火花

ドラマ「火花」の4話のあらすじ(ネタバレ)と感想!門脇麦さんが登場!

NHKドラマ「火花」のキャストや4話のあらすじ(ネタバレ)や感想などをまとめました。言わずと知れたピース又吉さんのベストセラー「火花」が原作のドラマで、林遣都さん、波岡一喜さんがスゴイ演技をしてくれています。ついに、門脇麦さんが登場しました。

スポンサーリンク

4話以外のあらすじ

ドラマ「火花」のキャスト

ドラマ「火花」のキャストです。

  • 徳永太歩 林遣都、お笑いコンビ「スパークス」のボケ担当
  • 山下真人 好井まさお、お笑いコンビ「スパークス」のツッコミ担当
  • 神谷才蔵 波岡一喜、お笑いコンビ「あほんだら」のボケ担当
  • 大林和也 村田秀亮(とろサーモン)お笑いコンビ「あほんだら」のツッコミ担当
  • 宮野真樹 門脇麦、神谷の同居人
  • 百合枝 高橋メアリージュン、山下の恋人
  • あゆみ 徳永えり、徳永の元バイト仲間、今は美容師
  • 望月 温水洋一、徳永のバイト先のコンビニ店長
  • 小野寺 渡辺大知、徳永と同じアパートの住人
  • ロクさん 渡辺哲、徳永と同じアパートの住人
  • 日向征太郎 田口トモロヲ、「スパークス」が所属する事務所「日向企画」の社長
  • 緒方健治 染谷将太、日向企画の社員
  • 西田英利香 菜葉菜、日向企画の社員
  • 渡辺 小林薫、武蔵野珈琲店の店主
  • 恩田 宮﨑吐夢、徳永の新しいバイト先の店長
  • 笹本英樹 忍成修吾、テレビ局ディレクター
  • 里島誠 村杉蝉之介、テレビ局ディレクター
  • 熱海の居酒屋の店員 山本彩
  • 熱海のイベント主催者 山本浩司
  • 焼鳥屋の店員 武田梨奈

ドラマ「火花」の今までのストーリー

徳永太歩(林遣都)は売れないお笑いコンビ「スパークス」をやっていました。相方は、山下真人(好井まさお)。熱海の花火大会に営業で言った時に、いっしょに出ていたお笑いコンビ「あほんだら」のボケ担当の神谷才蔵(波岡一喜)のしゃべりに衝撃を受けます。そのあと、いっしょに飲みに行って、神谷の弟子にしてもら得るように頼みましたが、条件を一つだけつけられました。それは、神谷の伝記を書くことでした。二つ返事で了解した徳永は早速、電気を書き始めました。ただ、徳永は東京、神谷は大阪でくらしています。なかなか会うことはできなかったんですが、神谷から大阪に出てくるという連絡を受けます。うれしい気持ちの中に、ちょっと不安な気持ちが異例混じってる徳永でした。

大阪から東京にやってきた神谷は、徳永とたびたび漫才に対する思いを語り合います。スパークスが受けたあるオーディションで、舞台に出れることが決まりました。舞台に出ることができたスパークスは次のオーディションを受けますが、新ネタで行ったので、ぼろくそに言われてしまいます。

スポンサーリンク

 

ドラマ「火花」4話のあらすじ

ここから先はネタバレが含まれます。読みたくない人は、次をクリックしてください。⇒感想までジャンプ!

 

2002年、徳永は新しいバイト先に面接にいきました。「ちゃんと現実見ないとね」と言われてしまいますが、次の週から行くことになります。ある日、神谷に連れられて、合コンに行きますが馴染めずにその場の空気を壊してしまいます。終わった後は、二人でいつもと同じように飲みに行きました。

山下の部屋で、出演したドラマを記念にみんなで見ていましたが、徳永が出ていたシーンはカットされていました。

徳永の新しく始めたバイトでは、いやな先輩がいていじめられていました。が、お客に「スパークの徳永さんですよね。がんばってください」と写メを撮られていると頃を見られて、態度がちょっと変わりました。

ある日、幼少期に憧れた夢路いとし・喜味こいしのいとし師匠の訃報をニュースで流れていました。。いとこいの漫才は、子供のころに、山下とコンビを組んで漫才をしようとしたきっかけでした。それを見た徳永は、山下をいつもの公園に呼び出します。ネタ合わせを始めますが、二人の息が合わずにケンカをしてしまい、徳永はトイレに行って「殴りたいんですけど」と神谷に怒りの気持ちを話します。神谷は「手を出したら終わりだぞ」と言いながら、アホなことを言って気持ちを落ち着かせました。山下の所に戻ると、「3つ謝るわ」といってネタのことや嘘をついていたことを謝ります。

事務所に行くと、あらたに移籍してきた若手の漫才コンビを紹介されます。さらに、山下が映画のオーディションを受けて決まったことを知らされます。帰り道、

「なんで、言わんかった?」

「お笑いの仕事ちゃうし。俳優で顔売れたらコンビの仕事ふえるん」

「はっ?漫才だけに打ち込むんちゃうんけ。なあ。信念ないんか」

「ほな、このまま続けて売れる保証あんのか?これもチャンスやんけ」

「好きにせえや」

と、再びケンカになって、徳永は帰っていきました。

徳永が家に帰ると、ストリートミュージシャンの小野寺(渡辺大知)が荷物を持って出てくるところでした。実家の父親が病気で倒れて、田舎に帰らないといけなくなったと話しました。バス乗り場まで送ってくと、

「あの、お願いがあります。最後に曲、聞かせてください」

泣きながら聞いて、いつものように1000円をギターケースの中に入れてから、その場を離れました。徳永は移籍してきた若手が出演するライブ会場まで走り続けました。中に入ると、「あほんだら」がライブをしていました。舞台の上の神谷は輝いていました。帰り道、花火が打ち上げられました。

(5話に続く)

ドラマ「火花」4話の感想

おもしろかったですね。漫才師のボケ担当の肩の方が、演技がうまくて多くのドラマや映画に出られていることが多いです。舞台でも演じているからなのでしょうか?そういった意味でも、山下の方が俳優としてやっていった方が良いような気がします。

今回のお話では、徳永に、長年抱いていた憧れが一度壊されてしまいます。夢路いとし・喜味こいしのいとし師匠の訃報と、相方の山下との考え方の違い、そして、同じアパートの小野寺のUターンです。あの訃報のニュースが流れた時に、徳永の頭の中で、自分と師匠たちとの距離を感じたと思います。小さいころにあこがれて漫才師になったのに、全く成長していない自分に気づかされてショックを受けて相方に八つ当たりしてしまったんです。さらに、小野寺が夢をあきらめて帰っていく姿に自分を重ねて、ますます不安になったのですが、「あほんだら」の漫才を見たことで、ふたたび、漫才師への熱い想いがよみがえったんだと思います。

そこには、徳永を演じている林遣都は、目の大きさや見開かれ方で演技をされています。相方に八つ当たりしてる場面では、自分自身も「無理なんじゃ?」という思いがあって、それを打ち消すために会い方にきついことを言ってしまいます。その時の目は、右下を見ていて完全に過去を思い出していました。最後に「あほんだら」を見ている時は、斜め上を見ていて、未来を重ねていたんです。その部分だけを見てみるだけでも、おも白いと思います。来週が楽しみですね。

ピース又吉さんの原作はこちらから読むことができます。

以上、ドラマ「火花」4話のキャスト、あらすじ(ネタバレ)、スタッフなどの情報でした。


あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 


LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

40歳で人生を見直す

  1. プロ野球
  2. 人生の扉




疲れたときにおススメ

  1. 極悪がんぼ
  2. リップスティック
  3. 孤独のグルメ-5
  4. SPEC
  5. プロポーズ大作戦
  6. サキ
  7. アフリカの夜
  8. ファイナルカット
  9. グッドモーニングコール

40代におススメの韓流ドラマ

  1. もう一度始めよう
  2. 上流社会
  3. じれったいロマンス
  4. 太陽を抱く月
  5. 七日の王妃
  6. 私はチャン・ボリ!
  7. モンスター
  8. マイリトルベイビー
  9. 君を守りたい
  10. コーヒープリンス1号店
スポンサーリンク

最新情報

  1. 西郷どん
  2. 中学聖日記
  3. 僕らは奇跡でできている
  4. U-NEXT
  5. SUITS
ドラマ「海月姫」
  1. 就活家族
  2. ゆとり世代
  3. おんな城主直虎
  4. 孤高の花
  5. anone
  6. 家政婦のミタゾノ
  7. もみ消して冬
  8. ニトリ
  9. 花のち晴れ

多くの人に読まれている情報

  1. この声をきみに
  2. 正義のセ
  3. マラソン
  4. スニッファー嗅覚捜査官
  5. 豆乳
  6. こえ恋
  7. もみ消して冬
  8. 監獄のお姫さま
  9. リテイク
電話占いヴェルニ「あの人の気持ちを当てる」全国の有名占い師が集結
PAGE TOP