ヘッドハンター

ドラマ「ヘッドハンター」の5話のあらすじ(ネタバレ)。ゲストは板尾創路

ヘッドハンター

(引用:公式サイト

テレビ東京のドラマ「ヘッドハンター」の5話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。

スポンサーリンク

5話のあらすじ

「あなたの値段、知りたいとおもいませんか?」

待遇は総務の部長職、年俸200万円アップ…54歳の転職としては破格の厚遇の話に、西郷守男(板尾創路)はなぜか首を縦に振りませんでした。西郷は黒澤和樹(江口洋介)のようなヘッドハンターが好きじゃないし、ひとつの会社にずっと勤めるのが美徳だと考えてるからだといいました。そして、定年まで勤め上げるつもりなので、名前は消しておいてくれと言って帰って行きました

その日の夜、黒澤がいつものバーで飲んでると、バーテンから「今日、月命日ですよね」といって、芋焼酎のロックを目の前にだされました。すると、赤城響子(小池栄子)がやってきて、西郷に話をしても無駄だといいました。

 

西郷の家では、妻の早苗(山下容莉枝)がぎっくり腰で倒れてしまいました。要介護の父親の面倒をみている介護疲れでした。机の上には、老人ホームの入居案内がおかれていました。入居一時金は600万円でした。西郷には、さらに大学院と大学にかよってる子供3人がいて、家のローンもありました。

西郷が会社にいくと、再び黒澤があらわれました。西郷がSAGASUにつれてこられると、相手先は、新見鉄材だと教えてもらいました。以前いっしょに仕事をしたひとからの推薦で、2年後の役員昇格も視野に入れた総務部部長待遇で、給与は1000万円だと灰谷哲也(杉本哲太)が説明して書類を渡すと、西郷は手に取りました。

すると、黒澤は、今の会社では、派閥のボスだった専務が失脚して、反派閥の役員が社長になったので、この話は渡りに船なのではないかと聞きました。黒澤は、父親、子供、家のローンなどがいろいろクリアすることが出来るはずだといいました。何を調べてるのか?と聞くと、あなたの人生すべてですと黒澤は答えました。

すると、西郷はここに来たのは気の迷いだったといってかえっていきました。黒澤はもう一度連絡させてくれといいました。西郷が帰った後、眞城昭(平山浩行)は調べていた書類だと言ってわたしました。

 

翌日、西郷は赤城と待ち合わせをして飲みに行きました。その帰り道、タクシーを止めてるところを灰谷がみてしまい、次の日に黒澤に報告しました。

その日の夜、黒澤がいつものバーにいると、西郷がやってきました。黒澤が、

「すぐに会いたい、来ないとあなたの会社あなたの人生がむちゃくちゃになる」

とメールを送って、西郷を呼びだしたんです。じつは、西郷の会社の社長が粉飾決算をしていたんです。トカゲの尻尾きりにされる前に、何とか助けたいと黒澤はおもってるようでした。

西郷は、会社を愛してるというのは変なことですか?といって、会社は誇りだといいます。黒澤は、誇りにおもうのは勝手だけど、会社はもっと残酷だといって、西郷がどうなろうと会社は生き残る、いろんな社員の血を吸って100年以上生き延びてきたんですとせつめいしました。

そして、西郷の妻の早苗が午後のファミレスで、ハッピーアワーの安い時間帯にワイン一杯を飲んでる写真を見せました。黒澤は、介護の合間に、このワインを飲んでる30分だけが気の休まるときだと教えました。そこには、疲れた顔の早苗がうつっていました。黒澤は早苗のためにも移ってみたら?と言いましたが、席を立ってかえっていきました。

そこに、西郷の会社の北東鉄鋼の王子山社長がとりまきをつれてやってきました。そして、黒澤を見て「いやなもんを見たな」といいました。黒澤がかえったあと、麗の件はどうしますか?と取り巻きたちの言葉に、「そんなもん、捨て駒がいくらでもいるだろ」とこたえていました。

会社に戻った西郷は、書類を整理していました。

翌朝、北東鉄鋼の粉飾決算がニュースになっていました。王子山社長はなにもしらないと社員のせいにし始めました。同時に、ヘッドハンター達が北東鉄鋼の社員たちに群がり始めました。

西郷は社内報のゲラのチェックをしてると、王子山社長の写真が出てきました。それを見た瞬間叫んで立ち上がりました。そしてバッグを持って会社から飛び出していきました。

向かった先は、早苗がいつもいるファミレスでした。外からワインを飲んでる早苗を見ていました。

その日の夜、黒澤は西郷と会いました。黒澤は自分の父親が逮捕されたことを話して、銀行に利用されたんだといいました。そして、釈放された後、酒におぼれてそのまま亡くなったといいました。組織に利用されて義瀬になるほどむなしいことはないというと、なにを知ってるのか?と聞き返されました。

黒澤は、今動かないと終わりだといいますが、今の自分に何が本当に大切なのか、もう少し考えさせてくれといってかえっていきました。

黒澤は、「例の件最速でたのむ」とどこかにでんわをしました。

 

西郷は、会社にのこって粉飾決算を解明する委員会の対策室長になりました。会社からも社員からも恨まれる部署でした。

周りに人が誰もいない部屋で西郷は仕事をしていました。最後の部下も報告書を出して会社を辞めていきました。

西郷が会社を出ようとすると、黒澤がやってきました。なんでここに残ってるのか?と聞くと、他の会社に行く勇気がないただのサラリーマンですといいました。でもこの会社が本当に好きだったと涙を流しました。

その日の夜、黒澤がバーにいると、赤城がやってきました。いっしょにのまない?と珍しいことを言ってきたので聞いてみると、西郷に大口を紹介されたといいました。会社が駄目になるとわかっていて、後輩達の再就職先をお願いしていたんです。そして、全員転職できたといいました。

黒澤は、

「きっとネクタイをはずすのがいやだったんだよ、ばかだよ。ほんとうに」

そこに、王子山社長がやってきて、怒りながら部下に弁護士を用意させろといったあとに、えらそうに「バーボン、ロックだ」とさけびました。赤城が立ち上がるとともに、黒澤が立ちあがって、バーボンとグラスを持って王子山のところに行きました。グラスを渡して、こぼれるのもかまわずに注ぎ続けて、

「会社ってやつはいろんな人の思いで出来ている。だけどそんなことも忘れた器の小さいやつがトップに立つこともある。おぼえておいてくれ、そういう馬鹿は、俺が地獄にたたきおとす」

黒澤はそのままかえっていきました。赤城はその後姿を見つめていました。

 

しばらくして、王子山社長が逮捕されました。

西郷が会社出勤の最後の日の朝、黒澤から電話がかかってきました。黒澤は喫茶店に呼び出して、「平成会東城病院」の事務長として転職しないかと勧誘しました。年収は100万円アップでした。前に少しやっていた仕事に似てるので大丈夫だし、相手は最後まで会社に残った西郷のこともほめていたし、系列の老人ホームに父親を入居させることも出来るといいました。

西郷は会社に荷物を取りに言った後、会社の定礎のところですすり泣きました。

そのあと、早苗がいるファミレスにいって、転職と老人ホームのはなしをしました。そして、わけがわからない早苗に、もうひとがんばりすると笑顔で

いいました。そしてワインを頼んで、

「今日は飲もう。こんなところでなんだが、ハッピーアワーじゃないか」

と言って早苗の手を握りました。早苗はなみだをこぼしました。

 

赤城がいつものバーにいました。芋焼酎のお由割を頼んで、黒澤の父親はこれがすきだったのかとバーテンに聞くと、「いえ、下戸でした」といいました。

黒澤がいつもハヤシライスを頼むレストランの前の灰谷が立っていました。そこに、店の中から眞城がでてきて、

「まちがいないよ。あんたがさがしていたのは、あの女だ」

中には、ウェイトレスの及川百合(山賀琴子)が忙しそうに机をふいていました。

(⇒6話のあらすじ

ドラマ「ヘッドハンター」を見逃してしまったら、U-NEXTで見ることができます。U-NEXTは月額会費2,149円(税込)と個別課金で見ることができます。月額会費が31日間無料になるキャンペーンを現在やっています。ドラマ「ヘッドハンター」の個別課金は324円です。こちらをクリックしてヘッドハンターをお試しください。

U-NEXT公式サイトへ

U-NEXT

登録型の転職エージェントでオススメなのは、DODAエージェントサービスです。40代の案件もあって、カウンセリングから入社まで無料でアドバイスしてもらえます。コチラから無料で登録できます。⇒DODA公式サイトへ!

キャスト

  • 黒澤和樹 江口洋介、SASUGA社長兼ヘッドハンター
  • 灰谷哲也 杉本哲太、SASUGA社員
  • 館林美優 徳永えり、SASUGA社員
  • 眞城昭 平山浩行、元経済新聞記者
  • 赤城響子 小池栄子、転職あっせん会社「ブリッジ」社員
  • 及川百合 山賀琴子
  • 武井恭平 岡田龍太郎

各話のあらすじ

以上、ドラマ「ヘッドハンター」の4話のあらすじ(ネタバレ)でした。他にもあなたに読んでもらいたい記事があります。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 

LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

40歳で人生を見直す

  1. お見合い
  2. 未来を変える
  3. 人生の転機は40代

疲れたときにおススメ

  1. 僕たちがやりました
  2. 恋仲
  3. OURHOUSE
  4. 君といた夏
  5. 隣の家族は青く見える
  6. 地味にスゴイ!
  7. 彼女たちの時代
  8. とげ
  9. パパ活
  10. 好きな人がいること

40代におススメの韓流ドラマ

  1. ボイス~112の奇跡~
  2. 星から来たあなた
  3. ソロモンの偽証
  4. 太陽の末裔
  5. 明日、キミと
  6. 逆賊ホンギルドン
  7. 恋する泥棒
  8. 品位のある彼女
  9. アンダンテ~恋する速度~
スポンサーリンク

最新情報

  1. テバク
  2. トンイ
  3. スパイ
  4. 輝くか、狂うか
  5. ショッピング王ルイ
あなたのことはそれほど
  1. おっさんずラブ
  2. 三億円事件
  3. ヘッドハンター
  4. IQ246~華麗なる事件簿~
  5. 西郷どん
  6. 旅行
  7. 隣の家族は青く見える
  8. ドクターX

多くの人に読まれている情報

  1. 婚活
  2. ハロウィン2016
  3. パパ活
  4. 東京タラレバ娘
  5. 君を守りたい
  6. コピーフェイス
  7. 小さな巨人
  8. 民衆の敵
  9. 逃げるは恥だが役に立つ
電話占いヴェルニ「あの人の気持ちを当てる」全国の有名占い師が集結
PAGE TOP