いつまでも白い羽根

いつまでも白い羽根の3話のあらすじ(ネタバレ)。ゲストは笹野高史

いつまでも白い羽根

(引用:公式サイト

ドラマ『いつまでも白い羽根』の3話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。新川優愛さん演じる木崎瑠美たちは、待望式を迎えることができました。そして、病棟での看護実習がはじまりました。

スポンサーリンク

3話のあらすじ

戴帽式を終えた瑠美(新川優愛)たちは、実際の患者さんたちのお世話をする病棟実習をすることになりました。瑠美が担当したのは、末期の肝臓がん患者の千田(笹野高史)でした。瑠美が紹介されると、

「うっさい!出てけ!おれは便所の水でもいいから飲みたいんだ。俺の変わりに飲んでこい。そしたら」

といきなり言われました。先輩看護婦の篠原は、「よろしくね」と言って病室を出て行きました。千田は、腹水がたまってるからという理由で水を飲むことをせいげんされていました。千田は、どうせ短いからくんで来いとおこりましたが、瑠美はことわりました。

瑠美が看護婦のステーションに戻ると、千夏(伊藤沙莉)や佐伯(酒井美紀)、遠野(さとうほなみ)の担当患者はみな穏やかな人だときいて、「なんでわたしだけ・・」とつぶやきました。

家に帰ると、ちょうどスーツを着た父親が帰ってきました。今日から焼肉屋でバイトだとききました。瑠美は、母親と話すのがおっくうで何もいらないといって部屋の中に入りました。

翌日、瑠美が千田の病室に行くと、禁止の飴を食べていました。注意すると「うるせえ」といって、からだをふこうとすると「やめろ」と大声でいいました。そして、反対側を向きながら、

「おめえ、なんで看護婦なんかになりてえんだ」

とつぶやきました。

瑠美が「まあ、なんとなく」と応えると、「おれはぜったいさせない。人の世話するよりももっとたいせつなことあるんじゃねえのって説教してやめさせる」といいました。それを聞いた瑠美は誰かがやらないといけないというと、「やめたほうがいい」と繰り返しました。そして、瑠美と千田は口げんかを始めてしまいました。そこに、先輩看護師がやってきて、つれていかれて怒られました。そして、面倒な患者にも、本音を飲み込んでニコニコするのも技術のうちだといわれました。

瑠美が図書館ですい臓がんのことを調べていると、菱川拓海(清原翔)がやってきました。瑠美が

「響くものがないんです」

というと、食事にさそわれました。そしておごった分を体で返してくれと言って、部屋のそうじをさせられました。拓海に千田とけんかをしてしまったというと、

「いいじゃないか、本気でむきあってるってことだろ」

といってくれました。すると、拓海が母子家庭で奨学金で大学に行って慰謝になったことを聞きました。瑠美が「意外・・」というと、千田にも意外な一面があるんじゃないかと行ってくれました。そこに入院してる子供がやってきました。普通に瑠美が接してると、看護師になって小児科にきなよといわれました。

瑠美が心を決めて千田の病室に入ってあやまろうとすると千田が荒い呼吸をしていました。びっくりして声をかけてると、先輩看護師が来てくれて、処置をしてくれました。

瑠美が家に帰ると、いつもとおなじように母親の智子(榊原郁恵)がうるさいことをいってきました。瑠美はそのまま部屋に入って、「あしたはいないかもしれないんだ」とつぶやきました。

翌日、瑠美が千田の病室に入ると、マスクがとれていました。「おめえ、なにしにきたんだ」という千田に向かって

「昨日はすみませんでした」

とあやまると、「お目恵とけんかしたおかげでしにかけたよ。はははっ。冗談だよ。おまえは愛想ねえな。」

といってくれました。そして、千田の母親が看護婦だったという話をしてくれました。そのあと、背中をふいたりお世話をしました。そして、その日は抗がん剤の治療の日でした。先輩看護婦から、いつもより機嫌が悪くなるから覚悟してねといわれました、

治療が始まると、千田は苦しみ始めます。そして、「早くでていけー」と叫びだしました。すると、瑠美は、「ちきしょー」と大声で叫びました。びっくりした千田は苦しさを忘れて瑠美の顔を見ました。瑠美は、「いっしょに」というと、ふたりでさけびはじめました。

その日の夜、瑠美が千夏の実家の中華料理屋に行くと、いつもの瑠美とは変わった千夏に言われました。授業でも答えが完璧で、看護師をやる気になったのは彼氏ができたからじゃないか?とまでいわれました。

次の日、瑠美が千田の病室に行くと、息子が来ていて「遺言状を書いてくれ」とおどしていました。千田は怒って帰れというと、咳き込みました。瑠美が急いで入っていくと、息子は帰っていきました。千田は材木屋をやっていたことや、子育てのことを話してくれました。

その日の夜、瑠美は父親に料理を作ってあげて二人でいっしょに食べました。そして、会社勤めしていたときは大変だった?と聞くと、うれしそうに話をしてくれました。

翌日、廊下を歩いてると、菱川先生から声をかけられました。昨日夢でみたのとおなじように、ボランティアの集まりがあるのでいっしょに出かけようとさそわれました。

仕事が終わって出かけようとすると、遠野がいすに座って、具合悪そうにしていました。話しかけてると、菱川先生がやってきてみてくれました。遠野は必要ないといって行こうとしますが倒れてしまいました。そこに番匠院長(加藤雅也)がやってきて、部屋を貸してくれました。菱川先生は、番匠院長にあこがれて医者になったと話してくれました。

しばらくすると、遠野がおきました。菱川先生は、遠野の顔をジーッとみつめていました。

 

菱川先生がボランティアに行けなくなってしまったと瑠美に話しながら歩いてると、「彼女はやめたほうがいいですよ。男関係がひどいらしいから」と瑠美が言ってしまいました。そして、遠野の悪口を言って、妹を手術した医者を探すために看護師になったといって、菱川先生も利用されるから近づかないほうがいいと言って、ひとりで帰っていきました。

その足で千夏の見せに行きましたが、中で騒いでる瞬也(瀬戸利樹)たちを見て、外に出て行きました。気づいた千夏が追いかけて声をかけると、

「千夏の言っていた意味がわかった。なくのがイヤだから、怒るんだって」

その日は、千夏の家に泊まることにしました。そして、菱川先生のことをはなしました。すると、千夏が「わたしだったら瑠美をえらぶけどな」と言ってかわりにないてくれました。

 

翌日、瑠美が千田の病室に行くと、血圧をはかることを2回も失敗してしまいました。そして、「ちきしょー」と叫んで自分を勇気付けました。千田がなにかあったのか?と聞くと、

「誰かをにくいと思ったことありますか?」

と千田にききました。すると、母親が戦争に行ったことを話してくれた後、ひとりにしてくれといわれました。千田は便箋を出して何かを書き出しました。瑠美が病室を出て歩いてると、遠野の姿が見えました。おもわずにらんでると、遠野からにらむのをやめてくれと言われました。

その日の夜、遠野から電話がかかってきて、「助けて、おねがい」と言われて、マンションの場所をいって切れました。

「なんでわたしが・・」

とつぶやきましたが、瑠美は家をとびだしました。

(⇒4話のあらすじ

ドラマ「いつまでも白い羽根」を見逃してしまったら、こちらのFODプレミアムで見ることができます。

≫FODプレミアム公式サイトへ!

「いつまでも白い羽根」の原作

原作は、藤岡陽子さんの『いつまでも白い羽根』という2009年に出されたデビュー作品です。藤岡陽子さんは、1971年生まれの46歳の小説家です。同志社大学文学部を卒業されたあと、報知新聞社のスポーツ記者としてはたらかれました。その後、タンザニアの大学、慈恵看護専門学校、大阪文学学校を卒業した後に北日本文学賞選奨を受賞されました。2009年に「いつまでも白い羽」で作家デビューされました。

今までに12作品を出されています。楽天Kobo電子書籍ストアで購入することができます。

キャスト

  • 木崎瑠美 新川優愛
  • 山田千夏 伊藤沙莉、同期の看護学生
  • 佐伯典子 酒井美紀、同期で主婦の看護学生
  • 遠野藤香 さとうほなみ、同期の看護学生
  • 日野瞬也 瀬戸利樹、千夏の幼馴染
  • 菱川拓海 清原翔、瑠美の初恋相手、おなじ系列病院の小児科医
  • 山田健司 柳沢慎吾、千夏の父親、中華料理店店主
  • 木崎智子 榊原郁恵、瑠美の母親
  • 番匠光太郎 加藤雅也、看護学校校長

3話以外のあらすじ

以上、ドラマ「いつまでも白い羽根」の3話のあらすじ(ネタバレ)などでした。


あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 


LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

40歳で人生を見直す

  1. 人生の転機は40代
  2. コミュニケーションスキル
  3. 耳をすませば




疲れたときにおススメ

  1. メイちゃんの執事
  2. パパ活
  3. 救命病棟24時
  4. きみはペット
  5. ナオミとカナコ
  6. 民衆の敵
  7. 恋ノチカラ
  8. ホタルノヒカリ

40代におススメの韓流ドラマ

  1. ソロモンの偽証
  2. 恋のスケッチ~応答せよ1988~
  3. 花郎
  4. 君の声が聞こえる
  5. 恋のゴールドメダル
  6. マイリトルベイビー
  7. あなたが眠ってる間に
  8. ファンタスティック・クラブ
  9. 輝け、ウンス!
  10. 輝くか、狂うか
スポンサーリンク

最新情報

  1. スーツ
  2. スーツ
  3. NBA2017-2018
  4. 今日から俺は!
  5. 下町ロケット2
探偵が早すぎる
  1. 小さな巨人
  2. 家政夫のミタゾノ2
  3. シグナル
  4. ハベクの新婦
  5. アシガール
  6. 東京ラブストーリー
  7. 映画
  8. 今からあなたを脅迫します
  9. ラブホの上野さん

多くの人に読まれている情報

  1. 探偵が早すぎる
  2. 突然ですが、明日結婚します
  3. フランケンシュタインの恋
  4. 先に生まれただけの僕
  5. ランドセル
  6. リピート~運命を変える10か月~
  7. きみが心に棲みついた
  8. シングルワイフ
  9. アンナチュラル
  10. ゆとりですがなにか
電話占いヴェルニ「あの人の気持ちを当てる」全国の有名占い師が集結
PAGE TOP