ハロー張りネズミ

ドラマ「ハロー張りネズミ」6話のあらすじ(ネタバレ)と感想!ゲストは玄理とムロツヨシ

ハロー張りネズミ
LINEで送る
Pocket

ドラマ『ハロー張りネズミ』の6話のあらすじ(ネタバレ)感想です。ゴローのところに一通の手紙が届きます。それは、自分の命がなくなるという手紙で、犯人の名前もある場所に書いておいたと言うものでした。ゲストは、玄理さんとムロツヨシさんです。


スポンサーリンク


6話以外のあらすじ

ドラマ『ハロー張りネズミ』のキャスト

  • 七瀬五郎 瑛太、あかつか探偵事務所の探偵
  • 四俵蘭子 深田恭子、あかつか探偵事務所の事務
  • 小暮久作 森田剛、あかつか探偵事務所の探偵
  • 風かほる 山口智子、あかつか探偵事務所の所長
  • マスター 中岡創一(ロッチ)スナック「輝(きらら)」のマスター
  • 萌美 片山萌美、スナック「輝(きらら)」の従業員
  • 河合節子 蒼井優、美人霊媒師
  • 南 リリーフランキー、情報屋

ドラマ『ハロー張りネズミ』6話のあらすじ

「ハロー張りネズミ」は、有料ですがU-NEXTで見ることができます。U-NEXTはドラマ数が一番多いです。⇒ U-NEXT

ここから先はネタバレが含まれます。これまでのお話はコチラ⇒ ストーリーへ!

 

ある日、「あかつか探偵事務所」にゴロー(瑛太)宛の手紙が届きました。その文面には、

「突然ですみません。この手紙が届いたらすぐに私を訪ねてきてもらえませんか。お話したいことがあるんです。でも私はすでに命がないはずです。わたしはころされたんです。部屋の写真立ての裏側を見てください。そこに犯人の名前が書いてあります。どうか、その犯人を捕まえてください。これは私の復讐なのです。」

差出人は、浅田怜奈(玄理)という女性でした。ゴローはすぐに差出人の住所に向かいました。

家について郵便受けから中を見てみると、いすに座って女性が亡くなっていました。すぐに警察に連絡して来てもらうと、毒を飲んだのが原因で、亡くなってから2,3週間はたってるということでした。

ゴローが写真立ての裏を見てみると紙切れがはってありました。警察の目を盗んでその紙を取りましたが、警察に連行されました。すぐに疑いが晴れて、ゴローは、怜奈のことを聞きました。怜奈は群馬県出身の33歳で、銀座の高級クラブのホステスでした。特定の異性関連もなく、パトロンもいませんでした。警察は、100%自ら命を絶ったと断定しました。

事務所に帰ったゴローは、写真立ての裏の紙切れを読むと、そこに、

「わたしをころしたのは、伊佐川良二(ムロツヨシ)という男です。どうか、この男に復讐してください」

とかかれていました。

かほる(山口智子)は金にならない仕事はだめだといいますが、ゴローたちは推理を始めました。はじめのなぞは、亡くなってから2週間後に手紙が届いたことでした。だれかが預かっていて、時間がたってからポストに出したのか、それともほかの細工をしたのでは?と考えました。さらに、はじめの手紙になぜ伊佐川良二の名前を書かなかったのかもなぞでした。

伊佐川良二は、群馬県議会議員選挙に立候補している人物でした。ゴローは、この事件の裏を洗って、マスコミに流せば大金が手に入るとかほるに言うと、捜査のOKがでました。

 

ゴローが、選挙演説をしている伊佐川良二のところに行って、話しをききました。地元の人の人気はかなり良くて、学生の頃からボランティアをしてるいい人だという評判でした。伊佐川には婚約者がいて、地元ナンバー1企業の娘でした。ゴローはしばらく泊まって伊佐川のことを調べました。

グレは、手紙を出された郵便ポストを張っていて、回収に来た郵便局員を脅して、最近鍵をなくしたことを聞き出します。2週間前くらいに、1日だけなくしたということでした。中を見ると、郵便ポストの天井に、ガムテープが張られていて、郵便局員は、空けるたびに押入れの様なにおいがしていたと言ってました。

蘭子(深田恭子)がクラブに怜奈の事を聞くと、無遅刻無欠勤ですごいまじめだったといいます。そして、彼氏ではなくてずっと好きな人がいて、銀座の前は池袋の店で働いていたと聞きました。蘭子が池袋に行って調べると、浅田怜奈は、あちこち転々としていて、さらに写真はまったく別人でした。すぐにゴローに画像を送りました。

ゴローは、伊佐川の出身校に行って、卒業アルバムを調べてると、蘭子から送ってきた画像と、卒病アルバムの浅田怜奈とは同一人物で、伊佐川とは同級生でしたが、亡くなった浅田怜奈とは別人でした。

ゴローは浅田怜奈の家に行って、お線香を立てました。両親に話を聞くと、高校卒業して東京に行ったきりだということで、顔も整形していて別人になってて両親は悲しんでいました。怜奈の部屋を見せてもらうと、東京の部屋の荷物がおいてありました。その中に、日記があって、そこには、伊佐川のことが大好きだと何べんも書かれていました。部屋の中は虫除けのナフタレンのにおいがしていました。

 

県議会議員選挙の日。

ゴローが伊佐川の事務所を見張ってると、夜になって伊佐川が帰ってきました。ちょうど、ニュースでは開票速報でトップを走ってると報道されていました。伊佐川が笑顔で支援者に挨拶をしてるところに、ゴローが話があると言って控え室に来てもらいました。

挨拶をした後、ゴローは単刀直入に

「浅田怜奈さんをころしましたね」

と切り出しました。浅田怜奈という人は知らないとしらばっくれる伊佐川に、ゴローは推理したことを話し出しました。

伊佐川と浅田怜奈は高校3年間同級生でした。そして、3年生の最後に伊佐川が告白して付き合うことになったんです。ただ、それには計画があったんです。大学のときに、伊佐川は将来のためにボランティア活動を始めて名前を売り始めます。そのときに、怜奈にホステスをさせてお金を貢がせたんです。ですが、ルックスのために稼げなかったので伊佐川は整形を勧めて、銀座で働くようになりました。そして、しばらくして、伊佐川が政界に出ようとしたときに、新たなスポンサーが出てきました。地元の有力者である、婚約者の父親でした。そして、怜奈に別れを切り出しました。それに腹を立てた怜奈は喧嘩をしてすべてをばらすといったんです。そして、伊佐川が仲直りをするといって、ワインに毒を入れたんです。

そこまで話して、怜奈の手紙を伊佐川に見せました。そして、怜奈の復讐をするためにこの話を警察にもっていくと、伊佐川は大笑いをします。そして、警察に行ってもいいといいます。そして、おれはやってないと言い出しました。伊佐川は、あの日、怜奈の命を奪おうとして部屋に行ったけど、すでに毒を飲んでいたといって、笑いました。

ゴローがそのときになぜ警察に言わなかったのかと聞くと、こんな大事なときにかかわりたくないといいます。それでゴローは気がつきました。怜奈は伊佐川を犯人にしたくないので、自ら命を絶ったんです。そして、心から弔ってくれるかを試すために、2週間の猶予を与えたんです。伊佐川は、警察にも両親にも知らせませんでした。2週間後に手紙が来て、ゴローが伊佐川の前に現れたんです。

怜奈は伊佐川の心に賭けたんです。伊佐川が玲奈のことを少しでも愛していて、すぐに警察や両親に連絡してくれるか、それとも、利用されただけなのか?です。利用されたのだったら、伊佐川の人生を台無しにして復讐をしたいと思ったんです。結果は後者でした。

ゴローは、警察ではなくて、マスコミにこの話を流すと伊佐川に言いました。伊佐川は叫び声をあげました。その瞬間、当選が決まりました。ゴローは、「当選おめでとうございます」と言って、怜奈と一緒に写ってる伊佐川のプリクラをおいて出て行きました。伊佐川は、泣き崩れて叫びました。

「好きだったー!ほんとに好きだったのにー!」

 

ゴローが事務所に戻って乾杯をしていると、ニュースで伊佐川のことが報道されていました。かほるが2週間後に来た手紙のなぞを聞くと、ゴローは、ナフタレンを使ったトリックだと説明します。ガムテープでナフタレンをはって、そこに手紙を引っ掛けたと説明しました。2週間位してナフタレンが小さくなったら手紙が落ちて配達されるということでした。

グレは、なぜゴローのところに手紙が着たのかと聞くと、ゴローは以前、キャバクラであっていたといいました。そのときに、元気付けてあげて、怜奈に名刺を渡していたと言いました。グレはゲスい話しだなというと、蘭子は反対しました。

「ゲスくないと思います、私も。夜の女性たちってわかるんです。男の人たちの本当の姿を。怜奈さんは、ゴローさんがちょっとスケベでおばかで単純だけど、頼まれたことは絶対に断らないことを見抜いたんですよ」

「そうかな」

「そうですよ」

そういった蘭子はゴローと見つめあいました。かほるは、そんなゴローを見て、金はどうした?と聞くと、ゴローは「売れなかった。というか使っちゃった」といってかほるにはたかれていました。怜奈の仏壇に、ゴローの名前で御霊前が置いてありました。

(⇒7話のあらすじ

ドラマ『ハロー張りネズミ』6話の感想

面白かったですね。というか、とても切ないお話でした。最後のムロさんの叫びで、容姿ではなくて、本当の玲奈の優しさや暖かさにひかれて交際を始めたんだと思ったら、少し泣けてきてしまいました。芸能人ではよくあるのですが、なぜ、あのとき捨ててしまったのか、とても残念に思いました。計画の中には、有力企業の娘と結婚というシナリオはなかったと思いますが、途中で考えが変わってしまったように思います。

とは言え、冷静に考えると、外面だけが良い残念な男性でした。いわばヒモと同じで女性が体で働いたお金で食べさせてもらってるんですから、だめんずですよね。しかも、県会議員のなるのでしたら、そんな女性がいたら、まず、週刊誌のネタになってしまいます。考えが甘かったとしか思えません。

ドラマ「黒革の手帖」も同じような構造ですが、もしも、こういったことが政治の世界の常識だとしたら、日本はいつまでたっても良くなるわけがないと思います。今は、加計学園とか、森友学園、豊田議員などのとんでもない事件がおきていますが、こういう事件はなくなるわけがないですよね。何となく実感してしまいました。

それにしても、瑛太さんはみていてとてもいい演技をされていました。ここまで原作を無視するのでしたら、瑛太さんと山口智子さんの二人で探偵事務所をやってる設定にした方が良かったような気がします。森田剛さんは演技がうまいのかもしれませんが、ちょっとこのドラマには合わないように感じました。深田恭子さんも、チョット使い方を間違えてるような気がします。良さが全く出ていないですね。今回の様な切ない事件を1話完結でやっていった方がきっとおもしろかったと感じました。

 


スポンサーリンク

ドラマ『ハロー張りネズミ』のストーリー

七瀬五郎(瑛太)は、あかつか探偵事務所で働く探偵です。寝ずに尾行することを「張り寝ず視」と本人がぼやいていることとその髪型から、通称「ハリネズミ」と呼ばれています。バカでスケベですが、人情に厚く、行動力は抜群でケンカも強いです。もう一人の探偵は、通称グレさん(森田剛)で、元はプロのギャンブラーで、鋭い洞察力の持ち主です。この二人はいつも、事務所の下のスナック「輝(きらら)」にたむろしていて、所長の風かほる(山口智子)に天井を通して呼ばれて行きます。かほるはいつも飲んだくれていて、細かいことは二人にまかせています。

1話では、交通事故で重体になった妻のために、亡くなった娘とそっくりの代理娘を探してくれてと言う依頼でした。五郎はあちこち探して代理娘を探すことに成功して、妻の臨終に間に合わせることができました。その娘は児童相談所にいる身寄りのない子供だったので、その依頼者と一緒に住むことになりました。

ある日、四俵蘭子(深田恭子)と言う女性があかつか探偵事務所にやってきました。以来は、25年前に亡くなった父親の汚名を晴らして恨みを晴らしてくれと言うことでした。蘭子の父親の乙吉をはめたのは、現在、与党の大ボスの蛭田代議士、蛭田の秘書だった蔵元国土交通大臣、サンダー貿易の舞原会長だと推測されました。かなりの強敵ですが、かほるはうごきはじめます。乙吉が書類を預けたと言う南(リリー・フランキー)を探したとたん、南の事務所は爆破されます。グレは乙吉の右腕だった仲井(吹越満)をつれてきました。

仲井は、ゴローたちに協力するフリヲして、舞原会長を高層ビルの窓から落として復讐を果たします。蘭子は蔵元から狙われますが、ゴローの助けを得て無事でした。マスコミでは、蘭子の父親の潔白が証明されましたが、すべて舞原会長の仕業にされてしまいました。蘭子は、六本木のクラブをやめて、あかつか探偵事務所で働くことになりました。

ゴローは、人気漫画家の北村アキ子(内田慈)から、家に何者かがいるので調査をしてくれと頼まれます。児童心理学の教授を連れて行きますが、巨大な手が現れて、教授は襲われてしまいました。そこで、南に相談すると、強力な霊能力者の河合節子(蒼井優)を紹介されます。節子とゴローが二人きりになった家の中で、和室にある一本の柱に強力な霊気を感じます。ゴローは教授が襲われたのと同じ巨大な手で襲われかけますが、節子の力で何とか柱に推し戻すことができました。節子が言うには、数日間の応急処置で、この柱自体を何とかしないと再び出てくると言うことで、その柱について調べることになりました。

その柱がもとあった場所は、奥多摩の山奥で、祈祷師のおばあさんが住んでいて、夜な夜なその柱に麦わら人形を五寸釘でさして人をのろっていたと、近所の爺さんが言ってました。大至急、ゴローと節子は、北村アキ子の家に戻り、悪霊から子供を取り戻して退治することができました。

『ハロー張りネズミ』の原作

原作は、弘兼憲史(ひろかねけんし)さんの「ハロー張りネズミ」で、1983年から連載されていて、単行本が24巻まで出されました。

弘兼憲史さんは、1947年生まれの69歳の漫画家で、徳山大学客員教授です。早稲田大学第一法学部卒業後、松下電器産業に入社されて、3年間広告宣伝部に勤務されました。しかし、小学生からの夢をあきらめきれずに退職されて、その翌年の1974年に漫画家デビューされました。「ハロー張りネズミ」とおなじ1983年に連載を開始した「課長島耕作」も大ヒットして、人気漫画家になられました。

漫画以外ににも、島耕作関連の著書や、ワインなどの著書を書かれています。

まだまだたくさんありますので、調べてみてください。多くの人に愛されていますので、参考になる部分が多いのではないかと思います。

原作の漫画「ハロー張りネズミ」はKDDIが運営している「ブックパス」で読むことができます。「ハロー張りネズミ」は別途有料ですが、月額562円(税抜)の読み放題プランで5万冊以上を楽しむことができます。コミックだけでなく270誌以上の人気雑誌も読めるので、かなりお得です。今なら初回30日間無料です。ただ、auIDが必要なので、auに加盟していることが条件になります。「ハロー張りネズミ」は+500円で読めます。今なら第1巻が無料です。他にどんなものが読めるのか、ご覧になってみて決めてください。

⇒ ブックパス

以上、ドラマ『ハロー張りネズミ』の6話のあらすじ(ネタバレ)や感想でした。

他にも面白いドラマがあります。

⇒ 警視庁いきもの係
⇒ カンナさーん!

⇒ ドラマ一覧に戻る

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク

 

おすすめの記事

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

本日のおすすめ情報

  1. ドラマ「ハロー張りネズミ」のキャストや相関図と1話のあらすじ!瑛太と深田恭子! ハロー張りネズミ
  2. ドラマ『わにとかげぎす』のキャストや相関図と1話のあらすじ!有田哲平と本田翼が! わにとかげぎす
  3. ドラマ「あいの結婚相談所」のキャストと1話のあらすじ!山崎育三郎X高梨臨 結婚式
  4. ドラマ『悦ちゃん~昭和駄目パパ恋物語~』のキャストや相関図と1話のあらすじ! 悦ちゃん
  5. Jリーグ2017の日程と順位と放送予定!試合結果やチケットの購入先は? 2017Jリーグ順位
  6. ドラマ『ウツボカズラの夢』のキャストと1話のあらすじ!原作は乃南アサ
  7. Jリーグワールドチャレンジ2017のチケットや放送予定!試合日程と結果は? Jリーグワールドチャレンジ2017
  8. 『ブランケットキャッツ』のキャストと相関図と1話のあらすじ!西島秀俊と吉瀬美智子! ブランケットキャッツ
  9. ドラマ『過保護のカホコ』のキャストや相関図と1話のあらすじ!高畑充希と竹内涼真が! 過保護のカホコ
  10. 『脳にスマホが埋められた!』のキャストと相関図と1話のあらすじ!伊藤淳史と新川優愛が! 脳にスマホが埋められた!

最新情報

  1. カンナさーん!
  2. 僕たちがやりました
  3. プロ野球
  4. コード・ブルー3
  5. 台風18号
いすみ鉄道
  1. クリスマス
  2. ボディビルダー
  3. 落語
  4. リテイク
  5. 火花
  6. 悦ちゃん
  7. 柴犬まる
  8. 視覚探偵日暮旅人

多くの人に読まれている情報

  1. ゆとり世代
  2. みをつくし料理帖
  3. 嫌われる勇気
  4. アトピー性皮膚炎
  5. キャリア
  6. 下剋上受験
  7. 思い出のマーニー
  8. 貴族探偵
  9. 地味にスゴイ!
  10. おんな城主直虎
PAGE TOP