40代からの仕事

金井啓修が有馬温泉を復興させた理由は?カンブリア宮殿で秘密を!

有馬温泉『御所 坊』主人の金井啓修(かないひろのぶ)さんが、『カンブリア宮殿』に出演します。

金井啓修さんは、人気が落ち目だった有馬温泉全体を建てなおし、復興させた有馬温泉のカリスマです。金井啓修さんはどんなアイデア、考え方で観光客が減ってきた有馬温泉を建てなおすことができたのでしょうか?『カンブリア宮殿』では、その秘密がときあかされます。

スポンサーリンク

金井啓修さんの経歴

まずは、金井啓修さんの経歴を見ていきましょう。

金井啓修さんは、

  • 1955年生まれの60歳。
  • 辻調理師学校卒業
  • 兵庫県有馬温泉「陶泉御所坊」15代目主人
  • 国土交通省の観光カリスマに任命
  • 内閣官房の地域活性化伝道師に任命

北海道定山渓温泉で修業した後、26歳の時に「陶泉御所坊」15代目として、取締役になります。

他にもいくつかの宿や、施設を開業しています。

  • 1997年 ギャラリーレティーロドウロ
  • 1999年 ホテル「花小宿」
  • 2001年 農業法人「グリーンパパ」設立
  • 2003年 有馬玩具博物館
  • 2008年 「有馬山叢御所別墅」

他にも、「旅湯アブリーゴ」、香美町に「オーベルジュ花郷里」などの宿泊施設を作っています。

 

すべては、有馬温泉の活性化のために、いろいろと考えられて作られているようです。

 

有馬温泉とは?

有馬温泉は、1300年の歴史と伝統を誇る日本有数の温泉でした。

足利義満とか、豊臣秀吉、数多くの著名人、芸術家が訪れた温泉地なんです。多くの観光客も訪れていました。

 

それが、阪神大震災や景気のあおりで低迷しだしたそうです。

ピーク時は、1991年の192万人。

1995年には、102万人まで下がってしまったそうです。約半分ですね。

スポンサーリンク

 

そのなかで、金井さんの取り組みが功を奏して、2002年には131万人まで回復したそうです。

現在では、もっと多くの人が訪れている人気の観光地になっています。

 

では、金井さんはどういうことをしたのでしょうか?

金井さんの取り組みとは?

金井さんの取り組んだことは、

団体から個人へ

これが、イチバンの考え方です。

 

昔の温泉地と言えば、大型バスでやってきて、宴会をして温泉に入って翌日はかえってしまうというのが普通でした。

 

金井さんはそこに疑問を感じて、個人で来るお客さんお心を考えたんです。

温泉に来る方の気持ちは、団体でどんちゃん騒ぎをしに来ることよりも、大人のくつろぎを求めているという方向にシフトしてきていたんですね。

 

ですから、客室を30室から20室に減らして、細部にこだわり、大広間を亡くして、ゆったりとくつろげる空間を作ったんです。

 

その効果で、客単価を引き上げたにもかかわらず、売り上げを大きく伸ばしたようです。

さらに、金井さんが考えたのが、有馬温泉全体でお客様をもてなそうという考えです。

 

ふつうは旅館に到着したら、旅館の内部でいろいろイベントとかしてその場で終了してしまうんですが、お客様を町へ出すように工夫をしたそうです。

それが、玩具博物館とか、路地裏探検、街並みの整備、パークアンドライド、ランチクーポンなどです。

 

要は、町のなかにイベントだったり、面白い場所、オイシイ料理屋さんなどをつくって、歩いてもらおうということです。

私が考えるに、有馬温泉をTDLのようなテーマパークにしてしまおうということだと思います。

街並みも統一したり、食べながら歩るく事ができるような施設を創ったり、統一感を持たせて、いろんな取り組みをしたんですね。

 

有馬温泉だけでなく、他の多くの温泉地も下降気味の所が多いと思います。

たださびれていくのを待っているだけでなく、その土地土地の有利な部分や有名なものを取り入れて、考えていく事が必要だと思います。

 

金井さんは、他にも多くの事を考えたり、事業を起こしているので、『カンブリア宮殿』では、もっと面白いお話が聞けると思います。

楽しみに待っていたいと思います。

何か、あたらしい考え方があったら追記しますね。

<追記>

金井さんが話されたのは、

  • ストーリー
  • 他との差別化
  • 資源としての伝統
  • 好きなことをする

やはり、伝統と言うタテの糸と、他にはない地域性というヨコの糸をうまく織り合わせて行くことが大切なんだなって、つくづく感じました。

うちの地元の温泉街のひとも、この番組を見てもらいたかったですね。

 

以上、有馬温泉を盛り上げている金井啓修さんの記事でした。

カンブリア宮殿に出られた方の記事はコチラに書いていますので、是非ご覧ください。

新江ノ島水族館の堀一久社長

矢場とんの鈴木純子女将

レオン自動機の田代康憲社長


あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 


角田 勲

投稿者の記事一覧

いつもお読みいただいて、ありがとうございます。
お気づきの点ありましたら、なんでもけっこうですので下のコメント欄にお書きください。

【長野県出身。信州大学卒業後、公務員として20年間勤務した後に、何も考えずに退職。その退職金を元に事業を起こすが、失敗。現在は、人生を楽しむをモットーに奮闘中!】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめの読書

40歳で人生を見直す

登録されている記事はございません。

何か悩んでいませんか?

登録されている記事はございません。

最新情報

  1. Bリーグ(公式サイト)
  2. お金持ちになるためには?食べ物や呪文よりも簡単な方法はコチラ。
  3. カレーの作り方~基本
辞める理由は本音か建て前か?
  1. Bリーグ(公式サイト)
  2. しまむら福袋2021年
  3. おくら
  4. 雑草対策

多くの人に読まれている情報

  1. フィンランド
  2. 夏のひんやりグッズ
  3. リステリン
  4. NBAグッズ購入
  5. 結婚式
  6. そら豆
  7. 花
  8. 三越おせち2020
  9. ウィーン
auひかりバナー
PAGE TOP