ヘッドハンター

ドラマ「ヘッドハンター」の7話のあらすじ(ネタバレ)。

ヘッドハンター

(引用:公式サイト

テレビ東京のドラマ「ヘッドハンター」の7話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。

スポンサーリンク

7話のあらすじ

大洋病院の外科医・磯田清十郎(平田満)は、ゴッドハンドとよばれていましたが、ある手術のとき、電気メスを持った手が泊まってしまいました。

「あなたの値段、しりたいとおもいませんか」

黒澤和樹(江口洋介)は、磯田を地方都市の大病院、白州中央病院にヘッドハントしようと病院を訪れました。国も地方再生のために病院の活性化を目指していると磯田に説明しました。

白州中央病院には、政界のバックアップもついていました。事務所では、灰谷がなんでいわくつきの磯田教授をヘッドハントするのかわからないといってました。磯田は一見すると、人格者で人気者でしたが、実は愛弟子の高坂次郎(丸山智己)からパワハラで理事会に訴えられていたんです。

そのことは、赤城響子(小池栄子)もしっていて、赤城は手を引いたと灰谷にいいました。赤城は先日のバーの話で、黒澤と灰谷はどうなってるのかといいました。灰谷は許せないことがひとつあるといいました。約束を破ったということでした。灰谷は、白州中央病院の話はきな臭いから、赤城も用心しろと言って帰って生きました。

事務所に、灰谷から「しばらく休みます」というメールがきました。

 

外科医の磯田は、黒澤に断わるとつげました。黒澤は眞城(平山浩行)に、磯田のバックグラウンドを調べろと伝えました。

黒澤が大洋病院を出ようとすると、赤城と会いました。赤城の狙いは高坂先生でした。

黒澤は高坂先生のところに行って、磯田のパワハラを聞きますが、手打ちになってるから何も話せないといいました。

灰谷はかつて黒澤が会社合併させて命を奪った及川社長のお墓にいきました。黒澤との約束は及川社長の娘の百合(山賀琴子)には近づかないということでしたが、黒澤はそれを破ってハヤシライスを食べに行っていたんです。お墓に来ると、百合がいました。

そのころ、赤城たちも磯田のパワハラの詳細をききにまわっていました。誰も教えてくれませんでしたが、磯田先生を悪く言う言葉は何も聞こえてこず、逆に高坂先生には悪い評判ばかりでした。

そして、パワハラを告発して高坂先生が大洋相模病院に転院になると、磯田先生の患者がすべて高坂先生に廻されたということでした。赤城も眞城も、じつは逆で、高坂先生が加害者で磯田先生が被害者なんじゃないかと疑い始めました。

 

赤城は高坂先生に天職の話をしに行きました。提示したのは、基本年棒が3000万円で月額は250万円でした。藤堂議員も後押ししてると説明しました。ただ、そのためにはパワハラの詳細を教えてくれといいました。

高坂は、パワハラなんかじゃなくて、みんなの前で殴られたということでした。理由は高坂のちょっとしたミスだったといいました。

その日の夜、灰谷はいつものバーで赤城と会いました。赤城が磯田先生にこだわってるのは、この間のことに関係してるのかと聞きました。

灰谷は、昔のことを話し始めました。昔及川工業というところで、灰谷と黒澤は同期だったといいます。同期は5人、全社員は300人でした。入社して1ヶ月目につれてこられたのが、このバーで、社長が頼んだが「芋焼酎お湯割焼酎濃い目」でした。

黒澤は会社の仕事が終わってからも猛勉強をしていました。社長もそれを応援していて、5年で退社してアメリカにわたって転職を黒澤は繰り返しました。そして大きなファンド会社の社員となって及川工業を買収しました。最初は、社員は解雇しないという約束でしたが、結局、灰谷も含めて全員失業となりました。及川社長は責任を感じて自らの命を絶ちました。

それから少しして黒澤は会社を辞めました。それから何をしてたのかわかりませんでしたが、4年前に灰谷荷電話がかかってきていっしょに会社をやってくれといわれたということでした。

そのとき、灰谷は頭がおかしくなったと思って「おれは、お前の命を奪いたいほど憎んでる」と行ったといいました。黒澤は、「俺が道を踏み外したらそうしてくれ。そのためにいっしょにやるんだ」と言ったと赤城にはなしました。

そして、及川家とは一切かかわりにならないことを条件に会社に入ったといいました。

赤城は、「なんで黒澤はこの仕事を」とつぶやきました。ヘッドハントで自分がやったことを償おうとしてるかもしれないと感じました。

 

翌日、高坂は同僚から磯田教授が進行性胃がんの手術をすると聞いては、カルテを取り寄せました。そのころ大洋病院では、進行性胃がんの磯田の手術がはじまろうとしていました。しかし、メスを入れる前に磯田先生は意識を失って倒れてしまいました。

赤城が大洋病院の階段を下りてくると、高坂先生があわててやってくるのに出会いました。

赤城が誰もいなくなった待合室で高坂先生と話すと、

「患者は再手術するとか行ってた?初心で見た患者だ。こっちにまわせっていっといたのに、たぶん、患者本人が磯田先生のオペにこだわったんだ。再手術か・・」

赤城が、高坂先生が駆けつけたことに見直したというと、そんな事じゃないといいました。

磯田先生の病室では、黒澤がいました。磯田が気がつくと、「そろそろ本当のことを言ったらどうですか?」と黒澤が言いました。高坂先生との間の揉め事はパワハラじゃなくて、頚椎ヘルニアじゃないかといいました。

その頃、高坂先生も、磯田先生は頚椎ヘルニアで補助なしじゃもう無理なんだけど、手術中に「手を下ろしてくれ」とそのことを指摘すると手術が終わったときに殴られたといいました。

高坂先生は、その言葉はとても失礼で、殴られて当然だったといいました。ただ、磯田先生には自分じゃなくても大丈夫だと思って、理事長、磯田先生と話して他の病院に移ったといいました。そして、パワハラということにして真実にふたをしていたんです。ただ、進行性のような難しいオペは廻してくれるようになっていたということでした。

高坂先生は、こっちに残って治すべき患者を治さないといけないからヘッドハントは断わるといって歩いていきました。

病室では、磯田先生が、人間は必ずミスをするものだから手術はしたくないといいました。そして、ゴッドハンドと呼ばれていたのはイヤだったといいました。絶対ということは絶対になくて、逆にそれにとらわれて人のミスを許せなかったと話しました。

黒澤も、自分がやってることは正しいことだと信じていて、大きな過ちをしてしまい何もかも失ったと告白しました。磯田先生もヘッドハントを断わりました。

及川百合は、父親の写真を見ていました。そして、排他煮から聞いた、父親の命を奪ったのが黒澤だという言葉を思い出していました。

黒澤は眞城にあって、藤堂議員の書類をもらいました。眞城は、「ヘッドハントじゃなくて、あっちの世界に戻っていくんだろ、みせてくれよ、あんたの本当の顔を!」といいました。

 

しばらくして、黒澤は磯田のところに行って、もう一度ヘッドハントをお願いしました。黒澤は先方が望んでいるのは、磯田の手術の腕ではなくて、慢性期病床のケア、後進の育成を望んでるといいました。

先日の進行性胃がんの患者の手術がおこなわれようとしていました。そこに高坂先生が手術着に着替えて入ってきました。そして、

「先生、手を洗ってください」

と2回いいました。そして、とまどってる磯田に、

「最後の授業です。むこうにいっても、いっぱいつくってくださいよ。優秀な外科医を。おれみたいなね」

「おれみたいなはないだろう」

2人は笑い会いました。

高坂先生を戻したのは、赤城でした。

 

灰谷は赤城を呼び出しました。灰谷は藤堂の書類を渡して、藤堂は黒澤の仲間だと赤城に話しました。黒澤は国会議事堂の前にいました。

(⇒最終話のあらすじ

ドラマ「ヘッドハンター」を見逃してしまったら、U-NEXTで見ることができます。U-NEXTは月額会費2,149円(税込)と個別課金で見ることができます。月額会費が31日間無料になるキャンペーンを現在やっています。ドラマ「ヘッドハンター」の個別課金は324円です。こちらをクリックしてヘッドハンターをお試しください。

U-NEXT公式サイトへ

U-NEXT

登録型の転職エージェントでオススメなのは、DODAエージェントサービスです。40代の案件もあって、カウンセリングから入社まで無料でアドバイスしてもらえます。コチラから無料で登録できます。⇒DODA公式サイトへ!

キャスト

  • 黒澤和樹 江口洋介、SASUGA社長兼ヘッドハンター
  • 灰谷哲也 杉本哲太、SASUGA社員
  • 館林美優 徳永えり、SASUGA社員
  • 眞城昭 平山浩行、元経済新聞記者
  • 赤城響子 小池栄子、転職あっせん会社「ブリッジ」社員
  • 及川百合 山賀琴子
  • 武井恭平 岡田龍太郎

各話のあらすじ

以上、ドラマ「ヘッドハンター」の7話のあらすじ(ネタバレ)でした。他にもあなたに読んでもらいたい記事があります。

スポンサーリンク


あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 


LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

40歳で人生を見直す

  1. コミュニケーションスキル
  2. 旅




疲れたときにおススメ

  1. ファイナルカット
  2. ボーダー
  3. 極悪がんぼ
  4. サマーヌード
  5. コンフィデンスマンJP
  6. 問題のあるレストラン
  7. 海月姫
  8. 赤い糸
  9. バイプレイヤーズ
  10. アフリカの夜

40代におススメの韓流ドラマ

  1. 魔女の法廷
  2. サム、マイウェイ
  3. 応答せよ1997
  4. キスして幽霊
  5. じれったいロマンス
  6. ピノキオ
  7. マスター・ククスの神
  8. 未来の選択
  9. いつも春の日
  10. 逆賊ホンギルドン
スポンサーリンク

最新情報

  1. プロ野球
  2. ドロ刑
  3. 結婚相手は抽選で
  4. 2017Jリーグ順位
  5. J2リーグ2017
ステーキ
  1. 黒革の手帖
  2. もみ消して冬
  3. 感情8号線
  4. ベトナムの少年
  5. 犯罪症候群
  6. 砂の塔
  7. 絵本
  8. 火星

多くの人に読まれている情報

  1. ディナー
  2. 地味にスゴイ!
  3. 隣の家族は青く見える
  4. グルメ
  5. ヘッドハンター
  6. 僕のヤバイ妻
  7. オーファンブラック
  8. 焼き鳥
auひかりバナー
PAGE TOP