この世界の片隅に

「この世界の片隅に」の最終話のあらすじ(ネタバレ)。

この世界の片隅に

(引用:番組HP

ドラマ「この世界の片隅に」最終話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。

スポンサーリンク

最終話のあらすじ

ドラマ「この世界の片隅に」の最終話を、10/14の20:59まで無料で見れます!⇒TVer

戦争は終わりました。

昭和20年11月。空襲に怯えることもなくなりましたが、配給もなくなり戦時中以上に物不足に悩まされる日々が続いていました。円太郎(田口トモロヲ)は鉄道会社の再就職が決まり、径子(尾野真千子)も事務として働きに出るようになりました。しかし終戦直後に海平団に招集された周作(松坂桃李)は未だ帰ってきませんでした。

すずが道端に座ってると、進駐軍の兵隊がやってきてすずにチョコレートをくれました。そのあとなにかわからない行列に並んでると、径子もやってきていっしょにならびました。進駐軍の残飯の雑炊でした。たばこの空き箱も入っていましたが、味はとてもおいしくて2人で争うように食べました。すずはチョコもくれたといって径子にわたしました。

家に帰ると、サン(伊藤蘭)と3人で古い着物を出して来ました。物々交換をするためでした。近所から集めた着物などを幸子と成瀬がリアカーにつんで出かけていきました。

夕方になると、リアカーに魚と野菜を積んで帰ってきました。思ったよりもかなり少ない量しか持ち帰れませんでした。その日の夜は、贅沢しようと言ってみんなで海の水を使って汁椀をつくりました。

翌日、畑で幸子と志野(土村芳)とすずが3人で仕事をしてると一人の兵士がやってきました。志野はその顔を見ると無言で駆け出して途中で転んでしまいました。その兵士は駆け寄って抱きしめました。それは志野の夫でした。2人は泣きながら抱き合いました。

すると、すずに草津のおばあちゃんから手紙がきました。家に帰ってサンにあけてもらって読むと、下を向いてしまいました。サンに「泣いてええ。ここはあんたのうちじゃけ」と言われるとサンにすがってなきだしました。

その日の夜、サンは、その手紙にかかれてたことを円太郎と径子にはなしました。すずの母親は行方知れずで、妹のすみ(久保田紗友)は寝たきりだと言うことでした。その話をしてると、すずがやってきて「お願いがあります」といいました。すずのおねがいはしょうゆのことでしたが、広島に行くことも許してもらいました。

ひとりで汽車に乗って広島の祖母のイト(宮本信子)の家にいくと、イトは元気でしたがすみは寝ていました。布団のそばに行くと具合悪そうに起き上がりました。すずたちは2人で寝ながらいろいろな話をしました。そして、あの日のことも話してくれました。あの日、母親のキセノ(仙道敦子)は祭りの準備で町に行ったきりで、父親の十郎(ドロンズ石本)もキセノを探してるうちにすぐに亡くなってしまったと言うことでした。そして、自分の腕を見せました。そこにはあざができていました。

すずは、「治らんとおかしい」と言ってなぐさめました。

その日の夜、北條の家に周作(松坂桃李)が帰ってきました。周作はすずがいないことに気づいて「すずさんは?どうしたん?」と聞きますが、だれもなにもいいませんでした。周作はもしかしてとびっくりしましたが、広島に行ったと聞くと、「すずさんにあいたいんじゃ」と言って周作は怒り始めました。

翌朝、すずは昨晩書いた漫画をすみにわたして家をでました。イトに送られながら、生きることに負けるなと元気付けられました。

すずが実家に行くと、なかに人の気配がしました。除いてみると、子供たちが3人、「すみません」といいながらあやまっていました。そのころ、周作がイトの家にやってきました。もう行ってしまったとイトにいわれましたが、海軍からもらって来たと言ってかんづめをイトとすみに渡しました。そしてすぐにすずをおいかけました。

そのころ、すずは昔スケッチしていた広島のかわぞいにやってきました。原爆で焼け野原でした。すずが立ってるといろいろな人から間違わられました。すると、周作がやってきました。周作は、すずがどこにいても見つけるというと、

『うちをこの世界の片隅に、うちをみつけてくれてありがとう。ほいで、もうはなれんで、ずっとそばにいてください」

と、すずは周作に抱きついていいました。

周作とすずが駅で汽車を待ちながらおにぎりを食べてるとひとつ落としてしまいました。そのおにぎりを小さな女の子がひろってくれました。すずはそれをもらってあたらしいおにぎりを食べさせました。その女の子は、母親といっしょに被爆して、母親はすでに亡くなっていました。母親はすずと同じようにそのとき片腕が吹き飛ばされていました。女の子はおにぎりを少し食べた後すずの腕を見て、すずに抱きついて「おかあさん」と小さくつぶやきました。すずは、「この広島で、よくいきててくれたね」と頭をなでました。

すずと周作はその女の子を呉まで連れて帰りました。

その子を見た円太郎とサン、径子はびっくりしますが、すぐにお風呂に入れてきれいにしてあげました。径子は晴美の服を持ってきて着させてあげました。その子の名前は節子でした。すずと周作の子供になりました。

昭和21年春。すずと周作、節子はすでに本当の家族のようになっていました。水原哲(村上虹郎)も帰ってきました。

 

平成30年。節子と近江佳代 (榮倉奈々)、江口(古舘佑太郎)の3人は昔の家にいきました。節子は家が生き返ってると言って喜びました。縁側に座ると、佳代は貸してもらったくしをかえそうとしましたが、もってれば勇気が出ると言って渡されました。そして、「そろそろいこうか、すずさんのところに」といいました。

節子が連れて行ったさきは広島球場でした。そこでは、ひとりの白髪交じりの女性が立ち上がって、

「負けんさんなー広島!」

と叫んでいました。

(おわり)

キャスト

  • 北條(浦野)すず 松本穂香
  • 北條周作 松坂桃李
  • 水原哲 村上虹郎
  • 刈谷幸子 伊藤沙莉
  • 堂本志野 土村芳
  • 浦野十郎 ドロンズ石本
  • 浦野すみ 久保田紗友
  • 浦野すず(幼少期) 新井美羽
  • 黒村晴美 稲垣来泉
  • 白木リン 二階堂ふみ
  • 近江佳代 <現代篇> 榮倉奈々
  • 江口浩輔 <現代篇> 古舘佑太郎
  • 黒村径子 尾野真千子
  • 刈谷タキ 木野花
  • 堂本安次郎 塩見三省
  • 北條円太郎 田口トモロヲ
  • 浦野キセノ 仙道敦子
  • 北條サン 伊藤 蘭
  • 森田イト 宮本信子

各話のあらすじ

原作のこうの史代さんは、1968年生まれの漫画家です。広島大学を中退されて漫画家を目指されて上京されました。1995年に「街角花だより」でデビューされました。主な作品は、

こうの史代さんの漫画は話題の電子書籍「Renta!」でも、有料ですが読むことができます。⇒ Renta!

以上、ドラマ「この世界の片隅に」の9話のあらすじ(ネタバレ)でした。


あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 


LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

40歳で人生を見直す

  1. ジョジョ
  2. 幸せ
  3. 人生の転機
  4. コック警部




疲れたときにおススメ

  1. エンジェルハート
  2. Age35恋しくて
  3. 東野圭吾ミステリーズ
  4. きみはペット
  5. GOLD
  6. ホタルノヒカリ
  7. 最高の離婚
  8. 孤独のグルメ-5

40代におススメの韓流ドラマ

  1. あなたが眠ってる間に
  2. 相続者たち
  3. グッドドクター
  4. 愛人がいます
  5. また!?オ・ヘヨン~僕が愛した未来(ジカン)~
  6. サム、マイウェイ
  7. ジャグラス
  8. ロボットじゃない
  9. あなたはひどいです
  10. 雪の女王
スポンサーリンク

最新情報

  1. あまちゃN
  2. 結婚相手は抽選で
  3. ドロ刑
  4. 結婚相手は抽選で
  5. ドロ刑
最高の離婚
  1. キスして幽霊
  2. 善徳女王
  3. 本屋大賞
  4. 監獄のお姫さま
  5. モンテクリスト伯
  6. 家政夫のミタゾノ2
  7. BORDER
  8. この声をきみに
  9. コウノドリ2

多くの人に読まれている情報

  1. 花のち晴れ
  2. 恋がヘタでも生きてます
  3. リバース
  4. シグナル
  5. おっさんずラブ
  6. 陸王
  7. あなたは贈りもの
  8. yoga
  9. 下剋上受験
auひかりバナー
PAGE TOP