ヘッドハンター

ドラマ「ヘッドハンター」の3話のあらすじ(ネタバレ)。

ヘッドハンター

(引用:公式サイト

テレビ東京のドラマ「ヘッドハンター」の3話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。

スポンサーリンク

お好きな所からお読み下さい。

3話のあらすじ

総合商社「三網物産」の社員・熊谷瑤子(若村麻由美)は、女性総合職第一号として、これまで数々のヒット事業を手掛け、マスコミにもたびたび取り上げられるなど、ちょっとした有名人です。

そんな瑤子に、黒澤和樹(江口洋介)は、「あなたの値段知りたいとおもいませんか?」と、転職話を持ち掛けました。瑤子をほしい企業は、名前はいえないけれども、従業員3万人規模で、女性初の役員として迎えたいということでした。

瑤子は転職には興味があるようで、黒澤との話が終わったあと、数席離れた場所にいた黒澤のライバル赤城響子(小池栄子)の対面に座りました。

響子は、瑤子の経歴を話し出しますがそれをさえぎって、気の通りのいい場所に移ろうと言ってテラスにうつりました。そして、大日本製鉄の話を前向きに考えるといってくれました。企業名を教えてくれなかった黒澤よりも好印象だと言ってつぎの仕事にいきました。

事務所に戻った黒澤に、女性は地位や名誉にはあまりなびかないと事務の館林美優(徳永えり)がはなしてると、瑤子から20時にホテルのバーで会おうというメールが黒澤のところに届きました。

一方、赤城も事務所に戻って好感触だと話してると、「謎の女」から「あの女には気をつけろ」というメールがきていました。そこには、瑤子は、数々の男と乱れた私生活を送ってると書かれていました。

バーに呼び出された黒澤は、相手の企業が丸一地所だと明かしました。年俸2000万、3年後の役員昇格もあるということでした。ところが、瑤子は、部下の江上(菜葉菜)を紹介しながら、年俸は4000万円ないと足りないといって、次の仕事に行きました。

翌日、黒澤は瑤子の部下の江上を呼び出しました。

黒澤は、丸一地所に行って年俸交渉をはじめました。さらに、眞城昭(平山浩行)に頼んで赤城響子がすすめてる転職先の大日本製鉄を調べさせました。

赤城響子は、瑤子をホテルの高級すし店で接待してると、商社は男の世界だからかなり大変で男の2倍結果を出さないといけないといいました。そのおかげで恋愛よりも仕事を優先してきてしまったといいました。そして酔っ払ったといってかえっていきました。

瑤子がホテルの入り口に向かって歩いてると、黒澤があらわれました。黒澤は、眞城に調べさせた資料を渡して、大日本製鉄はお飾りのポストとして瑤子を迎え入れようとしてると説明しました。瑤子は読んでおくといって帰っていきました。

翌日、赤城響子のところにその件で瑤子から電話が入りました。部下に調べさせると、大日本製鉄では2年前にも外資から転職した女性が半年でやめていることがわかりました。赤城響子はすぐに夜の予定をキャンセルさせて、黒澤に文句の電話をしました。

赤城響子は、瑤子に頭を下げてもっといい転職先を探してくるといいました。

赤城響子が新しい転職先の帝東ホールディングスの情報を持っていくと、なんで熱心なのか本音を言えといわれました。響子は黒澤に勝ちたいというと、帝東ホールディングスの担当と会ってみると言ってくれました。響子のところに、ふたたび「謎の女」からメールが来ました。すぐに眞城に調べさせました。すると、若い頃に常務と不倫をしていたことがわかりました。その常務の妻は取引先の娘だったので、常務は左遷、瑤子も閑職に追いやられました。今度の転職先は教育関連にも力を入れてるので、あきらめるしかないと眞城がアドバイスしました。

黒澤は、瑤子と会ってバーで話をしました。自分に自信が持てないんじゃないかといいます。さらに、女性のためにモデルケースになりましょうと口説きました。すると、次に合うときに返事するといいました。

赤城響子は瑤子に会って、眞城のことを確かめると本当だということがわかりました。赤城響子はこの話はなしにしてくれといいました。さらに、黒澤のクライアントのほうが厳しいのでアウトかもしれないと伝えました。

赤城響子は黒澤の事務所に行きました。

黒澤はいつものバーで瑤子と会いました。そして、赤城響子は何も言わなかったけれども、丸一地所との話はなかったことにしてくれといいました。いろいろ調べてみると、今までの瑤子のアイデアは、すべて江上だったことがわかったと言いました。そして、丸一地所の転職候補に江上になってもらって、先方にも了解を取ったということでした。すでに江上は面接もおえてオファーレターも交わしてあると話しました。

さらに、「謎の女」は瑤子自身だとばらしました。転職することで自分の能力がばれることを恐れたんです。

瑤子は左遷されました。常務との話も瑤子が流していましたが、じつは常務が瑤子に入れあげていて勝手に妻が騒いでいただけでした。

 

赤城響子は眞城と会いました。黒澤のいい情報を教えてくれというと、

「あのひとにはちかづかないほうがいい。ひと、ころしてるよ」

(⇒4話のあらすじ

ドラマ「ヘッドハンター」を見逃してしまったら、U-NEXTで見ることができます。U-NEXTは月額会費2,149円(税込)と個別課金で見ることができます。月額会費が31日間無料になるキャンペーンを現在やっています。ドラマ「ヘッドハンター」の個別課金は324円です。こちらをクリックしてヘッドハンターをお試しください。

U-NEXT公式サイトへ

U-NEXT

登録型の転職エージェントでオススメなのは、DODAエージェントサービスです。40代の案件もあって、カウンセリングから入社まで無料でアドバイスしてもらえます。コチラから無料で登録できます。⇒DODA公式サイトへ!

キャスト

  • 黒澤和樹 江口洋介、SASUGA社長兼ヘッドハンター
  • 灰谷哲也 杉本哲太、SASUGA社員
  • 館林美優 徳永えり、SASUGA社員
  • 眞城昭 平山浩行、元経済新聞記者
  • 赤城響子 小池栄子、転職あっせん会社「ブリッジ」社員
  • 及川百合 山賀琴子
  • 武井恭平 岡田龍太郎

各話のあらすじ

以上、ドラマ「ヘッドハンター」の3話のあらすじ(ネタバレ)でした。他にもあなたに読んでもらいたい記事があります。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

40歳で人生を見直す

  1. 椅子
  2. 人生の転機
  3. 人生の転機は40代




疲れたときにおススメ

  1. BOSS
  2. 花にけだもの
  3. 民衆の敵
  4. 問題のあるレストラン
  5. 東野圭吾ミステリーズ
  6. 家族の旅路
  7. おっさんずラブ
  8. アフリカの夜
  9. 5時から9時まで
  10. オーファンブラック

40代におススメの韓流ドラマ

  1. 花より男子
  2. 黄金のポケット
  3. 月桂樹洋服店の紳士たち
  4. 善徳女王
  5. 恋はドロップキック
  6. いつも春の日
  7. 太陽の末裔
  8. モンスター
  9. 私の心は花の雨
  10. 最強配達人
スポンサーリンク

最新情報

  1. 江南ロマンストリート
  2. 大王の夢~王たちの戦争
  3. 温かい一言
  4. 最高です!スンシンちゃん
  5. 偽りの雫
山の日
  1. ベトナムの少年
  2. スニッファー嗅覚捜査官
  3. 陸王
  4. 宣言
  5. 結婚式
  6. 大貧乏
  7. コード・ブルー3
  8. ヴァンパイア探偵
  9. USJ沖縄

多くの人に読まれている情報

  1. 太陽の末裔
  2. 映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年
  3. USA
  4. anone
  5. 母になる
  6. ブランケットキャッツ
  7. 求人詐欺?
  8. ツバキ文具店
  9. J2リーグ2017
エステ・タイム
PAGE TOP