コウノドリ2

『コウノドリ2』のキャストと3話のあらすじと感想。ゲストは川栄李奈

『コウノドリ2』の3話のあらすじ(ネタバレ)と感想を紹介します。ゲストは川栄李奈さんです。屋上から身を投げようとした彩加(高橋メアリージュン)にサクラは追いつくのでしょうか?

スポンサーリンク

『コウノドリ2』3話のあらすじ

妊娠36週の妊婦・山崎麗子(川栄李奈)はサクラ(綾野剛)の健診を受けてました。サクラは麗子に無痛分娩を勧めました。麗子は肺動脈狭さく症で、日常は大丈夫だけど、出産は危ないということでした。麗子は、友達から出産は超痛いと聞いていたので、無痛分娩は「超神!」と喜びました。

一方、無事に出産を終えたキャリアウーマンの妊婦、佐野彩加(高橋メアリージュン)は、生後2ヶ月半を迎える赤ちゃん・みなみの心室中隔欠損の診察の為、新生児科を訪れていました。白川(坂口健太郎)から赤ちゃんの心臓の穴がちいさくなってるから手術しなくても大丈夫だと聞くと、仕事をしたいので保育園に預けてもいいかと聞きました。このまま行けば大丈夫だけど、経過観察が必要だと説明しました。「これ以上やすむのはもうげんかいなんで」と彩加はいいました。仕事のことしか頭にない彩加の様子を見て、白川は違和感を覚えました。

さくらと小松(吉田羊)が玄関で見送ってると、みなみをだいた彩加がボーっと歩いてきました。小松が声をかけると、やっと笑顔になって「大丈夫です」と言って帰って行きました。その後姿を見て、サクラは以前の出来事をおもいだしていました。

彩加は家に帰ると、みなみがないてるのほ放っておいて、保育園に電話を掛け捲っていました。家の中はめちゃくちゃでした。電話を置いて南の近くに行きますが、「泣かないでよ」といってみてるだけでした。

病院のカンファレンスでは、小松が佐野の産後うつのことで四宮にはなしをしていました。四宮は産後うつは精神科の範囲で、産科の仕事ではないといいました。ソーシャルワーカーの向井(江口のりこ)白川も、おかしいと感じたといいました。今橋(大森南朋)はエジンバラの結果をみんなに回しました。点数は問題ないけど、注意が必要だという結論になりました。

カンファレンスが終わって医局にいると、無痛分娩の麗子が受付に来たと連絡が入りました。サクラが診察室に行くと、麗子は落ち込んでいました。声をかけると、

「先生、私火事見ちゃった」

と言い出します。祖母から火事を見たらあざのある赤ちゃんが生まれると聞いて心配になってしまったんです。サクラは迷信よりも睡眠不足がもんだいだとやさしくいって、不安があったらいつでもきてくださいと答えました。医局でも、四宮と下屋(松岡茉優)から、そういう人を相手にしたらたまらないといわれましたが、不安があったらきてくれたほうが良いといいました。

そして、はなしが麗子の無痛分娩のことになると、日本は遅れてるからどんどん増やしていったほうがいいと研修医の赤西(宮沢氷魚)害いました。それを聞いていた四宮は、それをするには産科医や産科麻酔科医を倍以上に増やさないと無理だといって、「ちょっとは頭使えよ、ジュニア君」と言い捨てて出て行きました。

屋上で赤西が落ち込んでると、下屋が缶コーヒーを持ってきてくれました。下屋が四宮先生の言うことは間違ってないというと、赤西は産科医になるつもりはないと再び言いました。下屋は、それにどうこう言うつもりはないけど、ここにいる限り赤西も産科医だということは忘れるなと言って歩いていきました。

 

一方、彩加の家に、彩加の母親がやってきました。母親は、来週から保育園に預けて仕事に出るということを聞くと、仕事は誰でもできるけど、母親は彩加しかできないからと反対しました。母親が帰ったあとも仕事復帰だけが彩加の望みでした。

 

病院では、今橋が院内コンサートをサクラにお願いしていました。小松は彩加のことが心配でしたが、何もできませんでした。サクラのところに、ふたたび麗子がやってきました。今回は、体を冷やしてはいけないといわれて、厚着して白湯ばかり飲んでいました。

彩加の家では、泣いてるみなみをそのままにして、保育園を探していました。そこに帰ってきた夫がもうあきらめたらというと、きれてしまいました。その様子を見た夫から性格が変わったといわれてしまいました。夫がみなみを見ると、様子がおかしくなっていまいた。あわてて二人で病院に連れてくると、気管支炎でした。夫に説明してると、

「何で私の邪魔するの」

と彩加がつぶやきました。しらかわはぎょっとして顔を見ました。

彩加が廊下でみなみと待ってると、小松が来ました。小松が彩加の足元を見ると、靴がばらばらでした。小松は、LINEのIDを渡して何かあったら連絡してといってると、今橋たちが通りかかりました。小松は別室に連れられていって、個人的に患者と連絡を取り合うのはまずいと、四宮もやってきていわれました。小松は、

「いま苦しんでるお母さんがいるのにほっとけません。それは赤ちゃんをだいじにするという四宮先生の考えと同じじゃないですか」

「それは、理解してますよ。でも、一日に何人も見る中で、そのうえで心療内科みたいなことをするんですか?」

するとサクラが

「話を聞くだけでも楽になるお母さんがいるかもしれない。手遅れになるまえになにかをしたい。そうおもうのは間違ってないよ」

「あのな・・」

聞いていた今橋が、サクラも四宮もどちらも正しいから、産後うつは難しいといいました。そして、気持ちはわかるがルール違反だと小松を諭しました。

医局にもどったサクラは、昔のことを思い出していました。四宮は、

「すべての患者や家族の背景をせおうことは俺たちにはできない」

「わかってるよ。でも、そのできる範囲をかたくなに守ってたら手遅れになる。ぼくはもう三浦さんみたいな人を作りたくないんだ」

かつて産後うつで赤ちゃんを置いて命を絶ってしまったお母さんです。サクラは、もうちょっと勇気を出して声をかけたり、電話をかけたりしていれば、救えたかもしれないといつも思ってると四宮に話しました。四宮は、

「いい加減にしろ、前を向けよ。お前が大丈夫じゃないんだよ」

と言って、肩に手をかけました。

 

無痛分娩の麗子の出産の日、直前になって、麗子は無痛分娩をやめたいと言い出しました。友達から無痛分娩で生むのは赤ちゃんより自分のことが大切なんだろ、母乳も出ないし、自然で産んだ母親の愛情には叶わないと言われたようでした。サクラは、友達の馬鹿話で二つの命を危険にさらすことはできないし、無事に出産を終えるのが仕事です、と話しました。出産は終わりじゃなくて始まりだし、これからの赤ちゃんの生活には大切なことだといいました。麗子は納得して出産に向かいました。無事、出産することができました。

彩加の家に部下が赤ちゃんを見にやってきました。部下から、プロジェクトがほかに人にまわされたと聞いてショックを受けました。部下が帰ったあと、泣き止まない赤ちゃんを連れて病院に来ました。受付に赤ちゃんを置いて姿が見えなくなったとサクラに連絡が入りました。サクラは急いで彩加を探し始めました。

その頃、彩加は屋上にいて、ベンチの上に登って飛び降りようとしていました。

そこに、四宮がやってきました。

「何をやってるんだ」

「四宮先生、もうどうでもいいんです。誰にも必要とされてない。母親としても駄目。わかんないでしょ。先生に何がわかるのよ」

「佐野さんの言うとおりですよ。おれにあなたの気持ちはわからない。だから、今あなたを引き止めてるのは、俺のわがままです。まだ治療に道がある患者をほうっておくことはできない。」

「治療?」

「そうです。直ります。話したくなければ黙っていていい。ただ、少しだけ話を聞いて下さい。おねがいします」

そういうと、四宮は彩加に向かって手を差し出しました。彩加はその手を握り締めました。

 

診察室にすわってる彩加のところに小松が飛んできました。抱きしめながら

「よかった。ほんとうによかった、なにもしてあげられなくてごめんね」

とささやきました。

四宮は、彩加に、産後うつにかかってる可能性が高いと告げました。そして、必要なのは高い知識を持った専門医ですといってると、夫がやってきました。夫は

「大丈夫か、どうしてこんなこと。行ってくれよ。夫婦は二人でひとつだって、母さんも行ってたじゃない」

それを聞いた四宮は

「なんだ、それ。人間は二人でひとつなんかになれない。しぬまでひとりだよ。たとえ夫婦でも別々な人間だからお互いを尊重しあう。それではじめて助け合えるんだろ」

と夫に言いました。

そのあと、今橋が夫に話をして、自分も駄目な父親だといってなぐさめました。

 

数日後、彩加がサクラの診察を受けていました。サクラは四宮が精神科の予約を取ってくれたと予約表をわたしました。それをみて、彩加はほっとしたといいました。ソーシャルワーカーの向井は、子育て中の母親が集まる場所を教えてくれました。小松も誰かに頼ってもいいんです代と話しました。

そのとき、看護士が南を連れてきました。彩加は受け取ると、顔をまじまじ見て涙を流しながら「かわいい」といいました。

医局に戻ったサクラは四宮に

「ありがとう」

「何のことだ」

「うん?ううん。本当に僕達産科医ができることは小さいね。ただ気づくこと、だれかにつなげることしかできない」

「だけど、今回はとめられた。生まれた瞬間から赤ちゃんとお母さんの変化を見続けていく。それはちいさなことじゃないだろ」

「うん、そうだね」

 

NICUに赤ちゃんが緊急搬送されてきました。白川が対応すると、先日四宮があっていた女性で知った。

医局では、下屋がモニターを見て緊急カイザーになりそうだとサクラに言ってると、離れたところで、四宮が赤西に怒っていました。

「おい、ジュニア君、何で報告しなかった?」

「いや、内科だったら血圧、180、200いるし、160だったら様子見かなと」

「だったら、明日からないか回ってきたらどうだ。もう産科には来るな、馬鹿」

そういわれた赤西は、周りの看護婦に

「いいじゃないですかね。ま、何もなかったんだし」

それを聞いていた下屋は、赤西の前に歩いていって思いっきりピンタをしました。

(⇒4話のあらすじ

『コウノドリ2』3話の感想

面白かったですね。シーズン1では、妊婦やその家族に焦点が当たっていたドラマで、サクラや下屋、四宮の葛藤とか感情よりも妊婦さんたちの苦労、思いなどがあからさまに描かれていて、とても感情移入しやすくて妊婦さんたちの苦労も良くわかったのですが、シーズン2では、どちらかというと、産科医や助産師たちの心の葛藤の方に焦点が当たってるような感じです。

3話でも、たしかに、高橋メアリージュンさん演じる彩加の大変なおもい、苦労は描かれていたのですが、それよりも小松の思いやサクラの以前の妊婦さんに対する後悔をメインに描かれていました。

それでもいいのですが、わたしとしては、シーズン1のような描き方の方が好きです。原作の「コウノドリ」を読んだり、モデルの荻田先生のお話なんかを聞いてると、実際の妊婦さんたちの方がドラマティックで計り知れない心の動きをされていて感動してしまいます。それを受け止める産科医の方たちもものすごいドラマを心の中でされてると思いますが、妊婦だったり、これから妊婦になるひとにとっては妊婦の方に焦点を当てた方が心に迫るものがあると思いました。

特に1話から続いている彩加の話は、そう簡単には片づけられない問題だと思います。もっともっとお母さんに焦点を当てて、すごいことをしてるんだと描いてもらいたかったです。ステレオタイプな昔ながらの考え方をしてる義理の母親や夫はどこにでもいます。毎日そんな人たちと接していた彩加を見るたびにかわいそうに思いました。四宮先生は、最後に良く言ってくれたと思います。

もしも、何の事だかわからない男性がいたら、こちらの記事の後ろに、妊婦に対して言ってはいけないNGワードをまとめてありますので、よくご覧になってみてください。

荻田和秀先生とNGワード

きっと、「えっ、これも?」なんていう言葉があったはずです。そうおもったら、四宮先生のこの言葉をもう一度読んでみてください。

「なんだ、それ。人間は二人でひとつなんかになれない。しぬまでひとりだよ。たとえ夫婦でも別々な人間だからお互いを尊重しあう。それではじめて助け合えるんだろ」

子供を作ったのは両方の責任ですし、育てていくのも二人の責任です。片方に押し付けることなんてできないですし、おたがいにできることをしながらたすけあって子育てをしていくことがとても大切だと改めて感じました。

最後に彩加の夫の康孝を演じられてたナオト・インティライミさんが言っていたように、イクメンになるのではなくて、父親になるのが本当に大切だと思いました。変わるのに遅いということはないですので、少しでもそんなことを感じられたら考えてみることをおすすめします。

スポンサーリンク

 

『コウノドリ2』のストーリー

サクラは、離島で働いてる恩師の荻島のところにヘルプで訪れていました。そこでは、急患が重なってしまい、十分な血液製剤もないままオペをすることになりましたが、無事に取り出すことができました。

ペルソナに戻ったサクラのところに、耳の聞こえない妊婦がやってきます。はじめてのケースでしたが、新しく来た研修医の赤西の助けも借りて無事に出産することができました。四宮のところには、心臓に疾患を持った赤ちゃんを妊娠した妊婦がきます。無事に出産することができましたが、病気のこともあり、なかなかひとりで育てていくには心の準備ができていないようでした。夫も育休もとれずに、仕事に行ってしまい、途方にくれていました。

それぞれの、生活が再び始まりました。

子宮頸がんを発症した19週の妊婦は、28週までおなかの中で育てることができて、出産してがんの切除手術をうけました。幸いなことに、がんの進行はそれほど広がってなかったので、赤ちゃんをずっと育てていくことができるようでした。1話で登場した彩加が、検診に来ていましたが、表面上は明るく元気に振舞っていましたが、ある日の夜、赤ちゃんを置いて屋上から身を投げようとしていました。気がついたサクラは屋上に駆け上がって扉を開けますが、間に合うのでしょうか?

『コウノドリ2』の原作

『コウノドリ2』の原作は、鈴ノ木ユウさんの同名の漫画です。鈴ノ木ユウさんは、1973年生まれの漫画家で山梨県出身です。大学卒業後はロックスターを目指されていましたが、2007年、ちばてつや賞準入選をされ、2010年ににゅうせんされて漫画家になられました。

『コウノドリ』は、2008年に鈴ノ木ユウさんが奥さんの出産に立会って感動し、これを伝える使命を感じて、漫画化を企図したことから始まりました。当時大阪大学病院で奥さんの担当医だった、りんくう総合医療センター泉州広域母子医療センター長の荻田和秀産婦人科医が主人公のモデルとなっています。荻田和秀先生は、NHKの「プロフェッショナル」などさまざまなメディアで取り上げられています。

荻田和秀先生について

妊娠や出産のときに、父親が言ってはいけないNGワードも載せていますのでご覧になってみてください。

漫画『コウノドリ』は有料ですが、今話題の、麻生久美子さんがCMをやってる「Renta!」でも読むことができます。⇒  Renta

また、『コウノドリ』は、電子書籍のナンバー1「honto」で読むことができます。紙の本も買うことができますし、雑誌やビジネス本や小説などの一般の本もどちらでも見ることができます。まるで、家に居ながら本屋さんにいる感じで素晴らしいです。会員登録しなくても、立ち読みすることができますので、ぜひ、ご覧になってみてください。

電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!

『コウノドリ2』のキャスト

  • 鴻鳥サクラ 綾野剛、産科医、ピアニストBABY
  • 四宮春樹 星野源、産科医
  • 下屋加江 松岡茉優、産科医
  • 倉崎恵美 松本若菜、産科医
  • 赤西吾郎 宮沢氷魚、研修医
  • 小松留美子 吉田羊、助産師
  • 今橋貴之 大森南朋、新生児科医、部長、センター長
  • 白川領 坂口健太郎、新生児科医
  • 大澤政信 浅野和之、院長
  • 向井祥子 江口のりこ、メディカルソーシャルワーカー

各話のあらすじ

以上、『コウノドリ2』の3話のあらすじ(ネタバレ)と感想などでした。

あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 

LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

40歳で人生を見直す

  1. コミュニケーションスキル
  2. 耳をすませば
  3. 人生の転機は40代

疲れたときにおススメ

  1. ボーダー
  2. 崖っぷちホテル
  3. バージンロード
  4. 人は見た目が100パーセント
  5. あぶない刑事
  6. 北の国から
  7. 絶対彼氏
  8. プリズンブレイク
  9. いつ恋

40代におススメの韓流ドラマ

  1. グッドドクター
  2. 六龍が飛ぶ
  3. スパイ
  4. 番人!
  5. 品位のある彼女
  6. 星から来たあなた
  7. 青い海の伝説
  8. 町の弁護士 チョ・ドゥルホ
  9. 私の心は花の雨
  10. バリでの出来事
スポンサーリンク

最新情報

  1. 義母と娘のブルース
  2. 義母と娘のブルース
  3. 健康で文化的な最低限度の生活
  4. 健康で文化的な最低限度の生活
  5. プロ野球
ニトリ
  1. 僕のいた時間
  2. リテイク
  3. 真夏の太陽
  4. 和食
  5. 山田くんと7人の魔女
  6. キャリア
  7. クモの糸QMONOS
  8. レンタル救世主

多くの人に読まれている情報

  1. 結婚式
  2. お迎えデス。
  3. 地味にスゴイ!
  4. 節電生活
  5. サバ缶
  6. 人は見た目が100%
  7. こえ恋
  8. 焼成冷凍パン
  9. 介護
  10. ジャラジャラの実マッド・トレジャー
エステ・タイム
PAGE TOP