今からあなたを脅迫します

ドラマ「今からあなたを脅迫します」の2話のあらすじと感想!武井咲が脅迫屋?

ドラマ「今からあなたを脅迫します」の2話のあらすじ(ネタバレ)や感想、、無料動画などを紹介します。自分のためには使いたくないお金をたくさん持ってる女子大生の澪は、包丁を突きつけられてる写真を撮られて、無理やり脅迫屋に協力するように言われました。


スポンサーリンク


「今からあなたを脅迫します」の2話のあらすじ

「今からあなたを脅迫します」は、有料ですがこちらで見ることができます。⇒U-NEXT

ここから先はネタバレがふくまれます。今までのストーリーはコチラ⇒ストーリー

 

千川(ディーン・フジオカ)に弱みを握られた澪(武井咲)は脅迫屋の仕事を手伝うことになりました。千川はさっそく澪をつれて次の依頼人のところに行きました。依頼人は1年前に自ら命を絶った人気シンガーソーングライターERu(高月彩良)の親友・笠谷沙和子(大後寿々花)でした。澪はERuのことは知りませんでした。ERu、本名、立花絵瑠は、ラジオ番組でDJをしていたときに、新曲を発表するところでした。ただ、その日、大きな爆破事件があって、新曲のタイトルに爆弾と入っていたので、自粛することになりました。そのことをラジオで、「バカみたい」と行ったことから炎上し始めて、週刊誌でゴーストライターがいるとかかれてしまい、耐え切れなくなった絵瑠は飛び降りてしまったんです。

沙和子は、その捏造記事を書いて編集長になった茂木琢磨(小木茂光)に絵瑠の名誉を取り戻す記事を書かせたいということでした。期限は、次の命日まででした。

事務所に戻った二人は、目黒(三宅弘城)と栃乙女(島崎遥香)に事情を説明しました。澪が脅迫はいけないというと、千川は取引をするといいました。そのために、栃乙女に柿宮優人の家を調べさせておきました。千川は澪をつれて柿宮のマンションに行きました。澪は帰ってきた柿宮に抱きつきました。そのシーンを車の中から千川が写真を撮りました。

千川は茂木編集長をいつもの中華料理屋さんに呼んで話をしました。絵瑠の名誉を回復する記事を書いてくれというと、ちゃんとしたところから得た情報だし捏造ではないといいます。そこで、柿宮と澪が抱き合ってる写真を出して、取引しようといいました。すると、茂木はタブレットを取り出して、澪が柿宮に謝ってる写真を見せました。同じように柿宮を張っていたんです。「いけませんね、こういうやらせは」と逆に怒られてしまいました。

千川に言われて、沙和子に中間報告に行った澪は、茂木はしっかり取材した結果だといったことを話しました。すると、沙和子と絵瑠は高校のときからいっしょに歌っていたといいます。

澪は事務所に帰って濡れ衣を晴らしたいとみんなにいいました。すると千川は、絵瑠のことを取材しなおして、茂木に間違った記事を改めてもらうように頼むというのはどうかと言って、300万円を払ってもらおうとしましたが、断られて出て行ってしまいました。

澪はどうやって名誉を回復しようかと考えてるとおはぎを作りすぎてしまいました。隣の京田カオル(鈴木伸之)に持っていっていっしょに食べました。すると、むずかしことは考えずに、できることをやれば良いと言われて、300万円払うことを決めました。そのことを千川に告げて翌日に茂木に会いに行きました。澪が300万円を払って再取材してくれというと、茂木はお金では転ばないといって澪におしかえしました。そのシーンをちょっとはなれたところにいた千川が写真を撮りました。

千川は近づいていって、二人に「証拠は押さえたぞ、アレほど猫ばばするなと言ったのに。こんな大金手に入ったんだから、絵瑠の名誉を回復するの中止するって言っただろ」と言い出しました。そして、茂木に向かって、絵瑠がゴーストライターだというネタを提供してくれた人を探してゆすると、あっさりと「わるいことをした」と反省して話していたと告げました。茂木は「でたらめ言うな」と言って厳しい顔をしました。千川はもう記事は書かなくていいからと言って外へ行きました。

車に戻った千川は、栃乙女から、茂木がどこかに電話をしてると連絡を受けました。栃乙女はどこに連絡してるかを特定しました。連絡先は、絵瑠がいたプロダクションの女社長土浦君枝(片岡礼子)でした。事務所に戻った千川は目黒に君枝の身辺調査を命じました。車を調べてると、君枝がきたので急いで後座席に乗り込みました。君枝の車は港に来ました。すると、覚せい剤を受け取ってお金を払っていました。相手は不破組でした。

事務所では、君枝が茂木に送った1年前のメールを栃乙女が復活させていました。二人はネタを取引に使ったようでした。メールの中に茂木に送った絵瑠の楽譜がありました。それを見た千川はゴーストライターを発見しました。ゴーストライターは沙和子でした。

沙和子にそのことを聞きに行くと、認めました。沙和子は曲作り、絵瑠は歌うことで二人一組でがんばっていたんです。千川はそれをきくと、茂木に絵瑠の記事を書かせるといいました。

事務所に帰って澪と若手俳優の柿宮の写真を見てると千川はあることを思いつきました。

 

茂木は、年間スクープ大賞授賞式に出席していました。そこに、千川が現れました。そして、喫茶店でお金を押し返してる写真と澪が抱きついた写真を見せて名誉回復記事を書けと脅しました。つまり、編集長がお金を渡して捏造記事を書かせようとしてる証拠写真だということでした。茂木は記事を書くと約束しました。すぐにその記事が世間をにぎわせました。

千川は沙和子から報酬以外に仕事で使ってる車をもらいました。絵瑠との記憶があるからだということでした。千川は今日が絵瑠の命日だと気づいて、沙和子があとを追うつもりだと感じました。澪に沙和子が行きそうな場所をききました。

沙和子は思い出のいっぱい詰まった高校の校舎の屋上にいて、飛び降りようとしましたが、そのとき澪が飛び出してきました。澪は、絵瑠は沙和子をうらんでいなかったといって、その証拠を見せました。

沙和子が乗っていた車の屋根には、二人だけがわかる音符の暗号が書かれていました。それは

「ありがとう、沙和」

でした。亡くなる前に絵瑠は沙和子に伝えていたんです。沙和子は泣き崩れました。

 

BAR「青龍」で4人がスイーツを食べてると、澪が包丁を持ってる写真が合成だとばれてしまいます。そのとき、TVでは次期首相候補と呼ばれてる議員の新戸部文夫(袴田吉彦)が画面に映っていました。澪はその男を凝視していました。

新渡戸は、澪の祖父の轟の前にいって平身低頭していました。しばらくすると、澪の家にもやってきました。

 

(⇒3話のあらすじ

「今からあなたを脅迫します」の感想

やはり、澪はお嬢様だったんですね。しかも政界の黒幕の孫だったみたいです。これからどうなっていくのか、たのしみです。おそらく、轟の権力は澪の夫になる男性に行くと思いますから、それを新戸部は狙っているような気がします。

今回の事件は、ゴーストライターのお話でしたが、ちょっとつじつまが合わないような気がしました。というか、千川たちに頼んだ動機がいまいち不明でした。ゴーストライター本人が、名誉回復記事を書いてくれといって、書いてもらったら命を断とうとするっていうのはなんとなく無理に事件を作ったような感じを受けました。次回からは、もうちょっとスッキリするような感じの脅迫をしてもらいたいですね。

視聴率が出ましたが、1話が8%、2話が5.7%でした。視聴率が万能でそれがすべてとは言いませんが、やはり、1話を見た限りでは、続けてみていこうというひとが減ってしまったということはよくわかります。脚本も悪ければ、主役の二人がちょっと良くないですね。原作を読んでいないので何とも言えないのですが、無理やり感がハンパないです。脅迫屋というネーミングが悪いのかもしれません。しかも、多分人の好い脅迫屋なのでディーンさんを選んだんだと思いますが、何でもできるすごいひととか良い人すぎるイメージがすでについているので違和感しか起きないのではないでしょうか。武井さんについては多くの人が言ってる通りだと思います。

ただ、ディーンさんは何をやらしてもカッコいいので、このままカッコよさを追及していく感じにすると視聴率は上がってくると思います。来週が楽しみです。


スポンサーリンク

「今からあなたを脅迫します」のストーリー

お人好しの女子大生・金坂澪(武井咲)のアパートに、ある日、差出人不明のDVDと電話番号が送られてきました。映像を見てみると血まみれの男性、佐藤に拳銃を突きつけて奪ったお金をもってこいというものでした。ただ、その中で言われてる名前は澪ではなく、1週間前に引っ越していった人の名前でした。澪は関係ないのですが、命を奪われるのはよくないから600万円を払うと言いました。君が悪くなった脅迫屋の千川(ディーン・フジオカ)は電話を切ってしまいます。

ただ、その中で言われていた女性は、鋭利な刃物で切られた遺体で発見されました。

千川は、お金を持っていた女性がなくなったのでそれ以上追求できないと思って佐藤を解放しましたが、実は、すべて佐藤が仕組んだことでした。女性の命を奪ったのも佐藤でした。それを見透かされた佐藤は奪った600万円を千川に渡して逃げようとしましたが、澪が近くにあった包丁を突きつけて自首をしろと脅迫しました。澪が包丁を突きつけてるシーンを写真にとって、後日、千川は脅迫屋の仕事を手伝えと再び澪を脅迫しました。

「今からあなたを脅迫します」の原作

原作の藤石波矢さんは、1988年生まれの29歳の小説家です。栃木県出身で、大正大学を卒業されて、東京ビジュアルアーツ映画学科を卒業されています。第一回ダ・ヴィンチ「本の物語」大賞を受賞されています。今までに6冊出されています。

また、小説の「今からあなたを脅迫します」シリーズは、電子書籍のナンバー1「honto」で読むことができます。紙の本も買うことができますし、雑誌やビジネス本や小説などの一般の本もどちらでも見ることができます。まるで、家に居ながら本屋さんにいる感じで素晴らしいです。会員登録しなくても、立ち読みすることができますので、ぜひ、ご覧になってみてください。

電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!

「今からあなたを脅迫します」のキャスト

  • 千川完二 ディーン・フジオカ、脅迫屋
  • 目黒 三宅弘城、千川の仲間、凄腕盗み屋
  • 栃乙女 島崎遙香、千川の仲間、凄腕ハッカー
  • 金坂澪 武井咲、お人よしお嬢様
  • 轟雄之助 近藤正臣、澪の祖父
  • カンちゃん 山賀琴子、澪の親友
  • ぱるこ 佐藤玲、澪の親友
  • 京田カオル 鈴木伸之、澪の隣に引っ越してきた好青年
  • ロビン 蛭子能収、BAR「青龍」
  • レイチェル 内藤理沙、BAR「青龍」

2話以外のあらすじ

以上、ドラマ「今からあなたを脅迫します」の2話のあらすじと感想でした。

あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 

LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

40歳で人生を見直す

  1. 未来を変える
  2. ジョジョ
  3. ケツメイシ
  4. モチベーション

疲れたときにおススメ

  1. 王様のレストラン
  2. 医龍
  3. 霊能力者 小田霧響子の嘘
  4. 山田くんと7人の魔女
  5. ウォーターボーイズ
  6. 半分、青い。
  7. ホタルノヒカリ
  8. のだめカンタービレ
  9. 世界で一番君が好き!
  10. ラブソング

40代におススメの韓流ドラマ

  1. 恋する泥棒
  2. テバク
  3. あなたは贈りもの
  4. 花より男子
  5. ピノキオ
  6. ああ、私の幽霊さま
  7. 未来の選択
  8. 内省的なボス
スポンサーリンク

最新情報

  1. ロシアワールドカップ2018
  2. J2リーグ2017
  3. ジョジョの奇妙な冒険
  4. オー・マイ・クムビ
リフォーム
  1. 人は見た目が100%
  2. 恋がヘタでも生きてます
  3. 人は見た目が100%
  4. 人生の時間
  5. ブランケットキャッツ
  6. oil
  7. 警視庁いきもの係

多くの人に読まれている情報

  1. ブランケットキャッツ
  2. アシガール
  3. 釣りバカ日誌2
  4. 崖っぷちホテル!
  5. 四川料理
  6. 旅行
  7. わにとかげぎす
  8. GOLD
  9. 空港に行く道
  10. ウチの夫は仕事ができない
電話占いヴェルニ「あの人の気持ちを当てる」全国の有名占い師が集結
PAGE TOP