貴族探偵

ドラマ「貴族探偵」の3話あらすじ(ネタバレ)と感想!ゲストは橋本環奈!

月9ドラマ「貴族探偵」の3話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。原作は、麻耶雄嵩さんの小説です。主演は嵐の相葉雅紀さん。他にも、仲間由紀恵さん、武井咲さん、井川遥さん、生瀬勝久さんなどかなりすごい顔ぶれです。楽しみですね。3話のゲストは、橋本環奈さんです。なるべく長い時間、出演してもらいたいですね。

スポンサーリンク

3話以外のあらすじ

ドラマ「貴族探偵」のキャスト

  • 貴族探偵 相葉雅紀
  • 佐藤 滝藤賢一、運転手
  • 田中 中山美穂、メイド
  • 山本 松重豊、執事
  • 鼻形雷雨 生瀬勝久、神奈川県警刑事
  • 常見慎吾 岡山天音、鼻形の部下
  • 冬樹和泉 田中道子、鑑識
  • 高徳愛香 武井咲、女探偵、喜多見切子の弟子
  • 喜多見切子 井川遥、伝説の女探偵
  • 玉村依子 木南晴夏、高徳の依頼者
  • 謎の女性 仲間由紀恵

喜多見切子探偵事務所の高徳愛香(武井咲)は、伝説の女探偵喜多見切子(井川遥)の弟子です。喜多見切子は、貴族探偵(相葉雅紀)との推理勝負のあとに、原因不明で亡くなっています。愛香は、そのことをまだ認めることができないので、探偵事務所に一人でいる時に、幻のように現れる喜多見切子と会話を楽しんでいます。

喜多見切子を負かせた貴族探偵は、年齢、家族、学歴、住所、本名など不明の正真正銘の貴族で、日本でも有数の名家ではないかと言われています。貴族探偵は、自分では、一切推理をしません。「そのような雑事はすべて使用人に任せてある」と言って、依頼者のきれいな女性や、美人の関係者をくどいて回ってる得体のしれない人物です。その貴族探偵の使用人には、100名以上いると言われていますが、いつも、身の回りをお世話しながら同行しているものが3名います。

  • 運転手の佐藤(滝藤賢一)
  • メイドの田中(中山美穂)
  • 執事の山本(松重豊)

それぞれが、愛香よりも優れた推理力を持つ使用人で、少ない手がかりから真犯人を割り出してしまい、今までに間違いは一度もありませんでした。愛香がパソコンやスマホ、車などの道具を使うのと同じように、貴族探偵はこの使用人たちを道具のように使って犯罪を推理していきます。通常の人達には理解できないシステムです。

そして、難事件や珍しい事件が起きると、その場所に駆けつけて、押し売りのように事件を解決していきます。なので、地元の警察との摩擦が起きないように、一番初めに担当した鼻形雷雨警部(生瀬勝久)と刑事の常見慎吾(岡山天音)と鑑識の冬樹和泉(田中道子)が、貴族探偵担当の警察となりました。事件を解決しようと貴族探偵が考えると、必ず、登場することになりました。

ちなみに、ギリとは、愛香が使ってるスマホのAIでiPhoneのsiriみたいなものです。

ドラマ「貴族探偵」3話のあらすじ

喜多見切子探偵事務所に、女子高生の垂水遥(橋本環奈)が訪ねてきました。そんなにお金が払えないという遥に、愛香は

「話は分かった。捜査結果はあなたが望むものじゃないかもしれない。でも、真相が明らかになるまで私は貴女を見捨てない」

と言って遥の依頼を受けました。二人で向かった先は、千葉県内の小さな港町にある倉庫でした。1週間前にそこで遺体が発見されました。遺体は、

  • 30代の女性
  • 鋭利な刃物で背中に刺し傷
  • 頭と両腕がなかった

数日後、遺体の頭部と両腕を、数km離れた河川敷に埋めている男を偶然警察官が見て、男を緊急逮捕しました。男の身元は、浜村浩介(内野謙太)。県立高校の教師でした。取り調べの結果、遺体の身元は、宇和島逸子という主婦でした。逸子は、浜村浩介と遥が付き合ってることをネタに、浜村から金銭を脅し取っていました。動機もあるので、警察ではクロだと思って取り調べを続けましたが、無実だと訴えていました。遥は、卒業したら浜村と結婚する約束をしていて、純粋な恋愛をしていました。浜村の無実を信じて、愛香の所にやってきたんです。

愛香は、遥を倉庫の前に残して、現場となった倉庫の中を写真に収めました。戻ってくると、貴族探偵がいました。貴族探偵は、狩に出かけた所、頭と両腕がなかった遺体が見つかったという風変わりな事件の現場を通りかかったので、立ち寄ったということでした。貴族探偵が解決しましょうと言うと、遥は、愛香が最後まで見捨てないと言ったので、最後まで愛香にお願いしたいと言いました。

愛香と遥と貴族探偵は、拘留されている浜村浩介に話を聞きに行きました。埋めた理由は、玄関の前に置いてあったので、疑われるのが嫌だからうめたと言います。そして、

犯行時間のアリバイはありませんでした。愛香と鼻形と田中は、捜査本部に行って資料を調べました。田中がまとめた捜査資料は、

  • 宇和島逸子が亡くなった時間は4/21の14:00~18:00
  • 宇和島逸子は15:00~16:08にひとみ美容院に
  • 宇和島逸子は17:03に和菓子屋万年堂で買い物
  • 22:48に夫が帰宅すると、家の中が荒らされていたので通報

愛香と鼻形は、宇和島逸子の家に行って夫に話を聞きました。夫の政人は、ボクサーで、逸子の献身的な支えでボクシングを続けてこれたと言いました。夫のアリバイは、後輩の試合を見ていたということで確認が取れていました。次に向かった先は。和菓子屋万年堂でした。逸子とは面識がなかったのですが、逸子の派手な指輪を覚えていました。

次に向かったのは、ひとみ美容室でした。オーナーの小関仁美に話を聞いていると、近所のおばちゃんがでてきて、逸子に間違いなかったと証言しました。指輪もしていたのを覚えていました。さらに、3時から5時のあいだに雨が降っていたと言いました。ギリで調べると、この1週間、雨が降っていないことが分かりました。それを見て、愛香は、

「真犯人が分かりました」

とつぶやきました。

 

いつものように、簡易サロンの中に人が集まりました。

そして、愛香の推理が始まります。

犯人は、中の良い夫婦を演出するために、両腕と頭が必要だったと言います。そして、逸子は決して良い妻ではなくて、暴力も振るわれていたんじゃないかと雅人に尋ねます。雅人のアリバイも、逸子のふりを誰かにさせたのでは?と言います。そして、頭と両腕を切ったのは、指紋を家具につけるためと、ベッドで仲良く寝てる姿を動画で撮るためだったと説明します。が、政人は、すべて否定しました。そして、ベッドで寝てた逸子が起き上がるまでの動画を見せて、逸子に殴られるのが好きだったと告白しました。完全に愛香の推理ミスでした。

そして、山本が推理を始めます。

犯行時刻は、雨が降り始める3時より前だったと話します。そして、15:00~16:08にひとみ美容院にいたという証言をした小関仁美がウソをついてたことになると言って、犯人は小関仁美だと名指ししました。小関仁美は頭と両腕を切って美容室に良くあるマネキンにくっつけて近所のおばちゃんにわざと見せて、アリバイをつくったんです。和菓子屋に行ったのは、小関仁美でした。犯行動機は、小関仁美も逸子に脅されてお金をむしりとられていたことでした。

小関仁美は連行されていきました。

愛香は、貴族探偵の所に戻って、高校のときに、喜多見切子に救われたことを話しました。そして、いつか絶対に超えてやると宣言しました。

(⇒ 4話のあらすじ

スポンサーリンク

 

ドラマ「貴族探偵」3話の感想

おもしろかったですね。今回の事件のネタは、原作にかなり忠実でした。とは言え、貴族探偵が、実は推理の達人だったっていう方向に持っていきたがっているのがよくわかりました。事件の鍵となる部分を、一番初めに貴族点綴にさせているからです。そのうち、使用人を差し置いて推理させようとしてくるのかもしれません。

とういうのも、ここまでのところ、貴族探偵があまりカッコいいとは思ってもらってない問う部分があるからです。これでは、あまり感情移入ができません。大体、ヒットするドラマは、感情移入できる主役がいないと無理なような気がします。例えば、「逃げ恥」なら、みくりと平匡。「半沢直樹なら半沢直樹、「ドクターx」なら、大門未知子っていう感じです。ダメだったドラマ、例えば「突然ですが、明日結婚します」は、どう考えてもずるい男と馬鹿な女の組み合わせでした。「カインとアベル」も、経営者に向いていない兄弟とどうしようもないバカ弟でした。

応援しようとか、一緒にがんばろうっていうひとがいることが、ヒットするドラマの一つの要因ですが、この「貴族探偵」では、その人が、あまりいないです。唯一考えれば、武井咲さん演じる愛香ですが、ちょっと物足りないですよね。なので、これを打破するには、原作とはかけ離れますが、実は貴族探偵は、全てのことを理解していて、初めから犯人が分かっているようなスーパー探偵だったっていう設定に切り替えてく必要があると思います。それをしないと、このまま視聴率は下がって行ってしまうような気がしました。今後、どうなっていくのか、とても楽しみです。

原作の麻耶雄嵩さんとは?

原作の麻耶雄嵩さんは、1969年生まれの49歳の小説家、推理作家です。1991年「翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件」でデビューされました。2011年に「隻眼の少女」で、日本推理作家協会賞、本格ミステリ大賞を受賞されました。

ただ、この「貴族探偵」を含めて、かなり独特な作風で、自分で捜査、推理しない探偵を登場させたり、謎を解決しない探偵を登場させたりして、ミステリ小説の構造自体に対する独特な問題意識が強い作家です。麻耶雄嵩さんの作品は、

などです。

今回のドラマ「貴族探偵」は、原作をかなり変えています。というのは、そのまま作ってしまうと、主人公が出てこなくなってしまうからです。原作では、ほとんど貴族探偵自身は活躍しません。女性を口説いていたり、紅茶を飲んでいたりするだけですし、登場ページ数もかなり少ないです。「貴族探偵対女探偵」では、どちらかというと、女探偵の方にスポットが当たっています。なので、かなり難しい小説を選んでしまったのですが、どのようなストーリーになるのか、とても楽しみです。出てくる人だけが豪華で、中見がない様なドラマにはしてもらいたくないですね。

以上、ドラマ「貴族探偵」のキャスト、あらすじ、原作などについてでした。


あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 


LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

40歳で人生を見直す

  1. 椅子
  2. 旅
  3. 人生は楽しい!




疲れたときにおススメ

  1. 北の国から
  2. 愛してたって、秘密はある。
  3. おっさんずラブ
  4. ファイナルカット
  5. 絶対彼氏
  6. サキ
  7. 贖罪
  8. 僕とスターの99日
  9. 西郷どん
  10. 地味にスゴイ!

40代におススメの韓流ドラマ

  1. シンイ~信義~
  2. キャリアを引く女
  3. あなたはひどいです
  4. 雪の女王
  5. 韓国ドラマ
  6. 雲が描いた月明り
  7. ピノキオ
  8. 恋はドロップキック
  9. 品位のある彼女
  10. 大王の夢~王たちの戦争
スポンサーリンク

最新情報

  1. プロ野球
  2. ドロ刑
  3. 結婚相手は抽選で
  4. 2017Jリーグ順位
  5. J2リーグ2017
コード・ブルー3
  1. 西郷どん
  2. ブラックリベンジ
  3. 家政夫のミタゾノ2
  4. コンフィデンスマンJP
  5. 貴族探偵
  6. ゼロ~一獲千金ゲーム
  7. 西郷どん
  8. 睡眠時間
  9. 家政婦のミタゾノ

多くの人に読まれている情報

  1. 犯罪症候群
  2. 画伯
  3. 椅子
  4. マラソン
  5. ブラックリベンジ
  6. きみが心に棲みついた
  7. 貴族探偵
  8. FIBAワールドカップ2019
  9. 嘘の戦争
電話占いヴェルニ「あの人の気持ちを当てる」全国の有名占い師が集結
PAGE TOP