母になる

ドラマ「母になる」の5話のあらすじと感想!広が再び児童相談所へ!

ドラマ「母になる」の5話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。一緒に暮らし始めた結衣と広と陽一。広と陽一は仲良くやっていましたが、結衣とはわだかまりがあるようで、しっくりきませんでした。ふたたび、広は児童相談所に帰って行ってしまいました。


スポンサーリンク


ドラマ「母になる」5話のあらすじ

「あなたのことお母さんと思えません」

そう言って、広は児童相談所に帰っていきましたが、途中でいなくなって田中今偉先輩(望月歩)と落ち合いました。夜になって、木野愁平(中島祐翔)から見つかったという連絡を受けました。門倉麻子(小池栄子)とは関係ないと言われて、少し安心しましたが、「こういうとき、普通の親は・・」と陽一(藤木直人)に電話で文句を言いました。

陽一は、結婚式に出た後に、かつての教え子と飲んでましたが、あの事件のせいでみじめな生活になってると陰で言われてしまいます。家に帰ってくると、広がネットカフェにいたということを結衣(沢尻エリカ)も木野から聞いて知っていました。しかし、もしも麻子が関係してたら、「わたし、なにをするかわからない」と陽一に言いました。

ネットカフェにいた木野の所に麻子から電話が来ました。木野が、もしかしたら麻子の所に行ったかもと思って、電話をしてしまったんです。木野が「いましたので大丈夫です。それ以上は言えません」というと、麻子はかなり聞きたそうでした。その後、麻子は、柏崎里恵(風吹ジュン)と緒野琴音(高橋メアリージュン)が住んでる部屋にいきました。たまたま、琴音と意気投合して一緒に飲んで、酔っ払った琴音を連れてきてくれたんです。そして、柏崎オートで働くことになりました。里恵も琴音も麻子が広の育ての親とは思いもしませんでした。

ネットカフェでは、広と今偉が、グーグルマップのストリートビューを使って今偉の母親を探していました。以前ケンカした相手に、映っていた言われたと言います。木野も一緒に手伝う事になりました。結衣はその話を、ツーオクのメイクをしながら莉沙子(板谷由夏)に伝えます。そしてできたメイクの画像を広に送るとドン引きされてしまいました。そんなことをしていると、今偉の母親が写り込んでいる画像を見つけました。早速、3人でその場所に向かいました。

今偉は、7歳の頃に、内縁の夫とうまくいかない母親から施設に保護されました。そして、徐々に面会に来なくなってしまったようです。住所もわからなくなって、連絡が取れなくなってしまいました。木野と二人になったときに、今偉は

「わかってる。俺の母親は最低の母親だってこと。でも、自分を産んでくれた母親っていうのは、世界でたった一人しかいない。たとえどんな母親でも掛け替えのない存在だってことを、広に分からせたいんだ」

と木野に伝えました。木野は、そのことを結衣に全部伝えました。結衣は笑顔でその話を聞きました。

今偉たちは、帽子と花束とケーキを買ってその場所につきました。今偉は、もし逢えたら木野に黙っていてほしいとお願いしました。「でも、挨拶を・・・」というと、

「大人が介入すると、整理整頓されちゃうんで。その場をとりつくって、きれいに治め酔うとするから。そういうの、広に見せても何の意味もないんで。余計な口出ししないでほしいんです」

と言われてしまいます。

その駐車場に着いて何時間も待ったところに、一人の女性が男連れでやってきました。今偉の母親でしたが、一緒にいたのは内縁の夫とは違う男でした。今偉を見ると、自分の子供だと分かったようでしたが、何も言いませんでした。

「ひさしぶり。背、のびたろ。雅男さんとうまく行くために、おれ、施設で暮らしていたんだけど。雅男さんと別れて新しい人と暮らすんなら、新しい住所をきちんと届けてくれないと、母親の居場所が分からないのは、こっちも困るんで。これ、母さんの好きだった」

と言ってケーキを渡そうとすると、「知らない。行こ」と言って振り払って、男と歩いていこうとしました。

今偉は何も言いませんでしたが、広は、

「待てよ、それでも母親かよ」

「あのね、そういう言い方、イチバン腹が立つんだよ。はいはい、たしかに母親よ。生んだのは私だから。だけども、誰もが素晴らしい母親になるなんて大間違い。わたしみたいな最低な人間だっているの。子供を手放さなきゃ、生きられない母親もいるの、勝手に母親像押し付けないでくれる。いきなりやってきて、冗談じゃないわよ」

というと、男と一緒に車に乗って行ってしまいました。今偉は、泣きながらケーキを拾いました。そして、広に向かって話しだしました。

「アレだって母親だもん。おれを産んでくれた。いつか、結婚したってするだろ。嫁さんもらえば、嫁さんにはお父さんとお母さんがいるだろ。自分にもお父さん、お母さんができる。おばあちゃんだって、おじいちゃんだって、子どもだって。この先、作ろうと思えばいくらでも家族は作れる。でも、産んでくれた母親は別。どうしたって、できない。たった一人しかいないから。世界でたった一人。どんな母親でも、それは、自分を産んでくれた掛け替えのない大切なたった一人の母親だから。わかるか、お前には、産みの親っていうのは・・・」

「今偉くん。ごめんな。だまってみてろっていうやくそくだけど・・・良いんだよ。泣いて良いんだよ」

今偉は、泣き崩れました。

 

その後、3人は、ゲーセンに言って遊びました。広は、結衣が児童相談所に来たときのこととか、遊園地に行ったときのこと、家を出たときのことを思い出して、結衣の送ったツーオクのメイクの画像に返信しました。

「ばーか、ばーか、ウザっ・・」

そして、立ち上がって木野と今偉に話しました。

「おれ、帰る。あのうちに、帰ります」

木野と今偉は笑顔になりました。そして、結衣に「ごめん」と返信して、3人の画像を送って「帰るぜ」と返信しました。

結衣と陽一が、家の前で広をずっと待っていると、3人が帰ってきました。

「ども」

「ども」

そして、今偉から花束をもらって、結衣に渡しました。結衣は今偉にお辞儀をして感謝しました。3人は家の中で、釣りの話をしながら食卓を囲みました。広がなぜ大学をやめたのかと陽一に聞くと、

「偉い人といるより、子供と一緒に釣りがしたかった。お前を連れて一緒に釣りをするのが夢だった。ずっと。その日が来るのを待ってた。おかえり」

「ただいま」

「おかえり」

「ただいま」

3人は、結衣の作ったカレーライスを食べました。

 

一方、里恵の部屋では、麻子が里美と話をしていました。里恵が広の話をすると、麻子はショックを受けてしゃっくりが出ました。急いで洗面所に飛び込んで昨晩のことを思い出しました。今に戻ってくると、里恵に、訴えました。

「わたしを雇ってください。柏崎オートでぜひ雇ってください」

柏崎オートで陽一が仕事をしていると、結衣が里恵から預かったものを陽一に渡しました。陽一が座敷に上がると、結衣から話をされます。

「わたし、子供と一緒に釣りを一緒にしたいって知らなかった。ごめんね。わたし、子供のことばかりで。いつも子供子供ってごめんね。でもね、要ちゃんと一緒に暮らしたいと思ったのは、子どもの為じゃない。私のためなの、あなたにいっしょにいてほしかったから。あなたじゃなきゃ、だめなの、わたし。えーえー、言ってないで、中身をはやく見なさい!」

陽一が封筒を開けると、そこには婚姻届がありました。

「なまえ、書いといたから。そいういうことだから」

陽一は転げまわって喜びましたが、

「陽ちゃん、それ、出すの、柏崎オートがうまく行ってからにしようね」

一方、広が学校から帰ってくる途中で、ジャーナリストの沢登一基という男性に、名刺を出されながら声をかけられました。

「柏崎広くん?9年前に誘拐された広くんだろ。門脇朝子さんについて聞かせてくれる?」

別な場所では、琴音が麻子を紹介してくれた女性に会ってると、麻子とは刑務所で出会ったと聞きます。何をして入れられたかを聞くと、猛スピードで自転車で走り出しました。

 

柏崎オートで、陽一と結衣が働いていると、社員から里美が雇った経理の人が来たと告げられます。結衣が外に出ると、麻子が立っていました。

「こちらで雇っていただくことになりました、門倉麻子です」

「何言ってるの?何しに来たの?」

と結衣が掴み掛ろうとすると、琴音がやってきます。

「待って、そのひと、ひとごろし、ひとごろしだから」

(⇒ 6話のあらすじ

ドラマ「母になる」5話の感想

おもしろかったですね。後程、感想を載せて行きます。

ドラマ「母になる」のキャスト

  • 柏崎結衣 沢尻エリカ
  • 柏崎陽一 藤木直人
  • 柏崎広  道枝駿佑
  • 門倉麻子 小池栄子、育ての親
  • 木野愁平 中島祐翔、児童相談所の職員
  • 田中今偉 望月歩、広の先輩
  • 西原莉沙子 板谷由夏、西原太治の妻
  • 西原太治 浅野和之、陽一の先輩
  • 西原繭  藤澤遙、太治と莉沙子の娘
  • 柏崎里恵 風吹ジュン、陽一の母親
  • 緒野琴音 高橋メアリージュン、柏崎オートの社員

5話以外のあらすじ

以上、ドラマ「母になる」の5話のあらすじ(ネタバレ)と感想でした。

あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 

LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

40歳で人生を見直す

  1. 大学の奨学金
  2. コック警部
  3. モチベーション
  4. ジョジョ
  5. プロ野球

疲れたときにおススメ

  1. スローダンス
  2. CRISIS公安機動捜査隊特捜班
  3. サマーヌード
  4. 半分、青い。
  5. サキ
  6. 二千年の恋
  7. 世界で一番君が好き!
  8. いつ恋
  9. コンフィデンスマンJP
  10. TOKYOエアポート

40代におススメの韓流ドラマ

  1. レディの品格
  2. おひとりさま
  3. ヒーラー
  4. ピノキオ
  5. 輝くか、狂うか
  6. あなたはひどいです
  7. 輝け、ウンス!
  8. 完璧な妻
  9. 明日、キミと
スポンサーリンク

最新情報

  1. ゼロ~一獲千金ゲーム
  2. この世界の片隅に
  3. J2リーグ2017
  4. 2017Jリーグ順位
  5. 西郷どん
オーファンブラック
  1. 今からあなたを脅迫します
  2. 待機児童問題
  3. フランケンシュタインの恋
  4. サム、マイウェイ
  5. 恋がヘタでも生きてます
  6. 年末年始スペシャルドラマ
  7. 悦ちゃん
  8. 下剋上受験
  9. グッドドクター

多くの人に読まれている情報

  1. ショッピング
  2. 婚活
  3. 先に生まれただけの僕
  4. 太陽を抱く月
  5. 大圃研
  6. 電子レンジ
  7. わた恋
  8. カエルの王女さま
電話占いヴェルニ「あの人の気持ちを当てる」全国の有名占い師が集結
PAGE TOP