IQ246

IQ246〜華麗なる事件簿〜の9話のあらすじと感想!マリア・Tが生きかえる?

ドラマ「IQ246〜華麗なる事件簿〜」の9話のあらすじとキャストです。「IQ246〜華麗なる事件簿〜」は、IQ246の天才が、難事件を解決していくミステリードラマです。8話の最後では、薬を飲んで倒れたマリア・Tですが、搬送された病院では、再びマリア・Tがあらわれるようです?


スポンサーリンク


9話以外のあらすじ

ドラマ「IQ246〜華麗なる事件簿〜」の相関図

法門寺家89代当主の法門寺沙羅駆(織田裕二)は、IQ246の天才で、しかも、由緒正しい貴族です。口癖は、

「ああ、暇だ暇だ。どこかに私が特に値するなぞはないものか・・・」

でした。

その沙羅駆を支えるのは、89代目の執事、賢正(ディーン・フジオカ)です。父親の88代目執事の賢丈(寺島進)ともども、代々法門寺家に使える執事で、沙羅駆をフォローしていきます。その沙羅駆をあまり野放しにしないようにするために警視庁から派遣されたのが、和藤奏子(土屋太凰)です。初めは変な人だと思っていたようですが、だんだん惹かれてきます。さらに風変わりな美人監察医の森本朋美(中谷美紀)が登場しました。

1話では、見事に謎を解決したのですが、裏から操っていた人物「M」の存在が明らかになりました。2話の一番最後で、「M」がボブカットの女性で、「マリア・T」と言う名前らしいということが判ってきました。ドMにみえて、実は、ドSの監察医なのかもしれません。3話では、賢正(ディーン・フジオカ)の昔の恋人が出来てました。4話では、美人ピアニストの犯罪でした。5話では、成宮寛貴さんが出演されました!6話では、人気急上昇中の平岳大さんが登場しました。7話では、マリア・Tが最後に警察に確保されました。何か企みがあるようです。8話では、留置場の中で薬を飲んで脱走に成功したマリア・Tでした。

「IQ246〜華麗なる事件簿〜」9話のあらすじ

警察の留置所で毒物を飲んだマリア・Tは救急車で病院に運ばれました。が、そのまま息を引き取ったと奏子に連絡が入りました。そこに、御前会議のメンバーの黒木(上杉祥三)が法門寺家にやってきて、御前会議の一員で、政財界のある要人が手術で極秘入院することになった為、秘密裡に警護の指揮を執って欲しいと言われましたが、沙羅駆は即座に断りました。

沙羅駆は、マリア・Tが安置されている監察医の病室に行きます。横たわってるマリア・Tをよく見ると、顔にマリア・Tのマスクされている別人でした。すると、賢丈(寺島進)が車にはねられたと連絡が入りました。3人は、病院に向かいました。待合室にいると、停電してしまいました。マリア・Tに病院の電気をハッキングされてしまったんです。手術中の賢丈も、そのままになってしまいました。じつは、同じ病院に御前様が入院していて、マリア・Tはハッキングして警視総監に脅迫状を送ってきました。再び、警視総監から解決を頼まれましたが、「忙しい」と沙羅駆は断りました。賢正(ディーン・フジオカ)は、沙羅駆の命令を無視して単独行動を始めました。沙羅駆は、マリア・Tのハッキング方法を調べに行きました、

沙羅駆は病院内にハッキングを助けた人がいると、院長に会いに行きました。じつは、御前様と賢丈以外の手術は直前にすべてキャンセルされていたんです。病院に恨みを持つ者の犯行だと推測しました。

家に戻った沙羅駆は、警察のサーバーをダウンさせてマリア・Tのメールを奪うことができました。

 

沙羅駆は院長に再び会いに行きます。その会話を利用して、犯人を捕まえました。かつて医療ミスを起こして亡くなってしまった遺族が、内部でハッキングしていたんです。そして、マリア・Tの居場所も判明しました。沙羅駆がマリア・Tの家に行って話をしました。

「人はなんのために言葉を話すのか」

そこに、賢正と奏子がやってきます。賢正は拳銃でマリア・Tを撃ちました。同時に沙羅駆はマリア・Tを突き飛ばして撃たれてしまいました。

「人はなんのために言葉を話すのか?お互いに理解してコミュニケーションするため。お前がしていることはマリア・Tと同じだ。賢正、お前は唯一無二の執事だ」

そうしているうちにマリア・Tに逃げられてしまいました。マリア・TはPCで警察の無線を捜査して、沙羅駆の射さつ許可命令を出しました。英語ばかりしゃべる刑事の山田から奏子に、気をつけるように連絡が入りますが、機動隊に取り囲まれてしまいました。

(⇒ 最終回に続く

「IQ246〜華麗なる事件簿〜」9話の感想

おもしろかったですね。ついに、マリア・Tのいつもいたあの場所に踏み込んだんですが、結局のところ、また逃げられてしまいました。結局、沙羅駆は何をしたかったのか、ちょっとわからなくなってきました。賢正が拳銃で撃とうとするくらいの強い憎しみを、なぜ持っているのかも良くわかりませんでしたね。おそらく、昔に、マリア・Tに操られていたのが許せないんだと思いますが、最終回でそのあたりのことが分かるのかもしれません。

以上、「IQ246〜華麗なる事件簿〜」9話のあらすじでした。

あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 

LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

40歳で人生を見直す

  1. 人生の転機は40代
  2. コミュニケーションスキル
  3. 人生の転機

疲れたときにおススメ

  1. 二千年の恋
  2. 顔
  3. 101回目のプロポーズ
  4. 隣の家族は青く見える
  5. BOSS
  6. ビーチボーイズ
  7. CRISIS公安機動捜査隊特捜班
  8. 崖っぷちホテル
  9. 極悪がんぼ
  10. ファイナルカット

40代におススメの韓流ドラマ

  1. コーヒープリンス1号店
  2. 青い海の伝説
  3. モンスター
  4. 輝け、ウンス!
  5. 彼女はキレイだった
  6. 太陽を抱く月
  7. テバク
  8. 応答せよ1997
  9. 愛人がいます
  10. 恋はドロップキック
スポンサーリンク

最新情報

  1. 限界団地
  2. ロシアワールドカップ2018
  3. J2リーグ2017
  4. ジョジョの奇妙な冒険
カインとアベル
  1. ロシアワールドカップアジア最終予選
  2. おんな城主直虎
  3. 西郷どん
  4. 韓国ドラマ
  5. 電子レンジ
  6. すし
  7. あなたのことはそれほど
  8. 西郷どん

多くの人に読まれている情報

  1. 黒革の手帖
  2. 贖罪
  3. 釣りバカ日誌2
  4. 監獄のお姫さま
  5. キャリア
  6. 火花
  7. 先に生まれただけの僕
  8. 人は見た目が100%
  9. カルテット
  10. ラブソング
auひかりバナー
PAGE TOP