転職のやり方

「仕事を辞めたら負け」って本当?10年後に天国にいるか地獄にいるかはあなた次第。

boy

こんにちは、3回転職してから起業したしんごです。

  • 会社を辞めたら負け
  • 仕事をやめたら負け

ってよく聞く言葉です。わたしも会社を辞める前には、「なんか、会社や同僚に負けた感じがしてヤダな・・・」って頭の中によく浮かびました。あなたも、仕事を辞めようと思っていると思いますが、負けるのは嫌だからどうしようかなって思っていませんか?

でも、勝ち負けってないです。というか、誰に対しての負けなのか考えてみてください。わたしも、今から考えると誰に負けたのかよくわかりません。なんとなく、自分自身の中で、辞めることイコール負けだと思っていただけだったような気がします。

実は、それは親からの教育、学校からの教育のせいです。というか洗脳です。最後まで続けるのが美学として教え込まれてきた結果です。

なので、まずは「仕事を辞めたら負け」と言う考え方を捨てて、今の仕事をまっさらな目で見ることと、このまま続けて行っていいのか、それとも転職した方がいいのかを冷静になって、一から考えてみることがとても大切になってきます。

そこで、「仕事をやめたら負け」と思ってしまった時に、どう考えればいいのか、どう行動すればいいのかを説明します。

スポンサーリンク

「仕事を辞めたら負け」と思ったとき

「仕事を辞めたら負け」と思うときのあなたの精神状態や周りの環境を説明していきます。

まずは、私が「仕事を辞めたら負け」と思ったときのことをお話しします。

もうずっと前の話ですが、訪問販売の会社に営業職として働いていました。訪問販売と言うのは、アポなしで個人のおたくを回っていきなりセールスをするものです。

今は訪問販売と言うと悪徳業者しかいないイメージがありますが、昔は、車やミシン、置き薬、百科事典、教材など多くのものが訪問販売で売られていました。ネットショッピングはもちろん、テレビショッピング、量販店なんてない時代です。

特に、車などの高額商品はわざわざ買いに来る人がいなかったので、訪問販売が主流でした。

そんな会社で働いていたのですが、やはり、売れる人と売れない人はいます。わたしは、売れない人のグループに入っていました。売れないとやはり辞めたくなるのですが、その時に思ったのが「仕事を辞めたら負け」という言葉でした。

わたしよりも早くにやめていった人たちも、「負け組だ」みたいな気持ちがあって、何を言われても我慢して仕事を続けていこうと言う気持ちでした。

でも、結局は全く売れない日が2,3ヵ月続いて、どうしようもなくなって辞めました。「仕事を辞めたら負け」と言う気持ちよりも「もう無理・・・」と言う気持ちの方が大きくなったからだと思います。

今から思うと、その時に早めに気持ちを切り替えてやめて良かったと思います。

つまり、「仕事を辞めたら負け」って思ったときには、

  • 仕事の成績があがってない
  • 気分がマイナス
  • 生活が楽しくない
  • 会社を辞めたい

と言う感じになってるはずです。当たり前ですが、営業成績が良かったり、仕事がうまくいってるときには、「仕事を辞めたら負け」とは思わないはずです。

ですから、仕事がうまくいってなかったり、成績が悪いときには、何とかそれを克服してうまくいくようにしたいと思ってるのです。ただ、こころの中では逆に、今やってることを全部やめて新しい職場や環境に行きたいと感じてるはずです。その相反する考え方や感情が、あなたのこころの中にあるんです。

そして、うまくいってない時、すべてがマイナスになっていてる時は、いろいろ考えながらじたばたするのですが、そういう時ってなかなかうまくいかないことが多いです。それが長く続くとかなり疲れてしまい、苦しいんです。まるで、アリジゴクの様な、マイナスのスパイラルです。

いったい、なぜうまくいかないんでしょう?

うまくいかない時には何をやっても無駄?

そもそも仕事がうまくいかないときって、理由があるはずです。

  • 仕事の内容がよくわかってない
  • コミュニケーションがとれてない
  • 服装、見た目に問題あり

など、ひとによっていろいろな悪いポイントがあるので、仕事がうまくいかないことが多いです。

ただ、多くの人はそのことをしっかりと考えずに、短絡的に「仕事を辞めたら負け」だと思ってしまいます。または、どこが悪いのか見当もつかないってこともあります。

その結果、がむしゃらに頑張る事だけをしがちなんです。それが、マイナスからプラスにうまく転換できない理由です。つまりどこが悪いポイントなのかを考えないと言うことです。

RPGゲームに例えればわかりやすいです。

RPGゲームで中ボスに勝てないときって、

  • 防具や武器がしょぼい
  • 経験値がたりない
  • 味方が少ない

などの理由があります。そんなときに、がむしゃらに何度も戦いを挑んでも必ず負けます。まずは、お金を稼いで武器や防具をそろえて、経験値を積んで、強い仲間をゲットする必要があります。

中ボスに勝てるだけのスキルをそろえないと、勝てないと言うことです。

そのことは、だれでもすぐわかります。というのは、ゲームだとスキルなどが数値化されているからです。HPは・・力は・・素早さは・・って言う感じです。中ボスに勝てなければ、攻撃力をあげて、防御力を高めて、強力な魔法を憶えればいいと、だれでもわかる仕組みになっています。

もちろん、そのための方法もしっかりわかりやすくそろっています。武器屋とか、防具屋、魔法屋とかですね。ネットで調べても、人に聞いても簡単に分かります。

でも、実際の仕事や人生はどうでしょうか。

あなたの会社を思い出してみてください。どなたが攻撃力が一番高いですか?防御力は?体力は?・・・

なんとなくはわかると思いますが、あなたのレベルとどのくらい離れているかは誰にも分からないはずです。しかも、どうやれば、そのレベルに追い付くことができるのか、考えてもカンタンには答えが出ないんじゃないでしょうか。

その結果、ただがむしゃらに頑張るしかないとか、とりあえず真似をしようとか考えるので、なかなかうまくレベルアップすることができないような気がします。

そもそも、人それぞれ性格や夢、目標などが違いますので、正解やゴールはわかりません。考えれば考えるほど不安になっていって、「仕事を辞めたら負け」と言う言葉だけが残りがちです。

では、どうすればマイナスの状況からプラスに変えれるのでしょうか?

スポンサーリンク

 

マイナスをプラスに変えるには?

思い出してみてください。ゲームにもとても難しいものがあります。途中でどうやってもクリアできないものがありませんでしたか?

そんな時に、あなただったらどうしますか?「このゲーム辞めたら負けだ」なんて思って苦しみながら続けますか?

そんなことはしないはずです。私もそうですが、もちろん辞めますよね。「あー、もうだめ」って感じで簡単に辞めれるはずです。なぜかと言うと、ゲームには続けないといけないという理由がないからです。

むずかしいゲームだと、飽きてしまったら簡単に辞めることができるんです。

仕事も同じに考えてみてはどうでしょうか。つまり、飽きたら辞める、できなかったら辞める、無理っぽかったらやめるって思ってみるんです。

仕事を続けなければいけない理由としては、

  • お金
  • 世間体
  • 家族の目

などです。それらを気にしてるので、仕事を続けなくてはいけないと思ってしまうんです。その結果、「仕事を辞めたら負け」という強迫観念にさいなまれてしまいます。

根本的には、あなたのこころの中で、今の仕事が嫌だと思ってるはずです。その結果、嫌だけども辞めれない・・・辞めれないけども嫌だ・・・でも辞めたい・・・っていう無限ループに陥ってるんです。当たり前ですが、答えは出ません。答えがあるはずないですから。

答えが出ないこの無限ループを耐えようとして、「仕事を辞めたら負け」だとあなた自身に言い聞かせてるのが今のあなたの状態です。

この無限ループに陥ると、行きつく先は地獄です。身体を壊して入院したり、精神的に追い詰められてしまいます。「辞めたい」「辞められない」「辞めたら負け」という矛盾する3つの思いを毎日繰り返し考えていたら、誰でもそうなってしまいます。

この無限ループを壊すには、「嫌だけども辞めれない」の中の「辞めれない」を否定すればいいんです。「辞めれない」んじゃないくて「簡単に辞めれる」と思うことで、あなたの心の中の無限ループはストップします。

その上で、今の仕事をもう一度見直してみて下さい。今の仕事の100%が嫌だとは思わないはずです。10%でも20%でも、多ければ半分以上面白いと思ってるのではないでしょうか。

そこまでわかれば、後は簡単です。嫌だと思ってる部分を減らして、面白いと思ってる部分をふやしていけばいいんです。

簡単に言えば、今あなたがやってる仕事の中で、つらく、嫌な部分だけを見てるので無限ループにはまってしまったんです。そうではなくて、楽しい部分をしっかり見ながら、それをふやしていきましょう。

楽しい仕事、面白い仕事をするには見方を変える

とはいえ、「今の仕事、ぜんぶ嫌なんだ!」って叫ぶかもしれません。

もしも、これから説明することを試してみて、どうしても今の仕事が嫌でしたら、すぐに辞めましょう。

どうすれば楽しい仕事、面白い仕事を見つけれると思いますか?

それは、見方を変えるということです。見方を変えるとは、あなたの立場、見る方向を変えるということです。

今のあなたは、「仕事が嫌だ」「仕事を辞めたら負け」といつも考えてるので、ものすごく視野が狭くなってるはずです。もしかしたら、あなたの目の前にある美味しい料理も見たり感じたりできなくなってるはずです。

そんなときに、見方を変えろと言っても無理です。

そこで便利なのが、リフレームというテクニックです。心理学的なテクニックですが、フレーム、つまり額縁を変えてみるということです。

具体的には、あなたの仕事や生活をあなた自身の額縁ではなくて、上司の額縁や社長の額縁、顧客の額縁、恋人の額縁、芸能人の額縁などに付け替えて見たらどんな感じになるのかを想像してみるんです。

額縁を眼と言い換えてもいいです。

あなたがものを売ってるのでしたら、お客様の眼から見たあなたはどうなってるのか、その商品から見たあなたはどう映ってるのかをかんがえてみることです。

例え話で説明します。漫画「ワンピース」の話が有名です。

「ワンピース」はご存じだと思います。主人公はゴムゴムの実を食べたルフィです。部下には世界一の剣豪を目指すゾロやチョッパー、サンジ、ナミなどがいます。東の海を出港して海賊王になると言う夢を追って、四皇や七武海、海軍たちと戦っていきます。

とても面白い漫画で、ルフィはヒーローで誰にでも愛されてます。

では、ルフィのやって来たことを、海軍の一海兵の視点から見たらどうでしょうか。

例えば、「シンゴ」と言う海兵がいたとします。

東の海の居酒屋で働いていたシンゴは、ルフィたちの戦いに巻き込まれて居酒屋が潰されて無職になりました。シンゴの妻や子供もその時の戦いで亡くなってしまい、復讐のために海軍に入ったのですが、マリンフォード頂上決戦のときに、シンゴ自身も簡単に亡くなってしまいました。

このシンゴの視線やシンゴの友だち、親の視線からルフィを見たらどう思いますか?とんでもなく悪役ですよね。鬼としか言いようがありません。

海外の言葉に、「どの雲にも銀の裏地がついている」というものがあります。真っ黒な雨雲でも、雲の上から見ると、太陽の光に反射してまぶしいくらいの銀色になってると言うことです。

ルフィや雨雲と同じように、見方によって、どんなことでも、意味が、違ってきます。あなたの仕事にもそれは言えます。まずは、見方を変えてあなたの仕事をもう一度見直してみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

 

「仕事を辞めたら負け」って思ったら負けです。

「仕事を辞めたら負け」って思ったら、どう考えていけばいいのか、どう行動すればいいのかを説明してきましたが、お分かりになってもらえたでしょうか。

まずは、「仕事を辞めたら負け」と思った時点で、人生に負けてると思った方がいいです。その時点で、すでに仕事を辞めたいと内心は思ってるのですが、辞められないという無限ループに入ってしまってるからです。

この「辞めたいー辞められない」ループに入ってしまうと、思考が停止してしまい、いたずらに心を疲れさせてしまうだけです。答えの出ない問題をずっと考えてしまってるからです。

パソコンと同じように、そのうちフリーズしてしまい、からだが壊れてしまいます。

そうならないようにするためには、

  • 仕事を辞めたら負けは真っ赤なウソ
  • 簡単に仕事はやめられる
  • 仕事といってもいろいろある
  • 自分に合う仕事は必ずある

と思うことです。こう思うことで、「辞めたいー辞められない」無限ループから出ることができます。

その上で、今やってる仕事が

  • あなたに合ってるのか
  • 面白いところはどこか
  • 嫌なところをどう減らすか

などを考えていくことです。

朝ドラ『エール』の中で、森山直太朗さん演じる先生が言っていた言葉に、

「人よりほんの少し努力するのがつらくなくて、ほんの少し簡単にできること、それがお前の得意なものだ。それが見つかれば、しがみつけ。必ず道は開く」

というのがあります。胸に突き刺さるいい言葉です。今やってることを照らし合わせてみてください。わざと難しいことにチャレンジしていませんか?

そして、今の仕事があなたに合っておらず、すべてが面白くなくて嫌な人ばかりだったら、「仕事を辞めたら負け」なんて思わずにすぐに仕事を辞める方法を考えることです。

「仕事を辞めたら負け」なんて言う言葉は、幻想、妄想、言い訳にしかすぎません。あなたに合っておらず、楽しくなく、毎日がつらい仕事をしなければいけないことが負けです。人生の貴重な時間を思いっきり損をしてます。

あなたに合った仕事で、楽しく面白く、熱中できる仕事をすることこそが、「勝ち」です。

逆に、「仕事を辞めなかったら負け」ってと思って、今の仕事を別な視点から見てみるのもとてもいいことだと思います。とりあえずは、フラットな心にしてから、今の仕事や生活を考えてみましょう。


あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 


米山 慎吾

米山 慎吾

投稿者の記事一覧

いつもコメントありがとうございます。ご感想や、お気づきの点ありましたら、下のコメント欄に書いていただけると、うれしいです。
1961年、長野県生まれ。静岡大学卒業。大手出版社就職後、何社か経て53歳で会社設立。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

40歳で人生を見直す

  1. 人生は楽しい!
  2. ラグビー
  3. 人生は登山
  4. 人生に疲れた時
  5. 人生に失敗しない方法

何か悩んでいませんか?

  1. ジョジョ
  2. 旅
  3. 人生の転機は40代
  4. モチベーション
  5. コミュニケーションスキル
  6. 人生は登山
  7. 悩みは解決できない
  8. 人生を幸せにするのは質より量

最新情報

  1. タラバガニの通販
  2. しまむら福袋2021年
  3. ニトリ-福袋
デザイン
  1. 酢しょうが
  2. 椅子
  3. 人生の扉
  4. iPS細胞
  5. ロンドン
  6. アイスブリュードコーヒー

多くの人に読まれている情報

  1. 夏のひんやりグッズ
  2. 校閲
  3. フランス
  4. 人生は楽しい!
  5. 旅行
  6. 鬼滅の刃おせち
auひかりバナー
PAGE TOP