貴族探偵

ドラマ「貴族探偵」の8話あらすじ(ネタバレ)と感想!ゲストは上原多香子!

貴族探偵
LINEで送る
Pocket

月9ドラマ「貴族探偵」の8話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。ゲストは上原多香子さんです。師匠の喜多見切子の事件を解決できずに、「政宗是正」という名前を追いかけようとしてる愛香でした。さらに、事件が起きて、愛香が逮捕されてしまいました。


スポンサーリンク


8話以外のあらすじ

ドラマ「貴族探偵」のキャスト

  • 貴族探偵 相葉雅紀
  • 佐藤 滝藤賢一、運転手
  • 田中 中山美穂、メイド
  • 山本 松重豊、執事
  • 鼻形雷雨 生瀬勝久、神奈川県警刑事
  • 常見慎吾 岡山天音、鼻形の部下
  • 冬樹和泉 田中道子、鑑識
  • 高徳愛香 武井咲、女探偵、喜多見切子の弟子
  • 喜多見切子 井川遥、伝説の女探偵
  • 玉村依子 木南晴夏、高徳の依頼者
  • ギリ 仲間由紀恵(声のみ)

ドラマ「貴族探偵」のストーリー

ドラマ「貴族探偵」の簡単な相関関係をまとめます。

喜多見切子探偵事務所の高徳愛香(武井咲)は、伝説の女探偵喜多見切子(井川遥)の弟子です。喜多見切子は、貴族探偵(相葉雅紀)との推理勝負のあとに、原因不明で亡くなっています。愛香は、そのことをまだ認めることができないので、探偵事務所に一人でいる時に、幻のように現れる喜多見切子と会話を楽しんでいます。

喜多見切子を負かせた貴族探偵は、年齢、家族、学歴、住所、本名など不明の正真正銘の貴族で、日本でも有数の名家ではないかと言われています。貴族探偵は、自分では、一切推理をしません。「そのような雑事はすべて使用人に任せてある」と言って、依頼者のきれいな女性や、美人の関係者をくどいて回ってる得体のしれない人物です。その貴族探偵の使用人には、100名以上いると言われていますが、いつも、身の回りをお世話しながら同行しているものが3名います。

  • 運転手の佐藤(滝藤賢一)
  • メイドの田中(中山美穂)
  • 執事の山本(松重豊)

それぞれが、愛香よりも優れた推理力を持つ使用人で、少ない手がかりから真犯人を割り出してしまい、今までに間違いは一度もありませんでした。愛香がパソコンやスマホ、車などの道具を使うのと同じように、貴族探偵はこの使用人たちを道具のように使って犯罪を推理していきます。通常の人達には理解できないシステムです。

そして、難事件や珍しい事件が起きると、その場所に駆けつけて、押し売りのように事件を解決していきます。なので、地元の警察との摩擦が起きないように、一番初めに担当した鼻形雷雨警部(生瀬勝久)と刑事の常見慎吾(岡山天音)と鑑識の冬樹和泉(田中道子)が、貴族探偵担当の警察となりました。事件を解決しようと貴族探偵が考えると、必ず、登場することになりました。

ちなみに、ギリとは、愛香が使ってるスマホのAIでiPhoneのsiriみたいなものです。

ギリは、貴族探偵の秘書の鈴木(仲間由紀恵)が愛香の監視用に、愛香のスマホをハッキングしているので、仲間由紀恵さんの声になってるのが分かりました。

ドラマ「貴族探偵」8話のあらすじ

ここから先はネタバレが含まれます。読みたくない人は、次をクリックしてください。⇒ 感想までジャンプ!

「貴族探偵」は、有料ですがこちらで見ることができます。⇒ フジテレビオンデマンド

 

高徳愛香(武井咲)は、鼻形雷雨(生瀬勝久)を事務所に呼んで、喜多見切子(井川遥)のことを聞きました。秘書の鈴木(仲間由紀恵)が来ていたことだけは憶えていました。愛香は、「政宗是正」という名前を調べてもらいたいと、鼻形に頼みました。そこに電話が来て、愛香は東都大学に出向きました。東都大学准教授で菌類研究者の韮山瞳(上原多香子)に呼び出されたんです。

韮山に会いに行く途中で、使用中のプレートが落ちていたので、ドアにかけておきました。愛香が韮山の部屋に行くと、隣の部屋には貴族探偵がいました。瞳に、光るキノコをみせてもらいに来たんです。部屋で紅茶を飲んでると、女性の悲鳴が聞こえました。駆けつけてみると、韮山研究室のゼミ幹、大場和典(松川尚瑠輝)が首にロープを巻かれて机に突っ伏していました。床には割れたティーカップがおちていました。すると、水道が噴き出てきました。断水が終わったようでした。蛇口を閉めると瞳がやってきました。

警察がやってきて捜査を始めました。死亡推定時刻は2時から3時の間で、関係者は、

  • 原木一昭 修士課程2年
  • 修善寺潤子 修士課程1年
  • 田京恵 学部生3年
  • 三島純夫 学部生4年
  • 韮山瞳 准教授

この5人で、愛香も指紋を採取されました。愛香が貴族探偵と話をしていると、警察がやってきます。愛香を重要参考人として署まで連行されて欲しいと言われます。ドアにかかっていたプレートに愛香の指紋があったからです。さらに、亡くなった大場と、過去にトラブルがあったと瞳が証言したからでした。大学のときに、大場からしつこく付きまとわれていて、切子のおかげで解決したんです。

愛香が取り調べを受けてると、鼻形がやってきます。大場のことを話した後に、状況を説明しました。愛香が大学に来たときは水道工事中で、犯人は水道を使おうとしたけれども、出なかったのでそのままにして逃走をしたので、犯行時刻は断水の時間、2時半から3時半のあいだではないかと話しました。そこで、鼻形に人間関係などを調べてくれと頼みました。

鼻形達が調べ手分かったことは、

  • キノコの原木で殴った後、ロープで首を絞めた
  • ロープは備品
  • 割れたティーカップから大場指紋が検出
  • 給湯室のティーポットに二つのティーバッグ
  • 学生、准教授の5人の全員がアリバイなし

そこに、山本、佐藤、田中の使用人が現れて、貴族探偵に言われたからと言って、集めた情報を話しました。

まずは山本からでした。ティーカップは、色によって使う人が決まっていました。犯人は自分のカップを洗おうとしましたが、断水だったのでカモフラージュのために、他のティーカップと一緒に洗い桶の中に入れておきました。洗い桶の中には、田京恵と三島純夫、来客用のカップが入っていました。

佐藤は人間関係を調べてきました。亡くなった大場は、三島が告白しようとしていた修善寺を目の前で横取りして、その後に捨てて、先週、原木と付き合っていた田京を奪い取って付き合い始めたんです。つまり、三島、修善寺、原木の3人から、大場は恨まれていました。

田中は大場の行動を調べていました。大場は、上下関係にうるさく、座る位置にこだわっていたようです。亡くなった場所は、下座だったので、目上の人間が対面に座っていたはずだと言いました。

その情報を聞いて、鼻形犯人が分かったと言います。そして、全員を呼び出して推理を披露し始めました。

「この中で、来客用のカップをだされ、上座に座る人間は一人しかいない。それはあんただ。貴族探偵」

すると、貴族探偵は、田中がいれた紅茶以外は飲まないと言います。そして、田中に推理をさせました。

犯人は、大場の首を絞めた後、上座から下座へ移動させます。そして、カップを洗って元に戻しました。偽装工作として、田京のカップを置いておきます。しばらくして田京がやってきて、大場が亡くなってるのを発見します。自分のカップがあることに気が付いて洗おうとしますが、断水で水がでなかったので、三島と来客用のカップを一緒に洗い桶に入れました。そして、大場を移動させた理由は、犯人が飲んでいた自分のカップが割れて落ちてしまったので、それを大場のものにしようとしたからだと言います。

犯人は、大場と同じ色のカップを使っていた大学院生の原木だと言うと、原木は白状しました。

貴族探偵は、愛香に切子の事件をもう調べるなと言って帰っていきました。

事務所で愛香が食事をしていると、鼻形がやってきました。

「公安がらみだった。『政宗是正』。警察庁のデータベースでは、年齢、国籍、家族構成、全て謎。写真もなかった。ただ、シンガポールを拠点に黒い活動をしていると人物以外、何もわからない」

「すべて謎って、もしかして・・・」

(⇒ 9話のあらすじ 

 


スポンサーリンク

ドラマ「貴族探偵」8話の感想

おもしろかったですね。貴族探偵の正体は、何なのでしょうか?徐々に明らかになっていくのかもしれません。

毎回ゲストが豪華で話題になっていましたが、今回のゲスト、上原多香子さんはあまり登場しなかったのですが、大丈夫なのでしょうか。宣伝だけして、あれしか登場しなかったら、逆効果になってしまうような気がしました。

トリックとしてはスゴイねられたものでおもしろかったです。鍵は、同じ色のカップを使う人が二人いたと言うことでした。しかも、それぞれの人専用のものではなかったので、犯人は誰なのか分からなかったということでした。これが専用のものだったら、誰がいたのか一発で判ってしまいますからね。とはいえ、おもしろいトリックだったのではないでしょうか。

今回感じたのは、相葉さんは、原作通りにあまり話さない方が井伊のではないかと思いました。というのは、笑っていない横顔がけっこう悪人っぽい感じになっていて、監督の指示だと思いますが、あの表情でずっと押し通すと、「シンガポールを拠点に黒い活動をしていると人物」という感じで深みが増していくのではないかと思いました。相葉さんの目が笑っていなくて、怖い表情がちょっともったいないな~と感じました。その裏の部分がこれから出てくるのではないかと思うと、非常に楽しみです。

原作の麻耶雄嵩さんとは?

原作の麻耶雄嵩さんは、1969年生まれの49歳の小説家、推理作家です。1991年「翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件」でデビューされました。2011年に「隻眼の少女」で、日本推理作家協会賞、本格ミステリ大賞を受賞されました。

ただ、この「貴族探偵」を含めて、かなり独特な作風で、自分で捜査、推理しない探偵を登場させたり、謎を解決しない探偵を登場させたりして、ミステリ小説の構造自体に対する独特な問題意識が強い作家です。麻耶雄嵩さんの作品は、

などです。

今回のドラマ「貴族探偵」は、原作をかなり変えています。というのは、そのまま作ってしまうと、主人公が出てこなくなってしまうからです。原作では、ほとんど貴族探偵自身は活躍しません。女性を口説いていたり、紅茶を飲んでいたりするだけですし、登場ページ数もかなり少ないです。「貴族探偵対女探偵」では、どちらかというと、女探偵の方にスポットが当たっています。なので、かなり難しい小説を選んでしまったのですが、どのようなストーリーになるのか、とても楽しみです。出てくる人だけが豪華で、中見がない様なドラマにはしてもらいたくないですね。

以上、ドラマ「貴族探偵」の8話のあらすじ、感想でした。

他にも、面白いドラマがあります。

⇒ ハロー張りネズミ
⇒ 警視庁いきもの係

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク

 

おすすめの記事

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

本日のおすすめ情報

  1. ドラマ『悦ちゃん~昭和駄目パパ恋物語~』のキャストや相関図と1話のあらすじ! 悦ちゃん
  2. 『脳にスマホが埋められた!』のキャストと相関図と1話のあらすじ!伊藤淳史と新川優愛が! 脳にスマホが埋められた!
  3. 『ブランケットキャッツ』のキャストと相関図と1話のあらすじ!西島秀俊と吉瀬美智子! ブランケットキャッツ
  4. ドラマ『ウツボカズラの夢』のキャストと1話のあらすじ!原作は乃南アサ
  5. ドラマ『カンナさーん!』のキャストや相関図と1話のあらすじと視聴率!渡辺直美と要潤が夫婦? カンナさーん!
  6. Jリーグ2017の日程と順位と放送予定!試合結果やチケットの購入先は? 2017Jリーグ順位
  7. ドラマ『愛してたって、秘密はある。』のキャストや相関図と1話のあらすじと視聴率!福士蒼汰と川口春奈が! 愛してたって、秘密はある
  8. 「ごめん、愛してる」のキャストと相関図と1話のあらすじ!長瀬智也と吉岡里帆が! ごめん、愛してる
  9. Jリーグワールドチャレンジ2017のチケットや放送予定!試合日程と結果は? Jリーグワールドチャレンジ2017
  10. 台風3号(2017)の現在の最新予想進路!日本への接近の日時と上陸の可能性は? 台風3号(2017年)

最新情報

  1. プロ野球
  2. アシガール
  3. わにとかげぎす
  4. わにとかげぎす
  5. 天皇杯サッカー2017
屋根裏の恋人
  1. 水鉄砲
  2. ゆとり世代
  3. バイオハザード
  4. gym
  5. お迎えデス。
  6. オムライス
  7. カンナさーん!
  8. ショッピング
  9. 木星のオーロラ

多くの人に読まれている情報

  1. ランニング
  2. スリル!赤の章・黒の章
  3. 美術館
  4. お母さん、娘やめていいですか?
  5. スニッファー嗅覚捜査官
  6. おから
  7. ラード
  8. NBAオールスター2017inニューオリンズ
PAGE TOP