過保護のカホコ

『過保護のカホコ』の9 話のあらすじ(ネタバレ)と感想!初とカホコが結婚?

過保護のカホコ
LINEで送る
Pocket

今夜のドラマあらすじは?
明日の約束
監獄のお姫さま

ドラマ『過保護のカホコ』の9話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。母親に会いに行った初は、今までのわだかまりが解けて、カホコの胸で大泣きします。気持ちを確かめ合った二人は、結婚することを決めて正高と泉に言いますが泉に反対されてしまいます。そこに、初代が倒れたという知らせが届きました。


スポンサードリンク


9話以外のあらすじ

ドラマ『過保護のカホコ』のキャスト

  • 根本加穂子 高畑充希、超箱入り娘
  • 麦野初 竹内涼真、同じ大学に通う画家志望の学生
  • 根本正高 時任三郎、カホコの父親
  • 根本泉 黒木瞳、カホコの母親
  • 根本正興 平泉成、正高の父親
  • 根本多枝 梅沢昌代、正高の母親
  • 根本教子 濱田マリ、正高の妹
  • 並木福士 西岡徳馬、泉の父親
  • 並木初代 三田佳子、泉の母親
  • 並木環 中島ひろ子、泉の妹
  • 並木衛 佐藤二朗、環の夫
  • 並木節 西尾まり、泉の妹
  • 並木厚司 夙川アトム、節の夫
  • 並木糸 久保田紗友、節と厚司の娘

ドラマ『過保護のカホコ』の9話のあらすじ

ドラマ「過保護のカホコ」は、有料ですがU-NEXTで見ることができます。U-NEXTはドラマ数が一番多いです。⇒ U-NEXT

ここから先はネタバレが含まれます。これまでのストーリーはコチラ⇒ストーリーまでジャンプ!

 

「あなたたちが本気なのはわかった。だから、こっちも本気で反対するから」

と、泉(黒木瞳)が言ったとたん、初代(三田佳子)が意識を失って入院したと電話がありました。病院には、親戚中が駆けつけてきましたが、あいかわらず、初代のベッドの横でみんなが、それぞれが勝手に言いたいことを言ってケンカをしていました。

翌朝、カホコ(高畑充希)がそのことを初(竹内涼真)に電話していると、初は家の前に来ていました。中に入れようとすると、病院から泉がちょうど帰ってきました。泊りがけで看病するからと言って泊まる荷物を持ちにきたんです。カホコが初との結婚のことを聞くと、どうしても結婚するなら勘当すると言われました。

大学の初の研究室に行くと、

「がんばれよ、俺も創作活動でいそがしいから。お前はもう大人になってるから大丈夫だ」

と言われます。でも、カホコが初代のことで頭がいっぱいだと言うと、

「だったら、ばあばだったら今なんていうか、考えてみたらどうだ」

と言いました。カホコは、3人で家族の問題を解決してもらいたいと言うと話します。初は、二人で家族の問題を解決しようといいました。そして、いざって言うときに呼んでくれとカホコを送り出しました。

カホコが病院にいくと、病室には泉が付きっ切りでついて、手を握っていました。福士(西岡徳馬)は病室の外で泣きっぱなしで、節(西尾まり)や環(中島ひろ子)は廊下のいすに座っていました。カホコが、「こんなときになんだけど」と言って、初と結婚することを話しました。みんなびっくりして、応援できないと言います。さらに、環は、衛に離婚届を渡したと告白して、節は、糸(久保田紗友)を勘当したと話しました。みんなぐちゃぐちゃでした。

カホコは、泉が寝てるすきに初代の隣に行って、初と結婚することと、目が覚めるまでに家族を仲良しにしておくから、まだ天国に行っちゃ駄目とささやきました。泉は目がさめてその話を聞いていました。みんな大変だから、それは無理だと言うと、カホコは、初代が元気になると信じてるからがんばってくると言いました。

カホコが衛に電話をすると、離婚届を出しに区役所に行ってるようでした。いそいで区役所に向かうと、衛はソファに座ってビールを飲んでいました。まだ離婚届は出していませんでしたが、かなり酔っ払っていて、本当はいい人間じゃないし、環とはもうやっていけないと本心をいいました。そして、離婚届を出して受理されました。

衛を追いかけようとすると、初から電話が来て、糸が親から縁を切られたからチェロを売ると言ってるといいます。カホコが糸の家に行くと、初がいて、チェロを背負った糸が降りてきました。一生懸命説得しようとしてると、糸の仲間が車でやってきて、糸を乗せて走り出すと、急停車しました。厚司(夙川アトム)と節が車の前で通せんぼしていたんです。

節は、糸を車の中から引きずり出して、仲間に二度とかかわらないでくれと言いました。節は、糸を生んだときの話とかチェロを引き出したときの話をして、

「今でも、奇跡を起こせる子だって信じてるよ。音楽の力で、幸せにできる力を持ってるって」

「せめて、そのときまでは応援させてくれないか。糸」

「私たち普通の人間にできることはそれくらいだからさ」

それを聞いてた糸は、節たちを振り切って車に乗ってどこかに行ってしまいました。

落ち込んだカホコが初と一緒に歩いて帰ってくると、初は、「なんとかなるって。家族みんな、愛が詰まってるっていってたろ。これからも信じ続けるって行ってたろ。だから、あんまりおもいつめんなよ」となぐさめました。すると、正高(時任三郎)が家から出てきました。「教子がまたなんかやっちゃってさ」と言って、3人で正高の実家に行きました。

実家に行くと、以前施設を飛び出した保(横山歩)と別な二人の子供たちがいました。教子が施設を通りかかったら保と会って、公園を通り過ぎたら、二人っきりで遊んでる子供がいて、連れてきたということでした。施設と親には連絡をしてあるといってました。

正高は、とりあえず家に帰そうと言います。すると、カホコが、こういう子供たちがいることのできる施設はないのかと正高に言うと、教子もそれを考えてたと言います。施設、託児所、塾、保育園の中間のような場所を作りたいと言います。正高は許可とか資格いろいろたいへんだというと、正興(平泉成)は「そんなものどうにでもなる」とほえました。正興は教員免許、多枝(梅沢昌代)には調理師の免許があると言います。そして、場所は2階をつかって、教子が保育士の免許を取ればいいといいます。

教子は弱気になりますが、カホコも初も、保たちがついてきたってことは絶対にできると請け負いました。初は、デザインをするといって、みんなで作戦会議をしました。

 

翌日、カホコが病室に行って節や環と仲直りをしてくれと泉におねがいしました。そこに、福士が入ってきて大声を出すと、初代が気がつきました。初代は、酸素マスクをとって、

「帰りたい。もう一度、私のうちが見たいの」

とつぶやきました。カホコも泉に頼みました。

 

初代は救急車に乗って帰ってきました。泉がいないすきに、初代はカホコにあることを頼みました。

カホコは2階から金属の箱を下ろしてきて、泉と節、環に見せました。そこには、子供のときの日記帳や誕生日プレゼントなどがたくさん入っていました。カホコは懐かしいとうれしがってみてる3人に、

「全部、ばあばの宝物だって。3人とも、ちいさいころから、あかるくてやさしくてすっごいいい子供だったって、自慢してたよ。良くケンカしていたけど、笑ってる顔見てたら疲れなんて吹き飛んじゃうって。大体、贅沢だよ。カホコなんてひとりだし。いつまでもなにやっちゃってるのって感じだし。はやく、ばあばの大好きな笑顔、見せてあげてよ」

そのあと、初代の隣で3人で、笑顔で昔話をしてました。初代は目が覚めると、環と節と泉に、ひとりずつむかしのことを謝りました。泉には、カホコから考えることを奪わないでと話しました。カホコは台所でおにぎりを握りながら聞いていました。そして、初代は

「このうちに来てから大変だったけど、明日から何も心配しなくていいと思うと、ほっとするけど、でもやっぱり来年も再来年もみんなでお誕生会やりたかった。ねえわたし、ちゃんとやってこれた?いい母親だった?ごめんね」

といって、初代は泣きだしました。

 

夜になって、初がやってきました。初は、親戚のみんなの顔を1枚の紙に書いたものを初代に見せました。初代の顔が輝きました。初は、

「カホコさんのおかげで自分が何を書きたいのかわかったんです。これからは、人間が一生けんめい生きてる姿とか、大切な人を愛する姿を書きたいと思ってます。」

「でも、これはだめね。だって、あなたがいないじゃない。初くん、うちの家族になって、カホコのこと守ってあげてね」

「はい」

「でも、ママに許してもらえるかどうか、勘当だって言われて」

「いろいろ大変だけど、駆け落ちしようって思っちゃ駄目よ。ばあばね、勘当されて、親がなくなったときに一緒にいれなかったのが心残りなの」

そういうと、バックの中から、宝石入れを出してもらいます。嫁として認めてもらったときに、姑さんからもらった指輪でした。初代はカホコにそれをあげるといって、

「これからは、カホコがこの家と家族を守って頂戴」

「なに言ってるの?ばあば」

「だれよりも、一番、うちの家族愛してるじゃない」

「そんなこといわないで。もっと長生きするんでしょ」

「年取ったものは、かならず先にいくの。どんなにつらくても、ちゃんと寝て、ちゃんと食べて、好きな人の手を離さないで、カホコ。みんなのこと、頼んだわよ」

「わかった」

「ありがとう。あー」

「ばあば、大好きだよ」

 

翌朝、初代は息を引き取りました。福士は、初代に取りすがって「愛してるよ」と繰り返し泣き叫んでいました。

カホコは初の研究室にやってきました。カホコは「こんなの初めて」と言って、全身の力が抜けてしまってみんなのことや結婚のことなんて何も考えられないと言って座り込んでしまいます。

初は、電気を消して大声で、「カホコ、どこいったんだー」と叫びながら歩き回ります。カホコが手をとって「ここにいるよ」というと、

「さっきから探してるのは、俺が好きになったお前だよ。馬鹿みたいに元気で明るいカホコはどこ行っちゃったんだよ。家族のこと守るなんて、そんなかんたんにできるわけないだろ。でも、いつものカホコでいれば、結果は出るだろう。まいた種は、明日じゃなくても、1年後とか、いつか絶対花が咲くって信じてがんばろうよ。二人で。結婚だって、こんなときこそするべきだと思う」

「どういうこと?」

「だって、誓いの言葉で言うだろ。やめるときもすこやかなるときもって。結婚って、どんなときでも愛し合うってことなんだと思う。だから、今みたいに最悪のときだからってやめるんじゃなくて、逆に、しなきゃいけないんだと思う」

「そうだね」

そういうと、二人は向き合って、結婚の誓いの言葉をお互いに言い合って、誓いのキスをしようとすると、とつぜん電気がついてしまいました。初の友人が来たのですが、気がついて出て行きました。初はひざをついて手を握ります。

「結婚しよう。根本加穂子さん」

「結婚しよう。麦野初さん」

(⇒最終話のあらすじ

ドラマ『過保護のカホコ』9話の感想

感動しました。ついに次回が最終話になってしまいました。カホコと初は泉の反対を説得して結婚できるのでしょうか。とても楽しみです。

今回のお話の中で一番心に残ってるのは、

初のセリフで、

「がんばれよ、俺も創作活動でいそがしいから。お前はもう大人になってるから大丈夫だ」

です。普通だったら、いっしょに悩んだり、一緒に行動したりして何とか相手の助けになろうと思うのですが、初はまるっきり逆でした。本当かどうかわかりませんが、自分が忙しいということ理由にして、カホコを突き放しています。そのことで、カホコの中のそれまで親に頼りっきりだった心が不安になってどうすればいいのかわからなくなりました。そこで、初は、助け舟を出しました。

「だったら、ばあばだったら今なんていうか、考えてみたらどうだ」

です。一度突き放して、自分で考え自分で行動しないといけないと思わせてから、解決策を教えてあげたことで、カホコはまた一歩自立に向けて進むことができたと思います。そして、突き放して考えさせるだけでなく、いつでも助けるからと言って逃げることのできる場所も教えてあげました。

これは、子育て、社員教育の基本的なやり方のような気がしますし、自分自身にも当てはめることができます。過保護のひとだけでなく、人はどうしても甘えがちです。手を差し伸べられるとすぐにつかんでしまいますが、それが毎回のことになると、自分で解決できなくなってしまい、自立できなくなってしまうのではないでしょうか。

考えることはとてもつらくて、もしかしたら失敗するかもしれないという恐れもあります。ですが、そうすることで、同じような問題が起きてもなやんだり、落ち込んだりしなくなりますので、まずは、自分で考える癖をつけた方が良いと思います。

その時に便利なのは、モデリングです。初が使った方法です。「ばあばだったら」という質問をしていましたが、「○○さんだったらどうするか?」を自分に問いかけるんです。○○さんは、あなたの尊敬する人でも良いですし、家族、師匠、先生、空想上のひと、誰でも良いです。きっと、解決方法がうまく出てくるのではないでしょうか。

これは、自分ではなくて、相手にも使えます。初のように「○○さんだったら、どうするか考えて」と問いかけることで、相手にかんがえさせることができます。

答えを出すことがたいせつではなくて、考えさせるプロセスや考えさせる意識を持たせることが大事だとわたしは思います。考える方法は、他にもたくさんありますので、「○○さんは、どうやって考えてるのか?」と考えて、いろいろやり方を見つけてみてください。

 


スポンサーリンク

ドラマ「過保護のカホコ」のストーリー

大学4年生のカホコ(高畑充希)は、その愛くるしい笑顔と、まじめで素直な性格で、両親からも溺愛され、両親の実家からも愛されて大事に育てられてきました。そのために、母親の泉(黒木瞳)がいないと生活できないくらいの過保護の超箱入り娘になってしまいました。

ある日、大学で、画家を目指す麦野始(竹内涼真)という青年に出会います。カホコのあまりの過保護さに、始は驚きます。自分がカホコに聞いた「何のために働くのか?」という質問を逆に聞かれて、カホコを自分のバイト先に連れて行き、ティッシュ配りとピザ配達をさせて仕事を体験させます。仕事が終わった後、ファミレスで食べたご飯の味や、始が書いてくれたカホコの絵をみて、「人を幸せにする仕事をしたい」と決心しました。

カホコは、「人を幸せにする仕事」は何かを考えるために、親戚中になぜ今の仕事にしたのかを聞いて回りますが、答えは出ませんでした。そんな時、いとこの糸の手首が悪いことを知りながら、コンクールに応援に行きます。糸は演奏中に腕に痛みを感じて弓を落としてしまいました。病院に出見てもらうと、チェロはもう弾けないかもしれないといわれます。カホコは、自分にできることは千羽鶴をおることだと思って、始と一緒に作ってお見舞いに行きました。

ところが、将来が閉ざされたと思った糸は、能天気に上から目線で慰めてくれるカホコに、怒りをぶつけてしまいます。親戚中も嫌いだし、特にカホコが嫌いだといわれて、今まで人の悪意に触れたことがなかったカホコは、始にすべてを話して始の胸の中で大泣きして発散しました。泣きつかれて眠ってしまったカホコを背負ってマンションまで来ると、ばったり泉と正高に出会ってしまいました。

泉から初とは会ってはいけないと言われながら、好きになってしまったカホコは影で会うようになりました。初はカホコの頼みで糸のお見舞いに行って糸のチェロを引いてる姿のデッサンをあげてなかよくなりました。糸の退院の日、祖父の家に集まりましたが、糸は来ませんでした。そこに初がピザを配達をしにきて、カホコが初会ってることが泉にばれてしまいます。家に帰ってきた泉は、カホコの裏切りだといって初の悪口を言い始めます。頭にきたカホコは、生まれて初めて泉に反抗して家を飛び出て初の元に行きました。

勢いで初に告白をしてしまったカホコは恥ずかしくなって家に逆戻りしますが、家の中に入ることができませんでした。

翌朝から、カホコと泉は冷戦状態になります。たまらなくなった正高はカホコを泉の実家に連れて行きます。そこでお酒を飲んだカホコは大学にいって初の絵に駄目だしをして破ってしまいます。もう会えないと泣き叫ぶカホコを見て、正高は初に友達になってくれと頼みに行きました。初は、カホコに自分の絵を見てもらうために、カホコと友達になることを約束しました。

そんなことがあったことを知らないカホコは、初に言われたとおりに泉に謝って仲良くなっていました。今までの苦労が何だったのか、頭にきた正高は怒鳴り散らして家を出て行ってしまいました。

カホコは、初にモデルを頼まれましたが、環や糸、正高のことで険しい表情しかできませんでした。カホコは祖母の初代に相談に行くと初におにぎりを作っていけば良いと言われます。おにぎりをもっていったカホコは、初の両親の話を聞きます。そして、初が川の中に投げ込んだ、初の母親の象徴だった赤い絵の具を、川の中に入っていってびしょぬれになって探しました。その姿に感動した初は、泉と正高に、交際させてくれと言いました。家に入ったカホコは、これからはすべて一人でやると泉にいうと、今度は泉が家を出て行ってしまいました。

泉だけでなく、節も環も夫と喧嘩をして並木家に帰ってきてしまいました。そして、福士を追い出して女性たちだけで本音を言い合いました。そこに、夫たちとカホコがやってきます。カホコは、泉の本音を聞いて、「大好きだよ」と泉に放しました。次の日、泉は帰ってきますが、カホコのことは自由放任主義にしたと言って、何も手をかけないことを宣言しました。

カホコは、泉が帰ってきた礼を初代に言いに行くと、初代の命が心臓の病気のためにいつなくなってもおかしくない状況だと知ってしまいます。

初代が糸の誕生日パーティをしたいと言ってることを聞いたカホコは、嫌がる糸を説得するために、バッティングセンターでヒットを打って、やっとのことで全員をそろえることができました。ただ、その場では、糸が口火を切って言いたいことをみんなが言い出してしまいます。怒ったカホコが出て行った後、初代はカホコのために自分の病気のことをみんなに教えました。出ていったカホコは、初と言い争いの喧嘩をして、別れを切り出されてしまいました。

カホコは、教子が連れてきた迷子を警察に届けたことがきっかけで、初が育った養護施設がわかります。その園長先生に頼まれたカホコは、初を連れて行って手紙をもらいます。手紙を読みながら母親に会いに行った初は、帰り道、たまらずにカホコの胸で号泣します。気持ちを確かめ合った二人は、結婚させてくれと泉と正高にお願いします。泉は大反対しました。そこに、初代が倒れたと言う知らせが入りました。

 

以上、ドラマ『過保護のカホコ』の9話のあらすじ(ネタバレ)と感想でした。

他にも面白いドラマがあります。

今からあなたを脅迫します
監獄のお姫さま

⇒ ドラマ一覧に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク

 

おすすめの記事

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

本日のおすすめ情報

  1. 『監獄のお姫さま』のキャストと1話のあらすじと視聴率。小泉今日子が宮藤官九郎の脚本で! 監獄のお姫さま
  2. 『ブラックリベンジ』のキャストと1話のあらすじと感想★木村多江が復讐の鬼に! ブラックリベンジ
  3. ドラマ『アシガール』のキャストや1話のあらすじと感想!黒島結菜と健太郎が戦国時代に! アシガール
  4. プレミアムスリムビオは痩せない?効果的な飲み方と最安値で通販で買うには?
  5. 「刑事ゆがみ」のキャストと1話のあらすじと感想!浅野忠信と神木隆之介が! 刑事ゆがみ
  6. 「ドクターX 2017」のキャストや1話のあらすじと相関図。大地真央が新院長! ドクターX
  7. ぜいたくレッドスムージーの口コミ!道端アンジェリカを目指す飲み方とは? ぜいたくレッドスムージー
  8. Jリーグ2017の日程と順位と放送予定!試合結果やチケットの購入先は? 2017Jリーグ順位
  9. ドラマ『ぼくは麻理のなか』のキャストと1話のあらすじ!池田エライザの中に吉沢亮が! ぼくは麻理のなか
  10. 『コウノドリ2』のキャストと1話のあらすじ(ネタバレ)。綾野剛と星野源が再び! コウノドリ2
スポンサーリンク

最新情報

  1. 民衆の敵
  2. NBA2017-2018
  3. 先に生まれただけの僕
  4. ヒグマ
  5. 民衆の敵
ドクターX
  1. コック警部
  2. 監獄のお姫さま
  3. 嘘の戦争
  4. ウチの夫は仕事ができない
  5. サクラ
  6. ヒグマ
  7. スーパーサラリーマン左江内氏
  8. 脳にスマホが埋められた!

多くの人に読まれている情報

  1. ぶどう
  2. 母になる
  3. プロ野球
  4. クモの糸QMONOS
  5. ブレンダー
  6. セシルのもくろみ
  7. 嫌われる勇気
  8. サッカー
  9. ロストバゲージ
PAGE TOP