嫌われる勇気

ドラマ「嫌われる勇気」の第2話のあらすじと感想!

嫌われる勇気
LINEで送る
Pocket

今夜のドラマあらすじは?
民衆の敵

ドラマ「嫌われる勇気」の第2話のあらすじと感想をまとめました。アドラー心理学を解説した本「嫌われる勇気」を元にした刑事ドラマで、香里奈さん主演のドラマです。青山は、少しずつアドラー心理学を学び始めてるようです。


スポンサードリンク


[2/12]日本アドラー心理学会からクレームが入りました。⇒「嫌われる勇気

2話以外のあらすじ

ドラマ「嫌われる勇気」のキャスト

  • 庵堂蘭子  香里奈、刑事、ナチュラルボーンアドラー
  • 青山年雄  加藤シゲアキ、新米刑事
  • 半田陽介  升毅、係長
  • 小宮山正明 戸次重幸、刑事
  • 浦部義孝  丸山智己、武闘派刑事
  • 三宅隆俊  桜田通、オタク刑事
  • 梶準之助  正名僕蔵、鑑識官
  • 村上由稀菜 岡崎紗絵、鑑識官
  • 相馬めい子 相楽樹、監察医、帝都大准教授
  • 大文字哲人 椎名桔平、帝都大心理学部教授兼警視庁コンサルタント
  • 土方登志郎 寿大聡、帝都大心理学部准教授
  • 間雁道子  飯豊まりえ、帝都大心理学部助手

ドラマ「嫌われる勇気」のストーリー

庵堂蘭子(香里奈)は、独身、彼氏ナシの32歳の警視庁刑事部捜査一課8係の刑事です。ナチュラルボーンアドラーと呼ばれていて、生まれたときから、アドラー心理学が身についている女性です。

アドラー心理学とは、簡単に言うと、

  • 原因ではなくて、目的によって行動が変わる
  • 問題はすべて対人関係の問題
  • 人間は主観的にしか物を見ていない

このことが全く分かっていない新米刑事の青山年雄(加藤シゲアキ)が、蘭子のバディになります。先輩刑事で同じ捜査一課8係の係長の半田陽介(升毅)をはじめ、小宮山正明(戸次重幸)、浦部義孝(丸山智己)、三宅隆俊(桜田通)からは、しっかり蘭子を見張っておけといつも言われています。

青山は、蘭子の考え方が分からなくて、振り回されていますが、唯一の理解者の帝都大心理学部教授の大文字哲人(椎名桔平)に教わりながら、ちょっとずつ理解しようとしていきます。

ドラマ「嫌われる勇気」第2話のあらすじ

ここから先はネタバレが含まれます。読みたくない人は、次をクリックしてください。⇒感想までジャンプ!

「嫌われる勇気」は、有料ですが、FODで見ることができます。⇒ フジテレビオンデマンド

「絶対に消えないペン」などの開発者で執行役員の市川が、深夜に会社の窓から落ちて亡くなりました。現場の状況や第一発見者の証言から、浦部(丸山智己)は自分で飛び降りたと断定しますが、青山(加藤シゲアキ)とともに現場に駆け付けた蘭子(香里奈)は、それを否定します。自分で飛び降りたように見せかけた机を使った簡単なトリックで、犯人は被害者と同じ会社にいると推理しました。遺体を司法解剖しためい子(相楽樹)も、蘭子の見立てを支持しました。殴られた痕跡があったんです。

市川が率いていた商品開発部には、稲葉、絵実華(大後寿々花)や竹内(笠原秀幸)ら10名ほどの社員がいて、事情聴取に行くと、1年前にも亡くなっていた女性の成美がいたことを聴きます。見つけたのは、市川でした。

市川とトラブルがあった人を探しますが、商品開発部は仕事が多くて殆どの人が恨んでいたと聞きます。さらに、市川と稲葉が言い争っていたのを警備員が見ていたと報告されます。その当時、稲葉の方が上司で、市川は飛び越えて執行役員になってしまったんです。かなり恨んでいるようです。

その夜、蘭子は竹内にさそわれて絵実華と商品開発部の女性たちと合コンにいきました。そこで、呪われている部屋だという噂が出ていることを聴きました。さらに、社内恋愛が多いとも聞きました。

翌日、会社に行くと、「絶対に消えないペン」が自主回収になる見込みだと聞いていると、稲葉が警察に連れて行かれたという連絡が入りました。1週間前に、市川の講座から100万円が稲葉の口座に移動されているとわかりました。市川と絵実華の不倫を知って稲葉がゆすったようでした。しかも、市川と絵実華はもめているようでした。警察は、絵実華が犯人だとして動き始めました。

蘭子は会社に行きました。残っていた絵実華に、「警察は、あなたが犯人だとして動いています。決定的な証拠が見つかり次第、あなたを逮捕します」とだけ言って出て行ってしまいました。

翌日、稲葉が出社すると、稲葉の引き出しの中に血がついたトロフィーがありました。すぐに稲葉が逮捕されますが、「知らない」と一点張りでした。そのとき、稲葉はシロだと言う連絡が入りました。犯行の日、市川は絵実華とバーにいて、市川が復縁を迫っていたことが分かりました。そして、それを断ったことも分かりました。すぐに絵実華が連行されました。

蘭子と青山は狙われた部屋で張り込みをします。そして、青山に昔の事を話しだします。昔、蘭子は誘拐されたんです。無事発見されて学校に行ったら、机に花瓶が置いてあったようです。それから、何があっても常に前を向いて歩いてると話しました。午前5時になると、蘭子は何か気が付いて、壁紙をはがしました。すると、「ぺいちゃん、ごめんね。もう限界です」という落書きがありました。

翌日、会社に行って、その落書きを全員にみせると、全員が一人の男性を見ました。竹内でした。市川を窓から突き落としたのは、竹内でした。証拠は、呪われた部屋に竹内の足跡痕が沢山あったことです。犯行動機は、成美と付き合っていたことと、成美が開発した「絶対に消えないペン」を市川は自分のモノにして、追い込んだんだことです。蘭子は、絵実華にも、成美のことを知っていてそのままにしておいたから、同罪だといいました。

(⇒ 3話のあらすじ

 


スポンサーリンク

ドラマ「嫌われる勇気」第2話の感想

今回のアドラー心理学を順次おさらいしていきます。大文字教授の話したことをまずまとめます。

なぜ怒るのか。それは、仕方なく怒ってるのではなくて、手段として怒りという感情をつくって、相手を屈服させようとする現れです。感情とは出し入れ可能な道具だということです。つまり、感情とは、目的を達成するための手段でしかないということの様です。人は何かしら目的に沿って生きている。それが目的論です。

アドラーはいかなる経験は、それ自体では成功の原因でも失敗の原因でもないと言ってるようです。人は、経験の中から目的にかなうものを見つけ出すということです。引きこもっている人は、普通はいじめとかでひきこもると考えますが、そうではないと言います。引きこもりの人は、外に出たくないという目的のために、恐怖という感情を作っていると言います。その目的とは、親から丁重に扱ってもらったり、特別な存在でいることができるためです。自ら決めた目的を叶えているということです。人は、いろいろと不満はあっても、このままの私でいる方が楽で安心なんです。不満はあれども変わろうとしないひとがこの事件のキモだということでした。

これって、何回も読まないと分からないのではないかと思います。しかも、大文字教授の言葉が難解で、抽象的なので、通じる人も少ないのではないでしょうか。もしかしたら、脚本を書かれている方も良くわかっていなくて、原作のまま載せているのかもしれません。

上のことを簡単にまとめると、人間は、目的のために感情や記憶、態度を自分でもわからないうちに変えてしまうということです。これは、良い悪いではなくて、そういうものだと判ればいいだけだと思います。もっと簡単に言うと、出来事には良いも悪いもなくて、人それぞれ勝手に都合よく意味をつけてしまうということです。例えば、雪が降るというのは、それ自体に意味はないです。人間がいようがいまいが、雪は降ります。そこに、うれしさやかなしさを結びつけるのは、人それぞれで、うれしさの感情をつける人は、そのことでテンションアップさせた井と思ってるんです。悲しさを結びつける人は、動きたくないとか、他の人から同情されたいとか、そういう目的があるということです。

なので、プラスに考えるのも、マイナスに考えるのも自由ですから、人生を良くするという目的のために、何事もプラスに考えたほうが良いと思います。

かなりわかりにくくてスミマセン。このことをもっと知りたい人は、ぜひ、原作を読んでみてください。

⇒ 嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

以上、ドラマ「嫌われる勇気」の第2話のあらすじや感想でした。

他にも面白いドラマがあります。

今からあなたを脅迫します
監獄のお姫さま

⇒ ドラマ一覧に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク

 

おすすめの記事

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

本日のおすすめ情報

  1. 『ブラックリベンジ』のキャストと1話のあらすじと感想★木村多江が復讐の鬼に! ブラックリベンジ
  2. Jリーグ2017の日程と順位と放送予定!試合結果やチケットの購入先は? 2017Jリーグ順位
  3. 『この声をきみに』のキャストやあらすじ!見どころは【人生を変えられるか?】 この声をきみに
  4. 「さくらの親子丼」のキャストや1話のあらすじと感想。真矢ミキさんと吉本実憂さん! さくらの親子丼
  5. 『コウノドリ2』のキャストと1話のあらすじ(ネタバレ)。綾野剛と星野源が再び! コウノドリ2
  6. プレミアムスリムビオは痩せない?効果的な飲み方と最安値で通販で買うには?
  7. 『監獄のお姫さま』のキャストと1話のあらすじと視聴率。小泉今日子が宮藤官九郎の脚本で! 監獄のお姫さま
  8. 「刑事ゆがみ」のキャストと1話のあらすじと感想!浅野忠信と神木隆之介が! 刑事ゆがみ
  9. 日本レコード大賞2017を観覧するには?出演者とタイムテーブル! MUSIC
  10. ぜいたくレッドスムージーの口コミ!道端アンジェリカを目指す飲み方とは? ぜいたくレッドスムージー
スポンサーリンク

最新情報

  1. 民衆の敵
  2. NBA2017-2018
  3. 先に生まれただけの僕
  4. ヒグマ
  5. 民衆の敵
地味にスゴイ!
  1. あなたのことはそれほど
  2. madrid
  3. 重要参考人探偵
  4. リバース
  5. お茶
  6. 嫌われる勇気
  7. 木星のオーロラ
  8. 明日の約束
  9. 警視庁いきもの係

多くの人に読まれている情報

  1. ドクターX
  2. スーパーサラリーマン左江内氏
  3. IQ246~華麗なる事件簿~
  4. こえ恋
  5. ハロー張りネズミ
  6. ぜいたくレッドスムージー
  7. 烏骨鶏の卵
  8. 先に生まれただけの僕
  9. ボク、運命の人です
  10. 口内フローラ
PAGE TOP