ヘッドハンター

ドラマ「ヘッドハンター」の2話のあらすじ(ネタバレ)。ゲストは高嶋政伸

ヘッドハンター

(引用:公式サイト

テレビ東京のドラマ「ヘッドハンター」の2話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。

スポンサーリンク

お好きな所からお読み下さい。

2話のあらすじ

大手企業・大急グループに吸収合併された「五陽テック」の元社員ながら、今や役員候補にまで登りつめた郷原泰三(高嶋政伸)は、幹部会議でも、ピエロ的な役回りをしていました。夜になると、親友の柳井君秋(正名僕蔵)とふたりで屋台で飲みながら、役員に上がるよりも五陽のDNAが残せてうれしいと酔っ払っていました。そして、いつまでもそばにいてくれと柳井にお願いしていました。

ところが、柳井は数日前に

「あなたの値段知りたいと思いませんか?・・・柳井さんをほしいという企業があります」

といわれて、そのことが気にかかっていました。そういわれたときに、後ろの席では若手の同僚が聞き耳を立てていました。

翌日、後ろの席で聞いていた若手がSAGASUという会社が柳井をヘッドハンティングしていたと郷原にひそかに耳打ちしました。驚いた郷原は、すぐにブリッジに電話をしました。

SAGASUの事務所では、灰谷哲也(杉本哲太)と館林美優(徳永えり)と元記者の眞城昭(平山浩行)が、柳井のことを話していました。柳井と郷原は学生時代に同じラグビー部で大親友だということでした。そこに、社長の黒澤和樹(江口洋介)が帰ってくると、美優は、ブリッジの赤城響子(小池栄子)を見たといいます。新しい大手ベンチャー企業のプラスワンの社長と会っていて商談をしていたということでした。

黒澤は柳井を呼んで転職先の亜ナック酢の話をしていました。五陽時代にやってきたことを認められて、同じシステムをアナックスにも構築してもらいたいということで、年収は100万円のアップでした。

そのころ、郷原は赤城と会っていました。そして、SAGASUのことをききました。

会社に戻った郷原は、上司に報告した後に、柳井を読んで単刀直入にききました。柳井は「まだ決めてないから」といって、出て行こうとすると、黒澤は業界の鼻つまみものでお金だけが目当てのようだと、赤城に言われたまま話して出て行きました。

郷原はSAGASUに電話をして黒澤を自分の会社に呼び出して話をしました。ヘッドハンティングについて文句を言うと、黒澤は越権行為だ、転職は個人の自由だと切り替えしました。すると、よけいなちょっかいだすと、SAGASUをつぶすといって会社に帰っていきました。

その日の夜、柳井はSAGASUの会社に行きました。黒澤に話すと、郷原は立場が悪くなるし、全力で阻止してくるだろうといいました。

翌日、柳井は郷原を呼んで、アナックスに転職するつもりだと話しました。不満があるんじゃなくて新しいことをしたいというと、何とか考え直せといいました。ですが、「行くってきめたんだ。わるいが、ゆるがん」と言って出て行きました。

その日の夜、柳井はSAGASUにいって採用通知書にサインをしました。

翌日、柳井は郷原に退職願をだしました。すると、競業避止義務違反とかかれた紙を懐から出しました。それを見て柳井は真っ青になりました。

競業避止義務違反とは、元の会社と同じような会社に転職してはいけないというものです。元の会社の不利益になるような情報を持ってるからです。郷原は裁判も辞さないと言ってるということでした。

黒澤はアナックスに行って、裁判は自分が抑えてスムーズに行くようにすると説明しました。

郷原は、柳井に考え直せとしつこくはなしていました。

郷原が帰ろうと会社を出ると、黒澤がいました。郷原は昔から地べたを這いずり回って営業をしてきた、会社にとって社員は宝だ、そのつもりで来いといってかえっていこうとしました。その後姿に向かって黒澤は

「あなたにとって一番大切なものは何ですか?会社でのポジション?築き上げたプライド?家族?それとも・・仲間?」

と聞きました。郷原は、なにもいわずにかえっていきました。

黒澤は郷原の会社の資料を眞城からもらいました。そのときに、赤城が大手ベンチャーのプラスワンに近づいてることを確認しました。そのあと、ジムに行って走ってると、赤城がやってきました。郷原と柳井のことが財版沙汰になってるといいました。そして、ここで引いたらこの後の仕事に差し支えるからとことんやってやると伝えました。

赤城はすぐにプラスワンの社長にそのことを報告しました。

 

翌日、柳井はSAGASUにきて、ある書類にサインをしました。

郷原が出社すると、専務から呼び出されて、もう本人の好きなようにさせればいいと言われました。郷原はすぐに黒澤に電話をしましたが、何もしてないといわれました。

実は、黒澤ではなくて赤城でした。郷原の会社、大急と赤城が懇意にしてるプラスワンは業務提携をしていて近々新製品発売する四手だったんです。赤城は、そんなときに、大急の人事の問題で訴訟が起きてマスコミに取り上げられたら、かなりマイナスになるんじゃないかと、プラスワンの社長に報告したんです。プラスワンの社長が、大急の社長に釘をさしたということでした。黒澤がジムに来ていたのは、赤城にそうさせるための計画でした。

郷原は柳井を呼び出して話をすると、「やめたかったんだ。どうしても」といわれました。そして、柳井は、アナックスではなくて別の会社に行くといいました。そこは競業避止義務違反には当たらない会社でした。郷原が、どうしてそこまで転職したかったのか?ときくと、

「きらいなんだ。おまえが。むかしから。これでよかったよ」

そういって、部屋を出て行きました。

SASUGAでは、柳井のことが話題になっていました。柳井は別会社に1年行った後にアナックスに戻るということでした。郷原は子会社に降格になりました。

その日の夜、郷原は黒澤を呼び出してあいました。そこで、

「おれ、間違っていましたか?従業員は、職場の仲間は家族だって教えられたんです。だから心配した。強引なやりかたもした」

そいういうと、黒澤はその考えは幻想です。そろそろ卒業してもいいじゃないですか?といわれました。

そこに、郷原の部下だったものたちが大声でやってきました。そして、何が郷原一家だ、何が地べたを這いずり回る営業だと、郷原の悪口を言ったり、会社は家族でもなんでもなくて利用するだけのものだとうれしそうに話していました。それを聞いた郷原は、幽霊のように立ち上がって店を出て行きました。

しばらくして、黒澤が伝票を持って立ち上がって帰ろうとしました。騒いでるやつらのよこまできたときに、

「うるさいぞ、おまえら。しゃべりすぎだ。長いものに巻かれるしかない半人前のガキどもが。結果だけ見て人を批判することしか出来ないガキが、しゃべりすぎなんだよ」

そういって帰っていきました。

家に帰った郷原は、息子が書いた絵を見て涙をこぼしました。

あるビルの屋上で、眞城と赤城が会っていました。眞城は黒澤の情報を赤城に売っていました。どうするのかと聞くと、

「きまってるでしょ。つぶすの」

と話しました。

(⇒3話のあらすじ

ドラマ「ヘッドハンター」を見逃してしまったら、U-NEXTで見ることができます。U-NEXTは月額会費2,149円(税込)と個別課金で見ることができます。月額会費が31日間無料になるキャンペーンを現在やっています。ドラマ「ヘッドハンター」の個別課金は324円です。こちらをクリックしてヘッドハンターをお試しください。

U-NEXT公式サイトへ

U-NEXT

登録型の転職エージェントでオススメなのは、DODAエージェントサービスです。40代の案件もあって、カウンセリングから入社まで無料でアドバイスしてもらえます。コチラから無料で登録できます。⇒DODA公式サイトへ!

キャスト

  • 黒澤和樹 江口洋介、SASUGA社長兼ヘッドハンター
  • 灰谷哲也 杉本哲太、SASUGA社員
  • 館林美優 徳永えり、SASUGA社員
  • 眞城昭 平山浩行、元経済新聞記者
  • 赤城響子 小池栄子、転職あっせん会社「ブリッジ」社員
  • 及川百合 山賀琴子
  • 武井恭平 岡田龍太郎

各話のあらすじ

以上、ドラマ「ヘッドハンター」の2話のあらすじ(ネタバレ)でした。他にもあなたに読んでもらいたい記事があります。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

40歳で人生を見直す

  1. 人生の扉
  2. 旅
  3. 結婚

疲れたときにおススメ

  1. パパ活
  2. 未解決の女
  3. 極悪がんぼ
  4. お義父さんと呼ばせて
  5. 崖っぷちホテル
  6. 刑事ゆがみ
  7. 好きな人がいること
  8. イタズラなKiss
  9. FOD
  10. BOSS

40代におススメの韓流ドラマ

  1. 恋のゴールドメダル
  2. 品位のある彼女
  3. サム、マイウェイ
  4. アンダンテ~恋する速度~
  5. オーマイビーナス
  6. 1%の奇跡
  7. 太陽の末裔
  8. ヒーラー
  9. 太陽を抱く月
  10. 僕は彼女に絶対服従
スポンサーリンク

最新情報

  1. 探偵が早すぎる
  2. グッドドクター
  3. ハゲタカ
  4. ハゲタカ
Missデビル
  1. ネジ
  2. ラブリラン
  3. 家売るオンナ
  4. コンフィデンスマンJP
  5. トドメの接吻(キス)
  6. 西郷どん
  7. この声をきみに
  8. 神様、もう少しだけ
  9. トムヤムクン

多くの人に読まれている情報

  1. 東京タラレバ娘
  2. 嫌われる勇気
  3. ブラックリベンジ
  4. リバース
  5. IQ246~華麗なる事件簿~
  6. コック警部
  7. 太陽を抱く月
  8. おんな城主直虎
auひかりバナー
PAGE TOP