後妻業

後妻業の6話のあらすじ。

後妻業

ドラマ「後妻業」の6話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。後妻業とは、遺産相続目当てで資産家の老人を狙った結婚詐欺です。木村佳乃さん演じる後妻業の女、竹内小夜子とその相棒の高橋克典さん演じる柏木亨、狙われた資産家の娘の木村多江さん演じる中瀬朋美、その先輩の井原剛志さん演じる探偵が四つどもえになって遺産と恋を争います。

スポンサーリンク

ドラマ「後妻業」の6話のあらすじ

ドラマ「後妻業」の最終話を、3/26の20:00まで無料で見ることができます。⇒TVer

一刻も早く、笹島(麿赤兒)の妻となり、遺産相続人のポジションにつきたい小夜子(木村佳乃)は、「遺産をうちに残してほしい」と笹島にプロポーズしました。しかし、形はあくまで“内縁”だといい、籍を入れられない理由を美談として話す小夜子の言葉に、笹島の答えは、プロポーズはうれしいけれども財産分与はもう少し考えさせてくれと言うことでした。

一方、朋美(木村多江)は、夫の司郎(長谷川朝晴)の浮気のショックから、感情が高ぶり、ついに本多(伊原剛志)と一晩をともにしてしまいました。翌朝、互いに自分たちの気持ちを抑えようと、大人の努力をすることにしました。その2人の浮気現場を押さえ、本多の弱みを握った柏木(高橋克典)はほくそ笑みました。

数日後、笹島から公正証書の書類を作ってくれると連絡が入りました。すぐに司法書士の新井(河本準一)に連絡して、笹島の自宅の前で待ち合わせをして中に入りました。そして、証書の作成を3人でしました。新井が帰った後、笹島は話があると言いだしました。

笹島の家の外では、弱みを握られたとは知らない本多が、ふたりが笹島の自宅へ入る姿を目撃して写真にとりました。すぐに朋美に連絡して事務所であいました。

そこで話を聞いた朋美は、小夜子の次のターゲットが自分のクライアントだと知っておどろきました。同時に、笹島を亡くなった父親の二の舞にはさせないと、小夜子と柏木の計画を阻止するために笹島邸に乗り込んでぜんぶはなしました。おころが

そのあと朋美は小夜子の家にいってはなしをしました。小夜子は、あくまで自分は“恋愛”を楽しんでいるだけだと言い張り、いつものように巧みな話術で朋美の追及をかわしました。しかし、朋美がわたしの方がまともな女だという一言で怒りに火がつき、本多との浮気の証拠写真を朋美に突きつけました。さらに、朋美が子供ができないこと、まともな結婚をしてないこととかをもちだしました。

何も言えなくなった朋美は、夫に見せるなら見せてもいいと言いました。ところが、小夜子は夫ではなくて世間に見せる、そしたら今までの信用、信頼がすべてなくなるとおどしました。そして、これ以上かぎまわるな、手を引けとさけびました。朋美は法的手段に訴えると言って部屋を出ていきました。

少し心配になった小夜子は泣くまねをしながら笹島に電話しました。朋美は小夜子の逆恨みだといって言葉巧みにごまかしました。

翌日、柏木の事務所に行くと、ややこしくなってきたからといってあたらしい相手を紹介されました。船山という不動産屋でした。すぐにお見合いをしました。朋美のうつくしさにすぐにうらがあることがばれそうになりました。ですが、船山は男らしくその話題をうちきって笑顔で乾杯しました。

一方、朋美の夫は1週間、香港出張でした。ところが朋美が調べると、絵美里も一緒に行ってることがわかりました。朋美は小夜子に勝ちたいとおもい始めました。朋美はその足でブライダル微祥にいって柏木と会いました。朋美は今までの事件をすべて小夜子のせいにして、自分と手を組んでくれといいました。

そのころ、喫茶店にいた本多の所に、橋口(平山祐介)がやってきて笹島が亡くなったとれんらくしました。

(⇒7話のあらすじ

ドラマ「後妻業」の原作

原作は、黒川博行さんの小説です。黒川博行さんは、1949年生まれの小説家、推理作家で、高校の美術教師をされてる傍らに書かれた小説がサントリーミステリー大賞佳作にえらばれて小説家デビューされました。2014年に『破門』で直木賞を受賞されています。黒川博行さんの主な作品は、

ドラマ「後妻業」のキャスト

  • 竹内小夜子 木村佳乃
  • 柏木亨 髙橋克典、結婚相談所社長
  • 中瀬耕造 泉谷しげる、小夜子のターゲット
  • 中瀬朋美 木村多江、耕造の娘
  • 本多芳則 井原剛志、朋美の先輩、探偵
  • 西木尚子 濱田マリ、朋美の姉
  • 佐藤司郎 長谷川朝晴、朋美の共同経営者
  • 山本絵美里 田中道子、司郎の部下
  • 橋口健太郎 平山祐介、本多の後輩
  • 三好繭美 篠田麻里子、柏木亨の遊び相手
  • 新井欽司 河本準一、柏木に利用されてる
  • 瀬川頼子 とよた真帆、柏木に利用されてる
  • 黒澤博司 葉山奨之、小夜子の弟で柏木の弟子

各話のあらすじ

以上、ドラマ「後妻業」の6話のあらすじ(ネタバレ)でした。


あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 


LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

40歳で人生を見直す

  1. 耳をすませば
  2. 人生の転機
  3. ケツメイシ




疲れたときにおススメ

  1. アンフェア
  2. 僕のいた時間
  3. あまちゃN
  4. 続・最後から二番目の恋
  5. 名前をなくした女神
  6. ヘヴン~ご苦楽レストラン~
  7. 地味にスゴイ!
  8. 愛という名のもとに
  9. 家政夫のミタゾノ2

40代におススメの韓流ドラマ

  1. レディの品格
  2. 力の強い女ト・ボンスン
  3. 魔女の法廷
  4. シークレット・ガーデン
  5. ウチに住むオトコ
  6. トゥーカップス
  7. もう一度始めよう
  8. 我が家のハニーポット
  9. 吹けよ、ミプン
スポンサーリンク

最新情報

  1. 4分間のマリーゴールド
  2. 同期のサクラ
  3. まだ結婚できない男
  4. G線上のあなたと私
  5. the-bucket-list
  1. ブラックリベンジ
  2. 天ぷら
  3. ヘッドハンター
  4. 釣り
  5. ザ・マジックアワー(U-NEXT)
  6. タイプライター
  7. 陸王
  8. サバイバルウェディング
  9. 結婚相手は抽選で

多くの人に読まれている情報

  1. 初めて恋をした日に読む話
  2. ゼロ~一獲千金ゲーム
  3. 番人!
  4. バージンロード
  5. 僕らは奇跡でできている
  6. イタズラなKiss
  7. 介護
  8. トレース
  9. 黒革の手帖
  10. 千疋屋
auひかりバナー
PAGE TOP