家売るオンナ

「家売るオンナ」9話のあらすじ(ネタバレ)と感想!キャストはMEGUMI

「家売るオンナ」のシーズン2「家売るオンナの逆襲」9話のあらすじはこちら⇒9話のあらすじ

北川景子さん主演の日テレのドラマ『家売るオンナ』の9話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。『家売るオンナ』9話のゲストは、MEGUMIさん。嫁姑20162018問題、二世帯住宅問題などが絡んできて、仲が悪い嫁と姑をどうやって仲直りさせるか?楽しみです。

スポンサーリンク

「家売るオンナ」第9話のあらすじ

白洲美加がポスティングに行く途中で、、今泉と言う男から声を掛けられました。今泉は「週刊新代」の編集長で、「できる女シリーズ」を作るので万智をの事を取材させてもらいたいと言われます。初めは疑っていましたが、喫茶店でおごられていい気分になってすべて話してしまいました。事務所に戻って、その話をすると、課長にこっぴどく怒られます。その手の取材は、ネガティブな記事が多いんです。課長は、記事にしないように「週刊新代」に頼み込みに行きました。

しかし、課長が乗り込むと、今泉が言うには、「調べているうちに、万智のことを悪く言う人は誰もいなから、記事にはできなかった」と言われました。それどころか、今泉が持ってる二世帯住宅がいらなくなったから、万智に売ってもらいたいと仕事をもらうことができました。

万智がその二世帯住宅を見に行った帰りに、いつもの餃子屋に行くと、新しくビクトルと言うナイジェリア人が働いていました。ビクトルは部屋を探してるようで、事務所に来るように名刺を渡しました。

庭野は若い夫婦の、足立は老夫婦の、どちらも同じ雨宮というお客さんにてこずっています。どちらも、内見を繰り返していて、奥さんたちは好反応ですが、どちらの旦那さんもなかなか決めません。実は、家族だったんです。嫁の礼と姑の智代が仲がまるっきり悪く、親子で別々に家を探していたんです。お互いに相手の事は大嫌いで、一緒に住むことは考えられないと言っていました。偶然、事務所にかかってきた電話でそのことが分かります。

そこに、ビクトルが彼女の波留と一緒に、万智に会いに事務所にやってきました。実は、波留は、足立が担当している老夫婦の娘で、庭野担当している足立夫婦の旦那さんの姉だったんです。ナイジェリア人のビクトルは、留学生で、住むところが無くてシェアハウスにいるので、愛してる波留と一緒に住む家を探していたんです。ビクトルは、いずれナイジェリアに帰らなくてはいけないのですが、波留もついていくと決心しています。しかし、ナイジェリア人と言うことで、家も見つからず、波留も親には紹介すらしていなかったんです。万智は、特別に二人の住むための賃貸物件を探すことにしました。

万智は、庭野の雨宮夫婦の内見についていきます。家に着くと、いつもどおり旦那さんが買うことを渋ります。万智が、「もしかして御主人さまは、ご両親との同居を望んでますか?」と聞くと、嫁の礼は、あり得ないと言います。「あんな嫁と一緒に暮らすのは、一億円もらってもヤダ。孫も可愛くない」と、法事の時に姑が言ってるのを聞いてしまったんです。それを聞いた万智は、週間新代から依頼された二世帯住宅を売ることを決めます。庭野と足立に担当から手を引くことを迫りますが、足立は断りました。

足立は、雨宮老夫婦の旦那さんの誕生日のためにケーキを買ってこさせました、事務所に来た時に、サプライズで喜ばせようという計画です。それを聞いた万智は、庭野を呼び寄せて、あることを指示しました。それは、雨宮若夫婦と波留たちのカップルを呼んだんです。

雨宮老夫婦が事務所にやって来ます。足立の計画通りケーキをだすと、喜ぶ旦那さん。そこに、若夫婦がやってきますが、お互いに知らされていなかったので、びっくりしています。さらに、波留とビクトルがやってきて、ナイジェリア人のビクトルと結婚すると宣言しました。衝撃を受ける一同。口々に困ると言い出します。姑は、面倒を見てくれる子供がいなくなってしまうこと、嫁は、一緒に暮らさなければいけなくなるということでで、二人とも、結婚に反対すると言い出して、手を組みました。万智の狙いは、共通の敵をつくることで、二人をまとめる事でした。

万智は、雨宮家に行って、強引に波留を家から連れ出して、アパートに住まわせます。その時、万智は、姑と嫁に、真正面から言いました。姑には、娘のことを心配するふりをして、自分の世話をする人がいなくなることが困ると本心では思ってると、嫁には、義理の姉のことを思うふりをして、自分の事を考えていると突きつけたんです。しかも、気付いていないけど、服の好み、男性の好みなど、二人はよく似ていると言い切ります。

「奥さんの尻にひかれてる、同居したいけど奥さんに言い出せない、家を買う気もないくせに、内見を繰り返し奥さんを振り回し、この段になっても何も言えない旦那さんとお父さんは瓜二つ。つまり、この夫婦は瓜二つ。似た者同士の集まりなんです。本当は、一番理解し合える関係なんです。来年の春には、ナイジェリアに行ってしまう波留様にいつまでも頼るのは辞めて、考え直してみてはいかがでしょうか?これから、皆さまがお住まいになるのに、最適な住宅をご案内します」

そういうと、雨宮家4人を連れて、二世帯住宅の内見に行きました。内見したあと、両方の家族は、気に入った様です。「遠くて近い、近くて遠い。生きていることくらいは分かる。そんな距離が、雨宮さんのお住まいには最適な住宅です。この住宅、お買いいただけますか」というと、両方の家族が購入を決めました。

 

一方、波留とビクトルは一緒に暮らし始めます。ビクトルの事を認めなかった両親、弟夫婦に怒ってる波留は、もう関係ないと言いますが、ビクトルは、何とか仲直りさせたいと思い、万智に相談しに行きます。

しかし、家を売ったことで終わったと言って、万智は相談に乗りませんでした。見かねて屋代課長が話を聞いて、手紙を書くことをすすめます。横からみた万智は、「これではだめです。書くなら六文字」と言って、「何でも券」を書かせて手紙で贈らせました。

「なんでもけん」とビクトルの汚い字で書かれた手紙に、昔の事を思い出した雨宮夫妻は、ビクトルと波留を呼んで、隣の弟夫婦たちと全員で餃子パーティーを開くことにします。家を見たビクトルは、二世帯を隔ててる壁を見て、こんなものは壊さないといけないと叫びますが、万智が、ビクトルに話してきかせました。

「壁があって、いつも顔が見えないからこそ、相手の事を思いやるのです。いつも一緒ではなく、わざわざ会いに行くから愛着が生まれるのです。一番目の奥さんから7番目の奥さんまで一緒に暮らすのは、ナイジェリアでは尊い文化でしょう。でも、ココは日本です。奥ゆかしく相手を思いやる。それが、日本の美徳です。距離感のあるさりげない愛情表現は日本独特の文化です 。あなたも、日本人の妻を持つのですから、そういう文化も理解して頂かないと、困ります」

それだけ言うと、万智は帰っていきました。万智の行ったことを理解したビクトルは、笑顔で準備を手伝い始めました。

翌朝、朝礼が終わると、バー「ちちんぷいぷい」のママが事務所に走りこんできました。

「屋代ちゃん、助けて~」

(⇒最終話のあらすじ

「家売るオンナ」はHuluで見ることができます。Huluは月額1,009円(税込)ですが、個別課金は全くなしで色々なドラマや映画をみることができます。特に海外ドラマは業界ナンバー1と言われています。たったの1000円で見放題ができますので、ドラマ好き、映画好きのあなたにおすすめです。入会してから2週間、月額料金が無料になるキャンペーンをしていますので、無料で見ることができます!もちろん、2週間以内に解約すればすべて無料です。

huluに無料登録!

9話の感想

おもしろかったですね。次回はとうとう最終回です。予告では、庭野が万智に抱き着いていたり、営業所を異動するような感じになっていましたが、どうなるのかとても楽しみです。ただ、恋愛系のほうには、話しは流れていきそうもないので、おそらく、万智が売ろうとしていたビルが、屋代課長によって別な人に売られてしまうか、ちがうひとにとられてしまうか、そんな感じで、万智が初めて売れなかったエピソードになるのでは、と想像しています。

今回の良かったセリフは、万智の最後のセリフですね。

「いつも顔が見えないからこそ、相手の事を思いやるのです。いつも一緒ではなく、わざわざ会いに行くから愛着が生まれるのです。」

これが、恋愛をうまく行かせるためのコツですし、夫婦がうまく行く秘訣ではないでしょうか。カップルの段階でいつでもいっしょにいたり、何でも言うことを聞いていると、飽きてしまいます。うまく行かない事、つまり障害のようなものがあると、恋は燃え上がります。ロミジュリ効果ですね。なので、3回に一回くらいはデートの都合を、わざとつかなくなったりするとイイかもしれません。

夫婦の場合は、いやでもいっしょにいますよね。一緒にいることを普通にするのではなくて、なるべく一人の時間を創ることを考えてみてはどうでしょうか。ベッドは別々にしたり、趣味のサークルに入ったり、何か別々なことをしてみると、お互いに新鮮さがいつまでも保てて、良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

 

『家売るオンナ』のキャスト

  • 三軒家万智 チーフ、北川景子、スーパー営業マン
  • 屋代大   仲村トオル、課長
  • 庭野聖司 工藤阿須賀、万智に振り回される若手営業マン。
  • 足立聡  千葉雄大、甘いマスクで家を売るエリート営業マン。
  • 白洲美加 イモトアヤコ、まだ1軒も売ってない新人営業ウーマン
  • 布施誠  梶原善、ベテラン営業マン、かつて屋代大の上司
  • 八戸大輔 鈴木裕樹。若手
  • 宅間剛太 本多力。押しが弱い営業マン。
  • 室田まどか 新木優子。デスク。家に興味なし。
  • 珠城こころ 臼田あさ美、 BAR「ちちんんぷいぷい」のママ

各話のあらすじ

以上、「家売るオンナ」9話のあらすじ(ネタバレ)と感想でした。


あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 


LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

40歳で人生を見直す

  1. 人生をやり直す簡単な方法
  2. 耳をすませば
  3. 未来を変える




疲れたときにおススメ

  1. GTO
  2. OURHOUSE
  3. 101回目のプロポーズ
  4. とげ
  5. 顔
  6. ゆとりですがなにか
  7. 無痛
  8. カエルの王女さま
  9. バージンロード

40代におススメの韓流ドラマ

  1. 麗
  2. 空港に行く道
  3. トンイ
  4. デュエル~愛しき者たち~
  5. 花郎
  6. マイリトルベイビー
  7. 君を守りたい
  8. ショッピング王ルイ
  9. 輝け、ウンス!
  10. ファンタスティック~君がくれた奇跡~
スポンサーリンク

最新情報

  1. NBA2017-2018
  2. Bリーグ
  3. 響
  4. 寝ても覚めても
世にも奇妙な物語
  1. 天ぷら
  2. 七日の王妃
  3. 中学聖日記
  4. 陸王
  5. 伝え方
  6. 時効警察
  7. リピート~運命を変える10か月~

多くの人に読まれている情報

  1. 腰みがき
  2. 品位のある彼女
  3. TOKYOエアポート
  4. きみはペット
  5. ドロ刑
  6. 過保護のカホコ
  7. 家売るオンナ
  8. CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班
  9. ゼロ~一獲千金ゲーム
  10. 僕らは奇跡でできている
エステ・タイム
PAGE TOP