イノセンス冤罪弁護士

イノセンス冤罪弁護士の6話のあらすじ。ゲス金持ち息子の弁護に非難の嵐、誘拐事件勃発で明かされる犯人の悲しい過去

イノセンス冤罪弁護士

ドラマ「イノセンス冤罪弁護士」の6話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。坂口健太郎さん演じる黒川拓弁護士が、科学者、ジャーナリストたちの協力を得て、意外な実証実験で冤罪事件を解決していくヒューマン・リーガル・エンターテインメントドラマです。

スポンサーリンク

ドラマ「イノセンス」6話のあらすじ

ドラマ「イノセンス」の最終話を、3/30の21:59まで無料で見れます。⇒TVer

楓(川口春奈)は、かつて東央大生だった秋保(藤木直人)の妹の命がうばわれ、交際相手の理工学部の学生が有罪判決後に自ら命を絶ったことを知りました。弁護を担当したのは湯布院(志賀廣太郎)のパートナーだった別府(杉本哲太)の兄。そして担当検察官は拓(坂口健太郎)の父・真(草刈正雄)でした。混乱する楓に、穂香(趣里)は自分の家に呼んで話をしました。穂香は、関係者が今も事件を引きずっているのは冤罪の可能性があったからだと話しますが、拓が冤罪にこだわるのは別の理由があるといいました。

そんな中、拓と楓は事務所が顧問契約をしている樽前物産の社長の息子・樽前裕也(須賀健太)の弁護を担当することになりました。友人の新島彰を拳銃を発砲して命を奪った疑いをかけられた裕也は被疑事実を否認しているものの、部屋の中にあった違法改造のエアガンなどの状況証拠が揃っており、限りなく黒い上、本人の評判も最悪でした。

拓と楓が接見に行くと、一日中家にいてギターで創作していたといいました。拓は、どんな悪でも無罪にしてくれる凄腕の弁護士だからすぐに解決してくれとおどされました。

樽前家を訪ねた拓たちは住み込みの使用人・有珠田(吹越満)から事件当日、裕也は部屋にこもって楽器を弾いていたと聞きました。自称ミュージシャンの裕也は日頃から大音量で楽器を弾くため近所から苦情が来ていたといいますが、事件当日に楽器の音を聞いた人は見つかりませんでした。

その頃、事務所には命を奪われた新島の母(山下容莉枝)が樽前の弁護をやめてくれと直談判に訪れていました。根拠は、息子は裕也を大学のイベントサークルの事件で脅迫していたからだといって、その雑誌を見せました。そこに、穂香がむすこの晴斗といっしょにやってきました。

公判前整理手続きで、検事の指宿(小市慢太郎)から、有珠田も嘘をついてると聞かされました。裕也に頼まれて午後1時半から4時まで外に買いものに行っていた姿を目撃されていたんです。情状酌量に切り替えたらどうかと言われましたが、拒否しました。この事件には必ず犯人がいて、裕也しかありえないといって歩いていきました。

そのころ、穂香の息子の晴斗が誘拐され、事件の弁護をやめなければ子供の命をうばうという脅迫メールが届きました。新島の母が誘拐したと直感する拓でした。穂香も新島の母親が連れ去ったと思い、新島の家にいって強引になかにはいりました。夫がとめるのも聞かずに寝室に行くと、先日の事務所に訪ねてきた母親とはまったくの別人でした。夫は、新島がなくなってからずっと寝ているといいした。

事務所では、二通目の脅迫メールがき手、弁護を下りるとみながいいますが、ぎりぎりまで粘らせてくれと拓がお願いしました。

楓は穂香の家にいっていっしょに犯人からの連絡を待ちました。

翌日、拓の提案で大学のイベントサークルの関係者を事務所総出であらいはじめました。聡子もイベントサークルの事件の記事の担当者に被害者のことをききました。楓は秋保のところにいって、裕也の騒音がきける範囲の家をおしえてもらって聞きこみに行きました。すると、ベースの音を録音してる人を見つけました。すぐに事務所に帰って拓に報告すると、聡子から大学の事件の被害者のことをききました。聡子の声は周りの工事の音がうるさくてきこえず、そのことで拓はあることに気づきました。

 

裁判当日。穂香は警察官といっしょに連れ去った女性の家に踏み込んで晴斗を救出しました。

裁判では、はじめの証人は裕也の家の前に済むおばさんでした。裕也のベースのおとをうるさいといって録画していたひとでした。事件の日はベースの音を聞いていなくて、工事の音だけが聞こえてきたと証言しました。

拓は、晴斗が救出されたと教えてもらいました。その後、犯行時にベースの音を録音したテープをながしました。検事が文句を言うと、秋保が状況を再現しました。すると、検察官だけにきこえませんでした。聴覚特性でした。

次に有珠田が証人としてたちました。拓が有珠田は離婚していて自ら命を絶った娘と奥さんがいますね、ときくと、法廷に晴斗を誘拐した女性が入ってきました。その顔を見た瞬間、有珠田はたちあがって、自分の犯罪だと認めました。

じつは、大学のイベントサークルの事件のときにいたずらをされて自ら命を絶った女子大生の父親と母親でした。有珠田は涙を流しながらすべてをはなしたあと、

「こんな男です。黒川先生は、こんなやつを助けるために弁護士になったんですか?」

とさけびました。拓は、「申し訳けありません。ご両親の無念は想像にかたくありません。もし大学の事件がしっかりと裁かれてたのであれば、ここまで追いつめることはなかったかもしれない。でも、それでも、彼は被害者の命はうばってない。それが本当の姿です」

裕也は無実だと叫びますが、拓はそれでも罪がないとは言えないといった後、この事件についてのみ無罪を主張すると言いました。

裕也は、被害者女性達から告訴されました。今回の弁護は別府はことわりました。

(⇒7話のあらすじ

ドラマ「イノセンス」のキャスト

  • 黒川拓 坂口健太郎、弁護士
  • 和倉楓 川口春奈、新人弁護士
  • 城崎穂香 趣里、拓付きのパラリーガル
  • 湯布院和人 志賀廣太郎、弁護士
  • 別府長治 杉本哲太、保駿堂法律事務所所長
  • 登別次郎 正名僕蔵、弁護士
  • 石和徳則 赤楚衛二、パラリーガル
  • 黒川真 草刈正雄、拓の父親、エリート検察官
  • 指宿林太郎 小市慢太郎、東京地方検察庁検察官
  • 秋保恭一郎 藤木直人、東央大学理工学部物理学科准教授
  • 有馬聡子 市川実日子、テレビ日本ディレクター

各話のあらすじ

以上、ドラマ「イノセンス冤罪弁護士」の6話のあらすじ(ネタバレ)でした。


あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 


LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

40歳で人生を見直す

  1. 旅
  2. 大学の奨学金




疲れたときにおススメ

  1. ホタルノヒカリ
  2. サキ
  3. 最高の離婚
  4. 非婚家族
  5. 感情8号線
  6. TOKYOエアポート
  7. 顔
  8. 東京ラブストーリー
  9. パフェちっく
  10. 大奥

40代におススメの韓流ドラマ

  1. クリミナルマインド;KOREA
  2. 大王の夢~王たちの戦争
  3. その女の海
  4. いつも春の日
  5. マスター・ククスの神
  6. 月桂樹洋服店の紳士たち
  7. 今日、妻やめます~偽りの家族~
  8. ミッシングナイン-1
  9. 麗
  10. トゥーカップス~ただいま恋が憑依中
スポンサーリンク

最新情報

  1. NBA2017-2018
  2. Bリーグ
  3. 響
  4. 寝ても覚めても
千疋屋
  1. 今からあなたを脅迫します
  2. 地味にスゴイ!
  3. 婚活
  4. ベトナムの少年
  5. リバース
  6. ドクターX
  7. インサイドヘッド
  8. ヘッドハンター
  9. わにとかげぎす

多くの人に読まれている情報

  1. FIBAワールドカップ2019
  2. スニッファー嗅覚捜査官
  3. 悦ちゃん
  4. 木星のオーロラ
  5. 重要参考人探偵
  6. きみが心に棲みついた
  7. おんな城主直虎
  8. 結婚相手は抽選で
  9. 花のち晴れ
auひかりバナー
PAGE TOP