ごめん、愛してる

「ごめん、愛してる」5話のあらすじ(ネタバレ)と感想!律と凛華が暮らし始める?

ごめん、愛してる
LINEで送る
Pocket

今夜のドラマあらすじは?
おんな城主直虎
陸王
今からあなたを脅迫します

ドラマ「ごめん、愛してる」の5話のあらすじと感想です。サトルの付き人を辞めた凛華は、アメリカに行こうとします。余命3ヶ月と知った律は、アメリカ行きを3ヶ月間のばしてくれと頼みましたが・・・


スポンサードリンク


「ごめん、愛してる」5話あらすじ

「ごめん、愛してる」は、他のおもしろいドラマも含めて、有料ですがU-NEXTで見ることができます。⇒ U-NEXT

ここから先はネタバレが含まれます。これまでのストーリーはコチラ⇒ストーリーまでジャンプ!

 

花火をしてる途中、鼻血が出てきた律(長瀬智也)はごまかして台所に行って顔を洗いました。すると、手も震えはじめてしまいました。

翌朝、公園に行った律は動画日記を撮り始めます。

「1日1善、1日1回いいことをするって言う意味だ。1日1回はうまい飯を食うと思ってたけど違った。俺の命は残り少ないそうだ。なので、1日1日を大切に、目標を持って生きることにした。1日1回はいいことをする。そして、家族とうまい飯を食う。家族って言うのは、父親でも母親でもない。俺のそばにいる、おれが大事だと思ってる人間だ」

 

サトルのリサイタルが始まろうとしていました。控え室で、「僕は大丈夫。一人でも大丈夫」とつぶやいて、ステージに上がりました。会場には、不安そうに見つめる凜華(吉岡里帆)がいました。無事に演奏を終えたサトルを見て、会場を後にしました。

凛華が若菜(池脇千鶴)のやってるホットドッグを手伝いに行くと、この前おどされた男がきて屋台をめちゃくちゃにしてもう商売するなと脅して帰っていきました。家に帰って律に相談すると、律と凛華が働いてどうにかすると言うと、若菜も働きたいと言います。

 

リサイタルが終わって控え室に戻ったサトルは、塔子(大西礼芳)に、電話をして夜会おうと言うと、「用件は結婚?」と言われます。塔子は「結婚してあげるけど、今忙しいから」と言ってきりました。塔子は、寝たきりの父親の病室にいたんです。目だけ動かせる父親の横で、散々母親が父親のために泣かされてきて結婚しないと決めてたけど、世の中にはいい人がいるから結婚すると言い捨てて出て行きました。

家に帰ったサトルは、母親の麗子(大竹しのぶ)に結婚することを告げて、婚約披露パーティをやりたいといいます。しかも、その席で麗子にピアノを弾いてもらいたいと言いました。人前で引きたくないという麗子に、サトル自身のために弾いてくれと頼みました。

翌日、律がサトルの家に行くと、ピアノの音が聞こえてきました。2階に行ってみると、麗子が左腕1本でピアノの練習をしていました。律はずっと聞いていました。しばらくして、律が車を洗ってると、加賀美修平(六角精児)がやってきて、なぜ、まだこの家にいるのか聞いてきましたが、律は逆に、なぜ俺に付きまとうのか聞きました。狙いは麗子のようでした。

 

凛華がバイトを探して街中を歩いていると、サトルのサイ会をやっていました。ついフラフラと見に行きましたが、すぐに外にでていきました。サトルはその姿を見てすぐに追いかけて行って凛華と話をしました。凛華は律と若菜たちと一緒に生活してることを話します。サトルは、もう一度サトルの家で働いてくれと言いますが、断ります。サトルは塔子と結婚することを話してサイン会に戻ろうとすると、凛華は、ひとつだけお願いを言いました。それは、サトルの家で若菜を雇ってくれということでした。

翌日、若菜をつれてサトルの家に行き、麗子にOKをもらいました。そこに、凛華の父親の三田 恒夫(中村梅雀)がやってきます。凛華は、恒夫を連れて外に行って今までのことを話しました。恒夫は、しばらく家から出るなと言いました。恒夫がサトルの家に戻ると、働いていた若菜から、律の本名を聞いてしまいます。

恒夫は、児童施設つばめ園に行って、律の素性を聞きました。捨てられていたこと、韓国に行ったことなど、母親を探しに来たことなどを聞きました。恒夫は泣きながらつばめ園をあとにしました。

凛華が部屋にいると、麗子から電話がかかってきて、婚約パーティに来ていく服を選んでくれと言われてサトルの家にやってきました。麗子と一緒に選んでると、麗子が指輪がひとつなくなってると言い出します。若菜がやってくると、麗子は犯人は若菜だと決め付けて、服を脱げと言い出します。麗子は、きちんと教育されてないし、親もいないから仕方ないけど、と言いながら、若菜のエプロンをとろうとします。

若菜は嫌がって床に倒れ込んで叫び始めます。そこに、律とサトルが帰ってきました。律は若菜を抱いて、麗子から離しました。

「だいじょうぶだ。わかってる。おまえはとってない」

と若菜に言って、麗子をにらみつけます。

「人を見た目で判断するやつは、脳みそが足りねえんだ。俺たちだってな、ふつうにちゃんと生きてるんだ、もう少し頭を使ってかんがえられねえのか。若菜をもうここでははたらかさねえ。俺のこともクビにしたければしろ」

そいういうと、若菜を抱いて出て行きました。

二人が帰った後、麗子がピアノを弾いてると、ソファに座ったサトルが落ちていた指輪を見つけます。サトルは律の家に来て謝りました。サトルは、

「心では悪いと思っていても、ごめんなさいと言えない人なんだ。戻ってもらえますか?」

と言います。若菜も行ってあげればというので、律が家に戻ると、麗子はピアノを弾いていました。

律に気がついた麗子は、

「あ、ごめんなさい、指輪のことは、私の勘違いだったわ」

と言いました。そして、自分も見た目で損をしたと昔話をはじめます。そして、ピアノからもサトルからも遠ざかっていってしまうと本音を言い出します。ついおかしなことを言ってしまったと麗子が言うと、

「ピアノのことは良くわからないけど、あんたのピアノを聴いてると、子守唄を聞いてる気分になる。あんたのピアノは、あいつにとっての子守唄なんだ。いくつになっても懐かしい。聞きたくなる。母親なら、ただそれを弾いてやればいいじゃないですか。何も考えずに」

 

婚約披露パーティーの日、多くの人の前で麗子はピアノを披露しました。その日の夜、友達たちとパーティをしてると、塔子に電話がかかってきました。父親の病院からで、後2,3日が山だと言うことでした。時間ができたら生きますと答えて、サトルと二人で旅行に行きました。

麗子は、元気なくピアノに座っていました。立ち上がると立ちくらみを起こして倒れ掛かりますが、律が助けます。律に気がついた麗子は「さわらないで」と言って歩いていきました。元気をなくした律は家の外に出てくと凛華が階段に座っていました。横に座ると、凛華が元気ないねと言います。律は、

「俺だってたまには、元気がなくなるときがある。生きてても意味がないなーって」

「だめだよ、そんなの」

「じゃあ、元気くれよ。抱きしめてくれ」

「わかったよ、チャン」

「おれの名前はチャンじゃない、親からもらったり津って名前があるんだ。案外気にいってるんだ」

「わかったよ、律。いいこ、いいこ」

二人は階段に座って抱き合いました。

その姿を、薬をとりに戻ってきたサトルが見ていました。

翌朝、麗子がサトルの電撃婚約のニュースを見ていると、麗子の隠し子のことがニュースになっていました。

(⇒ 6話のあらすじ

「ごめん、愛してる」5話の感想

おもしろくなってきました。凜華の気持ちがちょっとずつ律の方に傾いてきたように感じました。ただ、律は優しい母親の代わりを凜華にさせようとしてるのではないでしょうか。男女の愛と言うよりも、母親の愛を求めているようなきがしました。それは、無償の愛のようなもので、ただ慰めてもらいたいとだけおもってるきがしました。

なので、凜華は、またしても片想いの道に入ってしまったと思います。結ばれるはずのない道です。時間的にも、精神的にも。女として見られていないのは、サトルからも同じですが、この後、律が亡くなってしまうのは凜華の人生にとって相当きついと思います。なので、原作のドラマの結末とは全く別にしてもらった方が後味が良いような気がします。たとえば、日本の医療で、銃弾を取り出すことができて、律と凜華が結ばれるような結末ですね。1話の初めに出てきたシーンで、凜華が韓国に行って、誰もいないベッドで涙を流すのは、夢の中での話にしてもらいたいです。

次回では、律の出生の秘密や、塔子の父親との関係などが明るみに出てきます。ますます暗くなってきますがとても楽しみです。ただ、ちょっと疑問なのは、サトルの父親は誰なのでしょうか?

 


スポンサーリンク

「ごめん、愛してる」のストーリー

赤ん坊のころに、児童養護施設「つばめ園」の前に赤ん坊が捨てられていました。一緒に、お守りと指輪と「律」と書かれた紙切れが1枚入っていました。すくすくと育った律(長瀬智也)は、小学生のときに、岡崎家に引き取られます。小さいころから仲良しだった若菜(池脇千鶴)は、連れて行かれる律を追いかけて交通事故に遭ってしまいます。その事故の影響で脳に障害が残り、7歳の知能のまま大人になりました。

一方、律は、岡崎家が韓国に赴任したあと、家出をして裏社会に入ってしまいました。組織の若頭に気に入られますが、日本人だという理由で配下の者たちから嫌われています。ある日、日本人の女性からスーツケースを奪って、身柄も売り飛ばしてしまう仕事を手下の二人とやってると、凜華(吉岡里帆)に出会います。その天然さにいじらしさを感じた律は、組織を裏切って凜華と逃げてしまいました。翌日、つかまった律は若頭の誕生日会に連れて行かれます。敵対組織が雇ったヒットマンが若頭を狙ってることに気が付いた律は、その拳銃の前に身を投げ出して意識不明の重体になってしまいました。3日後、目を覚ましますが、銃弾が頭に残っていて、いつ命が亡くなるかわからないと医者に言われます。

リハビリしながら、残った人生をどうやって過ごすか考えて、自分を捨てた母親を探すことにしました。

日本に帰ってきて、つばめ園に行くと、若菜の事故のことを聞きます。妹のようにかわいい若菜の所に身を寄せながら母親を探していると、ジャーナリストの加賀美修平(六角精児)から、母親の手掛かりがつかめます。聞いた住所に行くと、その大豪邸には、天才ピアニストのサトル(坂口健太郎)と母親の元ピアニストの麗子(大竹しのぶ)とマネージャーの凜華がいました。

やっと母親に会えたと思った律は、涙を流して近づいていきましたが、麗子は何も言わずに涙を流しながら近づいてくる大男に恐怖を感じます。その手をはねのけて「出て行け!警察を呼ぶよ!」と叫ぶ麗子を見て、ショックを受けた律は、そのまま何も言わずに屋敷を出て行きました。

翌日、サトルの家の前に現れれた律は、凜華のお願いで1日運転手になります。塔子とのCM撮影に湖に行ったサトルは、たまたま現れた俳優とけんかになって湖に飛び込んでしまいます。発作が起きたサトルを律が助けると、麗子にも認められて、ボディガード兼運転手に雇われました。湖の一件で仲良くなったサトルと塔子を見た凛華は、律とやけ酒を飲みました。飲みすぎた凜華を背負って帰ってくると、凜華の父親に会います。凜華の父親は、律の首からさげてる指輪を見て血相を変えて、「消えろ」と叫びました。律の捨てられたときのことに関係しているようです。

麗子の元彼、律の父親の指揮者の黒川が亡くなりました。ジャーナリストの加賀美は麗子の付き人の三田恒夫や麗子に執拗につきまといます。頭にきた律は加賀美を殴ってしまい、警察に連行されてしまいます。サトルは塔子にいったん好きじゃないと言われますがあきらめ切れずに麗子に認めてくれと頼み続けました。

凛華はそばにいることが耐えられなくなって、サトルの付き人をやめました。アメリカに行こうと空港まで行きますが律が倒れてしまいます。家まで連れて行って看病すると、そのまま泊まることになります。次の日も襲われてる若菜を助けてアメリカにいけませんでした。律は、韓国の病院の医師から余命3ヶ月と言われて、あと3ヶ月だけ一緒に暮らしてくれと隣家に頼みました。花火をしてると、律が鼻血を出してしまいました。

「ごめん、愛してる」のキャスト

  • 岡崎律 長瀬智也
  • 三田凜華 吉岡里帆、サトルの幼馴染でマネージャー、サトルを好き
  • 日向サトル 坂口健太郎、天才ピアニスト、塔子を好き
  • 日向 麗子 大竹しのぶ、サトルと律の母親
  • 古沢塔子 大西礼芳、天才サックス奏者、自由気まま
  • 河合若菜 池脇千鶴、律の幼馴染、脳に後遺症
  • 河合 魚 大智、若菜の息子
  • 黒川龍臣 山路和弘、天才指揮者、律の父親?
  • 立花 さと子 草村礼子、つばめ園園長
  • 加賀美修平 六角精児、ジャーナリスト
  • 三田 恒夫 中村梅雀、麗子のマネージャー

5話以外のあらすじ

以上、ドラマ「ごめん、愛してる」の5話のあらすじ、感想などでした。

他にも面白いドラマがあります。

ドクターX 2017
ブラックリベンジ

⇒ ドラマ一覧に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク

 

おすすめの記事

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

本日のおすすめ情報

  1. ドラマ「今からあなたを脅迫します」のキャストや1話のあらすじと感想!ディーン・フジオカと武井咲のW主演! 今からあなたを脅迫します
  2. 『コウノドリ2』のキャストと1話のあらすじ(ネタバレ)。綾野剛と星野源が再び! コウノドリ2
  3. ドラマ『陸王』のキャストと1話のあらすじと原作。★モデル企業は「きねや足袋」 陸王
  4. 「ユニバーサル広告社」のキャストや1話のあらすじ★和久井映見がヒロイン! ユニバーサル広告社
  5. 『奥様は、取り扱い注意』のキャストや1話のあらすじと感想と視聴率!綾瀬はるかと西島秀俊が夫婦? 奥様は、取り扱い注意
  6. ドラマ『ぼくは麻理のなか』のキャストと1話のあらすじ!池田エライザの中に吉沢亮が! ぼくは麻理のなか
  7. J2リーグ2017の日程と順位と放送予定!試合結果やチケットの購入先は?松本山雅は? J2リーグ2017
  8. 「ドクターX 2017」のキャストや1話のあらすじと相関図。大地真央が新院長! ドクターX
  9. 『ブラックリベンジ』のキャストと1話のあらすじと感想★木村多江が復讐の鬼に! ブラックリベンジ
  10. 「刑事ゆがみ」のキャストと1話のあらすじと感想!浅野忠信と神木隆之介が! 刑事ゆがみ
スポンサーリンク

最新情報

  1. 今からあなたを脅迫します
  2. 陸王
  3. 陸王
  4. おんな城主直虎
  5. ACL(AFCチャンピオンズリーグ)
おんな城主直虎
  1. おんな城主直虎
  2. 奥様は、取り扱い注意
  3. こえ恋
  4. ツバキ文具店
  5. 逃げるは恥だが役に立つ
  6. リテイク
  7. 信長協奏曲
  8. パン

多くの人に読まれている情報

  1. 愛してたって、秘密はある
  2. みをつくし料理帖
  3. 都知事選
  4. この声をきみに
  5. プロ野球
  6. おんな城主直虎
  7. コウノドリ2
  8. 弁護士
  9. みをつくし料理帖
  10. キラキラネーム
PAGE TOP