一流の仕事術

気分が落ち込んだときの対処法ベスト3。気持ちを切り替えようと思っても不安で気分が晴れないときに!

こんにちは、3度も会社が嫌になってやめてしまったしんごです。

毎日会社に通勤してると、

  • なぜだかわからないけど、行きたくなくなる
  • 気分が落ち込んでやる気がまったくおきない
  • 気持ちを切り替えようとしてもうまくいかない

なんて、感じることってありますよね。

なんでこんなに気分が落ち込んでるの?ってかんじで、原因が分からないときってどうしようもないし、判っていてもどうしようもないことがおおいです。それをそのままほうっておくと、悪くすれば出社拒否症みたいになってしまって、わたしみたいに何度も転職を繰り返すようになるかもしれません。

そんなときに、いろいろサイトやTVの特集なんかでいわれるのは、

  • 自分を責めない
  • 周りの人も落ち込むことがあると考える
  • 気持ちを切り替える

そもそも、気持ちを切り替えるってどうすればいいの?思うだけじゃ無理なんじゃない?できればすぐにやってるよ!って私もずっと思ってました。あなたもそんな感じじゃないですか?

気分を落ち込んだときに、頭の中だけで気分を変えたりプラス思考にもっていくのは相当エネルギーがいります。そこで、カンタンに気分を変える方法を紹介します。

スポンサーリンク
ヨガ

気分が落ち込んだときにあなたに起きてること

気分が落ち込んだときのあなたは、おそらく、頭の中でいろいろな考えがグルグル回っていませんか?もしくは、いろいろな悩みや問題で考えることたくさんあって疲れてしまったんじゃないですか?

よく言われるたとえに、人間の頭脳はパソコンと同じだと言われます。

生まれたときには、誰でも同じ基本のOSが入っていて、経験というプログラムが年齢とともに入っていくというものです。ひとりひとりの環境は違うので、経験する種類がちがいます。そのために、いろいろな性格、スキルがうまれてきて未来もひとそれぞれになっていくというかんじです。

なので、問題を解決しようとすると、いろいろなプログラムがたちあがります。基本的な問題ならかんたんに解決できるのですが、複雑になってきたり、10個も20個も問題が増えてくると、プログラムが立ち上がりすぎてオーバーヒート状態になります。パソコンで言えば、パソコン自体が動かなくなるフリーズ状態ということです。

その状態になってしまうと、あたまは動かなくなるので何もやる気がおきなくなるんです。

その結果、からだにも変化が置きます。身体を動かすのが嫌になったり、消化がうまく行かなかったり、肩こり、片頭痛など身体がどことなくおかしくなってきます。

これは当たり前で、頭の中が混乱してるのでうまく身体を整えることができなくなってるんです。一般的に言われる自律神経のバランスが崩れるって言う感じではないでしょうか。

そんな感じで、身体と心は本当に密接につながっていて、こころで考えたことが敏感に身体に反映するとわたしは思います。

ということは、身体を使えば心の状態をアップさせることもできるはずです。つまり、フリーズしてる状態のあたまでは気持ちを変えようと思ってもなかなか無理なので、身体の使い方を変えて、気持ちを切り替えていこうということです。

気分が落ち込んだときの対処法ベスト3

 

では、具体的にどうするかというと、

  1. シャワーを浴びる
  2. 運動する
  3. 瞑想する

の3つがベストだとわたしは思います。それぞれ簡単に説明していきます。

シャワーを浴びる

シャワーを浴びる

あなたはいつシャワーを浴びましたか?

意外に、シャワーを浴びなかったり、お風呂に入っていないと気持ちがさがっていきます。原因がなくて落ち込んでるときに、お風呂に入る回数が減ってきたってことがあります。寒くなったから、忙しくて・・・というのもありますが、気分がさがるとお風呂って面倒くさくなるトップなんです。「あ~つかれた、明日にしよう」って言っちゃうときですね。

昔から水に流すと言われてるように、気持ちも水に流すことができます。そのためにやることは、シャワーを浴びることです。シャワーを浴びながら、流れていく水を見ましょう。自然に気持ちも軽くなっていくはずです。

気分が落ち込んだら、まずはシャワーを浴びましょう。お風呂に入ることもよりもカンタンですよね。

運動する

ウォーキング

運動することもとてもいいことです。運動と言っても、散歩とかウォーキング、ストレッチで十分です。

気分が落ち込むと、動きたくなくなります。いい例が引きこもりです。引きこもっていて1日1万歩は絶体に歩けません。1日1万歩あるけるなら、引きこもりを解消できるかもしれません。

身体を動かさないと、逆に聞こえるかもしれませんが、疲れがたまった感じになります。その状態がつづくと、もっと動きたくなくなります。気持ちは暗くなっていきます。もう、負のスパイラルって感じです。

そうならないためには、とりあえず身体を動かすことです。

そういうと、仕事で身体をたくさんうごかしてるよ!っていわれるかもしれません。でも、仕事で動かす身体の動かし方と、そうじゃない時の動かし方は全く違ってきます。気持ちのいい汗と嫌な汗ってかんじです。

5分でも10分でもいいですから、気分が落ち込んだときにはまずは散歩しましょう。そのときは、できれば下を見るんじゃなくて、空をみあげたり、木をみたりして目線とあごをあげながら歩くことです。もっと言えば、猫背ではなくて胸を張って歩く事をお勧めします。

スポンサーリンク
ヨガ

瞑想する

瞑想

いちばん初めに言いましたが、気分が落ち込ん出るときは、あたまがフリーズ状態です。それを解きほぐさないとフリーズは解消しません。

そのために太古の昔からかんがえられてきているのは、ヨガ、座禅などの瞑想です。一度頭の中を真っ白にすることです。

やり方はカンタンですから、だれにでもできます。まずは、部屋を暗めにして胡坐をかいてゆっくりとすわったり、椅子に腰かけます。

  1. 手の平を膝の上などで組む
  2. 目をつぶる
  3. 5秒息を吸って、2秒止めて、10秒ではく

これだけです。

目をつぶると、きっといろいろなことを想うと思います。嫌だったこと、つらかったこと、あしたのこと・・・それらがどんどん出てくるはずです。それが気分が落ち込んだ状態です。

それらを無理にかんがえないようにするとかはしません。そのままにしておいて、息を吸ったり吐いたりすることだけを考えましょう。難しければ、「1、2、3、4、5」と秒数を数えながら息を吸ったり止めたり、吐いたりすれば楽にできます。

その状態を5分から10分つづければ、かなり楽になってるはずです。

もしも、息を吸ったり吐いたりすることになれてしまって、雑念が湧いてきたら、普段意識しない部分に意識を集中しましょう。例えば、

  • 頭に生えてる毛
  • 組み合してる手の温度や感覚
  • お尻が床についてる感覚
  • 下着の締め付け感
  • 舌がどこに触ってるのか

意識するポイントを体の中のあちこちに移動させていけばいいです。

瞑想はいつやってもいいです。夜寝る前にやってみて、眠くなって来ればそのまま眠ればイイです。ゼッタイにこうしなきゃいけない、10分つづけなきゃいけないって言うのはありませんから、気軽に試してみましょう。

ホットヨガの教室に行くのも、お手軽ですがとてもおおきな効果があります。わたしもそうでしたが、なかなかひとりではきりかえが難しいですが、こういう場所に行くと強制的に心身がリセットされますのでとてもおすすめです。

ホットヨガは、とても暑い部屋の中でヨガを行うものです。ダイエット目的のひともいますが、本来は心身の疲れをリセットして本来のあなた、あたらしいあなたに向き合うことが目的です。わたしのおすすめのホットヨガはふたつつあります。

ひとつめは、全国に350店舗展開している日本最大のホットヨガのLAVAです。お値段もとてもリーズナブルですし、LAVAに来られる8割以上の人が未経験からスタートされています。わずか500円(税込)で体験レッスンをすることができます。どこにいかれるか迷われてるのでしたら、まずは日本ナンバー1のLAVAで体験してみましょう。あなたのお住まいのお近くにLAVAがあるかどうかをこちらの公式サイトで確かめられます。

≫ホットヨガスタジオLAVA

LAVA

LAVAの次に人気があるのが、ホットヨガのカルドです。店舗数はLAVAに比べると少ない77店舗ですが、人気のハタヨガからダイエット、リラックス、美容効果抜群のおすすめプログラムまで安心・安価で提供してくれています。ホットヨガだけでなく、常温ヨガ・岩盤浴・ジム・ダンスなどのプログラムも充実しています。コチラの公式サイトから体験を申し込むことができます。

≫ホットヨガのカルド

ホットヨガのカルド

気分が落ち込まないようにするには?

気分が落ち込んだときの対処法ベスト3を紹介してきました。もう一度書くと、

  1. シャワーを浴びる
  2. 運動する
  3. 瞑想する

落ち込んだら、とりあえずシャワーを浴びるか、散歩にでるか、瞑想してみましょう。もちろん、1回やっただけで劇的に良くなるなんてことはありません。

そもそも、落ち込んでるときっていうのは、身体自体が疲れてるときが多いですから、しっかりした休息をからだに与えることもたいせつになってきます。その中でも大切なのは睡眠です。夜、考え過ぎて眠れなかったり、夢の中でも落ち込んだ原因が出てくる時があります。そんなときには、自然に身体を使ってますので疲れてしまうんです。

ですから、まずはからだの疲れをとるためにも、シャワー、運動、瞑想がたいせつになってきます。

でも、できたら気分を落ち込ませないようにしたり、短い時間で立ち直りたいですよね。そのためにすることは、やはり体を大切にすることです。暴飲暴食をやめて身体に優しい食事をしたり、しっかり睡眠をとったり、適度な運動をすることです。

その上で、シャワーを毎日浴びたり、散歩したり、瞑想していくことで、あまり気分が落ち込むことが少なくなっていくとわたしは思ってます。

ぜひ、これを読んだ記念に試してみてください。瞑想のやり方はこちらに詳しく書いてあります。

40代はとても大切な時期です。第2の人生とも言えます。ワクワクドキドキする40代を過ごすために、このサイトでは、新しいスタートを切るための誰でもできるノウハウをお伝えしています。あなたの毎日が、今以上の笑顔で満ちあふれることを祈っています。

他の記事もすべて無料で読めます。コメントも多くの方が寄せられています。あなたの人生に少しでも参考にしてもらえたらうれしいです。


あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 


米山 慎吾

米山 慎吾

投稿者の記事一覧

いつもコメントありがとうございます。ご感想や、お気づきの点ありましたら、下のコメント欄に書いていただけると、うれしいです。
1961年、長野県生まれ。静岡大学卒業。大手出版社就職後、何社か経て53歳で会社設立。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

40歳で人生を見直す

  1. 人生の時間
  2. 結婚
  3. 未来を変える
  4. tired-cat

何か悩んでいませんか?

  1. ベースボール
  2. tired-cat
  3. 結婚
  4. 瞑想
  5. 未来を変える
  6. 幸せ
  7. 人生は楽しい!

最新情報

  1. 人生を幸せにするのは質より量
  2. 「なんか疲れたなー」と感じた時
  3. ベースボール
  4. 人生の転機
  5. Self-improvement
ゆとり世代
  1. 織物
  2. おから
  3. リピート~運命を変える10か月~
  4. にきび
  5. 鍋
  6. 豆乳
  7. カレーパン
  8. 京都

多くの人に読まれている情報

  1. ダイエット
  2. 柴犬まる
  3. オムライス
  4. アパレル
  5. 人生をやり直す簡単な方法
  6. 囲碁
  7. クラゲ
エステ・タイム
PAGE TOP