コウノドリ2

『コウノドリ2』のキャストと10話のあらすじ(ネタバレ)と感想。

『コウノドリ2』の10話のあらすじ(ネタバレ)と感想を紹介します。別のクリニックで出生前診断を受け、21トリソミー陽性と検査結果が出た妊婦の高山透子(初音映莉子)と夫・光弘(石田卓也)がサクラ(綾野 剛)の元を訪れました。

スポンサーリンク

『コウノドリ2』10話のあらすじ

出生前診断を受け、21トリソミー陽性と検査結果が出た妊婦の高山透子(初音映莉子)と夫・光弘(石田卓也)がサクラ(綾野 剛)の元を訪れました。21トリソミー陽性とは、90%の高い確率でダウン症候群であるということでした。サクラは、羊水検査について説明したあと、検査が出た後にお腹の中の赤ちゃんをどうするか話し合っておいてもらいたいといって、自分もいっしょに考えていくと元気付けました。

そのあと、出生前診断を受けたもう一組の夫婦、明代(りょう)と夫・信英(近藤公園)がやってきました。明代は育てられる自信はないといいます。今橋は育ててる家庭もあるからといいますが、小さなお弁当屋さんを家でやってるし、上に子供がいるので育てるのは難しいと答えました。

四宮の妹がたずねてきました。父親が調子がいいので様子を見に来たということで、へその緒を持ってきました。四宮はわかりませんでしたが、四宮を守ってくれという父親のひそかな願いが詰まっていました。

 

しばらくして、透子と光弘が羊水検査のためにやってきました。時間のない中で向き合うのは難しいのはわかるけど、しっかり向き合っていこうと小松が勇気付けました。

医局では、出生前診断について議論されていました。四宮は手軽に出来てしまうので手軽に中絶してしまうといいますが、倉崎は、生まれてくる前に情報を知る権利も大切なんじゃないかといいました。夫婦できちんと話し合ってもらいたいというのは一致していました。

数日後、羊水検査の結果が出ました。21トリソミー陽性でした。

透子たちは、両家の両親を呼んで話をしました。透子の母親は、二人だけではなしをさせてくれといって、ほかの人たちは部屋を出て行きました。

母親は、

「この子はあきらめたほうがいい。透子が苦労するところ、見たくない」

ときっぱり言いました。

 

今橋のところに、下の子がダウン症の母親が尋ねてきて、ほんとに可愛いし複雑だといいました。そして、ともだちに心配してる人がいるから話を聞かせてもらいたいといいました。

 

明代と信英は、公園で二人で話をしていました。いずれ大きくなった上の子に迷惑がかかるから、決意は変わらないと明代は言いました。

次の日、明代夫婦はペルソナにやってきてサクラに中絶の決意を告げました。サクラは、中期中絶は母親にも精神的なダメージがあると心配しますが、「わたしは大丈夫です」と気丈に答えました。

 

透子がペルソナにやってきて母親と夫に中絶したほうがいいといわれたけど、まだ迷ってると本心を言います。ダウン症のこどもを育てるのは大変ですよねと聞くと、今橋は、いろいろなことはあるけど、しあわせを感じるこどもも多いといいます。そして、ソーシャルワーカーを通じてダウン症のこどもをそだてる母親の会にかれてみてはといいます。さくらは、悩まれるのは当然だから、「お二人で向き合って、ご家族の答えを見つけてください」とサクラは言いました。

明代が夜寝てると、おなかの子がおなかをけりました。そして、信英と上の子供の将来のことを話しました。

次の日、中絶が行われました。ベッドに横渡る明代は苦しさの中で、

「先生、ひとつお願い。さいご、この子抱いてもいいですか?」

「わかりました」

その日の夜、サクラはピアノを弾きに行きました。小松が明代の病室に来ると、

「抱っこさせてもらったんです。すごく小さくて。でも、温かかった。」

そういって、明代はなきはじめました。小松は何も言わずに背中をさすっていました。

その頃、透子は、ダウン症のこどもの本を買ってきて夫の光弘にみせました。もう答えは出てると光弘は言いましたが、親になんと言われたのかは関係なくて、二人でよく話し合って決めようと透子はいいました。

 

明代たちが退院していきました。医局に戻ったサクラは、横に座った四宮に

「産科医として、避けられないことだからね。ご家族が幸せになるための選択だと、そう自分に言い聞かせてる。でもさ、僕は赤ちゃんが好きだから」

「ああ」

透子夫婦がやってきました。光弘があきらめようと思いますといって、サクラが「高山さんもおなじですか?」と聞くと、少し間があって、「ええ

と答えました。そして、透子は超音波を見せてくれとサクラにお願いしました。次はがんばろうというけど、この子には関係ないからちゃんと見ようといって、二人で見ました。

カンファレンスで透子の中絶のことが話題になりました。最後に抱かせてもらいたいという要望があるとサクラが言うと、赤西はおもわず「えっ?」と言ってしまいました。聞きたいことはきいたほうがいいよと下屋に促されて赤西は

「高山さん、中絶を希望してるのに、最後に赤ちゃんを抱きたいって思うんだなって」

「お前な」

四宮がにらみつけますが、サクラが「いいよ、続けて」といいました。

「ぼくはかんがえてしまうんです。出生前診断もどうして命の選別をするんだろうって。このまま出生前診断がメジャーになっていってあたりまえになったら、医師としてどう向き合えばいいのでしょうか」

「吾郎先生。その質問の答え、僕にはわからない。命は尊い。赤ちゃんが生まれてくることは奇跡だ。平等である命を選別してはいけない。でも、ぼくはずっと迷ってる。命の選別。そのことばにみんなとらわれてしまい、その事情には目を向けられていない。それぞれの事情の上に生まれてくる。育てていくのは家族なんだ。出生前診断を受けた結果、中絶を希望する家族もいる。心が重くなる。いつまでもなれることはない。けど、悩みに悩んで僕達に助けの手を伸ばしてくる。その手を払いのけることは出来ない。中絶を決めたお母さんが、最後にあかちゃんを抱きたいという。確かに矛盾してるかもしれない。だけど、その葛藤に僕達が寄り添わないで、誰が寄り添う?検査を受けた人、うけなかったひと、赤ちゃんを産んだ人、産まなかった人、どの選択も間違ってない。いや・・間違ってなかったと思えるように、産科医として、家族といっしょに命と向き合ってく。それが僕に、僕達にできることだと、そう信じて僕はここにいる。もうカンファレンスの時間ですよね。すみません。関係ない話をして」

「関係なくない。必要な話だろ」

「命の話です」

 

透子が入院してきました。

その日の夜、光弘は「ごめんな」と話し出しました。出生前診断を受けたときには自分達には関係ないことだと思ってたけど、子供を持つって決めたときから関係あることだと気づいたといいました。そして、透子の手を握って、

「透子、二人で出した結論だから、お前だけが背負う問題じゃないからな」

といいました。

 

次の日、四宮のところに妹から、父親が倒れてそのまま亡くなったという電話がきました。そのとき、前置胎盤で出血がある妊婦が緊急搬送されてきたと看護師が来ました。後でかけなおすといって手術室に行きました。

透子が処置室の前まで来ると、崩れ落ちて

「この子、わたしの赤ちゃんなの。わたしの・・産みたい。でも、怖い。自信がない・でも・・」

すると母親が、

「透子、あんた産みたいんだね。大丈夫。あんたがへばってもわたしがいっしょに育てる」

とはなしかけてだきしめました。

病室に戻った透子は、「ごめんなさい」と謝りました。光弘は、「なんで、あやまるんだよ」といいました。

その様子を見て医局に戻ったサクラは、「僕は冷静でしたか?」とこまつにききました。そして、産科医として出来ることを精一杯するといいました。すると、小松が、

「ずっと考えていたことがあるんだ」

と言い出しますが、手術を終えた四宮が入ってきて、「親父がしんだ」といって、しばらくいなくなるといいました。

サクラが大丈夫かといいかけると、

「大丈夫だ。ペルソナのこと、頼むぞ」

と言って出て行きました。

(⇒最終話のあらすじ

『コウノドリ2』10話の感想

今回も考えさせられてしまいました。やはり何が正解かは、その家庭によって違ってきますし、正解そのものもないような気がします。「もしかしたら」「ああしていれば」といったタラレバのようなことは言えない問題だと思います。明代は中絶を決心して、透子は、最後に産む決意をしました。その決意をした瞬間、二人の心の中には後悔はしないという決意があったと思いますが、今後、つらくなるとかならず思い返すこともあると思います。そんなときに、後悔をしてしまうことがありますが、しないためにできることはとことん悩むことだと思います。ですから、透子は今後つらくなってもきっと後悔はしないんじゃないかなと感じました。

出産の問題だけじゃなくて、人生の転機とか岐路の場合も同じじゃないかなと思います。大きな問題があって、どちらかを選ばないといけないというときには、とことん悩んで自分の人生と向き合うことがたいせつだと思います。そのためには、伴侶や親とも対決しないといけないですし、色々なことを考えないといけないと思います。ただ、正解はないと思います。というより、どれを選んでも全部正解なんじゃないでしょうか。そう思うと気が楽になると思います。

そして、10年後、20年後にどうなっていたいかを想像することで、あなたの未来を自分で作っていけると私は思います。

スポンサーリンク

 

『コウノドリ2』のストーリー

サクラは、離島で働いてる恩師の荻島のところにヘルプで訪れていました。そこでは、急患が重なってしまい、十分な血液製剤もないままオペをすることになりましたが、無事に取り出すことができました。

ペルソナに戻ったサクラのところに、耳の聞こえない妊婦がやってきます。はじめてのケースでしたが、新しく来た研修医の赤西の助けも借りて無事に出産することができました。四宮のところには、心臓に疾患を持った赤ちゃんを妊娠した妊婦がきます。無事に出産することができましたが、病気のこともあり、なかなかひとりで育てていくには心の準備ができていないようでした。夫も育休もとれずに、仕事に行ってしまい、途方にくれていました。

それぞれの、生活が再び始まりました。

子宮頸がんを発症した19週の妊婦は、28週までおなかの中で育てることができて、出産してがんの切除手術をうけました。幸いなことに、がんの進行はそれほど広がってなかったので、赤ちゃんをずっと育てていくことができるようでした。1話で登場した彩加が、検診に来ていましたが、表面上は明るく元気に振舞っていましたが、ある日の夜、赤ちゃんを置いて屋上から身を投げようとしていました。気がついたサクラは屋上に駆け上がって扉を開けますが、間に合うのでしょうか?

そこには、すでに四宮先生がきていました。そして、まだ治療ができる患者はほっとけないと言うと、彩加は手を差し伸べました。診察室で産後うつになってることや、精神科に紹介したり、ママたちの会を紹介することで落ち着きました。そして、やってきた夫を叱って、二人で一人ではなくて、お互いに尊重し合って助けていけと言いました。

無痛分娩では愛情が育たないと思ってる妊婦が二人来ました。ひとりは、心臓病で負担をかけられないという妊婦で、もう一人は、トーラス、つまり第一子を帝王切開でとりだしてる妊婦でした。ふたりとも、周囲から聞こえてくる愛情=痛みを信じていてかたくなに下から産もうとしていましたが、サクラのコトバで、それぞれ無痛分娩と帝王切開で無事出産することができました。

切迫流産の可能性があるということで、出産日の2ヵ月くらい前から入院してる二人の妊婦がいました。そのうちの一人が、残念ながら胎内死産になってしまいました。緊急帝王切開で生まれた未熟児も、障害が残るリスクがあると知った上で、手術することになりました。

下屋がヘルプに行った先の産婦人科で、なかよくなった妊婦が救急車でペルソナに運ばれて来る途中、心停止してしまいました。赤ちゃんは助かりましたが、その妊婦は亡くなってしまいました。自分が症状を見落としたことに深く自分を責めた下屋は、産科に戻ることができませんでしたが、BABYのピアノを聞いて、自分の居場所は産科しかないと気が付きます。ただ、自分の未熟さに気づいた下屋は、救命救急科に異動してどんな妊婦でも助けられる技術を磨くことを決心して産科を離れました。

助産師の小松に子宮腺筋症とチョコレート嚢胞が見つかりました。サクラから子宮全摘をしないと命が助からないといわれて、悩み始めます。サクラはそんな小松をみて、食事に誘って小松だけにピアノを弾いてくれました。そのピアノの音色で小松は決心して手術を受けました。

最近自信をつけてきた白川が、診断を誤る医療ミスをしてしまいました。赤ちゃんは大学病院に搬送されて無事手術が成功しましたが、白川は、先を目指壮と考えて、ペルソナをやめて小児循環器科で研修を受けることにしました。今橋は、目的がしっかりわかったので、応援して送り出したいと話しました。

3回目の妊娠も赤ちゃんの心拍が確認できずに流産になってしまい、不育症になやむ妊婦がやってきました。サクラは、過去のことは忘れないでもいいよとやさしくいって二人を元気付けました。白川は小児循環器科を探し始めて、下屋も徐々に救命の力になりつつありました。それぞれの道を歩き出そうとしていました。

『コウノドリ2』の原作

『コウノドリ2』の原作は、鈴ノ木ユウさんの同名の漫画です。鈴ノ木ユウさんは、1973年生まれの漫画家で山梨県出身です。大学卒業後はロックスターを目指されていましたが、2007年、ちばてつや賞準入選をされ、2010年ににゅうせんされて漫画家になられました。

『コウノドリ』は、2008年に鈴ノ木ユウさんが奥さんの出産に立会って感動し、これを伝える使命を感じて、漫画化を企図したことから始まりました。当時大阪大学病院で奥さんの担当医だった、りんくう総合医療センター泉州広域母子医療センター長の荻田和秀産婦人科医が主人公のモデルとなっています。荻田和秀先生は、NHKの「プロフェッショナル」などさまざまなメディアで取り上げられています。

荻田和秀先生について

妊娠や出産のときに、父親が言ってはいけないNGワードも載せていますのでご覧になってみてください。

漫画『コウノドリ』は有料ですが、今話題の、麻生久美子さんがCMをやってる「Renta!」でも読むことができます。⇒  Renta

また、『コウノドリ』は、電子書籍のナンバー1「honto」で読むことができます。紙の本も買うことができますし、雑誌やビジネス本や小説などの一般の本もどちらでも見ることができます。まるで、家に居ながら本屋さんにいる感じで素晴らしいです。会員登録しなくても、立ち読みすることができますので、ぜひ、ご覧になってみてください。

電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!

『コウノドリ2』のキャスト

  • 鴻鳥サクラ 綾野剛、産科医、ピアニストBABY
  • 四宮春樹 星野源、産科医
  • 下屋加江 松岡茉優、産科医
  • 倉崎恵美 松本若菜、産科医
  • 赤西吾郎 宮沢氷魚、研修医
  • 小松留美子 吉田羊、助産師
  • 今橋貴之 大森南朋、新生児科医、部長、センター長
  • 白川領 坂口健太郎、新生児科医
  • 大澤政信 浅野和之、院長
  • 向井祥子 江口のりこ、メディカルソーシャルワーカー

各話のあらすじ

以上、『コウノドリ2』の10話のあらすじ(ネタバレ)と感想などでした。

あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 


LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

40歳で人生を見直す

  1. 人生の転機
  2. 幸せ
  3. communication

疲れたときにおススメ

  1. セレブと貧乏太郎-1
  2. 贖罪
  3. メイちゃんの執事
  4. バイプレイヤーズ
  5. 結婚しない-1
  6. のだめカンタービレ
  7. BOSS
  8. アフリカの夜
  9. 西郷どん

40代におススメの韓流ドラマ

  1. 主君の太陽
  2. 黄金のポケット
  3. シークレット・ガーデン
  4. スパイ
  5. 君を守りたい
  6. 自己発光オフィス
  7. ハベクの新婦
  8. アンダンテ~恋する速度~
  9. サークル
  10. 我が家のハニーポット
スポンサーリンク

最新情報

  1. 娼年
  2. 曇天に笑う
  3. ランペイジ
  4. 人生の時間
  5. 未来を変える
崖っぷちホテル!
  1. 脳にスマホが埋められた!
  2. 明日の約束-1
  3. 嘘の戦争
  4. ハムナプトラ
  5. ほんとにあった怖い話
  6. ジョジョの奇妙な冒険
  7. 家政婦のミタゾノ

多くの人に読まれている情報

  1. リテイク
  2. ドクターX
  3. お迎えデス。
  4. ブラックペアン
  5. お茶
  6. anone
  7. キラキラネーム
  8. 愛してたって、秘密はある
  9. FINAL CUT
  10. 99.9-刑事専門弁護士シーズン2
エステ・タイム
PAGE TOP