嫌われる勇気

ドラマ「嫌われる勇気」の最終回のあらすじと感想!メシアは誰?

嫌われる勇気
LINEで送る
Pocket

 今夜のドラマは?
明日の約束
監獄のお姫さま

 ドラマ「嫌われる勇気」の最終回のあらすじと感想です。アドラー心理学を解説した本「嫌われる勇気」を元にした刑事ドラマで、香里奈さん主演のドラマです。中々わかりにくいドラマですが、事件だけを見ていくと判るような気がします。


スポンサードリンク


最終回以外のあらすじ

ドラマ「嫌われる勇気」のキャスト

  • 庵堂蘭子  香里奈、刑事、ナチュラルボーンアドラー
  • 青山年雄  加藤シゲアキ、新米刑事
  • 半田陽介  升毅、係長
  • 小宮山正明 戸次重幸、刑事
  • 浦部義孝  丸山智己、武闘派刑事
  • 三宅隆俊  桜田通、オタク刑事
  • 梶準之助  正名僕蔵、鑑識官
  • 村上由稀菜 岡崎紗絵、鑑識官
  • 相馬めい子 相楽樹、監察医、帝都大准教授
  • 大文字哲人 椎名桔平、帝都大心理学部教授兼警視庁コンサルタント
  • 土方登志郎 寿大聡、帝都大心理学部准教授
  • 間雁道子  飯豊まりえ、帝都大心理学部助手

ドラマ「嫌われる勇気」のストーリー

庵堂蘭子(香里奈)は、独身、彼氏ナシの32歳の警視庁刑事部捜査一課8係の刑事です。ナチュラルボーンアドラーと呼ばれていて、生まれたときから、アドラー心理学が身についている女性です。

アドラー心理学とは、簡単に言うと、

  • 原因ではなくて、目的によって行動が変わる
  • 問題はすべて対人関係の問題
  • 人間は主観的にしか物を見ていない

などです。ドラマでも解説されていくと思いますが、今までの考え方とは、逆の考え方なので、戸惑うかもしれません。イチバン戸惑うのは、対人関係の問題ですね。そのことが、このドラマでも取り上げられると思いますが、自分の問題と相手の問題をしっかり分けるということです。そのためには、嫌われる勇気が必要ということです。

そのことが全く分かっていない新米刑事の青山年雄(加藤シゲアキ)は、まったく蘭子の行動を理解できないので、帝都大大文字哲人教授(椎名桔平)に、アドラー心理学を教わりに行きます。もちろん、同じ捜査一課8係の係長の半田陽介(升毅)をはじめ、小宮山正明(戸次重幸)、浦部義孝(丸山智己)、三宅隆俊(桜田通)も判っていないのですが、蘭子が32歳にして、数々の難事件を解決してきているので、何も文句は言えない様です。

蘭子は、土方に拉致されてしまい、18年前に監禁された場所に縛り付けられてしまいます。そこに何者かがやってきて土方を撃ちました。そして、もう一発銃声が響きます。なにかを気付いた青山は、傷口を抑えつつタクシーに乗って帝都大学に向かいました。

 


スポンサーリンク

ドラマ「嫌われる勇気」最終回のあらすじ

ここから先はネタバレが含まれます。読みたくない人は、次をクリックしてください。⇒感想までジャンプ!

「嫌われる勇気」は、有料ですが、FODで見ることができます。⇒ フジテレビオンデマンド

 

青山は大文字教授の部屋にやってきました。大文字の部屋の机の中からは、18年前の誘拐事件の捜査ファイルがでてきました。

一方、蘭子が監禁されている場所に大文字が現れて、蘭子を解放しました。かたわらには、腹を撃たれて既に息をしていない土方が横たわっていました。そこに青山と間雁道子(飯豊まりえ)がやってきます。落ちていた拳銃を拾った青山は、大文字に照準を定めて「蘭子さんから離れてください。動いたら撃ちます」と脅しました。

警察署では、大文字の教授の取り調べが始まりました。捜査ファイルは、「警察の誰かからもらった」「わからない」「忘れた」と繰り返しました。青山が飛び込んできて、「メシアはアンタだろ」と叫びましたが、「お答えすることはありません。失礼させて頂きます」と言って帰っていきました。

帰り際、大文字は蘭子にハンカチに隠した手紙を渡します。その紙には、「メシアは警察内部にいます 明日の10時 研究室で待ってます」と書かれていました。

翌日、蘭子と青山が出向くと、大文字は誰が聞いてるかわからないから、そういう渡し方をしたと言います。青山は騙されるなと言いますが、蘭子が聞いた靴音は大文字のものではなかったから、聞いてみたいと言いました。そして、大文字は蘭子の知らない過去を話しだしました。

  • 犯人と対応したのは神奈川県警の本部長
  • 蘭子が介抱された後、捜査打ち切りに
  • 安堂の父親は犯人を追い続けた
  • 行き詰って、捜査ファイルを大文字に渡し、協力を依頼
  • 3年後、蘭子の父親はメシアを見つけた
  • 犯人は身内で、自分のせいで誘拐されたと話した
  • 明日会ってくると言ったきり、行方不明に
  • 蘭子に証拠を見られた

そして、大文字は父親がいる所をすでに知ってると話します。何かをみたのですが、記憶を改ざんしてそれを見なかったことにしていると大文字は言いました。蘭子は再び家に戻り、失われた記憶をたどり始めました。

翌朝、青山が訪ねてきました。誘拐された年に起きた事件の詳細を調べて持ってきたんです。蘭子はその件を青山にまかせて大文字の所に行って、封印した記憶を取り戻そうとしました。青山は警察署に戻って書類を調べ始めました。

蘭子の家に大文字がやってきて、犯罪心理学の文脈再現という手法を使って記憶を呼び出させようとしていました。

青山は、誘拐事件の一年前に起きた事件で蘭子の父親が指揮を執っていたのを見つけました。犯人は自白を強要されたとしてずっと無罪を主張していたようですが、数年前に獄中で病気で亡くなっていました。

蘭子は、オルゴールを庭に埋めた事を思い出します。掘り返してみると、その中には、血の付いたナイフが入っていました。それを見た瞬間、思い出しました。蘭子は、鑑識の梶準之助(正名僕蔵)に誘拐された場所に連れて行って、鑑識を頼みました。梶はぼろを出してメシアとばれました。

犯行の理由は、梶は冤罪事件の証拠を見つけたことです。別な人の指紋と血がついたナイフを見つけて蘭子の父親に報告したのですが、上層部によって握りつぶされたんです。そして、蘭子を誘拐して、冤罪事件を公けにするための材料にしたんです。ただ、解放したあとに、誘拐を黙っておくから冤罪も発表しないと言いだしたんです。そして、3年後、蘭子の父親に呼び出されますが、冤罪はなかった、蘭子には手を出すなと言われて頭にきて、側にあったロープで首を絞めてしまったんです。梶がおかしくなったのは、その冤罪事件と同じころに亡くなった奥さんのせいでした。

「最愛の妻が亡くなったことと冤罪事件が重なり、自暴自棄になった。そして3年後、さらに犯罪を犯したことで、あなたの心は壊れてしまった。あなたは心の弱いただの臆病者です」

と、蘭子が言うと、梶が拳銃を蘭子につきつけました。同時に青山も梶に拳銃を向けました。

あの日、蘭子の父親は火事に訴えられると言われて、怖くなってナイフを庭にうめていました。それを蘭子が見ていたんです。蘭子は、拳銃を梶に向けて歩み寄りました。梶は「いいよ、やれよ」と言いましたが、蘭子は梶を逮捕しました。同僚たちが現場につくと、青山が倒れました。

蘭子は冤罪を晴らすと大文字に伝えました。

1か月後、蘭子が父親のお墓参りに行くと、青山と悠馬がやってきました。

(おわり)

ドラマ「嫌われる勇気」最終回の感想と名言

おもしろかったですね。結局、鑑識の梶がメシアでした。なぜ、梶が犯人だったと判ったかはチョット疑問が残りましたし、おくさんが亡くなってるのも知らないとか、鑑識が拳銃を持っているとか、いろいろな部分がチョット雑でしたが、良かった部分もかなり多かったですね。

記憶に関する部分はかなりおもしろかったです。実際に、過去は変えることができるのでしょうか?このドラマの中では、あったことをなかったことにしていました。なぜ、父親が埋めていたものが冤罪の証拠とか、悪いものだと思ったのかは謎ですが、とりあえず、行けないものを見てしまったと思ったことで、自分の記憶を消してしまったということだったと思います。アドラーは、これを「記憶の再構築」と呼んでます。

ただ、ドラマの中で言われていたことは、すこしちがうのではないかと思います。実際に、いやなことは忘れてしまいたいと思ってますが、多くの人は、忘れよう忘れようと思いながら、ますます深くなっていくような気がします。記憶の強化ですね。と言うのは、ナイフを見れば、必ずあの映像が浮かび上がってくるような気がするからです。そうすると、記憶が強化されて行って、簡単には忘れることができなくなるような気がします。それよりも、そんなに大したことがないことは、良く忘れますよね。なので、アドラーが言ってるのは、記憶を封印するのではなくて、記憶の意味づけを変えることではないでしょうか。

出来事は変えられないのですが、人の受け取り方とか、見方によっていろいろ受け取ることができるという考え方です。例えば、リストラされたという事実はありますが、やめたかった人なら、退職金が増えてラッキーと思うでしょうし、命を懸けていた人は、ショックを受けますよね。それと同じで感情を変えることで過去を変えることができるという考え方があります。リフレームとか、視座の転換とか言われる心理学の考え方です。

⇒ リフレームとは?

これによって、記憶の再構築を図ることができます。すると、トラウマとかなくなりますし、過去から自由になることができます。それこそ、今を全力で生きることができます。アドラーはそういうことを言いたかったようなと私は考えています。

なので、もしも、トラウマ的な嫌な記憶があったら、もう一度、別な方向から考えてみてはいかがでしょうか。そして、その時点から物事が変わってきたことを思い出せば、かなり楽になると思います。それと、最後に宣伝がありましたが「嫌われる勇気」に続く「しあわせになる勇気」の本をもう一度読んでみることをお勧めします。

以上、ドラマ「嫌われる勇気」の最終回のあらすじなどの情報でした。

他にも面白いドラマがあります。

⇒ ドラマ一覧に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク

 

おすすめの記事

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

本日のおすすめ情報

  1. 「さくらの親子丼」のキャストや1話のあらすじと感想。真矢ミキさんと吉本実憂さん! さくらの親子丼
  2. 「ドクターX 2017」のキャストや1話のあらすじと相関図。大地真央が新院長! ドクターX
  3. ドラマ『陸王』のキャストと1話のあらすじと原作。★モデル企業は「きねや足袋」 陸王
  4. 「刑事ゆがみ」のキャストと1話のあらすじと感想!浅野忠信と神木隆之介が! 刑事ゆがみ
  5. ドラマ『ぼくは麻理のなか』のキャストとあらすじと感想!池田エライザの中に吉沢亮が! ぼくは麻理のなか
  6. 『監獄のお姫さま』のキャストと1話のあらすじと感想。小泉今日子が宮藤官九郎の脚本で! 監獄のお姫さま
  7. 『コウノドリ2』のキャストと1話のあらすじと感想。綾野剛と星野源が再び! コウノドリ2
  8. 『奥様は、取り扱い注意』のキャストや1話のあらすじと感想!綾瀬はるかと西島秀俊が夫婦? 奥様は、取り扱い注意
  9. 『この声をきみに』のキャストやあらすじ!見どころは【人生を変えられるか?】 この声をきみに
  10. 「先に生まれただけの僕」のキャストと1話のあらすじと感想!櫻井翔が校長先生? 先に生まれただけの僕
スポンサーリンク

最新情報

  1. NBA2017-2018
  2. ユニバーサル広告社
  3. プロ野球
  4. 明日の約束
  5. 今からあなたを脅迫します
  1. プロ野球
  2. スニッファー嗅覚捜査官
  3. 宣言
  4. 警視庁いきもの係
  5. ボク、運命の人です
  6. 花
  7. 婚活
  8. 黒革の手帖
  9. ネジ

多くの人に読まれている情報

  1. リバース
  2. 古城
  3. 演歌歌手
  4. 麦わら帽子
  5. コック警部
  6. 嘘の戦争
  7. アンチエイジング
  8. 結婚式
  9. キャリア
PAGE TOP