メゾンドポリス

メゾンドポリスの9話のあらすじ。ついに最終章突入!

メゾンドポリス

ドラマ「メゾンドポリス」の9話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。加藤実秋の同名の小説が原作で、高畑充希さん演じる新人刑事ひよりが、シェアハウスで共同生活を送る元警察官のおじさん達に助けられながら難事件を解決していくとても面白いドラマです。曲者だらけの元警察官の伯父さんたちと高畑充希さんの掛け合いがかなりおもしろいです。

スポンサーリンク

ドラマ「メゾンドポリス」の9話のあらすじ

ドラマ「メゾンドポリス」の最終話を4/12の21:59まで無料で見ることができます。⇒TVer

ひより(高畑充希)とメゾンのおじさまたちは、フリージャーナリストの真琴(東風万智子)とともに改めて高遠建設を調べ始めました。警視庁から天下りした常務取締役・野間仁(佐野史郎)という男が全ての鍵を握っているようだとわかりました。

数日後、真琴は野間と青幸興行社長・大黒毅(中野英雄)の密会現場を写真に収めることに成功しました。青幸興行は暴力団・青戸組のフロント企業で、渉外部部長を兼務する野間が青幸興行に仕事を発注する事案も多いということでした。

野間と大黒が癒着しておりその不正会計を経理部部長の市野沢譲(税所伊久麿)や池原慎吾(関幸治)に処理させていたのではないか。そしてこの企みから逃げようとした市野沢は転落したように見せかけていのちをうばわれたのではないか。そして後任となった池原は刑事時代の夏目による苛烈な取調べを苦に自ら命を絶ったとされてきましたが、彼も口封じだったのではないか。野間と大黒の接点が見つかったことで一連の事件が線としてつながり始めました。

ひよりたちは、池原の妻を呼んで全部はなしました。その様子を外の車で草介(竜星涼)が盗聴していました。

そのころ、青幸興行社長の大黒が野間と会ってメゾンドポリスと日和の情報を渡していました。野間は市野沢の妻の和子(宮地雅子)に気をつけろと念を押しました。

ひよりたちは酔って橋から転落して亡くなった市野沢から再捜査を始めました。そして彼の妻の和子の元を訪ねましたが、なにもいいませんでした。和子も脅されてるようでした。

その後、市野沢が亡くなる直前まで酒を飲んでいたバーに立ち寄りました。よく見ると、そのバーには青幸興行の植木レンタルがはいっていました。店を出た直後、覆面を被った暴漢に襲われてしまいました。青戸組でした。

メゾンに帰ると、市野沢和子からひよりに電話がかかってきました。翌日家に行って話を聞くと、市野沢は野間がやってる不正な経理に加担してきたと話してくれました。しかも、市野原が亡くなった後、野間がやってきてお金を渡されながら脅されたということでした。そして、市野原はひよりの父親と同期で一度会ったことがあると言って写真を見せてくれました。もしかしたらひよりの父親も関係してるかもしれないということでした。そして、平成10年より前の裏帳簿が見つからなかったとも教えてくれました。

その日の夜、捜査会議をしながら、ひよりは野間と大黒の関係をマスコミにながしてくれないかと真琴にたのみました。

ところが、その会議の音声がすべて野間と大黒にわたっていました。

翌日、藤堂が部屋を離れたすきに青幸興行の若者がなにかをしかけました。

ひよりのところに、思い出したことがあると言って和子から連絡がはいりました。和子が警察に向かってる間、青幸興行のものがあとをつけていました。ひよりが迎えに出てるあいだに、公安がひよりの机にいきました。すべてのデータを消去されてしまいました。ひよりが待ち合わせ場所に着く前に、和子が事故に遭ってしまいました。青幸興行のやつらにやられたようでした。

メゾンでは、夏目の所に裏帳簿があるから渡したいという電話が来ました。高平の娘にも青幸興行のみはりがついていました。散歩してる伊達のところには、野間が目の前に現れました。野間は伊達を自分の部屋につれていきました。

Nわれました。データが亡くなってるのに驚いてると、そこに夏目から電話が来ました。ひよりは、こちらの行動がすべて漏れているから気をつけろといいました。

すると、日和の前に間宮朝人警視庁捜査一課管理官管理官(今井朋彦)が現れました。和子の遺書が出てきて、ひよりたちからしつこい圧迫を受けてると書かれていると言いました。

高平のところには娘の写真が送られてきて、すぐにメゾンを出ろと言われました。

夏目たちが外に出てる間に、下手をうった青幸興行の若者の命を奪って夏目たちの車に乗せられて迫田が犯人にさせられました。夏目はなんとかにげだしました。

藤堂の部屋は、昼間しかけられたもので爆発しました。

野間の部屋に連れられていった伊達は、「今頃、手下たちはいなくなった。静かにしてないと、あなた自身も」と脅されました。部屋を出た野間が車に乗ると、そこには真琴がのっていました。真琴がスパイだったんです。

(⇒最終話あらすじ

ドラマ「メゾンドポリス」のキャスト

  • 牧野ひより 高畑充希、新人刑事
  • 夏目惣一郎 西島秀俊、雑用係、元警視庁捜査一課主任・警部補
  • 伊達有嗣 近藤正臣、オーナー、元警察幹部
  • 高平厚彦 小日向文世、管理人、元中野東署警務課課長代理・警部
  • 迫田保 角野卓造、住人、元柳町北署刑事課・警部補
  • 藤堂雅人 野口五郎、住人、元警視庁科捜研第一法医科科長
  • 瀬川草介 竜星涼、買い物コーディネーター
  • 新木幸司 戸田昌宏、柳町北署刑事課課長・警部
  • 原田照之 木村了、柳町北署刑事課巡査長
  • 杉岡沙耶 西田尚美、柳町北署鑑識係・警部補
  • 間宮朝人 今井朋彦、警視庁捜査一課管理官・警視
  • 牧野尚人 水橋研二、ひよりの父親

ドラマ「メゾンドポリス」の原作

原作の加藤実秋さんは、1966年生まれの小説家、推理作家です。映画ノベライズなどを書かれていたあと、2003年、短編「インディゴの夜」で第10回創元推理短編賞を受賞して本格的に小説家デビューされました。「インディゴの夜」は2010年に昼ドラで実写化されました。メゾンドポリスシリーズは2作品です。主な作品は、

どれもアマゾンで購入できますので、読んでみてください。

各話のあらすじ

以上、ドラマ「メゾンドポリス」の9話のあらすじ(ネタバレ)でした。


あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 


LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

40歳で人生を見直す

  1. ジョジョ
  2. コミュニケーションスキル
  3. 人生の転機は40代
  4. モチベーション




疲れたときにおススメ

  1. ゴーストライター
  2. イタズラなKiss
  3. 恋ノチカラ
  4. パパ活
  5. ディアシスター
  6. 人は見た目が100パーセント
  7. きみはペット
  8. サキ
  9. 古畑任三郎
  10. あまちゃN

40代におススメの韓流ドラマ

  1. むやみに切なく
  2. もう一度始めよう
  3. 愛人がいます
  4. レディの品格
  5. 偽りの雫
  6. 太陽の末裔
  7. あなたはひどいです
  8. 七日の王妃
  9. 被告人
  10. 医心伝心
スポンサーリンク

最新情報

  1. FIBAワールドカップ2019
  2. ステキな金縛り
  3. ザ・マジックアワー(U-NEXT)
スニッファー嗅覚捜査官
  1. 西郷どん
  2. ブラックリベンジ
  3. パーフェクトワールド
  4. 地味にスゴイ!
  5. 警視庁いきもの係
  6. 力の強い女ト・ボンスン
  7. 中学聖日記
  8. 弁護士
  9. スキャンダル専門弁護士QUEEN

多くの人に読まれている情報

  1. リテイク
  2. 今からあなたを脅迫します
  3. 刑事ゼロ
  4. 就活家族
  5. ラブリラン
  6. アンナチュラル
  7. 三大ホテル
  8. 民衆の敵
  9. 重要参考人探偵
電話占いヴェルニ「あの人の気持ちを当てる」全国の有名占い師が集結
PAGE TOP