この世界の片隅に

「この世界の片隅に」の3話のあらすじ(ネタバレ)。

この世界の片隅に

(引用:番組HP

ドラマ「この世界の片隅に」の3話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。


スポンサーリンク


3話のあらすじ

現代。近江佳代(榮倉奈々)はカフェ開業セミナーを受けていました。

 

昭和19年6月。

ある日の夜、呉で初めての空襲警報が鳴りました。すず(松本穂香)はびっくりして飛び起きました。そしてみんな一部屋に身を寄せ合いました。

空襲に備えての防火訓練も頻繁に行われていました。そして、野草をたべたり、玄米を2倍に膨らませて炊く楠公飯も食べるようになっていました。ただ、火事が広がるのを防止する建て壊しも始まってると話す周作(松坂桃李)の顔をずっと見てました。

翌日、みんなで防空壕作りを始めました。みんなが作業してる間も、すずはずっと周作の顔を見ながらにやついていました。どんどん周作のことが好きになっていたんです。

径子(尾野真千子)がそのことを聞くと、恋してると素直に話しました。径子はイラつくと怒りますが、母親のサン(伊藤蘭)はそれでいいんじゃないと認めてくれました。すると、径子は

「あのとき、結婚しなくて良かったってことじゃね」

と、つい言ってしまいました。径子とサンはごまかして部屋からでていきました。

すずはそのときからその言葉がひっかかっていて、幸子(伊藤沙莉)と志野(土村芳)に聞きますが、幸子は、ちゃんと忘れてあんたを嫁にしてくれたはずだと言って、教えてくれませんでした。

すずが家に帰ってくると、晴美(稲垣来泉)がいました。話しかけると、晴美はアリを見てるというのでアリの後を追いかけていくと、砂糖の壷につづいていました。あわてたすずはアリをおいはらおうとすると、水の中に落としてしまいました。

それを見ていたサンは、へそくりをだしてきて、これで闇市で買ってこいといってくれました。

すずが闇市に行くと、多くの商品が露天で売られていました。砂糖を売ってるところにいって値段を聞くと、配給の60倍の20円していました。サンからもらったものと生活費を合わせて25円ありました。すずはおもいきって砂糖をかいました。

帰り道、そのことを考えてると、見知らぬ場所に来てしまいました。そこは色街でした。歩いてる人に家の場所を聞きましたが、誰も知らないといわれてしまいました。

地面にスイカとキャラメルの絵を書いてると、打ち水をしにリン(二階堂ふみ)がでてきて話しかけてくれました。リンは行ったことはないけどといいながら、帰る路をおしえてくれました。何かできることあるかとすずが聞くと、絵を書いてくれといわれました。

すずは持っていた鉛筆でスイカの絵を書いてあげました。さらにリンはアイスクリームの絵を描いてくれといいましたが、すずは知りませんでした。リンはすずの苗字が北條だとわかると、「ふーん」と言って追い出すように帰らせました。

家に帰ったすずは、アイスクリームのことを径子に聞きました。前に一度食べたことがあるといって教えてくれた後、径子が水を飲むと、「甘っ!」と叫びました。すずとサン、晴美は笑いました。

周作が同僚と飲みに行くと、海軍の兵士とケンカになってしまいました。もみ合ってると、水原哲(村上虹郎)がでて来て納めてくれました。

周作は家に帰ると、すずにケンカでできた傷を手当してもらいました。周作はすずが書いたアイスクリームの絵をみて、「これ何?」と聞くと、今日起きたことを全部周作に話しました。周作は笑いながらはなしをきいてくれました。

翌日、仕事に行った周作から忘れ物を届けてくれという電話がありました。書類を持って出かけようとすると、径子が一応お化粧をしてくれました。

周作がやってくるすずを迎えようと路まで出て行くと、道路の反対側をリンがあるいていました。しばらく2人は見つめあって、リンは軽くお辞儀をしてあるいていきました。そこにすずがやってきました。その声を聞いたリンが振り向くと、すずが周作の妻だということがわかりました。

周作は、やってきたすずに、

「よし、ほいじゃあ、行くか。仕事は終わりにしたんじゃ。すずさんと逢引しようとおもうての。たまにはすずさんも息抜きせんとな」

そういうと、すずは後ろを振り向いて笑顔になりました。

周作が連れて行ったのはレストランでした。食事をたべたあと、周作がウェイターに目配せすると、内緒だといってアイスクリームを持ってきてくれました。周作の同級生でした。周作がこれがアイスクリームだというと、すずは目を輝かせてよろこびました。

2人は交代でアイスクリームを食べました。

そのあと、橋の上でたたずみながら、周作が呉にきてどうじゃ?ときくと、

「夢の中におるみたいで、覚めとうないな~おもいます。いまさめたら、おもしろうないとおもいます」

と答えました。

周作は、選ばなかった人生もあるけど、すずを選んでよかったと思ってるといいました。すずは、「うち、わすれません。今日のことは」といって、アイスクリームも自分だけの思い出にしたいので、アイスクリームの絵は描かないといいました。

そして、家に帰ったすずは、リンに見せようと思って畑から見える呉港の絵をかきはじめました。すると、憲兵がやってきて、「敵に海岸線の情報をながすんか!」と怒鳴って、すずの腕を取って家に連れて行きました。

(⇒4話のあらすじ

キャスト

  • 北條(浦野)すず 松本穂香
  • 北條周作 松坂桃李
  • 水原哲 村上虹郎
  • 刈谷幸子 伊藤沙莉
  • 堂本志野 土村芳
  • 浦野十郎 ドロンズ石本
  • 浦野すみ 久保田紗友
  • 浦野すず(幼少期) 新井美羽
  • 黒村晴美 稲垣来泉
  • 白木リン 二階堂ふみ
  • 近江佳代 <現代篇> 榮倉奈々
  • 江口浩輔 <現代篇> 古舘佑太郎
  • 黒村径子 尾野真千子
  • 刈谷タキ 木野花
  • 堂本安次郎 塩見三省
  • 北條円太郎 田口トモロヲ
  • 浦野キセノ 仙道敦子
  • 北條サン 伊藤 蘭
  • 森田イト 宮本信子

各話のあらすじ

原作のこうの史代さんは、1968年生まれの漫画家です。広島大学を中退されて漫画家を目指されて上京されました。1995年に「街角花だより」でデビューされました。主な作品は、

こうの史代さんの漫画は話題の電子書籍「Renta!」でも、有料ですが読むことができます。⇒ Renta!

以上、ドラマ「この世界の片隅に」のキャストと1話のあらすじ(ネタバレ)でした。

あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 

LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

40歳で人生を見直す

  1. 人生の扉
  2. 人生の転機は40代
  3. 待機児童問題

疲れたときにおススメ

  1. ファイティングガール
  2. 101回目のプロポーズ
  3. 半分、青い。
  4. 絶対彼氏
  5. OURHOUSE
  6. 非婚家族
  7. きみはペット
  8. Dr.コトー診療所
  9. ビター・ブラッド
  10. ゴールデンカムイ

40代におススメの韓流ドラマ

  1. 明日、キミと
  2. 月桂樹洋服店の紳士たち
  3. サークル
  4. 七日の王妃
  5. 番人!
  6. キム課長とソ理事
  7. 彼女はキレイだった
  8. 花郎
  9. 麗
  10. ショッピング王ルイ
スポンサーリンク

最新情報

  1. 健康で文化的な最低限度の生活
  2. 西郷どん
  3. 絶対零度
  4. 太陽の末裔
突然ですが、明日結婚します
  1. グッドドクター
  2. 花のち晴れ
  3. 流星群
  4. 突然ですが、明日結婚します
  5. 先に生まれただけの僕
  6. 幸せ
  7. MUSIC
  8. 隣の家族は青く見える

多くの人に読まれている情報

  1. 私の心は花の雨
  2. 義母と娘のブルース
  3. 西郷どん
  4. ハロー張りネズミ
  5. ああ、私の幽霊さま
  6. 流星群
  7. 西郷どん
  8. 絶対零度
  9. カルテット
  10. 野球
ビットフライヤー
PAGE TOP