花のち晴れ

花のち晴れの10話のあらすじ(ネタバレ)。

花のち晴れ

(引用:公式サイト

ドラマ「花のち晴れ」の10話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。

スポンサーリンク

10話のあらすじ

ドラマ「花のち晴れ」の9話を6/26の21:59まで無料で見ることが出来ます。⇒TVer

音(杉咲花)は、亜里沙(木南晴夏)の家に行って、天馬(中川大志)は音のことを信じてくれなくて、晴(平野紫耀)が逆に信じてくて、帰り際、後ろから抱きしめられたことを話しました。そして、晴のことを好きになってしまったけど、自分の心にふたをしなきゃいけないといいました。

それを聞いた亜里沙は、自分が傷つくのがこわいだけで、そういうのが一番周りの人に失礼だといいました。答えは、音の中にしかないし、音が決めなきゃいけないと言われました。

翌日、音は天馬のところにいって、天馬に好きだとつたえました。

天馬は、晴から柔道、弓道、剣道で試合を申し込まれたといいました。

晴は、メグリンに音のことがどうしても好きだと土下座をして謝りました。さらに、天馬と試合になったと言って、父親に何か言われる前に別れてくれといいましたが、メグリンはまだチャンスあるからあきらめないといいました。

晴と天馬の試合のうわさは、またたくまにひろがりました。

晴は、音を見かけて連れ出して試合のことをはなしました。晴は、この試合は音には関係ないといいました。

晴は、杉丸(中田圭祐)の家の同情に行って特訓を始めました。

音が家に帰ると、父親の誠(反町隆史)が外国から帰ってきて天馬の会社に入ることを聞きました。馳利恵(高岡早紀)から住むところも用意してくれるといいました。

欲日、C5から、晴との試合をやめてもらうように天馬に頼んでくれと音は言われました。それを聞いた音は、なんでいちばんみじかなC5が晴を応援してあげれないんだと怒りました。晴は決めたことはやり遂げる男だと言い捨てて歩いていきました。追いかけてきた愛梨に、全力で天馬を応援したいから晴をよろしくとえがおでいいました。

その日から晴の特訓が始まりました。

ある日、晴が弓道場にいくと、F4の西門(松田翔太)が待っていました。晴は、本当は音のためにがんばってると本心を言いました。西門は「いいね」と笑って教えてくれました。

家に帰ってきたC5はみんな許してくれましたが、愛梨だけがおこって、これ以上みっともなくなるからがんばれといいました。

 

数日後、晴が弓道場で西門に教わってると、天馬と音がやってきました。晴は的にまともにあたりませんでしたが一応的のところまで届いていました。それを見た音は、進歩の早い晴にえがおになりました。逆に天馬は的をはずしませんでした。

それを見ていた愛梨は、ふたりきりになると、いまでも晴のことがすきなんだといいますが、いままでのことを忘れてくれといいました。

弓道場のそとで音が待ってると、西門がやってきて、だれがそんな悲しい顔をさせてるの?とやさしくききました。音が晴のことを聞くと、順調にうまくなってるけど、レベルが違いすぎるといいました。ただ、試合も恋もなにがあるのかわからないとわらってあるいていきました。

翌日、久しぶりに学校に出てきたメグリンに、音はどちらを応援するのか聞かれました。音が、どっちも負けてほしくない、試合もやめてもらいたいというと、メグリンは、そんなことを言っちゃだめ、これは音を取り合う二人の戦いなんだといいました。音は、気づかなかった自分をせめました。

音は天馬とあうと、「わたしがいっしょにいたいのは天馬くんだよ」といいました。天馬は、自信がないし、晴がいなくなればもとの自分たちにもどれるといいました。それを聞いた音は、自分のせいで天馬を追いつめたんだと思い込んで、自分の気持ちにふたをしました。

 

試合の日。試合は3日間連続で行われて、各種目3番勝負で2番勝ったほうの勝ちでした。

一日目は柔道でした。一本目、すぐに一本で負けてしまいましたが、投げられないように手を突いてしまい、手を負傷してしまいました。

(⇒最終話に続く)

ドラマ「花のち晴れ」の原作

原作の神尾葉子さんは、1966年生まれの51歳の漫画家です。小学校のときにはジャカルタに住んでいて、1986年に、「ザ マーガレット」でデビューされました。1992年から2004年まで連載された「花より男子」は、現在のところ、日本最大のヒット作になって世界各国で翻訳されています。始めに台湾で実写ドラマ化されて大成功して、日本や韓国でも実写化されてそれぞれ大ヒットしました。「花より男子」連載中の「花のち晴れ」は、アマゾンなどで購入することができます。

キャスト

  • 江戸川音 杉咲花
  • 神楽木晴 平野紫耀(King & Prince)
  • 馳天馬 中川大志
  • 平海斗 濱田龍臣
  • 西留めぐみ 飯豊まりえ
  • 真矢愛莉 今田美桜
  • 成宮一茶 鈴木仁
  • 栄美杉丸 中田圭祐
  • 江戸川誠 反町隆史
  • 紺野亜里沙 木南晴夏
  • 馳美代子 堀内敬子
  • 小林孝蔵 志賀廣太郎
  • 馳利恵 高岡早紀
  • 神楽木巌 滝藤賢一
  • 江戸川由紀恵 菊池桃子

各話のあらすじ

以上、ドラマ「花のち晴れ」の10話のあらすじ(ネタバレ)でした。


あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 


LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

40歳で人生を見直す

  1. お見合い
  2. 人生の扉




疲れたときにおススメ

  1. 僕のヤバイ妻
  2. 花にけだもの
  3. あぶない刑事
  4. ゴールデンカムイ
  5. 救命病棟24時
  6. パフェちっく
  7. この世の果て
  8. 無痛
  9. ラストシンデレラ-1

40代におススメの韓流ドラマ

  1. 夜警日誌
  2. スパイ
  3. クリミナルマインド;KOREA
  4. 優しい男
  5. キスして幽霊
  6. 空港に行く道
  7. 漆黒の四重奏<カルテット>
  8. 太陽を抱く月
  9. ミッシングナイン-1
  10. じれったいロマンス
スポンサーリンク

最新情報

  1. 家売るオンナの逆襲
  2. 家売るオンナの逆襲
  3. ハケン占い師アタル
  4. Bリーグオールスターゲーム
  5. 初めて恋をした日に読む話
地震
  1. パン
  2. トドメの接吻(キス)
  3. さくらの親子丼
  4. 最高です!スンシンちゃん
  5. リピート~運命を変える10か月~
  6. ゆとり世代
  7. 猫
  8. ゆとりですがなにか
  9. 獣になれない私たち

多くの人に読まれている情報

  1. 宣言
  2. ステーキ
  3. マチ工場のオンナ
  4. 黒革の手帖
  5. トレース
  6. 動画
  7. 節電生活
  8. メンター
  9. あなたのことはそれほど
auひかりバナー
PAGE TOP