ごめん、愛してる

「ごめん、愛してる」7話のあらすじ(ネタバレ)と感想!サトルが事故?

ごめん、愛してる
LINEで送る
Pocket

今夜のドラマあらすじは?
明日の約束
監獄のお姫さま

ドラマ「ごめん、愛してる」の7話のあらすじと感想です。律と凛華は海沿いのバス停で朝まで過ごしてしまいました。凛華が家に帰ってくると、あいつだけは絶対にダメだと恒夫に言われてしまいます。サトルは塔子にフラれてやけを起こして事故を起こしてしまいました。


スポンサードリンク


「ごめん、愛してる」7話あらすじ

「ごめん、愛してる」は、他のおもしろいドラマも含めて、有料ですがU-NEXTで見ることができます。⇒ U-NEXT

ここから先はネタバレが含まれます。これまでのストーリーはコチラ⇒ストーリーまでジャンプ!

 

サトル(坂口健太郎)は病院にはこばれて、麗子(大竹しのぶ)や凜華(吉岡里帆)、律(長瀬智也)、恒夫(中村梅雀)がやってきました。麗子は、すべて律のせいだと言いがかりをつけました。そして、「クビよ。もう二度と顔見せないで」といわれます。恒夫も「もう来るな。朝まで一緒にいたんだろ」と言います。サトルが事故したときに二人が一緒にいたことを知って、麗子はさらに激怒しました。

律は、自分の頭を同じ病院の脳外科に見てもらいました。検査結果を聞いて黎は家に帰ってきました。そして、魚(大智)をつれて買い物に行くと、公園で、律の名義の通帳とはんこを魚に渡しました。

数日後、サトルは、凛華の名前を呼びました。それを聴いた麗子は凛華にきてくれと連絡しました。ネットでは、塔子(大西礼芳)がサトルとは別れたとコメントを発表していました。凛華は病院にいってサトルの横にずっと付き添いました。

律は、ゲーム機を買ってきてあげて、誕生日プレゼントだといって渡しましたが、魚はどこかに行ってしまうと気づきました。律は、「お前が母ちゃんを守れ」と行って抱きしめました。律の症状が進んで、手が震えたりするのが頻繁におき始めました。

律が悟の病院に行ってサトルの病室に行くと、脳挫傷は軽いけれども、心臓のほうがまずいと言って、近い将来、移植が必要かもしれないと聞きます。病室から出てきた凛華を見て、食事をしてないと思った律は、病院を連れ出しました。ふたりでカツ丼屋さんに行くと、携帯に気づいてあげられなかったといって凛華が泣き始めます。律は、何とか凛華にカツ丼を食べさせました。そして、病院に送っていきました。

病室に戻ると、麗子から。どこに行っていたのか聞かれて、

「あなたの居場所はここ。サトルのとなり。忘れないで」

と言われてしまいました。

 

その日の夜、サトルが目をさましました。凛華が麗子と先生を呼びに行こうとすると、「行かないで」とサトルに言われました。目を開けられなかったけど、凛華が手を握っていてくれたことはわかっていたと言いました。数日後、リハビリが始まりました。サトルは、

「どこにも行かないでほしい。事故の後、どんどん意識が薄れていく中で、凛華に会いたい、ほんとは凛華が一番大事だって、わかった。今頃こんなこというなんて。恐ろしくばかで、鈍感だった。本当にごめんね。いままで、凛華をいっぱい傷つけた」

そういうと、サトルは凛華を抱きしめました。

退院が決まって、医師から注意点を話されました。次に発作が起きたら命の保障はないといわれてしまいました。麗子は凛華に、サトルのことをすべて受け入れてほしいと言われました。サトルは、凛華と律のことがちょっと気になっていました。

 

律の症状は進んでいました。ある日の朝、動画日記を撮りました。

「8月29日。俺が生きられる時間は残りわずかだ。その残りの時間をどう使うかが悩みどころだ」

 

サトルが退院しました。病院まで律が見に来ているのが凛華がわかりまましたが、何も声をかけずに帰りました。バスに乗って帰ろうとすると、凛華がバスに乗ってきました。

「そこに乗っていい?」

「おまえ、どこに行くんだ。家だったら、逆方向だぞ」

しばらく走った後、バス停で降りると、

「すげー雨だな。当分やみそうにないな」

「律、りーつ。こっちむいて律」

「犬みたいに呼ぶな」

「いいじゃん、この名前気に入ってるんでしょ。わたし、律が好きだよ。自分にはうそつけない。一緒に心から笑えるのは、律といるときなの。あなたが好き。好きだよ」

そういって、凛華は律にキスをしました。

「ごめんな、ぼけちん。俺はお前が好きじゃない。好きじゃないんだ」

(⇒8話のあらすじ

「ごめん、愛してる」7話の感想

おもしろかったですね。最後のシーンで、吉岡里帆さんがとってもかわいかったです。アップでなく、引きの画像がとてもおしゃれで良かったですね。

とは言え、なぜ、いきなりバスに乗り込んできたんかちょっと不思議でした。それまでは、ご飯も食べずに、つきっきりでベッドにいたのに、目を覚まして、好きだと告白されたら自分からにげてしまいました。しかも、ずっと好きだった人に振り向いてくれた初めての瞬間でした。

目を覚ましてからバスに乗るまでの間の描写が少なすぎたような気がします。

おそらく、今まで好きだと思っていたのに、目が開いた瞬間ホッとしたと同時に悪いと思う意識にさいなまれたんだと思います。そして、好きだと言われた瞬間、今まで追いかけてきたものが手に入って、気持ちが覚めてしまったんだと思います。

そして、律に強引に誘われてカツ丼屋さんに行ったときの気持ちと比べたのではないでしょうか。そのときは、感情がほとばしり出てしまって、今まで思っていたことをすべて吐きだせて、それがとても気持ちよかったんだと思います。その気持ちと、自分が思ってることも言えないようなサトルとの関係を比べて、律のことが大好きになってしまったのではないでしょうか。

これは、恋愛相談をしてる人が、つき合ってしまうことに似てると思います。一目ぼれや付き合いたいと思ってるひとと接する時には、自分のことはさらけ出せないのですが、そのことを相談してる人には、さらけ出してしまうことで、おたがいに好意を持ってしまう様な感じです。

そして、律は、自分の人生が短いと知ってるので、気持ちとは裏腹に「好きじゃない」と言ってしまいます。これは、逆効果ですね。凜華はこれからどんどん好きになっていくはずです。ツンデレみたいな感じで、手に入りそうだったものが少し逃げると、ドンドン追いかけて行ってしまうパターンです。これは、普通の恋愛にも使えます。付き合いはじめは、とかく相手に合わせようとするものですが、相手に合わせようとせずに、わざと逆のことをしていくとうまくいくことがあります。相手の言うことを全て聞いていると、いつの間にか飽きられてしまいますので、注意が必要です。

今回のお話の中で、サトルの心臓移植の話が出ました。サトルと律は異父兄弟なので、おそらく心臓は適合すると思います。最後は、律の心臓をサトルに・・・という話になっていきそうなので、これからどんな展開になっていくのかとても楽しみです。

 


スポンサーリンク

「ごめん、愛してる」のストーリー

赤ん坊のころに、児童養護施設「つばめ園」の前に赤ん坊が捨てられていました。一緒に、お守りと指輪と「律」と書かれた紙切れが1枚入っていました。すくすくと育った律(長瀬智也)は、小学生のときに、岡崎家に引き取られます。小さいころから仲良しだった若菜(池脇千鶴)は、連れて行かれる律を追いかけて交通事故に遭ってしまいます。その事故の影響で脳に障害が残り、7歳の知能のまま大人になりました。

一方、律は、岡崎家が韓国に赴任したあと、家出をして裏社会に入ってしまいました。組織の若頭に気に入られますが、日本人だという理由で配下の者たちから嫌われています。ある日、日本人の女性からスーツケースを奪って、身柄も売り飛ばしてしまう仕事を手下の二人とやってると、凜華(吉岡里帆)に出会います。その天然さにいじらしさを感じた律は、組織を裏切って凜華と逃げてしまいました。翌日、つかまった律は若頭の誕生日会に連れて行かれます。敵対組織が雇ったヒットマンが若頭を狙ってることに気が付いた律は、その拳銃の前に身を投げ出して意識不明の重体になってしまいました。3日後、目を覚ましますが、銃弾が頭に残っていて、いつ命が亡くなるかわからないと医者に言われます。

リハビリしながら、残った人生をどうやって過ごすか考えて、自分を捨てた母親を探すことにしました。

日本に帰ってきて、つばめ園に行くと、若菜の事故のことを聞きます。妹のようにかわいい若菜の所に身を寄せながら母親を探していると、ジャーナリストの加賀美修平(六角精児)から、母親の手掛かりがつかめます。聞いた住所に行くと、その大豪邸には、天才ピアニストのサトル(坂口健太郎)と母親の元ピアニストの麗子(大竹しのぶ)とマネージャーの凜華がいました。

やっと母親に会えたと思った律は、涙を流して近づいていきましたが、麗子は何も言わずに涙を流しながら近づいてくる大男に恐怖を感じます。その手をはねのけて「出て行け!警察を呼ぶよ!」と叫ぶ麗子を見て、ショックを受けた律は、そのまま何も言わずに屋敷を出て行きました。

翌日、サトルの家の前に現れれた律は、凜華のお願いで1日運転手になります。塔子とのCM撮影に湖に行ったサトルは、たまたま現れた俳優とけんかになって湖に飛び込んでしまいます。発作が起きたサトルを律が助けると、麗子にも認められて、ボディガード兼運転手に雇われました。湖の一件で仲良くなったサトルと塔子を見た凛華は、律とやけ酒を飲みました。飲みすぎた凜華を背負って帰ってくると、凜華の父親に会います。凜華の父親は、律の首からさげてる指輪を見て血相を変えて、「消えろ」と叫びました。律の捨てられたときのことに関係しているようです。

麗子の元彼、律の父親の指揮者の黒川が亡くなりました。ジャーナリストの加賀美は麗子の付き人の三田恒夫や麗子に執拗につきまといます。頭にきた律は加賀美を殴ってしまい、警察に連行されてしまいます。サトルは塔子にいったん好きじゃないと言われますがあきらめ切れずに麗子に認めてくれと頼み続けました。

凛華はそばにいることが耐えられなくなって、サトルの付き人をやめました。アメリカに行こうと空港まで行きますが律が倒れてしまいます。家まで連れて行って看病すると、そのまま泊まることになります。次の日も襲われてる若菜を助けてアメリカにいけませんでした。律は、韓国の病院の医師から余命3ヶ月と言われて、あと3ヶ月だけ一緒に暮らしてくれと隣家に頼みました。花火をしてると、律が鼻血を出してしまいました。

若菜のホットドッグの屋台が男たちに壊されて商売ができなくなります。東京にいることをサトルにばれた凛華は、サトルの家で雇ってもらうように頼みました。若菜が働き出しますが、指輪を盗んだと言われてしまい、働くことをやめます。指輪は床に落ちていただけでした。律は、クビにならず運転手を続けていました。サトルが塔子と結婚することになって婚約披露のパーティが行われました。パーティが終わった後、落ち込んだ律は、玄関先で凛華に抱きしめられて元気をもらいます。その姿を悟るが見ていました。ネットでは、麗子の隠し子がいるとニュースになりました。

麗子の家に取材人が押しかけました。サトルへの影響を心配して麗子は記者会見して、付き合っていて妊娠はしたけど、すぐになくなってしまったと言いました。それを聞い手ショックを受けた律は、凛華と二人で海に行って遊びました。途中で凛華が寝てしまい、朝までバス停で二人で寝てしまいました。家に帰ってくると、すごい勢いで、「あいつだけは絶対に駄目だ」と恒夫に怒られました。

その頃、箱根に旅行に来ている塔子はサトルを連れて父親に会いに行きます。悟ると結婚すると話したとたん、父親はなくなってしまいました。塔子は悟るを残して都心に帰って家に知らない男を引っ張り込みました。サトルが塔子の家に行くと、塔子から、「一度も好きになったことはない」といわれてしまいます。傷心のサトルは凛華に電話をしますが、連絡が取れずに一人で山道を車で爆走しました。カーブを曲がりきれなかったサトルは路肩に激突して救急車で運ばれました。

「ごめん、愛してる」のキャスト

  • 岡崎律 長瀬智也
  • 三田凜華 吉岡里帆、サトルの幼馴染でマネージャー、サトルを好き
  • 日向サトル 坂口健太郎、天才ピアニスト、塔子を好き
  • 日向 麗子 大竹しのぶ、サトルと律の母親
  • 古沢塔子 大西礼芳、天才サックス奏者、自由気まま
  • 河合若菜 池脇千鶴、律の幼馴染、脳に後遺症
  • 河合 魚 大智、若菜の息子
  • 黒川龍臣 山路和弘、天才指揮者、律の父親?
  • 立花 さと子 草村礼子、つばめ園園長
  • 加賀美修平 六角精児、ジャーナリスト
  • 三田 恒夫 中村梅雀、麗子のマネージャー

7話以外のあらすじ

以上、ドラマ「ごめん、愛してる」の7話のあらすじ、感想などでした。

他にも面白いドラマがあります。

ドクターX 2017
ブラックリベンジ

⇒ ドラマ一覧に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク

 

おすすめの記事

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

    • カズン
    • 2017年 8月 22日

    ごめん愛してるのドラマは、悲しいとても心に響く
    ドラマなのに・・・
    大竹しのぶさんの演技が、下手で非常に残念です。

    • 米山 慎吾
      • 米山 慎吾
      • 2017年 8月 22日

      コメントありがとうございます。
      私も大好きなドラマです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

本日のおすすめ情報

  1. 『この声をきみに』のキャストやあらすじ!見どころは【人生を変えられるか?】 この声をきみに
  2. 「先に生まれただけの僕」のキャストと1話のあらすじと感想!櫻井翔が校長先生? 先に生まれただけの僕
  3. 『ブラックリベンジ』のキャストと1話のあらすじと感想★木村多江が復讐の鬼に! ブラックリベンジ
  4. ドラマ『アシガール』のキャストや1話のあらすじと感想!黒島結菜と健太郎が戦国時代に! アシガール
  5. Jリーグ2017の日程と順位と放送予定!試合結果やチケットの購入先は? 2017Jリーグ順位
  6. 『監獄のお姫さま』のキャストと1話のあらすじと視聴率。小泉今日子が宮藤官九郎の脚本で! 監獄のお姫さま
  7. 「ドクターX 2017」のキャストや1話のあらすじと相関図。大地真央が新院長! ドクターX
  8. 「刑事ゆがみ」のキャストと1話のあらすじと感想!浅野忠信と神木隆之介が! 刑事ゆがみ
  9. ドラマ『陸王』のキャストと1話のあらすじと原作。★モデル企業は「きねや足袋」 陸王
  10. プレミアムスリムビオは痩せない?効果的な飲み方と最安値で通販で買うには?
スポンサーリンク

最新情報

  1. 民衆の敵
  2. NBA2017-2018
  3. 先に生まれただけの僕
  4. ヒグマ
  5. 民衆の敵
城
  1. waikiki-beach
  2. ドラム
  3. FIFAクラブワールドカップ
  4. セシルのもくろみ
  5. ドクターX
  6. 花
  7. 水素水
  8. 火花

多くの人に読まれている情報

  1. 東京タラレバ娘
  2. スーパーサラリーマン左江内氏
  3. スーパーサラリーマン左江内氏
  4. 家政婦のミタゾノ
  5. レンタル救世主
  6. カインとアベル
  7. わにとかげぎす
  8. 犯罪症候群
  9. 奥様は、取り扱い注意
  10. 視覚探偵日暮旅人
PAGE TOP