ハロー張りネズミ

ドラマ「ハロー張りネズミ」最終話のあらすじ(ネタバレ)と感想!徳川の埋蔵金?

ハロー張りネズミ
LINEで送る
Pocket

 今夜のドラマは?
明日の約束
監獄のお姫さま

ドラマ『ハロー張りネズミ』の最終話のあらすじ(ネタバレ)感想です。ゲストは柄本時生さんです。依頼は、自分の家に徳川の埋蔵金があると遺言されたので、探してほしいということです。


スポンサードリンク


最終話以外のあらすじ

ドラマ『ハロー張りネズミ』のキャスト

  • 七瀬五郎 瑛太、あかつか探偵事務所の探偵
  • 四俵蘭子 深田恭子、あかつか探偵事務所の事務
  • 小暮久作 森田剛、あかつか探偵事務所の探偵
  • 風かほる 山口智子、あかつか探偵事務所の所長
  • マスター 中岡創一(ロッチ)スナック「輝(きらら)」のマスター
  • 萌美 片山萌美、スナック「輝(きらら)」の従業員
  • 河合節子 蒼井優、美人霊媒師
  • 南 リリーフランキー、情報屋

ドラマ『ハロー張りネズミ』最終話のあらすじ

「ハロー張りネズミ」は、有料ですがU-NEXTで見ることができます。U-NEXTはドラマ数が一番多いです。⇒ U-NEXT

ここから先はネタバレが含まれます。これまでのお話はコチラ⇒ ストーリーへ!

 

マスターが松葉杖をついて、弁護士と一緒にやってきて今月中に出て行けといって部屋から出て行きました。かほる(山口智子)は、帝国リサーチに行って、ゴローやグレのことを頼んでいましたが、断られました。

事務所では、マスターが出て行った後、一人の青年権田辰夫(柄本時生)がやってきて、

「お宝を探してほしいんです。私の家のどこかに徳川埋蔵金が埋まってるんです。探してもらえませんか?」

と言い出しました。徳川埋蔵金の話は、先日なくなった辰夫の祖父の遺言でした。1話で出てきた川田(伊藤淳史)と、群馬県で同級生だった権田は、川田のFBでここのことを知ったようでした。

権田は10年前に倒れて寝たきりになって、意思疎通もできなくなった祖父と二人で暮らしていたのですが、亡くなったらこの家を売るというと、いきなり目を開けて、目を瞬きさせて何か言おうとしてるように見えました。権田は周囲の祖父の友達を呼んでその話をして、もしかしたら、瞬きはモールス信号じゃないかと言いました。その中の一人が、モールス信号を解読できる人だったので、早速、先日撮った動画を見てみると、

「イエハウルナ トクガワノマイゾウキンガアル ドゾウノカラ(家は売るな。徳川の埋蔵金がある。土蔵のから)」

と伝えたいようでした。みんなでそんなことがあるわけないと笑ってると、寝たきりだった祖父が起き上がって権田のほう見向かって歩きながら何か言おうとして、そのまま亡くなってしまいました。そこで、権田は土蔵を見てみると、武具や徳川家ゆかりの品々がたくさんでてきました。ただ、埋蔵金を示すものは何もなかったので、ゴローたちに頼みに来たと頭を下げてお願いされました。

徳川埋蔵金について蘭子(深田恭子)が調べました。

徳川埋蔵金とは、徳川慶喜が無血開城したときに、有事の際のために溜め込んでいたはずの御用金がどこにもなく、当時の幕臣の誰かが、どこかに埋めたとうわさされたものです。徳川埋蔵金にかかわる重要人物として、小栗上野介忠順があげられます。幕府の要職を歴任して、幕府が倒れればいずれは討幕派から海外に日本の金が持ち出されるという危機感を抱いて、幕府が倒れる前にどこかに隠したといわれています。小栗上野介は、幕府が倒れた後、江戸を去って郷里の群馬県権田村で隠遁生活を送りましたが、官軍によってつかまって処刑されました。彼だけが厳罰をしょわされたのは、埋蔵金のありかを言わなかったのか、それとも新政府にとって邪魔だったのかはわからないようです。

そして、現在の価値で3000億円あるといいます。そして、こういったものは見つかっても徳川家に関係するひとのものになるけども、土地の所有者に5~20%の報労金を支払わなくてはいけないと法律に書かれてると話します。さらに見つけてくれた人への報酬が5%だといって、ゴローやかほるたちはすぐに計算して30億円になることに気がつきました。かほるは、すぐにいくことを決めました。4人は、みつからなかったら最後の仕事だといって大騒ぎしました。

 

翌日、4人で権田が住んでる家の近くに着くと、途中にいた権田の爺さんの友達に道を聞いて権田の家に行きました。さっそく、4人は土蔵を調べはじめました。蘭子はからくり箪笥を見つけて、中を見ると、二つの包みが入っていました。

ひとつの包みには書状が入っていて、処刑された小栗上野介は偽者で、この地に流れ着いて権田と名前を変えて住み着いたと、さらに、上野介の密命を託すと書かれていました。さらに、最期には、

「然るべきときまで待つべし 最期のときいよいよ来たれば 岩下の金を用い徳川家再興を果たすべし」

とかかれていました。

もうひとつには、鹿とサイと魚が書かれた板と、

「強きものは弱きものの 尾を取りて食らふ 強きもの大龍に見入る時 弱きもの隠れし龍を見出す」

と書かれた紙が入っていました。

屋敷の外から、先ほどの爺さんたちがカメラで、書状や板の写真を撮っていました。爺さんたちは家に戻って、横取りをたくらんでなぞを解き始めました。

 

その日の夜、権田家では、かほるとグレは機嫌よく飲んでいましたがゴローが謎解きをしていました。かほるがつまみのたたみいわしがおいしいと叫ぶと、ゴローは、魚がいわしだときづきました。書状の最後の文章で、3行の頭に、それぞれ、シカ、サイ、イワシと書かれてることがわかりました。そして、板に書かれてる図は、しりとりになってると気がつきました。

そして、板と一緒に入っていた書状の強きものはシカで、シカが龍を見るという意味だと言いますが、龍がわかりませんでした。すると、権田が裏山の奥に、龍ヶ岩があるといいます。かほるたちは今すぐ行こうといいますが、酔っ払っていたので明日にすることにしました。同じ頃、爺さんたちもなぞを解くことができました。

翌朝、5人は龍ヶ岩について調べると、ちょうど板をはめ込むくぼみがありました。ゴローが書かれてあるようにセットすると、サイが向いてる方向に洞穴がありました。その岩には龍のような形が彫ってありました。

グレとゴローと権田が中に入ると、かなり大きな洞穴でした。少し入ると、ひとのうめきごえがきこえてきました。そこには、血まみれの爺さんたちが倒れていました。爺さんたちは病院に連れて行かれて入院しました。

入院した爺さんたちは、はじめはごまかしていましたが、正直に話し出しました。日が上る前に龍ヶ岩について、入り口の岩をどけて中に入ったのですが、途中にわなが仕掛けられて岩が落ちてきたと言うことでした。埋蔵金を探しに来る人をだますトラップでした。

その頃、蘭子は権田と話してると、いきなり、埋蔵金が出たら結婚してくれと言い出しました。困った蘭子は

「埋蔵金が見つかったら、もう一度言ってください」

とごまかしました。

ゴローたちは権田の家に戻ってきて、再び作戦会議を開きました。権田が蘭子のことで急にポジティブになってると、かほるたちから時々英語が混ざってるのがおかしいと言われます。祖父に言われて小さい頃から英語の本を読んでたと権田が言うと、ゴローは考え始めました。しばらくすると

「そうか、わかった。謎が解けました。正解は目の前にあったんです」

そして、絵が描かれていた板は、英語でしりとりになっていたと説明しました。

「Deer Rhinoceros Sardine」

でした。そして、再び龍ヶ岩に行きました。しりとりの最後のイワシを龍ヶ岩の方向に向けた後、しりとりの最初のシカが向いてる方向に行って、「隠れし龍」を探しました。権田が見つけた印がついてる岩をどけると、再び洞穴が出てきました。

今度は全員で中に入っていくと、徳川の家紋が染められた布がかぶされたものがありました。権田がその布をどけると、埋蔵金が置かれていました。みんなで喜んでると、権田だけに落ち武者の亡霊が見えました。すると、天井から岩が落ちてきてすべて埋まってしまいました。

家に戻った権田は、みんなに、埋蔵金はあのまま埋めておくと話しました。祖父が言いたかったのは、掘り起こせと言うことではなくて、守れと言うことで、欲を出した権田に先祖が起こって地震を起こしたんじゃないかと言いました。

そして、ゴローにお礼を言って蘭子を幸せにしてくれと行って頭を下げました。

 

事務所に帰って4人で話をしてると、ゴローとグレが、いつのまにか入れてたと、ポケットから小判と大判を出しました。かほるは、とりあえずあの世で小栗に謝っておくといって、赤塚探偵事務所を続けると叫びました。

(おわり)

ドラマ『ハロー張りネズミ』最終話の感想

面白かったですね。最後は探検隊のお話でした。何となくこの終わり方だとシーズン2も作れるような感じでしたので、ぜひ、このメンバーで作ってもらいたいと思いました。そのときは、深田恭子さんにもっと活躍してもらいたいです。

ちょっと残念だったのは、振れ幅が大きすぎたことです。人探しから始まって、ホラーもの、戦隊もの、恋愛物、探検隊など、広すぎてしまっ他の出もうすこしジャンルを絞った方が良かったような気がしました。さらには、ひとりひとりに焦点を当てたお話も見たかったですが、そうなると、かなり原作から離れてしまうので、これくらいの方がよかったのかもしれません。

そういう意味では、もうちょっと原作を大事にしてもらいたかったです。名前と設定とエピソードを借りただけのような感じになっていたのがちょっと淋しかったです。

 


スポンサーリンク

ドラマ『ハロー張りネズミ』のストーリー

七瀬五郎(瑛太)は、あかつか探偵事務所で働く探偵です。寝ずに尾行することを「張り寝ず視」と本人がぼやいていることとその髪型から、通称「ハリネズミ」と呼ばれています。バカでスケベですが、人情に厚く、行動力は抜群でケンカも強いです。もう一人の探偵は、通称グレさん(森田剛)で、元はプロのギャンブラーで、鋭い洞察力の持ち主です。この二人はいつも、事務所の下のスナック「輝(きらら)」にたむろしていて、所長の風かほる(山口智子)に天井を通して呼ばれて行きます。かほるはいつも飲んだくれていて、細かいことは二人にまかせています。

1話では、交通事故で重体になった妻のために、亡くなった娘とそっくりの代理娘を探してくれてと言う依頼でした。五郎はあちこち探して代理娘を探すことに成功して、妻の臨終に間に合わせることができました。その娘は児童相談所にいる身寄りのない子供だったので、その依頼者と一緒に住むことになりました。

ある日、四俵蘭子(深田恭子)と言う女性があかつか探偵事務所にやってきました。以来は、25年前に亡くなった父親の汚名を晴らして恨みを晴らしてくれと言うことでした。蘭子の父親の乙吉をはめたのは、現在、与党の大ボスの蛭田代議士、蛭田の秘書だった蔵元国土交通大臣、サンダー貿易の舞原会長だと推測されました。かなりの強敵ですが、かほるはうごきはじめます。乙吉が書類を預けたと言う南(リリー・フランキー)を探したとたん、南の事務所は爆破されます。グレは乙吉の右腕だった仲井(吹越満)をつれてきました。

仲井は、ゴローたちに協力するフリヲして、舞原会長を高層ビルの窓から落として復讐を果たします。蘭子は蔵元から狙われますが、ゴローの助けを得て無事でした。マスコミでは、蘭子の父親の潔白が証明されましたが、すべて舞原会長の仕業にされてしまいました。蘭子は、六本木のクラブをやめて、あかつか探偵事務所で働くことになりました。

ゴローは、人気漫画家の北村アキ子(内田慈)から、家に何者かがいるので調査をしてくれと頼まれます。児童心理学の教授を連れて行きますが、巨大な手が現れて、教授は襲われてしまいました。そこで、南に相談すると、強力な霊能力者の河合節子(蒼井優)を紹介されます。節子とゴローが二人きりになった家の中で、和室にある一本の柱に強力な霊気を感じます。ゴローは教授が襲われたのと同じ巨大な手で襲われかけますが、節子の力で何とか柱に推し戻すことができました。節子が言うには、数日間の応急処置で、この柱自体を何とかしないと再び出てくると言うことで、その柱について調べることになりました。

その柱がもとあった場所は、奥多摩の山奥で、祈祷師のおばあさんが住んでいて、夜な夜なその柱に麦わら人形を五寸釘でさして人をのろっていたと、近所の爺さんが言ってました。大至急、ゴローと節子は、北村アキ子の家に戻り、悪霊から子供を取り戻して退治することができました。

6話では、高校性のときからだまされて貢いでいた男に復讐をしてもらいたいという依頼でした。依頼者はすでに亡くなっていましたが、ゴローのおかげで、依頼者の要望どおりに復讐を果たすことができました。

7話では、純情男の恋愛を助けましたが、ゴローと蘭子も大好きと告白しました。

8話では、自分の命の短さを知って、ずっとあってなかった子供たちに合わせてくれと依頼されました。グレが一緒に行って、娘には会うことができました。

9話では、ヒーローショウをしましたが、途中でDV彼氏が乗り込んできました。節子の助けを借りて、ゴローとグレで倒すことができました。

『ハロー張りネズミ』の原作

原作は、弘兼憲史(ひろかねけんし)さんの「ハロー張りネズミ」で、1983年から連載されていて、単行本が24巻まで出されました。

弘兼憲史さんは、1947年生まれの69歳の漫画家で、徳山大学客員教授です。早稲田大学第一法学部卒業後、松下電器産業に入社されて、3年間広告宣伝部に勤務されました。しかし、小学生からの夢をあきらめきれずに退職されて、その翌年の1974年に漫画家デビューされました。「ハロー張りネズミ」とおなじ1983年に連載を開始した「課長島耕作」も大ヒットして、人気漫画家になられました。

漫画以外ににも、島耕作関連の著書や、ワインなどの著書を書かれています。

まだまだたくさんありますので、調べてみてください。多くの人に愛されていますので、参考になる部分が多いのではないかと思います。

原作の漫画「ハロー張りネズミ」は、電子書籍のナンバー1「honto」で読むことができます。紙の本も買うことができますし、雑誌やビジネス本や小説などの一般の本もどちらでも見ることができます。まるで、家に居ながら本屋さんにいる感じで素晴らしいです。会員登録しなくても、立ち読みすることができますので、ぜひ、ご覧になってみてください。

電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!

以上、ドラマ『ハロー張りネズミ』の最終話のあらすじ(ネタバレ)や感想でした。

他にも面白いドラマがあります。

コウノドリ2
奥様は、取り扱い禁止

⇒ ドラマ一覧に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク

 

おすすめの記事

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

本日のおすすめ情報

  1. 「先に生まれただけの僕」のキャストと1話のあらすじと感想!櫻井翔が校長先生? 先に生まれただけの僕
  2. 『この声をきみに』のキャストやあらすじ!見どころは【人生を変えられるか?】 この声をきみに
  3. 「さくらの親子丼」のキャストや1話のあらすじと感想。真矢ミキさんと吉本実憂さん! さくらの親子丼
  4. 『コウノドリ2』のキャストと1話のあらすじと感想。綾野剛と星野源が再び! コウノドリ2
  5. ドラマ『陸王』のキャストと1話のあらすじと原作。★モデル企業は「きねや足袋」 陸王
  6. ドラマ『ぼくは麻理のなか』のキャストとあらすじと感想!池田エライザの中に吉沢亮が! ぼくは麻理のなか
  7. 「刑事ゆがみ」のキャストと1話のあらすじと感想!浅野忠信と神木隆之介が! 刑事ゆがみ
  8. 『監獄のお姫さま』のキャストと1話のあらすじと感想。小泉今日子が宮藤官九郎の脚本で! 監獄のお姫さま
  9. 「ユニバーサル広告社」のキャストや1話のあらすじ★和久井映見がヒロイン! ユニバーサル広告社
  10. 『ブラックリベンジ』のキャストと1話のあらすじと感想★木村多江が復讐の鬼に! ブラックリベンジ
スポンサーリンク

最新情報

  1. NBA2017-2018
  2. ユニバーサル広告社
  3. プロ野球
  4. 明日の約束
  5. 今からあなたを脅迫します
二階建てバス
  1. キャリア
  2. 砂の塔
  3. 大貧乏
  4. ドクターY 外科医・加地秀樹
  5. スリル!赤の章・黒の章
  6. 旅行
  7. 突然ですが、明日結婚します
  8. 脳にスマホが埋められた!

多くの人に読まれている情報

  1. 家政婦のミタゾノ
  2. 介護
  3. ハロー張りネズミ
  4. 視覚探偵日暮旅人
  5. おんな城主直虎
  6. 婚活
  7. リオパラリンピック車いすバスケ
  8. おんな城主直虎
  9. 小さな巨人
  10. 介護
PAGE TOP