。

凛華はそばにいることが耐えられなくなって、サトルの付き人をやめました。アメリカに行こうと空港まで行きますが律が倒れてしまいます。家まで連れて行って看病すると、そのまま泊まることになります。次の日も襲われてる若菜を助けてアメリカにいけませんでした。律は、韓国の病院の医師から余命3ヶ月と言われて、あと3ヶ月だけ一緒に暮らしてくれと隣家に頼みました。花火をしてると、律が鼻血を出してしまいました。

若菜のホットドッグの屋台が男たちに壊されて商売ができなくなります。東京にいることをサトルにばれた凛華は、サトルの家で雇ってもらうように頼みました。若菜が働き出しますが、指輪を盗んだと言われてしまい、働くことをやめます。指輪は床に落ちていただけでした。律は、クビにならず運転手を続けていました。サトルが塔子と結婚することになって婚約披露のパーティが行われました。パーティが終わった後、落ち込んだ律は、玄関先で凛華に抱きしめられて元気をもらいます。その姿を悟るが見ていました。ネットでは、麗子の隠し子がいるとニュースになりました。

麗子の家に取材人が押しかけました。サトルへの影響を心配して麗子は記者会見して、付き合っていて妊娠はしたけど、すぐになくなってしまったと言いました。それを聞い手ショックを受けた律は、凛華と二人で海に行って遊びました。途中で凛華が寝てしまい、朝までバス停で二人で寝てしまいました。家に帰ってくると、すごい勢いで、「あいつだけは絶対に駄目だ」と恒夫に怒られました。

その頃、箱根に旅行に来ている塔子はサトルを連れて父親に会いに行きます。悟ると結婚すると話したとたん、父親はなくなってしまいました。塔子は悟るを残して都心に帰って家に知らない男を引っ張り込みました。サトルが塔子の家に行くと、塔子から、「一度も好きになったことはない」といわれてしまいます。傷心のサトルは凛華に電話をしますが、連絡が取れずに一人で山道を車で爆走しました。カーブを曲がりきれなかったサトルは路肩に激突して救急車で運ばれました。

サトルは病院に運ばれて治療を受けました。うわごとで凛華を呼ぶのを麗子がきいて、凛華を呼び寄せました。律は、凛華と朝まで一緒にいたことがばれてクビになってしまいます。魚にゲームなどを買ってあげますが、どんどん病状が悪化していて、魚に若菜のことを頼みました。

悟るが退院のとき、律が様子を見に来ると、凛華が後を追って来て同じバスに乗り込みました。雨の中、あるバス停で降りた凛華は、律に「好きだよ」と告白しましたが、律は、「好きじゃない」と答えました。

律のところに、韓国から昔の仲間がやってきて、アメリカの医者を紹介するし、組のために帰ってきてくれといいます。いったん喜びますが、うそだとわかります。が、韓国に帰ることを決意した律は、空港に向かいます。そこで、旅行に行くはずだった凛華とあってしまい、凛華を追いかけてきたサトルが胸を押さえて倒れてしまい、入院してしまいます。自分のせいだという凛華に、「俺の心臓をやってあいつを必ず助ける」と律は言い出しました。

律は心臓を悟るにあげるという誓約書を麗子に渡しました。そのかわり、若菜と魚の面倒を見てもらうように頼みました。ジャーナリストの加賀美とサトルにも本当のことを打ち明けました。父の恒夫からそのことを聞いた凛華は、道で倒れた律をホテルに連れて行ってそのまま朝まで一緒にいます。凛華が目を覚ますとすでに律はいませんでした。

最終回以外のあらすじ

「ごめん、愛してる」のキャスト

  • 岡崎律 長瀬智也
  • 三田凜華 吉岡里帆、サトルの幼馴染でマネージャー
  • 日向サトル 坂口健太郎、天才ピアニスト、塔子を好き
  • 日向 麗子 大竹しのぶ、サトルと律の母親
  • 古沢塔子 大西礼芳、天才サックス奏者、自由気まま
  • 河合若菜 池脇千鶴、律の幼馴染、脳に後遺症
  • 河合 魚 大智、若菜の息子
  • 黒川龍臣 山路和弘、天才指揮者、律の父親?
  • 立花 さと子 草村礼子、つばめ園園長
  • 加賀美修平 六角精児、ジャーナリスト
  • 三田 恒夫 中村梅雀、麗子のマネージャー

以上、ドラマ「ごめん、愛してる」の10話のあらすじ、感想などでした。

他にも面白いドラマがあります。

ドクターX 2017
ブラックリベンジ

⇒ ドラマ一覧に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク

 

おすすめの記事

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

    • 順子
    • 2017年 9月 11日

    「ごめん 愛してる」の長瀬智也さん 無理があります。
    大好きな TOKIOの長瀬智也さん 観るのがつらく
    ダイジェスト版しか観ませんが 最終回は 頑張って 観ます
    私の感想ですが 皆様の演技が 辛いです ごめんなさい

    • 米山 慎吾
      • 米山 慎吾
      • 2017年 9月 11日

      コメントありがとうございます。
      観方は人それぞれだと思いますので、良いと思います。
      大好きな長瀬さんなのに、おつらいと思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

本日のおすすめ情報

  1. ドラマ『アシガール』のキャストや1話のあらすじと感想!黒島結菜と健太郎が戦国時代に! アシガール
  2. 『この声をきみに』のキャストやあらすじ!見どころは【人生を変えられるか?】 この声をきみに
  3. 「刑事ゆがみ」のキャストと1話のあらすじと感想!浅野忠信と神木隆之介が! 刑事ゆがみ
  4. 「ユニバーサル広告社」のキャストや1話のあらすじ★和久井映見がヒロイン! ユニバーサル広告社
  5. 『コウノドリ2』のキャストと1話のあらすじと感想。綾野剛と星野源が再び! コウノドリ2
  6. 『監獄のお姫さま』のキャストと1話のあらすじ。小泉今日子が宮藤官九郎の脚本で! 監獄のお姫さま
  7. 「ドクターX 2017」のキャストや1話のあらすじと相関図。大地真央が新院長! ドクターX
  8. 「先に生まれただけの僕」のキャストと1話のあらすじと感想!櫻井翔が校長先生? 先に生まれただけの僕
  9. ドラマ『ぼくは麻理のなか』のキャストと1話のあらすじ!池田エライザの中に吉沢亮が! ぼくは麻理のなか
  10. 『ブラックリベンジ』のキャストと1話のあらすじと感想★木村多江が復讐の鬼に! ブラックリベンジ
スポンサーリンク

最新情報

  1. ブラックリベンジ
  2. ブラックリベンジ
  3. 刑事ゆがみ
  4. 刑事ゆがみ
  5. ドクターX
MUSIC
  1. ツバキ文具店
  2. セシルのもくろみ
  3. おそ松さん
  4. ブレンダー
  5. ツバキ文具店
  6. サクラ
  7. みをつくし料理帖
  8. 夢
  9. キャリア

多くの人に読まれている情報

  1. 地味にスゴイ!
  2. CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班
  3. 家政婦のミタゾノ
  4. おんな城主直虎
  5. スミカスミレ
  6. 下剋上受験
  7. パン
  8. ドラえもん
  9. 高校
PAGE TOP