今からあなたを脅迫します

ドラマ「今からあなたを脅迫します」の4話のあらすじと感想!

ドラマ「今からあなたを脅迫します」の4話のあらすじ(ネタバレ)や感想、、無料動画などを紹介します。澪(武井咲)は7年前に交通事故で亡くなった両親の墓参りで、教師だった母・七海(石田ひかり)の教え子・國枝友基(森田甘路)に会います。問題児だった自分を救ってくれた七海に恩義を感じていると言う國枝は、澪に「7年前の交通事故で本当に悪い奴は別にいる」という意味深な言葉を残しました。

スポンサーリンク

「今からあなたを脅迫します」4話のあらすじ

「今からあなたを脅迫します」は、有料ですがこちらで見ることができます。⇒U-NEXT

ここから先はネタバレがふくまれます。今までのストーリーはコチラ⇒ストーリー

 

澪(武井咲)は7年前に交通事故で亡くなった両親の墓参りで、教師だった母・七海(石田ひかり)の教え子・國枝友基(森田甘路)に会いました。問題児だった自分を救ってくれた七海に恩義を感じていると言う國枝は、

「許せません、あいつは罪も償わないでのうのうと」

「償わない?事故を起こした人はつかまって罰を受けましたが」

「本当に悪い奴は別にいる」

という意味深な言葉を残しました。

 

澪が千川たちのアジトにやってくると、栃乙女しかいませんでした。そこで、澪は栃乙女に何かをお願いして帰っていきました。

翌日、千川は駐車禁止で車をレッカー移動させられてしまい、警察に行きました。そこで、刑事達に連れられてる澪を見ました。千川はアジトに帰ってきて栃乙女に、澪から何を頼まれたのか聞きだそうとしました。警察沙汰だぞと脅されると、栃乙女は仕方なく、澪から両親の交通事故の記録を見せてくれといわれたと言います。父親はその場所で、母親は病院で亡くなっていました。

警察に連行された澪は、昨日会った國枝が添島邦昭という男性を襲ったけど何かを知ってるかと聞かれました。記憶にないというと、添島は7年前の澪の両親の命を奪った自動車事故の車の持ち主で助手席に座っていた男だと説明されました。すると、議員の新戸部(袴田吉彦)が迎えに来てくれて開放されました。

澪は轟雄之助(近藤正臣)の家に連れて行かれて、

「國枝とはかかわらないほうが良い。余計なことに首を突っ込むな、お前のためにならんぞ」

といわれて、もう二度とお金もかかわりも持たないでくれと言って帰って行きました。

 

千川は目黒(三宅弘城)と栃乙女に言われて澪の部屋に様子を見に行くと、まだ帰ってきてはおらず、隣のカオル(鈴木伸之)が出てきて話をしていました。そこに、澪が新戸部といっしょに帰ってきました。新戸部とカオルはすぐにかえって行きました。澪と千川はアジトにかえってきて國枝の話をしました。澪は國枝を探して話を聞きたいと言います。

千川は、7年前のに事件で本当は添島が運転してたんじゃないかと言います。栃乙女が調べると、運転していた大西は、3年前に出所して添島の父親の経営する会社に入って今ではシンガポールで働いてるということでした。添島は、その会社の役員になっていました。身代わりの見返りじゃないかと目黒が言いました。

千川は探偵じゃないから人探しはしないけど、添島を脅迫することはできると言います。澪はそれを断って、まずは添島に会って話を聞いて本当だったら自首させるといって出て行きました。目黒は、そのままにして言いのかといって千川を脅しました。

目黒と千川は、澪と添島と会うレストランで張り込みをしていました。澪が待ってるところに添島がやってきました。澪は交通事故のことを聞こうとすると、つい最近にも、車を外人に盗まれてひき逃げをしたという事件を起こしていたようでした。澪は両親の名前を言いますが、まるっきり覚えてないようでした。澪があの時運転していたのは本当はあなたじゃないの?というと、

「俺だよ。運転してたの、新車買ったばっかでさ。酒飲んで運転してたら事故っちゃって。あんたの親、たまたま運が悪かったよね」

「あなたが」

「なーんて、今の話し信じちゃった?たとえ、俺がやったとしても、証拠はない。それに犯人は罪を償ったじゃない」

「あなたが罪を償うべきです。自首してください」

「何様のつもりだよ。7年も前のこと、いまさらごちゃごちゃ言うんなら、あんたも親のところ送っちゃうよ」

それを横で聞いていた千川は、たまらなくなって立ち上がって添島のところに行きました。やっぱり脅しに来たのかと添島が言うと、

「いいえ、営業しに来たんです。俺達に國枝への脅迫を依頼しませんか?國枝はあんたをやる気満々だ。依頼料お安くしときますよ」

「いらね、裏家業の知り合いならたくさんいるんで」

そういって、添島は歩いていきました。

ごちゃごちゃ行ってる澪をつれて千川は外に出ると、信号待ちしている添島のところに近づく國枝を見つけました。澪はその場面を黙ってみていました。「黙ってるんだ」と千川が声をかけると、あわてて「國枝さん」と声をかけました。

その声に二人とも気がつきました。そこに警察官がやってきて國枝は逃げていきました。

アジトに戻ると、栃乙女が、添島の1ヶ月前のひき逃げ事件のことを調べて教えてくれました。千川がその件も合わせて脅迫するというと、澪が反対します。母親が亡くなる前に「正しいことをして弱い人を必ず助ける」と遺言のように行ったので、もう一度話して自首させるというと、千川はそれは母ののろいだと言います。そして、ただ自分の気持ちを押し殺してるだけで、大切な人の命を奪ったやつはそうかんたんに許せることはできないといいます。そして、

「きみの本当の心は、自分を守ろうとしてるようにしか見えない。いってみれば、魔女にのろいをかけられて育ったお嬢様?不健康なんだよ」

「千川さんみたいにお金儲けしかかんがえられないひとに、私のことを理解・・」

「だったら、一生、自分をころして生きろ。ただの顔見知りの俺には、何の支障もありません」

 

千川たちは掃除屋から添島の情報を得ようとして、不破組の組長に近づいて紹介してもらいました。さっそく、掃除屋から情報をもらうことができました。

千川は、澪のあとをつけていて國枝を確保することができました。國枝をアジトの横の中華料理屋に連れて行って脅迫を依頼してくれないかと話しました。

千川は酔っ払った添島をアジトに眠らせてつれてきました。國枝と澪も呼ばれました。添島は金で解決しようとしましたが、國枝は命で償えといいます。そこで、千川は、アルコールを体に注射して酔っ払って事故を起こしてなくなったように偽装すると言い出します。そして、千川は注射しようとすると、澪に注射器をわたして、本当の気持ちを出せとせまりました。すると、犯人だと知ったときは憎んだけど、命は命で償えないといって、自主してくれといいました。千川は改めて添島に自首しろと脅迫しました。國枝も出頭しました。

 

千川たちがおでんを食べてると、轟から電話がかかってきました。轟の家に行くと脅迫を依頼されました。

澪が部屋にいると、隣のカオルがりんごを持ってやってきました。部屋に入ると澪を眠らせて誘拐しました。カオルは新戸部の裏の部下で、新戸部の指示で誘拐しました。

(⇒5話のあらすじ

スポンサーリンク

 

「今からあなたを脅迫します」4話の感想

面白かったですね。澪がいつも淡々と話をする理由がやっとわかったようなきがしました。千川の言った通り、母親の遺言に縛られてしまったんですね。そして、何かしようとするたびに、その母親の声が聞こえてきて行動に制限をかけていたんだと思います。最近のドラマに流行ってる毒親の一種のようなきがしました。

その状態から抜け出るには、やはり母親と距離を置かないとダメだと思います。手っ取り早いのは、母親の悪い部分とか、千川の言うとおりに感情を出して悪いことを思いっきりしてみるとかしかないと思います。

最後の方で、澪が新戸部によってなぜか誘拐されましたが、その理由も楽しみですが、澪がこれから感情を爆発するようになれるのかどうか、とてもたのしみです。

「今からあなたを脅迫します」のストーリー

お人好しの女子大生・金坂澪(武井咲)のアパートに、ある日、差出人不明のDVDと電話番号が送られてきました。映像を見てみると血まみれの男性、佐藤に拳銃を突きつけて奪ったお金をもってこいというものでした。ただ、その中で言われてる名前は澪ではなく、1週間前に引っ越していった人の名前でした。澪は関係ないのですが、命を奪われるのはよくないから600万円を払うと言いました。君が悪くなった脅迫屋の千川(ディーン・フジオカ)は電話を切ってしまいます。

ただ、その中で言われていた女性は、鋭利な刃物で切られた遺体で発見されました。

千川は、お金を持っていた女性がなくなったのでそれ以上追求できないと思って佐藤を解放しましたが、実は、すべて佐藤が仕組んだことでした。女性の命を奪ったのも佐藤でした。それを見透かされた佐藤は奪った600万円を千川に渡して逃げようとしましたが、澪が近くにあった包丁を突きつけて自首をしろと脅迫しました。澪が包丁を突きつけてるシーンを写真にとって、後日、千川は脅迫屋の仕事を手伝えと再び澪を脅迫しました。

次の依頼は、1年前になくなった友人のアーティストERuの名誉回復記事を書いてくれというものでした。千川は、澪を使ってでっち上げたスクープを使って、記事を書かせることに成功しました。

次期首相候補と呼ばれてる議員の新戸部文夫が有名になったホテルの爆破事件で、汚職をしていた支配人を脅迫して、結婚詐欺師の母親のために人生をダメにされた青年と、だまされた父親の娘を幸せにすることができました。

「今からあなたを脅迫します」の原作

原作の藤石波矢さんは、1988年生まれの29歳の小説家です。栃木県出身で、大正大学を卒業されて、東京ビジュアルアーツ映画学科を卒業されています。第一回ダ・ヴィンチ「本の物語」大賞を受賞されています。今までに6冊出されています。

また、小説の「今からあなたを脅迫します」シリーズは、電子書籍のナンバー1「honto」で読むことができます。紙の本も買うことができますし、雑誌やビジネス本や小説などの一般の本もどちらでも見ることができます。まるで、家に居ながら本屋さんにいる感じで素晴らしいです。会員登録しなくても、立ち読みすることができますので、ぜひ、ご覧になってみてください。

電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!

「今からあなたを脅迫します」のキャスト

  • 千川完二 ディーン・フジオカ、脅迫屋
  • 目黒 三宅弘城、千川の仲間、凄腕盗み屋
  • 栃乙女 島崎遙香、千川の仲間、凄腕ハッカー
  • 金坂澪 武井咲、お人よしお嬢様
  • 轟雄之助 近藤正臣、澪の祖父
  • カンちゃん 山賀琴子、澪の親友
  • ぱるこ 佐藤玲、澪の親友
  • 京田カオル 鈴木伸之、澪の隣に引っ越してきた好青年
  • ロビン 蛭子能収、BAR「青龍」
  • レイチェル 内藤理沙、BAR「青龍」

4話以外のあらすじ

以上、ドラマ「今からあなたを脅迫します」の4話のあらすじと感想でした。


あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 


LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

40歳で人生を見直す

  1. コミュニケーションスキル
  2. 人生は楽しい!
  3. コック警部
  4. 人生の扉




疲れたときにおススメ

  1. TOKYOエアポート
  2. 愛してたって、秘密はある。
  3. 西郷どん
  4. ナオミとカナコ
  5. ラブホの上野さん
  6. 霊能力者 小田霧響子の嘘
  7. 空飛ぶタイヤ
  8. 僕のいた時間
  9. シグナル
  10. WITH LOVE

40代におススメの韓流ドラマ

  1. グッドドクター
  2. スパイ
  3. 黄金のポケット
  4. クリミナルマインド;KOREA
  5. ただ愛する仲
  6. マスター・ククスの神
  7. グッドワイフ
  8. おひとりさま
  9. ラブトライアングル
  10. ジャグラス
スポンサーリンク

最新情報

  1. スーツ
  2. スーツ
  3. NBA2017-2018
  4. 今日から俺は!
  5. 下町ロケット2
人生の転機
  1. コピーフェイス
  2. ギャンブル
  3. 人は見た目が100%
  4. FINAL CUT
  5. 監獄のお姫さま
  6. 民衆の敵
  7. 刑事ゆがみ
  8. リテイク
  9. 西郷どん

多くの人に読まれている情報

  1. ドクターX
  2. 花のち晴れ
  3. 健康で文化的な最低限度の生活
  4. 西郷どん
  5. 崖っぷちホテル!
  6. リベンジガール
  7. 花
  8. みをつくし料理帖
auひかりバナー
PAGE TOP