重要参考人探偵

ドラマ「重要参考人探偵」の7話のあらすじ(ネタバレ)と感想!最終章始まる!

重要参考人探偵
LINEで送る
Pocket

今夜のドラマあらすじは?
コウノドリ
マチ工場のオンナ

ドラマ「重要参考人探偵」の7話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。温泉旅館のホームページ撮影のため、石長島にやってきた圭(玉森裕太)、斎(小山慶一郎)、シモン(古川雄輝)の3人。到着するや、圭は以前にこの島に来たことがあるような思いに囚われました。


スポンサードリンク


「重要参考人探偵」7話のあらすじ

今までのストーリーはコチラ⇒ストーリー

 

圭(玉森裕太)は、ある朝、ある島に地方ロケに行くといって出て行きました。母親の主計(かずえ、かとうかず子)からはどこの島かと聞かれますが、名前は忘れていました。圭が出て行った後、主計が出かけよとすると、織居という記者がやってきて「20年前の石長島の事件について取材さえてもらいたい」といわれますが、無視して歩いていきました。

圭と斎(小山慶一郎)、シモン(古川雄輝)は、温泉旅館のホームページ撮影のため、その石長島にやってきました。圭はなんとなくこの島に来たことがあると感じていました。温泉旅館に到着すると、女将の田崎典子(伊藤かずえ)と番頭の佐久間和夫(モト冬樹)がで迎えてくれました。女将の典子は昔東京で広告代理店に勤めていて、先代が亡くなったときに、実家を継ぐ覚悟をして戻ってきたとおしえてくれました。

女将に連れられていくと、女将のツテで呼んだカメラマンの高江克海(斉藤陽一郎)、アシスタントの清見悠(瀬戸利樹)、そしてスタイリストの鍋島ナオミ(岩佐真悠子)を紹介されます。

圭はみんなに「俺と会ったことありませんか?おれ、何度かこの島に来たことがあるような気がするんです」と質問します。見たことがないと言ってた典子が圭の名前を聞いたとたん、典子と佐久間は一瞬顔色を変えましたが、「ちょっと存じ上げませんすね」とはぐらかされました。

さっそく、撮影が始まりました。撮影中、カメラマンの高江は風邪気味でせきばかりしていました。そのぶんアシスタントの清見につらく当たっていま果林(新木優子)した。一服してるときに、せきをしてる高江にナオミはお茶を差し出しました。すると、圭を見ている典子に気がつきました。

その頃、果林(新木優子)も同じ石長島にきていました。登(豊原功補)の指示で、20年前にこの詩まで起きた事件を再捜査していたんです。果林は、「弥木圭という男の子が男性の遺体の第一発見者になった事件、覚えていませんか」と、漁師たちに聞いて回っていました。すると、登から圭たちもその島に上陸してるときかされて驚きました。

旅館では、咳き込む高江が飴をなめながらなんとか撮影していました。撮影がひと段落して休憩してると、心清きものがここの温泉を飲むと病気が治る、心悪しきものが飲むと災いが降りかかるという伝説を聞いていました。典子に勧められて温泉を飲もうとして、圭が湯のみを持ちに行き、佐久間が源泉を汲みに行きました。そして、圭がひとりずつ源泉が入った湯のみを配っていきました。みんなで乾杯して飲んでしばらくすると、高江が血を吐いてたおれました。佐久間が駆け寄って脈を見るとすでにありませんでした。ふたたび、圭は遺体の第一発見者になりました。

佐久間が交番のおまわりさんを呼びに行くと、今日は本土に行って留守だということで、警察と医者をまつことになりました。斎は、高江が飲んでた湯のみに初めから毒が仕込んであったので、湯飲みを持ってきた人だといいます。そして、高江の命を狙おうとしたのだから、湯飲みを渡した人が犯人だと断定すると、持ってきたのも、渡したのも圭だとわかって、犯人は圭だと名指ししました。

また毒をいれられるかも知れないということで、圭はある部屋に閉じ込められました。

 

古仙警視庁捜査一課長(西岡徳馬)は吉倉警視総監(松平健)に、圭が石長島にいて、ふたたび第一発見者になったことを報告していました。すると、なぜか吉倉は「記憶が戻ったのか?」と古仙に聞いて、ためいきをしながら「おもいだすかもしれんな。すべてを」とつぶやきました。

 

閉じ込められた部屋の中で、新聞の切り抜きのスクラップを見つけました。そこに、果林がやってきました。すると果林は、

「本当に忘れてるの?あなたはこの島にいた」

と話し出しました。圭は20年前の7歳のときに、この島にいて事件の第一発見者になってました。ときどき思い出す場面はこの島のものでした。スクラップブックには、石長島勤務の交番の警察官とその息子が、倒れてるところを発見されたと書かれていました。

圭は、床に落ちたスクラップブックをにらむと外に出て行きました。

圭は交番に行った後、神社の奥の森に行きました。そして、交番の警察官は父親で、父親が首を絞められて倒れてるところを見つけた圭も後ろから、

「きみがもう少し早く見つけたらたすけられたのにね」

といいながら首を絞められたことを思い出しました。そこに、斎とシモン、果林がやってきました。圭は、一番初めに見つけた遺体が父親だったことを忘れていたと話しました。

果林は、登に、そのことを報告しました。登は、昔の資料を探し始めました。吉倉警視総監(松平健)は、昔の圭の家族写真を見ながら「運命のいたずらか」とつぶやいていました。

 

旅館に戻ってきた圭たちは、事件のスクラップを読み始めました。そこには、圭の父親弥木要人が大量の覚せい剤を持っていたと書かれていました。圭は父親の命を奪った犯人をかならず捜しだすと二人に言いました。そのまえに自分の事件だというと、斎は、湯のみを載せたお盆は典子が手渡したものなので、圭が飲んでもいいし、飲まなくても犯人にできるというわなじゃないかといいます。シモンに島中に圭の父親と旅館の関係を聞き込みにいけと命じました。

 

女将の典子が仏壇に手を合わせてると佐久間が来てもうじき警察が来ると伝えました。そして。

「このままでいいんですか?弥木要人のたせいでどれだけひどいめにあったか。先代の無念をお忘れですか?」

「わすれたことなどありません。一日たりとも」

その会話を斎が聞いていて圭に話しました。そこにシモンから連絡が入りました。

圭の父親と旅館の先代、典子の父親はとても仲が良かったのですが、最後に目撃したのが先代でした。そのせいで警察に疑われて旅館も傾いてしまい、それがきっかけで体調を崩してなくなってしまいました。

そこに、果林がやってきて、警察が着たので捜査に協力して暮れと言われて旅館の居間につれていかれました。すると、女将が島の特産物だと言ってレモネードを勧めてきました。すると、そばにいた斎が女将が犯人だと名指ししました。そして、その証拠がそのレモネードだと言って指を指すとそこにはありませんでした。

ふと横を見ると、シモンがおいしそうに飲んでいました。斎たちは大慌てしますが、シモンはなんともありませんでした。

圭は、女将に父親の事を聞きました。女将は毒を持った重要参考人だからなにも話すことはないというと、そのコトバを聞いた圭は、

「犯人はおれじゃない。居間から真相を教えてやる。重要参考人のこの俺が」

と話して、ひとりで壁うち卓球を始めました。しばらくすると、推理を話し始めます。

犯人は、湯飲みの中ではなくて、そのまえに毒を飲まされていて、時間差で倒れたんだといいます。そして倒れた後に、毒をあらためて入れたんだといいます。犯人はアシスタントの清見で、撮影のときになめていた飴の中に毒を仕込んだんだといいます。すると、清見はもっていた飴をなめて命を絶とうとします。シモンたちが吐き出させると飴は割れて中から液体が出てきました。そこに警察が到着して連行されていきました。

しばらくして、圭が海を見てると、女将がやってきてライターの織居和彦の名刺を渡して、何か知ってるかもしれないといいました。女将は、父親は警察を恨んでいたけど、圭の父親は絶対に何も悪いことはしてないし、うらんでないといっていたといいました。

 

事務所に帰ってきた圭は、昔のことをどんどん思い出してきました。

圭は、織居のところに電話をしてアポをとりました。電話を切った織居は、何者かに殴られて倒れました。

圭は、事務所を出て織居のところに向かいました。そのあいだに母親の主計に<親父のことを思い出した>とメッセージを入れました。それを読んだ主計はどこかに電話をして相談したいのであってくれと頼みました。

圭が織居の家に行くと、かぎはあいていて、腹から血を流して倒れてる織居を見つけました。机の上には主計の写真が落ちていました。それを見てると織居からつかまれて、

「かぎ・・・配電盤のうえ・・・データだ・・・警察には絶対渡すな」

と言って息絶えました。

配電盤のうえを見るとひとつのカギがおいてありました。それをとってデータを探しましたが、見当たりませんでした。部屋の奥にはナイフを持った犯人が隠れていました。

しばらくすると、そこに、警察が入ってきました。すでに誰も居ませんでした。

 

警視庁では、圭の父親の事件は警察内部の不祥事を隠すための事件だとわかったと登が果林に説明していました。そこに、織居が遺体で発見されて、重要参考人が圭だと連絡が入りました。登は、20年前の事件にかかわった人物をピックアップしておけと言って出て行きました。果林が調べ始めると、吉倉の名前が出てきました。

 

圭が家に帰ると、主計は居ませんでした。そこに、斎から電話があって、そこから逃げろといわれました。すると、ドアをノックする音が聞こえてきました。窓から見ると、警察がきていました。

あるホテルでは、主計が吉倉と会っていました。

(⇒最終話のあらすじ

[重要参考人探偵」7話の感想

面白かったですね。やっと圭の昔のことがわかってきました。おそらく、吉倉と古仙、主計が犯人のような気がします。というか、登と果林はまったく関係がないので、その3人のうちの誰かか、全員が犯人でしかないということです。

ただ、飴に毒を忍ばせたトリックは、あまり意味がなかったと思いますし、あの場面であとから毒を入れるのはちょっと無理っぽかったように思います。高江が口に入れたものは、しょうが湯か、飴か、タバコしかなかったですし、一番身近な人が疑われるのは当たり前ですから。

さらに、子供のころに圭の首を絞めたのは、古仙の声だったような気がしました。そこでも、なぜ父親はロープでしめて、こどもはロープじゃなかったのか、ちょっと疑問でした。それに、女将と番頭はうらんでないのなら、なぜ圭にはじめから事情を話さなかったのか、疑問が残りました。

原作はちょっとわかりませんが、脚本家がもうちょっとがんばってもらったほうがいいような気がします。

「重要参考人探偵」のストーリー

弥木圭(まねきけい)は、モデルです。7歳のときに、林の中で初めて首にロープが巻かれた遺体を発見してから、ことあるごとにいろいろな遺体の第一発見者になってしまうようになりました。発見することが重なって行って、内心とは別に冷静に対処するすべを覚えて、仕事優先、責任回避の行動をとるようになり、重要参考人として疑いをかけられてしまうようになりました。モデル仲間は何回もそんな場面に遭遇して慣れたのですが、始めて見るひとからは犯人だとおもわれてしまい、さらにキレやすい性格から容疑者として連行されてしまいます。モデル仲間の周防斎(小山慶一郎)とシモン・藤馬(古川雄輝)と共に自分に掛けられた容疑を晴らすために、事件を解決していきます。

1話では、時計のブランドの新製品の発表会で事件は起きました。圭のことを気に行った女性のプロジェクトリーダーが、挨拶に行くときに一緒にステージに連れて行った後、シャンデリアが落ちてきてその女性はなくなってしまいました。その会場に飾られていた大切な時計から犯人を推理しました。

2話では、圭たちが応募したCMオーディションで事件は起きました。最終選考で選ばれたモデルがなにものかに命を奪われました。圭は、燃え残りの写真とあるひとの方についたあざから犯人をすいりすることができました。

3話では、アウトドア雑誌の取材でロッジに泊まりますが、そこで遺体を発見してしまいました。またしても重要参考人になってしまった圭は、まずかったカレーと切れない包丁から、犯人を見破ることができました。

4話では、舞台役者になった圭が、本番の舞台の最中に主役がナイフで刺されてるという事件に装具してしまいました。圭は、劇団の女優からもらったある言葉で犯人を見つけることができました。

5話では、引越しのアルバイトに行った先で、その住人が痛いとなってるところに出会いました。その住人は近所への嫌がらせをずっとしていましたが、直接の嫌がらせをした人ではなくて、とばっちりを受けてしまった人が犯人でした。

6話では、圭たちが参加したショーの関係者による事件でした。昔からの知り合いだった相手を、圭たちのことを利用して偽装しましたが、圭に見破られてしまいました。

 


スポンサーリンク

「重要参考人探偵」の原作

原作の漫画「重要参考人探偵」は、今話題の、麻生久美子さんがCMをやってる「Renta!」か、電子書籍のナンバー1「honto」で読むことができます。「honto」は、紙の本も買うことができますし、雑誌やビジネス本や小説などの一般の本もどちらでも見ることができます。まるで、家に居ながら本屋さんにいる感じで素晴らしいです。会員登録しなくても、立ち読みすることができますので、ぜひ、ご覧になってみてください。

⇒ Renta

電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!

「重要参考人探偵」のキャスト

  • 弥木圭 玉森裕太、モデル
  • 周防斎 小山慶一郎、モデル、自称名探偵
  • シモン・藤馬、古川雄輝、モデル、ナンパ師
  • 浪江篠介 滝藤賢一、モデル事務所所長
  • 牧太真希子 堀田茜、モデル事務所マネージャー
  • 早乙女果林 新木優子、刑事、圭の元カノ
  • 登一学 豊原功輔、警視庁捜査一課主任
  • 今井寛太 一井直樹、刑事
  • 古仙敦 西岡徳馬、警視庁捜査一課長
  • 吉倉清司 松平健、警視総監

各話のあらすじ

以上、ドラマ「重要参考人探偵」の7話のあらすじ(ネタバレ)と感想でした。

他にも面白いドラマがあります。

コウノドリ2
奥様は、取り扱い禁止

⇒ ドラマ一覧に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク

 

おすすめの記事

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

本日のおすすめ情報

  1. 「ドクターX 2017」の最終話のあらすじ(ネタバレ)と感想。 ドクターX
  2. CDTVクリスマス音楽祭2017の観覧方法と出演者のタイムスケジュール。アンケートでリクエスト! CDTVスペシャル!クリスマス音楽祭2017
  3. 日本レコード大賞2017を観覧するには?出演者とタイムテーブル! MUSIC
  4. ぜいたくレッドスムージーの口コミ!道端アンジェリカを目指す飲み方とは? ぜいたくレッドスムージー
  5. プレミアムスリムビオは痩せない?効果的な飲み方と最安値で通販で買うには?
  6. ふたご座流星群は2017年12月14日!見頃の時間や方角と上手に見る方法は? 流星群
  7. 「刑事ゆがみ」の最終話のあらすじ(ネタバレ)と感想!弓神が犯人? 刑事ゆがみ
スポンサーリンク

最新情報

  1. 眠れぬ真珠
  2. ドクターX
  3. コウノドリ2
  4. 刑事ゆがみ
  5. ドクターX
マラソン
  1. 焼き鳥
  2. 釣り
  3. 心を手当てする方法
  4. 三大ホテル
  5. 過保護のカホコ
  6. さくらの親子丼
  7. 開業届

多くの人に読まれている情報

  1. 砂の塔
  2. 大麦
  3. 重要参考人探偵
  4. スーパーサラリーマン左江内氏
  5. リテイク
  6. シタテル
  7. サッカー
  8. ニトリ
PAGE TOP