刑事ゼロ

刑事ゼロの最終話のあらすじ。

刑事ゼロ

ドラマ「刑事ゼロ」の最終話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。沢村一樹さんが優秀な刑事でありながら、刑事生活20年間の記憶を失って、刑事としての常識も捜査テクニックもノウハウも何もかもが消えてしまった「ゼロ状態」の刑事の時矢を演じられます。時矢に残ったのは「生まれたての五感」と「洞察力」です。全てを失ったことでさらに敏感になったその二つの能力で新しいヒーローになっていきます。

スポンサーリンク

ドラマ「刑事ゼロ」の最終話のあらすじ

ドラマ「刑事ゼロ」の最終話を、4/14の23:54まで無料で見ることができます。⇒TVer

3件の猟奇事件で世間を震撼させた能見冬馬(高橋光臣)と同じく、タロットカードの図柄を再現する手口で2件の犯行に走ったネットニュース記者・外山直澄(粟島瑞丸)が、自ら命を絶ちました。時矢暦彦(沢村一樹)らが家宅捜索を行ったところ、外山は「これまでの5件の犯行はすべて自分ひとりの犯行で、能見に罪を着せた」とする遺書を自宅のパソコンに残していたことが発覚しました。もし遺書の内容どおり、5件の猟奇事件が外山の単独犯行だとすれば、時矢が逮捕した能見は無実ということになってしまう。13係に動揺が走りました。

ただ、時矢は違和感を感じていました。さらに、能見と外山はどこかでつながっていたのではないかとはなしてると、外山の遺書がネットニュースに晒されてしまいました。

その直前、13係長の根本留夫(渡辺いっけい)が記者会見で遺書の存在を否定していたため、京都府警には非難が集中しました。能見は処分保留で釈放されることになってしまいました。署では、福知がこれが能見の仕組んでいたことにちがいないといいました。

時矢は記憶を失う直前、能見が自分に告げた言葉を思い出せば、彼が何をしようとしているかわかるはずだと考えますが、なかなか記憶はよみがえらず、焦るばかりでした。

そんな中、能見を勾留していた留置場の看守・草場友喜(今野浩喜)から、壁にローマ数字が彫ってあったと言って画像が送られてきました。調べてみると、1枚目から3枚目がマルセイユ版で、4枚目と5枚目がライダー版であることがわかりました。さらに、最後に13という数字が彫られてるのがわかりました。6番目の犯行が行われるはずだと話して時矢たちはすぐに能見のところにいきました。

すると、頭から血を流した能見が倒れていました。13番目のカードの形でした。部屋の中は暖房のつけっぱなしで30度を超えていました。さらに能見には水がかけられていました。始めから3件目の犯行を模倣していました。

福知たちがその部屋をしらべていると、他の係がやってきて13係は無期限の謹慎処分だとつげられました。署に帰って根本からそのことを言われてると、時矢と智佳は最後の事件だと言って出ていきました。

時矢は別れた元妻の弁護士、記子(戝前直見)に会いに行きました。そこには、精神鑑定で心神喪失で責任はとれないとかかれていました。先日はなしをききにいった犯罪心理学の権威・藤林経子教授(南果歩)の話と違うことに気が付きました。

署に変えると、能見のリストに載ってる全員が藤林が精神鑑定や聞き取り調査をしてることがわかりました。さらに、能見も外山も犯罪被害者の遺族だとわかりました。そして、藤林も遺族でした。その加害者はすべて罪を償わずに命をうしなっていました。そこに、背川葉奈(猫背椿)がやってきて3人をつなぐサイトがあると言ってやってきました。みてみると、被害者はバツを与える権利があるとかかれていて、リストも載っていました。

黒幕は藤林経子教授でした。ただ、証拠はありませんでした。

屋上にいってへりにたつと、能見の最後の言葉を思い出しました。それは、「おれたちを生み出したのは刑事たちの罪のせいだ」でした。すると、智佳の前から時矢は姿を消しました。

しばらくして時矢に呼び出された智佳が藤林の大学の部屋に行くと、血まみれで亡くなってる藤林の前にナイフを持った時矢が立っていました。ただ、時矢は何も覚えていませんでした。時矢は緊急逮捕されました。

翌日、時矢から署にあってて郵便物が届きました。そこには隠しカメラが入っていました。再生してみると、時矢が京都中央大学まで行って、藤林の部屋に入るところが写っていました。さらに、藤林の遺体を見た時矢はなにものかになぐられてたおれるところがうつっていました。時矢は犯人ではありませんでした。

時矢が釈放されて署からでて記者たちに囲まれてると、なにものかにナイフで腹を刺されました。留置所の管理係でした。時矢はわざとさされたんです。そこに福知があらわれて逮捕することができました。

その管理係は、罪を犯してもなにも感じていないことに違和感を感じていたんです。その管理係も犯罪被害者の遺族でした。

しばらくして、13係の無期限謹慎処分はとけました。ただ、時矢の記憶は戻りませんでした。

(おわり)

ドラマ「刑事ゼロ」のキャスト

  • 時矢暦彦 沢村一樹、京都府捜査一課13係刑事
  • 佐相智佳 瀧本美織、時矢の相棒の新人刑事
  • 福知市郎 寺島進、京都府捜査一課13係刑事
  • 内海念也 横山だいすけ、福知の相棒
  • 根本留夫 渡部いっけい、京都府捜査一課13係係長
  • 背川葉奈 猫背椿、鑑識
  • 生田目守雄 武田鉄矢、暦彦の伯父の町医者
  • 奥畑記子 戝前直見、暦彦の元妻で弁護士

各話のあらすじ

以上、ドラマ「刑事ゼロ」の最終話のあらすじ(ネタバレ)の紹介でした。


あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 


LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

40歳で人生を見直す

  1. 人生の転機は40代
  2. communication
  3. 椅子
  4. ケツメイシ




疲れたときにおススメ

  1. 恋仲
  2. ゴールデンカムイ
  3. ウォーターボーイズ
  4. 大奥
  5. カエルの王女さま
  6. 赤い糸
  7. エンジェルハート
  8. ライアーゲーム
  9. 刑事ゆがみ
  10. ホタルノヒカリ

40代におススメの韓流ドラマ

  1. 明日、キミと
  2. ハベクの新婦
  3. 推理の女王
  4. あなたは贈りもの
  5. グッドワイフ
  6. 雲が描いた月明り
  7. 記憶~愛するひとへ~
  8. 愛人がいます
  9. 優しい男
スポンサーリンク

最新情報

  1. 凪のお暇
  2. ルパンの娘
  3. 旅行
ラスベガス
  1. イノセンス冤罪弁護士
  2. TOKYOエアポート
  3. 西郷どん
  4. おんな城主直虎
  5. マクアケ
  6. ハゲタカ
  7. コウノドリ2
  8. 嘘の戦争

多くの人に読まれている情報

  1. 今日から俺は!
  2. 恋がヘタでも生きてます
  3. 落語
  4. SPEC
  5. ブレンダー
  6. おんな城主直虎
  7. KNOT腕時計
  8. マクアケ
  9. お見合い
電話占いヴェルニ「あの人の気持ちを当てる」全国の有名占い師が集結
PAGE TOP