NO IMAGE

血液サラサラにする飲み物や食べ物やのレシピは?納豆や玉ねぎ?

血液サラサラにする飲み物や食べ物を紹介します。納豆や玉ねぎ以外にもたくさんあります。

血液サラサラになっていないと、動脈硬化になってしまったり、脳梗塞、心筋梗塞などの重い病気になってしまいます。

出来れば、薬やサプリではなく、普通の生活での食べ物や飲み物で血液サラサラにしたいですね。

▶▶中高年のためのプログラミング教室


血液サラサラにする食べ物や飲み物

一般的に血液サラサラにする食べ物として言われているものは、

  • 青魚(いわし、あじ、さば、ブリ、まぐろなど)
  • 海藻類(昆布、わかめ、ひじき)
  • 納豆
  • きのこ
  • 玉ねぎ、長ネギ、にんにく
  • お酢、梅干し
  • ニンジン、かぼちゃ、トマト、ブロッコリー
  • ナッツ類(くるみ、アーモンド)
  • ビタミンC(果物類、野菜)
  • オリーブオイル、エゴマ油、亜麻仁油

などです。

飲み物としては、

  • お茶類(緑茶、ウーロン茶、麦茶)
  • 赤ワイン、ココア

などです。

 

いろいろありすぎて、一つにはもちろん絞れないのです。なぜ、これらの食材が血液サラサラに聞くのでしょうか。

血液サラサラに効く理由

血液サラサラに聞く理由は、血液の中を考えてみることが必要です。

なぜ、血液サラサラなのか、なぜ、血液ドロドロなのか?

ドロドロになる理由は、

  • 悪玉コレステロール増加
  • 糖分過多
  • 水分不足

などが考えられます。

あとは、赤血球白血球の数が多くなったり、血小板が少なくなったり、様々な理由で血液ドロドロになると言われています。

 

ふつうに想像してもらえればわかるのですが、油が血液の中にあるとドロドロになりそうですよね。

また、水分が少なくなっても、ドロドロになりそうです。

なので、血液サラサラにするということは、コレステロール値を下げ、水分を多くして、糖分などの余分なものをなるべく少なくするということです。

 

その為の食べ物、飲み物が上にあげた食材たちですので、種類が多いのです。

では、基本的にどういうこと考えて食材を選べば、いいのでしょうか。

基本的な対策

基本としては、水分を多くしなくてはいけないので、

  • 水を多く飲む
  • アルコールはなるべく飲まない

ということです。

また、血管の収縮に関わってるタバコはなるべくやめましょう。

タバコを吸うことによって、血管が縮こまってしまうので、悪影響なんです。

 

それと、上に書いた食材をまんべんなくとることです。

偏りなく、サプリとか薬に頼ることはせずに、上に書いた食材をなるべく種類多く、食べてください。

 

そうは言っても・・・という人のために、スーパースムージーを紹介します。

  • りんご
  • ニンジン
  • しょうが
  • れもん
  • 亜麻仁油(エゴマ油でもOK)

これと水と氷、これをミキサーにかけて、朝食代わりに朝飲んでみてください。

きっと、血液サラサラ、血管美人になるはずです。

スポンサーリンク

まとめます。

血液サラサラは、健康のための第一歩です。

しかも、血液がサラサラか、ドロドロかは、本人にはわかりません。

測定したり、検査してみて初めてわかるものです。

 

ですから、測定しなくても良いように、いつでも血液サラサラになる食べ物や飲み物を多めに取っておくことが大事なような気がします。

それが癖になると、普通の生活をしているだけで、血液サラサラになりますからね。

 

一番のおすすめは、納豆と玉ねぎ。

毎食納豆でもいいかもしれません。

玉ねぎは、切ってから15分、そのままにしてから使えば、血液サラサラ成分が増えます。

ただ、切ってから水洗いはダメです。そのまま食べるか、炒めたり、煮たりして食べてください。

 

それと、朝スムージー。

りんご、ニンジンがメインの美味しいスムージーです。

ハチミツとか入れても体に良さそうです。

 

中国の言葉に医食同源というのがあります。

昔、CMで流行りましたが、本当に、日ごろの食生活って大事ですので、よく考えてみてはいかがでしょうか。

 

以上、血液サラサラのための食べ物や飲み物についての記事でした。

40代からの健康について

40代になると、どこかしら痛くなったり、わるくなったりします。「若いころにはこんなはずではなかった」と思ったりもしてるはずです。

それは誰もが同じことで仕方がないのですが、すこしでも体に良いことをすることが、若さにとってとてもたいせつなことです。

そこで、健康に関するよく読まれてる記事をまとめました。

気になったタイトルをクリックしてください。