地味にスゴイ!

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子の2話のあらすじ(ネタバレ)!主題歌は?

地味にスゴイ!
LINEで送る
Pocket

 今夜のドラマは?
奥様は取り扱い注意

ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」の2話のあらすじ(ネタバレ)をまとめました。1話では、悦子が景凡社に入社して校閲部に配属されました。新人なのですが、いきなり大御所のミステリー作家の校閲が任されて、大奮闘!2話のあらすじと主題歌をまとめました。


スポンサードリンク


2017年9月20日(水)9時からスペシャルドラマが放送されます。

⇒「地味にスゴイ!DX

「地味にスゴイ!」2話のあらすじ

「地味にスゴイ!」は、有料ですがこちらで見れます。⇒ U-NEXT

ここから先はネタバレが含まれます。悦子の衣装はコチラ⇒衣装までジャンプ!

 

河野悦子(石原さとみ)は、折原幸人(菅田将暉)とぶつかって一目ぼれして以来、幸人の事を忘れられず、合コンに出ても周りの男が河童に見えていました。一方、幸人は、森尾登代子(本田翼)の家に居候させてもらうことになって、家財道具、衣類一式持ってやってきました。早速、翌月の景凡社主催のコレクションで、エスコート役兼オーディションとして、舞台に立つことになりました。森尾は、幸人をモデルとして育て始めました、

悦子は、「ぜえいぜえ」と呼んでいる、是永是之の小説「犬っぽいっすね」というゲラに悪戦苦闘しています。純文学にありがちな、何を書いているのかわからない素人には難しい小説の様で、「リニアモーター牛」が出てくる小説でした。是枝是之(これえだこれゆき)という小説家は、高校生の時、史上最年少で文芸新人賞を取った文学界期待のホープでしたが、顔出しが嫌で、授賞式などにも出ずに、そのまま埋もれていってしまった人でした。いずれ、必ずもう一度売れると、貝塚八郎(青木崇高)イチオシの小説家のようでした。是永是之、実は折原幸人のペンネームでした。幸人は、他の人と違う悦子の校閲をだいぶ気に入ったようでした。

悦子の次の仕事は、人気ブロガーのブログ本の再校です。小森谷亜季(ともさかりえ)の「専業主婦には1億円の価値がある」という節約本でした。早速、描かれている内容を検証したり、自分の知ってる節約術を付箋に書いてつけてまわしました。すると、亜季から会いたいと言ってきて、貝塚と一緒に行くと、仲良くなってしまいました。

その後も、ふろくをつけたり、いろんな手直しをしていましたが、製本された時に、表紙の誤植が見つかります。すでに時間的に無理なので、シールを貼って何とかすることになります。校閲部全員でシールの張り直しをして、何とか、間に合うことができました。出版トークイベントでは、感謝される悦子でした。

 

仕事が終わって、悦子がフラフラと歩いていると、再び幸人とぶつかります。そこで、話が弾んで、幸人が出るイベントのチケットをもらいました。悦子は幸人が景凡社のモデルだと知りました。

(⇒ 3話のあらすじと衣装

 

『地味にスゴイ!』主題歌

「地味にスゴイ!」のオープニングテーマは、ユーミンの12月の雨のカバー曲ですが、主題歌、エンディングテーマがしっかり決まっています。

それが、栞菜智世さんの「Heaven’s Door ~陽のあたる場所~」です。20秒のショートバージョンですが、堂がありました。

かなりいい歌だと思いますので、売れるかもしれませんね。

「地味にスゴイ!」の感想

かなりおもしろいドラマだと思うのですが、石原さとみさんに対してクレームをつけている人たちがいるようですね。こんな感じでニュースになっていました。

石原さとみ『校閲ガール』、放送事故レベルの現実乖離に批判殺到「校閲をナメるな」

 40代校閲者は語る。
「大手出版社でも経営が厳しい出版不況のなか、どこの出版社でもコスト削減のために真っ先にリストラの対象となっているのが校閲部です。出版社の新入社員は通常、雑誌や書籍の編集部、最近ではデジタルメディア関連の部署に配属されるのが通常で、いきなり未経験の若手が校閲部に配属されるなど、あり得ません。専門職採用のようなかたちで校閲経験者を採用することはあるかもしれませんが、校閲者として採用された人がのちにファッション誌の編集部に異動するという話は、聞いたことがありません」

~後略~  (出展:ヤフーニュース)

この後には、「漢字すら読めない人がバリバリ仕事することはムリ」とか、「作家には会わない」「現場には間違っても行かない」「編集者との対立なんてない」とか、当たり前のことで怒ってると言うニュースでした。

まるで、ドラマの中の藤岩りおん(江口のりこ)が投稿したようなニュースで、面白いですよね。校閲部って言うのは、本当に、ドラマの中の様な雰囲気になってるのではないでしょうか。自分たちの職業病で、つい反論してしまったんだろうな~と思って、とても面白かったです。

そういう意味でも、これからの展開がとても楽しみです。

 


スポンサーリンク

「地味にスゴイ!」2話の衣装

2話の悦子のファッションです!

 

悦子のお洋服🍀 #地味スゴ #2話 #河野悦子

【公式】水ドラ『地味にスゴイ!』さん(@jimisugo)が投稿した写真 –

 

悦子のお洋服🍀 #地味スゴ #2話 #河野悦子

【公式】水ドラ『地味にスゴイ!』さん(@jimisugo)が投稿した写真 –

 

悦子のお洋服🍀 #地味スゴ #2話 #河野悦子

【公式】水ドラ『地味にスゴイ!』さん(@jimisugo)が投稿した写真 –

「地味にスゴイ!」の今までのストーリー

オシャレ大好き女子の河野悦子(石原さとみ)は、ファッション誌の編集者になりたくて、7年間、景凡社の中途採用の試験を受け続けてきました。念願がかなって、やっと入社することができましたが、配属された部署は、ファッション誌の編集ではなくて、校閲部という地味で目立たない部署でした。

校閲部の茸原部長(岸谷五朗)の「頑張れば、編集部に」という言葉に騙された悦子は、一生けんめい校閲の仕事をします。ミステリー作家の本郷大作大先生(鹿賀丈史)の校閲を新人ながら任された悦子は、現場に出向いたり、作家のプライベートに踏み込んだりと、破天荒な行動に出ますが、結果はいい方向に出て少し認められたようです。

大仕事が終わった後、受付の今井セシル(足立梨花)と歩いていると、イケメンの大学生折原幸人(菅田将暉)と出会いがしらにぶつかってしまいます。顔を見た瞬間に恋に落ちた悦子でしたが、名前も住所もわかりません。思いをはせる悦子ですが、実は、後輩の森尾登代子(本田翼)がゲットしたモデルで、お金がなくて一緒に暮らし始める様でした。さて、次の校閲はどんなものが回ってきますでしょうか?

2話以外のあらすじです。

以上、「地味にスゴイ!」の2話のあらすじや感想でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク

 

おすすめの記事

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

本日のおすすめ情報

  1. 「さくらの親子丼」のキャストや1話のあらすじと感想。真矢ミキさんと吉本実憂さん! さくらの親子丼
  2. ドラマ『ぼくは麻理のなか』のキャストと1話のあらすじ!池田エライザの中に吉沢亮が! ぼくは麻理のなか
  3. 『奥様は、取り扱い注意』のキャストや1話のあらすじと感想!綾瀬はるかと西島秀俊が夫婦? 奥様は、取り扱い注意
  4. 「ドクターX 2017」のキャストや1話のあらすじと相関図。大地真央が新院長! ドクターX
  5. 『ブラックリベンジ』のキャストと1話のあらすじと感想★木村多江が復讐の鬼に! ブラックリベンジ
  6. 『この声をきみに』のキャストやあらすじ!見どころは【人生を変えられるか?】 この声をきみに
  7. 「ユニバーサル広告社」のキャストや1話のあらすじ★和久井映見がヒロイン! ユニバーサル広告社
  8. 「刑事ゆがみ」のキャストと1話のあらすじと感想!浅野忠信と神木隆之介が! 刑事ゆがみ
  9. ドラマ『陸王』のキャストと1話のあらすじと原作。★モデル企業は「きねや足袋」 陸王
  10. 「先に生まれただけの僕」のキャストと1話のあらすじと感想!櫻井翔が校長先生? 先に生まれただけの僕
スポンサーリンク

最新情報

  1. 奥様は、取り扱い注意
  2. プロ野球
  3. NBA2017-2018
  4. 監獄のお姫さま
  5. 監獄のお姫さま
ハロー張りネズミ
  1. うに丼
  2. 花
  3. 家売るオンナ
  4. 美術館
  5. 釣りバカ日誌2
  6. 警視庁いきもの係
  7. 確定申告

多くの人に読まれている情報

  1. 釣りバカ日誌2
  2. 真夏の太陽
  3. 反田恭平
  4. 健康診断
  5. 4号警備
  6. 家政婦のミタゾノ
  7. ツバキ文具店
  8. 人は見た目が100%
PAGE TOP