コウノドリ2

『コウノドリ2』のキャストと最終話のあらすじ(ネタバレ)と感想。

『コウノドリ2』の最終話のあらすじ(ネタバレ)と感想を紹介します。

スポンサーリンク

『コウノドリ2』最終話のあらすじ

ペルソナに、中国人観光者の妊婦が救急車で運ばれてきました。ジェルネイルをはずそうとすると、銀座絵つけたばかりだと言って暴れだしますが、サクラたちは泣いを言ってるのかわからずに困っていました。そこに、倉崎がやってきて流暢な中国語を話して納得させました。

しばらくして、生まれそうになると、そこに新井先生(山口紗弥加)がやってきました。驚くサクラと小松に、「お産に集中してください」と言われてしまいました。無事に赤ちゃんが生まれました。

NICUでは、講談医科大学の小児循環器科に決まったと報告していました。そして、今橋先生が新井先生をみんなに紹介しました。そこに院長がやってきました。おでこには土下座をしたあとがついていました。

四宮は能登の海岸で、父親にもらったへその緒を見ていました。

 

下屋が屋上で外を見てると、サクラがやってきました。白川のことをサクラが言うと、学生実習のころからずっといっしょだったのでちょっと複雑な思いだと下屋は言いました。そして、

「コウノトリ先生は、ずっとペルソナにいますよね」

と聞きました。

 

サクラが医局に帰ってくると、出生前診断でお腹の赤ちゃんがダウン症候群と診断を受けるも、産むことを決意した透子(初音映莉子)が退院していきました。カンファレンスでは、特別な子供を産むというよりも余計な力を抜かせて、見守っていこうとサクラが言いました。

四宮は、父親の葬儀を済ませて病院に挨拶に行きました。病院では、次の産科医が決まってないといわれましたが、そのまま帰ってきました。

サクラのところに、小松の元同僚で助産師の武田(須藤理彩)が検診にやってきていました。四宮も帰ってきました。

透子が家でダウン症の子供たちの保育園とかを見てると、心配した夫が外へ食事に行こうとさそいましたが、夫はどこか他人事のようで透子には違和感がありました。翌日、ペルソナに言って心のうちをサクラたちに話すと、サクラはダウン症の子供を持つ親の会を紹介してくれて、今橋は、エミリー・パール・キングスレイという人の「オランダへようこそ」という詩を見せてくれました。1987年に書いたもので、エミリーさんはダウン症の子供を持った女性でした。

翌日、透子と夫はダウン症の子供たちの親の集まりに行きました。ニコニコ笑ってる母親達を見て、透子はすごい不安になってしまいました。すると、その母親達は、誰でも同じで少しずつ受け止めて、受け入れていったと話してくれました。いろいろな話を聞いてすこしずつ笑顔になってきました。

夫は、ダウン症を持つ父親に、「俺はどうしても受け入れられなかった、あんたひとりじゃないよ」といわれてほっとしました。

 

ある日、サクラは四宮をさそって飲みに行きました。そこには荻島先生がいました。サクラの先輩で、以前島にヘルプに行ったときの先生です。最近、本土からもヘルプが定期的に来るのでうまく回るようになってきて、やっぱり、島の人は気心の知れた場所で生むのが安心だといってるといいました。しかし、四宮は、

「そういう郷土愛とか、センチメンタリズムに左右されて設備の整ってない場所でお産をすることは、尊いとは俺は思えません。医師一人がすべてを抱えるのは、無理がある」

といいました。荻島は、

「何を怖がってるんだ?しかめっつらはお前の本当の顔じゃないだろ。どこにいても、おれたち医者はいつでも生と死、その狭間に立ってるんだ。どれだけ発展してもすべてのいのちをすくうことができないんだから。急いで生きたいんなら、一人で生きなよ。遠くへ行きたいなら、みんなで行きなよ。アフリカの言葉、俺の先輩が言ってたよ。おなじ産科医、場所は違っても心意気は同じ。そりゃ、設備は違う。でもな、どこにいっても一人ぼっちで多戦わなきゃいけないって、そんなことないよ」

と話してくれました。

 

サクラは生まれ育った施設にクリスマスプレゼントを持っていってピアノを弾いてあげました。そのころ、透子は両家の両親を呼んで「オランダへようこそ」の詩をよんでいました。そして、

「わたしはわたしなりに精一杯がんばろうとおもってます。けど、きっとまたやっぱりイタリアにいきたかったって思うときもあると思うんです。そんなときは支えてほしいんです」

といいました。横にいた夫も、

「俺も精一杯がんばる。透子はひとりじゃない。この子もひとりじゃない。俺達の子供だ。よろしくお願いします」

と親たちに頭を下げました。親も、「こちらこそ。この子はみんなの子だものね」と言ってくれました。

 

ペルソナでは、武田の陣痛が始まっていました。ところが、赤ちゃんの除脈がはじまってしまい、緊急カイザーになりました。

しばらくして、無事に男の子が生まれました。赤ちゃんが泣き出すと、武田も感極まって泣き出しました。小松が赤ちゃんを抱いて武田に見せようとすると、手術台の下が血だまりになっていました。驚いてサクラと四宮にすぐに言いました。

出血も1500も超えてきて、武田の意識が薄れてきました。サクラと四宮ががんばりますが出血がなかなか止まらずに、血液が固まりませんでした。子宮型羊水塞栓症でした。子宮を全摘することにしました。救命の加瀬や下屋たちを呼びました。加瀬がきたときに心臓停止しました。加瀬と下屋ががんばって、何とか心臓が動き出しました。

医局でサクラと小松と四宮が、「ほんとうによかった」と話していると、四宮が席を立って二人に話しかけました。

「ペルソナをやめようと思ってる。能登に帰る」

「四宮はそういうと思ったよ」

四宮は向こうに行っても新しい医療は学ぶことが出来るから、恐れていないでとびこんで見ることにしたといいました。

「おれも、あかちゃんがすきだからな」

「四宮は一人じゃない」

「ああ」

「四宮先生、自分の行く道、決めたんだね。よし、わたしも一歩踏み出そう。四宮先生、サクラ先生。小松、ペルソナをやめます」

そういって、母親のケアを出来る場所を作りたいといって、ペルソナの外からみんなを支えていくといいました。サクラはすぐに賛成しました。そして、

「離れてたって、僕達が目指す場所は同じだ。それに、僕はいつでもペルソナにいて、みんなをつなげていく。おかあさん、赤ちゃんと社会を。そして、それぞれの場所でがんばる仲間達をつなげていく。そういう医者に僕はなりたい。それは、赤ちゃんとお母さんの笑顔につながっていくと思うから。また、夢みたいなことを言ってるかな?」

「うーん。そうだな。でもいいんじゃないか。夢見たいなことを言うやつがいないと、先には進めないからな」

すると、小松は、「それって、家族みたいじゃん」と二人を抱きしめました。

 

しばらくして、白川は、今橋と握手をして旅立ちました。

吾郎が、産科に来ることをサクラと四宮に伝えにきました。

四宮もサクラと握手をして能登に帰っていきました。

 

(おわり)

『コウノドリ2』最終話の感想

ドラマ終了後、感想を載せて生きます。

スポンサーリンク

 

『コウノドリ2』のストーリー

サクラは、離島で働いてる恩師の荻島のところにヘルプで訪れていました。そこでは、急患が重なってしまい、十分な血液製剤もないままオペをすることになりましたが、無事に取り出すことができました。

ペルソナに戻ったサクラのところに、耳の聞こえない妊婦がやってきます。はじめてのケースでしたが、新しく来た研修医の赤西の助けも借りて無事に出産することができました。四宮のところには、心臓に疾患を持った赤ちゃんを妊娠した妊婦がきます。無事に出産することができましたが、病気のこともあり、なかなかひとりで育てていくには心の準備ができていないようでした。夫も育休もとれずに、仕事に行ってしまい、途方にくれていました。

それぞれの、生活が再び始まりました。

子宮頸がんを発症した19週の妊婦は、28週までおなかの中で育てることができて、出産してがんの切除手術をうけました。幸いなことに、がんの進行はそれほど広がってなかったので、赤ちゃんをずっと育てていくことができるようでした。1話で登場した彩加が、検診に来ていましたが、表面上は明るく元気に振舞っていましたが、ある日の夜、赤ちゃんを置いて屋上から身を投げようとしていました。気がついたサクラは屋上に駆け上がって扉を開けますが、間に合うのでしょうか?

そこには、すでに四宮先生がきていました。そして、まだ治療ができる患者はほっとけないと言うと、彩加は手を差し伸べました。診察室で産後うつになってることや、精神科に紹介したり、ママたちの会を紹介することで落ち着きました。そして、やってきた夫を叱って、二人で一人ではなくて、お互いに尊重し合って助けていけと言いました。

無痛分娩では愛情が育たないと思ってる妊婦が二人来ました。ひとりは、心臓病で負担をかけられないという妊婦で、もう一人は、トーラス、つまり第一子を帝王切開でとりだしてる妊婦でした。ふたりとも、周囲から聞こえてくる愛情=痛みを信じていてかたくなに下から産もうとしていましたが、サクラのコトバで、それぞれ無痛分娩と帝王切開で無事出産することができました。

切迫流産の可能性があるということで、出産日の2ヵ月くらい前から入院してる二人の妊婦がいました。そのうちの一人が、残念ながら胎内死産になってしまいました。緊急帝王切開で生まれた未熟児も、障害が残るリスクがあると知った上で、手術することになりました。

下屋がヘルプに行った先の産婦人科で、なかよくなった妊婦が救急車でペルソナに運ばれて来る途中、心停止してしまいました。赤ちゃんは助かりましたが、その妊婦は亡くなってしまいました。自分が症状を見落としたことに深く自分を責めた下屋は、産科に戻ることができませんでしたが、BABYのピアノを聞いて、自分の居場所は産科しかないと気が付きます。ただ、自分の未熟さに気づいた下屋は、救命救急科に異動してどんな妊婦でも助けられる技術を磨くことを決心して産科を離れました。

助産師の小松に子宮腺筋症とチョコレート嚢胞が見つかりました。サクラから子宮全摘をしないと命が助からないといわれて、悩み始めます。サクラはそんな小松をみて、食事に誘って小松だけにピアノを弾いてくれました。そのピアノの音色で小松は決心して手術を受けました。

最近自信をつけてきた白川が、診断を誤る医療ミスをしてしまいました。赤ちゃんは大学病院に搬送されて無事手術が成功しましたが、白川は、先を目指壮と考えて、ペルソナをやめて小児循環器科で研修を受けることにしました。今橋は、目的がしっかりわかったので、応援して送り出したいと話しました。

3回目の妊娠も赤ちゃんの心拍が確認できずに流産になってしまい、不育症になやむ妊婦がやってきました。サクラは、過去のことは忘れないでもいいよとやさしくいって二人を元気付けました。白川は小児循環器科を探し始めて、下屋も徐々に救命の力になりつつありました。それぞれの道を歩き出そうとしていました。

出生前診断をして21トリソミー陽性と結果が出た2組の夫婦がありました。一組は中絶して、一組は処置室の一歩前でやっぱり産むと決めました。

四宮の父親が亡くなったと連絡が入り、四宮が能登に帰りました。

『コウノドリ2』の原作

『コウノドリ2』の原作は、鈴ノ木ユウさんの同名の漫画です。鈴ノ木ユウさんは、1973年生まれの漫画家で山梨県出身です。大学卒業後はロックスターを目指されていましたが、2007年、ちばてつや賞準入選をされ、2010年ににゅうせんされて漫画家になられました。

『コウノドリ』は、2008年に鈴ノ木ユウさんが奥さんの出産に立会って感動し、これを伝える使命を感じて、漫画化を企図したことから始まりました。当時大阪大学病院で奥さんの担当医だった、りんくう総合医療センター泉州広域母子医療センター長の荻田和秀産婦人科医が主人公のモデルとなっています。荻田和秀先生は、NHKの「プロフェッショナル」などさまざまなメディアで取り上げられています。

荻田和秀先生について

妊娠や出産のときに、父親が言ってはいけないNGワードも載せていますのでご覧になってみてください。

漫画『コウノドリ』は有料ですが、今話題の、麻生久美子さんがCMをやってる「Renta!」でも読むことができます。⇒  Renta

また、『コウノドリ』は、電子書籍のナンバー1「honto」で読むことができます。紙の本も買うことができますし、雑誌やビジネス本や小説などの一般の本もどちらでも見ることができます。まるで、家に居ながら本屋さんにいる感じで素晴らしいです。会員登録しなくても、立ち読みすることができますので、ぜひ、ご覧になってみてください。

電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!

『コウノドリ2』のキャスト

  • 鴻鳥サクラ 綾野剛、産科医、ピアニストBABY
  • 四宮春樹 星野源、産科医
  • 下屋加江 松岡茉優、産科医
  • 倉崎恵美 松本若菜、産科医
  • 赤西吾郎 宮沢氷魚、研修医
  • 小松留美子 吉田羊、助産師
  • 今橋貴之 大森南朋、新生児科医、部長、センター長
  • 白川領 坂口健太郎、新生児科医
  • 大澤政信 浅野和之、院長
  • 向井祥子 江口のりこ、メディカルソーシャルワーカー

各話のあらすじ

以上、『コウノドリ2』の最終話のあらすじ(ネタバレ)と感想などでした。


あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 


LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

40歳で人生を見直す

  1. コック警部
  2. コミュニケーションスキル




疲れたときにおススメ

  1. 恋ノチカラ
  2. 大奥
  3. 問題のあるレストラン
  4. 赤い糸
  5. すてきな片想い
  6. ラブホの上野さん
  7. 贖罪
  8. いつまでも白い羽根
  9. Dr.コトー診療所

40代におススメの韓流ドラマ

  1. サム、マイウェイ
  2. アイム・ソーリー・カン・ナムグ
  3. ジャグラス
  4. 白詰草
  5. シンデレラと4人の騎士
  6. シークレット・ガーデン
  7. 応答せよ1997
  8. トンイ
  9. 六龍が飛ぶ
  10. ショッピング王ルイ
スポンサーリンク

最新情報

  1. スーツ
  2. スーツ
  3. NBA2017-2018
  4. 西郷どん
  5. 下町ロケット2
madrid
  1. 小さな巨人
  2. 恋のスケッチ~応答せよ1988~
  3. コウノドリ2
  4. ごめん、愛してる
  5. 人は見た目が100%
  6. 脳にスマホが埋められた!
  7. 西郷どん
  8. カインとアベル
  9. 打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

多くの人に読まれている情報

  1. シェイプ・オブ・ウォーター
  2. 突然ですが、明日結婚します
  3. 母になる
  4. 西郷どん
  5. BG~身辺警護人~
  6. 脳にスマホが埋められた!
  7. 屋根裏の恋人
  8. ドルメンX
  9. わにとかげぎす
電話占いヴェルニ「あの人の気持ちを当てる」全国の有名占い師が集結
PAGE TOP