グッドパートナー

ドラマ「グッドパートナー」6話のあらすじ(ネタバレ)と感想!

弁護士
LINEで送る
Pocket

 今夜のドラマは?
ドクターX 2017
刑事ゆがみ
ブラックリベンジ

テレビ朝日の木曜ドラマ『グッドパートナー』の6話のあらすじ(ネタバレ)と感想、キャストです。

『グッドパートナー』は、企業法務専門の弁護士「ビジネスロイヤー」をテーマにした弁護士ドラマと、離婚した元夫婦の弁護士二人と、その娘の三角関係がどきどきするホームドラマです。

『グッドパートナー』の5話では、お医者さんのセクハラがテーマでしたが、6話はどうなるのでしょうか。6話のあらすじ(ネタバレ)と感想、キャストを書いていきます。


スポンサードリンク


6話以外のあらすじは、

「グッドパートナー」をもう一度見るにはこちらが便利です。他にも多くのおもしろいドラマを見ることができます。⇒ U-NEXT

『グッドパートナー』6話のキャスト

神宮寺法律事務所のメンバー

  • 咲坂健人    竹野内豊     パートナー弁護士、エース
  • 熱海優作    賀来賢人     咲坂健人のアソシエイト弁護士
  • 夏目佳恵    松雪泰子     パートナー弁護士、咲坂の元奥さん
  • 赤星元     山崎育三郎    夏目佳恵のアソシエイト弁護士
  • 猫田純一    杉本哲太     パートナー弁護士、婚活中
  • 城ノ内麻里   馬場園梓     猫田純一のアソシエイト弁護士
  • 茂木さとみ   岡本あずさ    パラリーガル
  • 九十九治    大倉考二     パラリーガル
  • 朝丘理恵子   宮地雅子     秘書
  • 神宮寺一彦   國村隼      代表、通称ボス

簡単に神宮寺法律事務所の組織を説明します。

ボスの下に、メインとなる3人のパートナー弁護士がいます。

パートナー弁護士には、それぞれ補佐をするアソシエイト弁護士がいます。

つまり、3つの弁護士チームが、それぞれ別々の案件を処理しているわけですね。

そして、事務所全体の法律業務をするパラリーガル(法律に詳しい事務員です)が、二人と、秘書が一人います。

このドラマのキモは、元夫婦の弁護士二人が同じ事務所に居て、ケンカしたり協力し合うという、弁護士風ホームドラマです。

今話題の企業法務の話題と、美男美女の二人の展開がおもしろいですね。

咲坂家

  • 咲坂みずき   松風理咲     健人と佳恵の娘、今は健人と同居
  • グエン     上地春奈     咲坂家のお手伝いさん、ベトナム人
  • 島谷涼子    宮崎香蓮     みずきの家庭教師、女子大生

『グッドパートナー』6話のあらすじ

まだ、見ていなかったり、読みたくない人は下のリンクをクリックして感想までジャンプして下さい。→ 6話の感想

 

朝、咲坂は娘のみずきから男の子の友達ができたと聞いて、心中がおだやかではないようです。

事務所に行くと、クライアントが待っていました。

 

株式会社いわし丸社長の根岸昇さんと奥さん。

お蕎麦屋さんです。25年かけて、5店舗まで増やしてきたんですが、最近、お客さんが減ってきて赤字になってきています。

銀行からの借入金が3億円を超えてしまって、どうにもならない状態です。

社長の根岸さんは、お店をつぶしたくありません。取引先と従業員に迷惑を掛けたくないということで、法律事務所に来たんです。

 

今回は、蕎麦屋いわし丸の事業再生の案件です。

 

ボスに相談すると、夏目のアシスタントのレッド(赤星)をサポート役でつけられました。

 

部屋で、咲坂と熱海、赤星の3人でいわし丸の再建策を考えています。

すると、赤星が

「いや、再建はムリでしょ。売り上げは右肩下がり、逆に支払いは増えている。傷が浅いうちに清算した方が良いと思います。どう考えたってムリです。」

と、かなり冷静でつめたい発言をします。

 

赤星の発言に、ちょっと怒った咲坂は、

「じゃあ、現場を見て決めようじゃないか。清算を進めるか、再建を進めるか」

 

そして、3人でいわし丸を視察しに行きます。朝早く、市場から始まって、お昼の状態まで調べます。

赤星が、いわし丸でお昼のおそばを食べながら、

「味も普通、お客も少ない。だから、借金が増えていったんでしょう。誠実なだけなら商売はムリなんです。」

それに対して咲坂が、

「どうも、君と僕とは価値観が違うようだ。やりにくかったら、この件から降りていいんだぞ」

「いやです」

と、ふたりでケンカが始まってしまいます。赤星には何か、この件に特別な思い入れがあるようです。

 

事務所に帰ってきても、夏目と咲坂もケンカになってしまいます。

 

赤星は、ボスからも「最初から倒産と決めつけるのはどうかな」とくぎを刺されてしまいます。

咲坂がボスにチクったと逆切れして、赤星は事務所を出て行ってしまいました。

 

一方、猫田は、お見合いRUNという企画もののお見合いでうまく行ってるようでした。

 

咲坂は、娘のみずきを小学校に見に行って、ボーイフレンドの目黒クンをみつけました。

帰ってその話をすると、「親離婚友達だよ」と言われてしまいます。

 

夏目は、お昼にクライアントの男性と食事をして、交際を申し込まれます。

そのおかげで、踊りのけいこもどこか上の空で、間違ってばかりでした。

 

咲坂たち3人は再建案を持って、銀行に返済猶予を考えてもらうように頼みに行きますが、その再建案では無理だと断られてしまいます。

 

その帰り道、喫茶店で話をする3人。

赤星は、もうムリだと言います。

それに対して、咲坂は、

「君の言ってることは、この弁護士ボタンが言ってるようだ。所詮、他人事だと思ってるからだ。でも、本当に困ってる人には、そんな奴の言葉は届かない。弁護士としてではなくて、一人の人間として話さなきゃいけないときってあるんだよ。」

 

そこへ、いわし丸の奥さんから電話がかかってきます。

旦那さんが自殺をほのめかすようなことを言い出したという話です。

 

 


スポンサーリンク

 

急きょ、いわし丸の夫婦を事務所に呼んで話をすることになりました。

 

銀行から、返済猶予を断られたことを話し始めます。

咲坂が穏やかに、今後の方針を話そうとすると、赤星が話し始めます。

「あと、2店舗、閉めませんか?浅草店だけ残しましょう」

奥さんも、全部の店をつぶしてもイイから、未来を大事にしてくれと言います。

 

それに対して、それだけは何とか辞めてくれ、従業員が、取引先が・・・と言いながら、すべての責任を取ろうと考えていて、ついには泣き出してしまう根岸でした。

泣き出す根岸を慰める咲坂と熱海。

 

赤星は、咲坂に言われた言葉を思い出します。

「君の言葉は、根岸さんには届かない」

 

意を決したように話し出す赤星。

「根岸さん。僕の親父も商売やってたんです。実家のある静岡で、10店舗位経営していたんです」

そういうと、父親の話を始めます。

 

利益を出すためではなくて、しかたなく自転車操業で事業を広げていったこと。

資金繰りが厳しくて、あちこち駆けずり回っていたこと。

赤星自身はそんなことは全く知らずに、東京で大学生活を送っていたこと。

 

大学二年の夏、テニス部の合宿の時に、父親が倒れたと、電話がかかってきた事。

急いで戻った赤星ですが、最後には間に合わなかったこと。

「あんなに頑張ることはなかった。ムリしないで意地を張らないで全部あきらめてしまえば、死ぬことはなかった」と、母親が泣きながら話した事。

 

泣きながらそんな話をした後、赤星は根岸に言います。

「根岸さん。リストラしたくないとか、取引先に迷惑かけたくないとか、そんなこと言ってたら、あなたも僕の親父みたいになるかもしれない。自分の命と引き換えにしたって、なんの意味もないんです。」

 

咲坂も、

「彼の言うとおりですよ。いわし丸を再建したいのなら、他人に気を使うのは一切やめてください。捨てられるものはもう全部捨てるんです。いわし丸の看板とあなたの命以外。」

 

赤星が「お願いします」というと、根岸は、

「わかりました。言う通りにします。よろしくお願いします。」

と、泣きながら大きくうなずきました。

 

「一緒にいわし丸を再建しましょう」

そう言いながら、赤星を穏やかな目で見つめる咲坂でした。

 

翌日、1店舗だけを残すことと、外国人の観光客向けの再建案を持って、銀行に話をしに行った3人でした。

銀行も、今回の提案で、納得してくれたようです。

 

ひと段落して、近くのカフェにいる咲坂と夏目。

赤星が自分の過去を話したことにちょっとショックを受けてる夏目。

何となくいい感じの二人でした。

 

咲坂は、ボスに言われた「君たちはベストフレンドになればいい」と言われた話をする咲坂。

「かもね。じゃあ、チョット努力してみる?すぐには変われないけど。」

とちょっと納得している夏目。

 

「でも、頑張ってみるよ」

という咲坂。

 

一方、小学校では、みずきと目黒が話をしています。

「目黒君はうれしい?お父さんとお母さんが友達って?」

「うれしくない」

「だよね。パパとママは、パパとママだもん」

 

さあ、このあとどうなりますでしょうか。

(⇒ 7話のあらすじ

『グッドパートナー』6話の感想

今回は、赤星の過去がわかります。

カッコ良くて、育ちがよさそうな赤星ですが、実は苦しい過去があったんですね。

 

今回の感想は、コミュニケーションです。

赤星は、咲坂に言われます。

「君の言ってることは他人ごとに聞こえる」

そう言われて、涙ながらに訴えました。

 

でも、言ってることはおなじです。

もうあきらめましょう、ということですよね。

 

どこが違うのかっていうと、自分の事を話したっていう所です。

 

簡単にしてみると、初めは、単純に「もうムリなので、清算しましょう」と言っていました。

最後は、「僕の父親も、あなたみたいに頑張って無理をして亡くなってしまったので、あなたはそうならないために、お店はもうムリなので、清算しましょう」ということです。

 

この違いは大事です。

人を説得したり、口説くときには、まず自分の話からすることです。

 

特に、口説くときには、自分の話の中でもだめなこと、失敗したこと、うまくいかなかったことなど、マイナスの部分を面白く話すとイイ効果が出ます。

自分の事をさらけ出しているなと、相手が感じて、相手も自分の事をさらけ出さないといけないと感じ刺せることが、この方法なんです。

 

デートのときは、それほど深い話でなくてイイです。

例えば、好きなタレントを聞くときでも、「誰が好き?」よりも、自分が好きな俳優の話を少ししてから「誰が好き?」「どこがイイの?」と聞けば、スムーズに会話が流れていきます。

結構、そのあたりのテクニックは使えますので、覚えておいてください。

以上、『グッドパートナー』の6話のあらすじと感想でした。「グッドパートナー」をもう一度見るにはこちらが便利です。⇒ U-NEXT

他にも面白いドラマがあります。

⇒ ウチの夫は仕事ができない
⇒ ハロー張りネズミ

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク

 

おすすめの記事

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

本日のおすすめ情報

  1. 『奥様は、取り扱い注意』のキャストや1話のあらすじと感想!綾瀬はるかと西島秀俊が夫婦? 奥様は、取り扱い注意
  2. 『ブラックリベンジ』のキャストと1話のあらすじと感想★木村多江が復讐の鬼に! ブラックリベンジ
  3. ドラマ『アシガール』のキャストや1話のあらすじと感想!黒島結菜と健太郎が戦国時代に! アシガール
  4. Jリーグ2017の日程と順位と放送予定!試合結果やチケットの購入先は? 2017Jリーグ順位
  5. 「ドクターX 2017」のキャストや1話のあらすじと相関図。大地真央が新院長! ドクターX
  6. 『コウノドリ2』のキャストと1話のあらすじと感想。綾野剛と星野源が再び! コウノドリ2
  7. 「刑事ゆがみ」のキャストと1話のあらすじと感想!浅野忠信と神木隆之介が! 刑事ゆがみ
  8. 「さくらの親子丼」のキャストや1話のあらすじと感想。真矢ミキさんと吉本実憂さん! さくらの親子丼
  9. J2リーグ2017の日程と順位と放送予定!試合結果やチケットの購入先は?松本山雅は? J2リーグ2017
  10. 「ユニバーサル広告社」のキャストや1話のあらすじ★和久井映見がヒロイン! ユニバーサル広告社
スポンサーリンク

最新情報

  1. 台風21号(2017年)
  2. 奥様は、取り扱い注意
  3. 奥様は、取り扱い注意
  4. ACL(AFCチャンピオンズリーグ)
  5. プロ野球
おんな城主直虎
  1. みょうが
  2. 砂の塔
  3. 人は見た目が100%
  4. 東京タラレバ娘
  5. カルテット
  6. 犯罪症候群
  7. スーパーサラリーマン左江内氏
  8. 恋がヘタでも生きてます

多くの人に読まれている情報

  1. プロ野球
  2. 釣りバカ日誌2
  3. お迎えデス。
  4. お迎えデス。
  5. 弁護士
  6. アパレル
  7. 奥様は、取り扱い注意
  8. フランケンシュタインの恋
  9. バイオハザード
PAGE TOP