ごめん、愛してる

「ごめん、愛してる」2話のあらすじ(ネタバレ)と感想!麗子に会った律は?

ごめん、愛してる

 記事更新情報サービスを始めました。良かったら購読してみて下さい。(もう一度クリックすると解除できます)

ドラマ「ごめん、愛してる」の2話のあらすじと感想です。頭に銃弾が残って、いつ命が尽きるかわからないと言われた律(長瀬智也)は、母親を探してお金を渡そうと考えます。が、律の想いに反して、母親の麗子(大竹しのぶ)と息子のサトル(坂口健太郎)は、豪華な暮らしをしていました。拒否された律はどうするのでしょうか?


スポンサーリンク


「ごめん、愛してる」2話あらすじ

雨の中で、 麗子(大竹しのぶ)とサトル(坂口健太郎)の住んでる家を見ていた律(長瀬智也)は、若菜(池脇千鶴)の家に帰ってくると、動画の日記を撮り始めました。

「7月9日。お袋に会った。お袋は、息子の誕生日を祝ってた。俺じゃない、もう一人の息子だ」

翌日、律は、ジャーナリストの加賀美(六角精児)のところに行って、本当に麗子が母親なのかを聞きました。加賀美は昔の雑誌の切り抜きを出してきて、指揮者の黒川龍臣(山路和弘)と付き合ってたと言います。黒川には妻子がいて、結局、麗子を捨てたといいます。そのときに妊娠していて、有名ピアニストだった麗子はこっそり産んで捨てたんだと説明しました。そして、加賀美は

「復讐したいと思わないか?週刊誌に暴露記事を出す。お前が名乗り出れば、飛びついてくる。あの女のプライドをへし折ってやるんだよ」

そういいますが、律は何も答えずに帰っていきました。

その帰り道、若菜がホットドッグを屋台で売っていました。律は、手伝うことにしました。律がホットドッグを作ってると、若菜はどこかに行ってしまいました。律が付近を捜していると、路地裏で男の前で2000円もらって服を脱ごうとしていました。男に2000円をつき返して、二度とくるなと言って追い返しました。若菜にも、絶対に二度とするなと言い聞かせました。

 

サトル(坂口健太郎)の家では、凜華(吉岡里帆)に昨日来た律はどういう人かと聞いていました。「ソウルでナンパされちゃったの?」と冗談を言ってると、凜華の父親がサトルにCMの話を持ってきました。相手が塔子(大西礼芳)だというと、すぐにOKしました。

凜華が玄関を出ると、門の外に律がいました。「母親に会えたの?」声をかけると、

「母親なんかいねえよ」

「ねえ、何で帰ってきたの?ひょっとして追われているとか」

「いや、あいつらとはもう関係ねえよ」

「住むところとかあるの?」

そう聞くと、無言で歩いていってしまいました。

翌日も、律は麗子の家の前にやってきました。そこに、凜華が出てきて、日向家の運転手の仕事を紹介しようかと言ってくれました。ソウルで助けてくれたお礼でした。その日の夜、履歴書を書いて翌日麗子にもって行きました。名前は「岡崎リュウ」と書きました。

律が麗子の前に出て行くと、凜華はサトルに2階に呼び出されます。二人っきりになった麗子は、ひらがなだらけの履歴書を見て、

「話にならないわ。よくこんな履歴書で雇ってもらおうと思ったわね。ちょっとおかしいんじゃないの?運転手っていうのは、人の命を運ぶ仕事よ。あなたみたいな人に、大事なサトルの命を預けられるわけがないでしょ」

そういわれてもなにもいわない律に、「文句あるの?」と麗子が言うと、

「くそばばあ」

と言って、帰って行きました。律は、屋敷を出ながら、加賀美に連絡をして復讐することを決心したと連絡しました。

そのころ2階では、サトルがCM撮影に自分が運転していくと言っていました。凜華は、律を探しましたが、もういませんでした。玄関を出たところで律を捕まえると、1日だけアルバイトをしてくれと頼みました。律の運転で、CM撮影のために郊外の湖まで行きました。

CMの撮影が始まって食事休憩になると、俳優の島田圭と言う男が塔子にちょっかいを出してきました。サトルが止めに入ると、

「親の七光りで活躍してる子な。がんばって。じゃあ、あとでな」

と言って、携帯の番号を渡して行こうとします。サトルがその番号が書かれた紙を塔子から奪って捨てると、それをみていた島田が、因縁を吹っかけてきました。そして、見てる前で塔子にキスをします。サトルが頭にきて島田につかみかかると、塔子が湖の中に自分で落ちました。あっけにとられた二人はけんかをやめます。そして、サトルが湖に飛び込んで助けようとすると、冷たい水のためにいきなり苦しみだしました。サトルは心臓に持病を持っていたんです。それを見た律は飛び込んでサトルを助けました。

入院したサトルのところに麗子が駆けつけます。そばにいた凜華と律をなじりはじめますが、サトルは律のおかげで助かったと麗子をなだめました。そして、律を運転手にしてくれと頼みました。

外で待ってるときに、麗子が30歳のときに自ら命を絶とうとして右手を傷つけて、そのためにピアノが弾けなくなったことを聞きます。そして、律は湖から3人を乗せて帰ってきました。律が帰ろうとすると、サトルに部屋に誘われてゲームを一緒にしました。サトルは、小さいころからスポーツは禁止されていて友達がいなかったことや、麗子に見放されないように一所懸命がんばってピアノを練習してきた事を聞くと、律の心の中から、憎しみがちょっと消えていきました。

翌日、サトルの家に塔子がお見舞いにやってきました。塔子が湖に飛び込んだからサトルも飛び込んだのに、あまり責任を感じていない塔子に、凜華は腹が立ってしまいます。塔子に

「心臓が悪いのに、あんなに冷たい湖に飛び込んで。それだけあなたのことが好きなんです。あなたは違いますよね。サトルなんて大勢の友達のうちの一人ですよね。本気じゃないなら、振り回さないでください。お見舞いになんて来ないで」

そして、塔子を追い返そうとしていると、上からサトルが見ていました。すぐに出てきて、中に入れました。サトルの部屋に入ると、塔子はサトルにキスをしました。そして、ベッドに倒れこむところを、ドアの隙間から凜華が見ていました。凜華は、下に戻ってたまねぎを切って泣きながらオムライスを作りました。出来あがると、「二人で食べてください」と書置きして、家を出て行きました。

 

律が若菜たちと食事をしてると、加賀美がやってきて、原稿を見せてくれました。すると、律は「ちょっと待ってくれ」と言います。

「少し考えさせてくれ。世間にぶちまける前に、あの女のことを知りたいんだ。どんな暮らしをしてきたのか、何で子供を捨てたのか」

それを聞いて納得がいかない加賀美を突き飛ばして強引に帰させました。そこに、麗子から「話があるの」と、電話がかかってきました。

律が出向くと、サトルのボディガードをしてくれと頼まれました。万が一のときに、身を挺してサトルを助けてくれとお願いされました。律は指輪を出そうとポケットに手を突っ込みましたが、出しませんでした。今月分の給料をもらって帰る途中、凜華がさびしそうに歩いているところをみつけました。

「どうした。家帰るんか」

「帰らない。どっか遠い所に行きたい」

「偶然だな。おれもだよ」

そういって、屋台にのみに行きました。酔っ払った凜華はサトルのことが好きだといいつづけました。

「似てるかもな、おれとおまえ」

「あ、ずっと誰かのことを片想いしてるの?」

会計するときに、指輪が机の上に落ちました。目ざとく見つけた凜華は、持っていた革のネックレスで首に吊るしてあげました。しばらくして、律は酔いつぶれた凜華をおんぶして家に帰っていきました。途中に、サトルの家を過ぎるときに凜華の父親が帰ってきました。律のしているネックレスの指輪を見ると、いきなり血相を変えて

「何でお前がいるんだ。離れなさい。消えうせろ!」

と叫びました。

(⇒ 3話のあらすじ

「ごめん、愛してる」2話の感想

面白かったですね。色々ツッコミどころが満載のドラマで、賛否両論でていますが、面白いドラマだと思います。ただ、すこし残念なのは、余りにも韓国ドラマの色が残りすぎているということですね、バックに流れる音楽が韓国ドラマっぽいです。逆に、それが主演の長瀬さんの色っぽさや切なさを出してくれています。吉岡里帆さんのかわいらしさにもちょうどあっていていいかんじですね。

このドラマのテーマは、愛だと思います。登場人物がそれぞれ愛を求めているのですが、その矢印がみんなバラバラになってるので、切なさがにじみ出てくるのではないでしょうか。律と凜華が屋台で話していたように、二人ともかなわない片想いなんですよね。かなわないのに、みんなしがみついてる感じがします。

律は、たとえ母親から子供だと認められても放っておかれると思います。サトルにとっての凜華は、律にとっての若菜といっしょで女性ではなくて妹になっています。麗子も、サトルからはいずれ親離れをされるでしょうし、凜華の父親も麗子には見向きもされないはずです。みんな、叶うことのない片想いをしてるんです。

その中で、幸せになるためにはどうしたらいいと思いますか?

リアルな生活の中でも、叶わない片想いっていうのは絶対にあると思うんです。異性関連だけでなく、仕事や趣味でもそうですし、才能だってそういうことがあります。

一つには、あきらめるっていうことがあります。凜華や律のようにお酒を飲んで忘れたり、関わらないようにしたり、想いそのものを心の中に押し込めてしまうことで、少しは幸せになることができるように思います。

もう一つは、あきらめずに頑張るってことです。ただ、がんばる方向を間違えると、いつまでもそこに縛られてしまって不幸になってしまいます。片思いということは、相手が自分の方を見てくれないという事です。ということは、自分の方を見てくれるように頑張ればいいのではないでしょうか。相手が望んでいること、好きなことに対して、そのレベルに達していないので、自分の方を見てくれないんです。つまり、自分をもっとレベルアップさせていくことで、相手の気持ちをこちらに引き寄せるように頑張っていけば、もしかしたら片想いから脱出することができるかも知れません。

例えば、律だったら、5万ドルを元にして音楽会社を起こして一流の会社に育て上げるとか、凜華だったら、塔子よりもきれいになって、ミステリアスになれば、サトルも振り返ってくれるかもしれません。

仕事だったら、もっと上のスキルを身につけたり、転職したりして片想いている理想の環境を手に入れるように、自分を磨いていくことです。

どちらを選ぶかは、あなた次第です。だいじなことは、片想いしている状態のままずっとすごしていても何も変化がなくて、このドラマのようにあなたの気持ちだけがへこんでいくということです。凜華のように飲んで忘れるか、それとも、塔子のように自らの才能を伸ばしていくのか、どちらを選ぶのかは自由だと思います。そんなことを感じました。


スポンサーリンク

「ごめん、愛してる」のストーリー

赤ん坊のころに、児童養護施設「つばめ園」の前に赤ん坊が捨てられていました。一緒に、お守りと指輪と「律」と書かれた紙切れが1枚入っていました。すくすくと育った律(長瀬智也)は、小学生のときに、岡崎家に引き取られます。小さいころから仲良しだった若菜(池脇千鶴)は、連れて行かれる律を追いかけて交通事故に遭ってしまいます。その事故の影響で脳に障害が残り、7歳の知能のまま大人になりました。

一方、律は、岡崎家が韓国に赴任したあと、家出をして裏社会に入ってしまいました。組織の若頭に気に入られますが、日本人だという理由で配下の者たちから嫌われています。ある日、日本人の女性からスーツケースを奪って、身柄も売り飛ばしてしまう仕事を手下の二人とやってると、凜華(吉岡里帆)に出会います。その天然さにいじらしさを感じた律は、組織を裏切って凜華と逃げてしまいました。翌日、つかまった律は若頭の誕生日会に連れて行かれます。敵対組織が雇ったヒットマンが若頭を狙ってることに気が付いた律は、その拳銃の前に身を投げ出して撃たれてしまい、意識不明の重体になってしまいました。3日後、目を覚ましますが、銃弾が頭に残っていて、いつ命が亡くなるかわからないと医者に言われます。

リハビリしながら、残った人生をどうやって過ごすか考えて、自分を捨てた母親を探して、組からもらった手切れ金の5万ドルを渡すことにしました。

日本に帰ってきて、つばめ園に行くと、若菜の事故のことを聞きます。妹のようにかわいい若菜の所に身を寄せながら母親を探していると、ジャーナリストの加賀美修平(六角精児)から、母親の手掛かりがつかめます。聞いた住所に行くと、その大豪邸には、天才ピアニストのサトル(坂口健太郎)と母親の元ピアニストの麗子(大竹しのぶ)とマネージャーの凜華がいました。

やっと母親に会えたと思った律は、涙を流して近づいていきましたが、麗子は何も言わずに涙を流しながら近づいてくる大男に恐怖を感じます。その手をはねのけて「出て行け!警察を呼ぶよ!」と叫ぶ麗子を見て、ショックを受けた律は、そのまま何も言わずに屋敷を出て行きました。

「ごめん、愛してる」のキャスト

  • 岡崎律 長瀬智也
  • 三田凜華 吉岡里帆、サトルの幼馴染でマネージャー、サトルを好き
  • 日向サトル 坂口健太郎、天才ピアニスト、塔子を好き
  • 日向 麗子 大竹しのぶ、サトルと律の母親
  • 古沢塔子 大西礼芳、天才サックス奏者、自由気まま
  • 河合若菜 池脇千鶴、律の幼馴染、脳に後遺症
  • 河合 魚 大智、若菜の息子
  • 黒川龍臣 山路和弘、天才指揮者、律の父親?
  • 立花 さと子 草村礼子、つばめ園園長
  • 加賀美修平 六角精児、ジャーナリスト
  • 三田 恒夫 中村梅雀、麗子のマネージャー

2話以外のあらすじ

以上、ドラマ「ごめん、愛してる」の2話のあらすじ(ネタバレ)、感想などでした。


スポンサーリンク


 

LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

本日のおすすめ情報

  1. ぜいたくレッドスムージーの口コミ!道端アンジェリカを目指す飲み方とは? ぜいたくレッドスムージー
  2. ドラマ「リピート~運命を変える10か月~」のキャストと1話のあらすじと相関図。主演は貫地谷しほり リピート~運命を変える10か月~
  3. NBAオールスター2018出場選手と日程と放送予定。無料で見るには? NBAオールスターゲーム2018
  4. プレミアムスリムビオは痩せない?効果的な飲み方と最安値で通販で買うには? プレミアムスリムビオ
  5. ドラマ「anone(あのね)」のキャストや1話のあらすじと相関図。広瀬すずと田中裕子が! anone
  6. バレンタイン2018のおすすめのチョコはアンリ・ルルー!通販で人気の16ブランドを厳選。 valentines-day
  7. 「トドメの接吻(キス)」のキャストと1話のあらすじ(ネタバレ)と相関図。山崎賢人x門脇麦x菅田将暉 トドメの接吻(キス)
  8. HuluやFODを無料で映画やドラマを見る方法。安室奈美恵さんの動画やチケットも! 映画
  9. コストコの店舗の一覧と予定は?時給の高さと出店計画の土地条件が凄い
スポンサーリンク

最新情報

  1. 99.9-刑事専門弁護士シーズン2
  2. 明日の君がもっと好き
  3. もみ消して冬
  4. NBA2017-2018
  5. ホリデイラブ
ボディビルダー
  1. 夏のひんやりグッズ
  2. KUROデニム
  3. WBC2017
  4. 貴族探偵
  5. CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班
  6. 宮﨑キャビア1983
  7. 恋がヘタでも生きてます
  8. 歩きスマホ

多くの人に読まれている情報

  1. 夏のひんやりグッズ
  2. お母さん、娘やめていいですか?
  3. 猫
  4. receipt
  5. BG~身辺警護人~
  6. カインとアベル
  7. おんな城主直虎
  8. オーファンブラック
  9. こえ恋
  10. レンタル救世主
PAGE TOP