火花

ドラマ「火花」の7話のあらすじ(ネタバレ)と感想!

NHKドラマ「火花」のキャストや7話のあらすじ(ネタバレ)や感想などをまとめました。

スポンサーリンク

7話以外のあらすじ

ドラマ「火花」のキャスト

ドラマ「火花」のキャストです。

  • 徳永太歩 林遣都、お笑いコンビ「スパークス」のボケ担当
  • 山下真人 好井まさお、お笑いコンビ「スパークス」のツッコミ担当
  • 神谷才蔵 波岡一喜、お笑いコンビ「あほんだら」のボケ担当
  • 大林和也 村田秀亮(とろサーモン)お笑いコンビ「あほんだら」のツッコミ担当
  • 宮野真樹 門脇麦、神谷の同居人
  • 百合枝 高橋メアリージュン、山下の恋人
  • あゆみ 徳永えり、徳永の元バイト仲間、今は美容師
  • 望月 温水洋一、徳永のバイト先のコンビニ店長
  • 小野寺 渡辺大知、徳永と同じアパートの住人
  • ロクさん 渡辺哲、徳永と同じアパートの住人
  • 日向征太郎 田口トモロヲ、「スパークス」が所属する事務所「日向企画」の社長
  • 緒方健治 染谷将太、日向企画の社員
  • 西田英利香 菜葉菜、日向企画の社員
  • 渡辺 小林薫、武蔵野珈琲店の店主
  • 恩田 宮﨑吐夢、徳永の新しいバイト先の店長
  • 笹本英樹 忍成修吾、テレビ局ディレクター
  • 里島誠 村杉蝉之介、テレビ局ディレクター
  • 熱海の居酒屋の店員 山本彩
  • 熱海のイベント主催者 山本浩司
  • 焼鳥屋の店員 武田梨奈

ドラマ「火花」の今までのストーリー

徳永太歩(林遣都)は売れないお笑いコンビ「スパークス」をやっていました。相方は、山下真人(好井まさお)。熱海の花火大会に営業で言った時に、いっしょに出ていたお笑いコンビ「あほんだら」のボケ担当の神谷才蔵(波岡一喜)のしゃべりに衝撃を受けます。そのあと、いっしょに飲みに行って、神谷の弟子にしてもら得るように頼みましたが、条件を一つだけつけられました。それは、神谷の伝記を書くことでした。二つ返事で了解した徳永は早速、電気を書き始めました。ただ、徳永は東京、神谷は大阪でくらしています。なかなか会うことはできなかったんですが、神谷から大阪に出てくるという連絡を受けます。うれしい気持ちの中に、ちょっと不安な気持ちが異例混じってる徳永でした。

大阪から東京にやってきた神谷は、徳永とたびたび漫才に対する思いを語り合います。スパークスが受けたあるオーディションで、舞台に出れることが決まりました。舞台に出ることができたスパークスは次のオーディションを受けますが、新ネタで行ったので、ぼろくそに言われてしまいます。徐々に舞台も増えて行きますが、相方の山下は、俳優として映画に出ることになりました。聞かされていない徳永は山下とケンカをしてしまいます。同じアパートの小野寺(渡辺大知)も、父親が病気に倒れた事で実家に帰ってしまいました。落ち込んでいたそんな時、あほんだらの舞台を見た徳永は、再び漫才への熱意を取り戻します。観客投票によって順位が決まるお笑いイベント「渋谷オールスター祭」に出たスパークスは6位、あほんだらは4位でした。そして、徳永は、美容師の友人に銀髪にされてしまいました。

真樹に好きな人ができて、神谷は真紀の家を出て行きました。スパークスは初の単独ライブを成功させて、ラジオの出演も決まります。

ドラマ「火花」7話のあらすじ

ここから先はネタバレが含まれます。読みたくない人は、次をクリックしてください。⇒感想までジャンプ!

 

2007年、冬。

山下(好井まさお)は本番に向けて最後のオチの打ち合わせをしようと公園で待っていましたが、徳永(林遣都)は神谷(波岡一喜)と飲んだり、卓球して遊んでいました。神谷は真樹(門脇麦)に振られたことでなかなか立ち上がれませんでした。山下は仕方なく仕事の現場に向かいました。徳永は何とか神谷と別れて現場にやってきましたが、酒臭いのが山下にばれてしまいました。

翌日、事務所に行くと、「お笑いスター発掘バトル」に出場が決まったと知らされます。マネージャーは相手のニーズをしっかりつかむことが大事だと言います。客受けが大事だと念を押されます。徳永は発掘バトル用のネタを考えて、公園で山下とネタ合わせをします。

徳永は相変わらず神谷とつるんで飲み歩いて、漫才論を話しあっていましたが、あるとき、神谷の相方の大林(村田秀亮)に居酒屋に呼び出されます。そこで、神谷が借金で首が回らない状態になってると聞かされます。そして、あほんだらも発掘バトルに出ることを聞かされます。

発掘バトル2日前、徳永と山下はいつもの公園でネタ合わせをしますが、方向性の違いからケンカをしてしまいます。「優勝するために万人受け狙うんやろ。腹、くくれや」と言って山下は帰って行きました。

その夜、ネタを考えながらラーメンをすすってると神谷から電話がかかってきました。酔っ払って道路に寝ながら話しているようでした。神谷は「おれのすごいところ10個言って」と言うと、徳永はいろいろ言ったあと、「一番は、僕を弟子にしたことです」と言います。それを聞いて神谷が泣きながら喜びました。

発掘バトルが始まりました。1回戦は、スパークスは山下が選んだネタをやって客受けバッチリでした。あほんだらも、客受けする新ネタを披露してその日一番の拍手をもらいました。

2回戦も、スパークスは客受けバッチリでした。あほんだらは同じ漫才を始めますが、途中から変えてきます。実は、録音された音声に合わせて漫才をしてました。言わば、口パクなのですが、その音声と動作の食い違いで笑わせるのが狙いでした。ただ、客受けはばっちりでした。結果は、スパークスは銅賞、あほんだらは選ばれませんでした。

(神谷さんにとっては、漫才を見に来たお客さんの前で事件を起こすことこそがおもしろいことだったのかもしれない。これが神谷さんなんだ)

徳永は胸の中で思いながらお辞儀をしていました。

 

(8話に続く)

ドラマ「火花」7話の感想

おもしろかったですね。ちょっと難しかったですが、なんとなく感じることができました。

ピース又吉さんの原作はこちらから読むことができます。

以上、ドラマ「火花」7話のキャスト、あらすじ(ネタバレ)、スタッフなどの情報でした。


あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 


LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

40歳で人生を見直す

  1. お盆にレンタカーでドライブ旅行
  2. communication
  3. 人生をやり直す簡単な方法




疲れたときにおススメ

  1. 崖っぷちホテル
  2. 民王
  3. スローダンス
  4. 続・最後から二番目の恋
  5. 顔
  6. 海月姫
  7. 空飛ぶタイヤ
  8. 地味にスゴイ!

40代におススメの韓流ドラマ

  1. シンデレラと4人の騎士
  2. 空港に行く道
  3. 善徳女王
  4. 漆黒の四重奏<カルテット>
  5. 魔女の法廷
  6. 王は愛する
  7. 花郎
  8. 優しい男
  9. 被告人
  10. 太陽の末裔
スポンサーリンク

最新情報

  1. 凪のお暇
  2. スミカスミレ
  3. oil
  1. IQ246~華麗なる事件簿~
  2. もみ消して冬
  3. 屋根裏の恋人
  4. ヘヴン~ご苦楽レストラン~
  5. 幸せ
  6. 打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?
  7. 白衣の戦士
  8. リベンジガール
  9. 鹿男あをによし

多くの人に読まれている情報

  1. ドクターX
  2. 凪のお暇
  3. 4号警備
  4. yoga
  5. 刑事ゼロ
  6. ぼくは麻理のなか
  7. リピート~運命を変える10か月~
  8. リピート~運命を変える10か月~
  9. 夏のひんやりグッズ
auひかりバナー
PAGE TOP