マチ工場のオンナ

「マチ工場のオンナ」の5話「不都合なうわさ」のあらすじ(ネタバレ)と感想。4000万の融資?

ドラマ「マチ工場のオンナ」の5話「不都合なうわさ」のあらすじ(ネタバレ)と感想です。

スポンサーリンク

「マチ工場のオンナ」は、有料ですがU-NEXTで見ることができます。今、31日間月額料金無料キャンペーンをしています。

⇒ U-NEXT

「マチ工場のオンナ」の5話のあらすじ

コレまでのストーリーはこちら⇒ストーリー

 

5話「不都合なうわさ」

光(内山理名)が社長となって3年がたちました。そして、夫の大(永井大)がアメリカから帰ってきました。

勝俣(竹中直人)や純三(柳沢慎吾)たちベテラン職人と若手の間にも連帯感が生まれ、会社は順調でしたが、機械が古くてだましだまし動かしてる状態でした。打越(忍成修吾)に相談すると、機械の入れ替えに4000万円くらいかかると言われました。

社長室で泰造の写真を見ながら考えてると、いきなり後ろから大に抱きつかれて驚きました。

その日の午後、純三の誕生日会と大の帰国祝いが行われました。

 

次の日、光と打越は銀行に行って4000万円の融資をお願いしました。長谷川は担保を出せといいますが、何もないので信用で貸してくれといいました。長谷川は大笑いをしますが、二人が帰った後に、一応支店長に聞くと、「断れ」といいました。

打越はなんとしても融資を受けてもらえるように、書類を作るといいました。

会社に帰って新しい機械を買うことを言うと、勝俣と純三に反対されました。家に帰った光は、大に機械の商社を紹介してくれと頼みました。

次の日、光と打越でその会社に話をしに行きましたが、駄目でした。

新しい機械を入れることを聞いた大の勤め先の名古屋オートモーティブからも、新規の取引をしたいという電話がかかってきました。それもあって早く機械の購入先を決めないと言ってると打越の電話が鳴りました。打越は出ずにすぐにきってしまったので、わけを聞くと、父親がゴルフ中に倒れて入院してるといいました。光は、仕事してる場合じゃないといって、すぐに帰れと打越を帰しました。

打越は、すぐに帰らずに銀行に行って長谷川と話をしました。そして、新規の機械を入れることでどれだけ売り上げが上がるかの分析データを手渡しました。そして、長谷川ほどの目利きだったら、ダリア精機に投資するメリットはよくわかるはずだと言って歩いていきました。

翌日、長谷川がダリア精機にやってきました。長谷川は機械を売ってくれるところが見つからないと聞いてあきれてしまいました。そして、機械を入れるメリットがどれだけあるのか調べに来たと言って、工場に見に行きました。光のアイデアでバーコードを入れたこととか、作業の分担化や、新しい機械を入れることで三分の二のコストカットが出来ると説明すると、月曜日までに書類を出してくれといわれました。

その日の夜、大と二人で名古屋オートモーティブの上司たちと飲むことになりました。新規取引の件を聞かれると、機械の購入先がまだ見つからないことを言って、険しい顔になりましたが、光が笑顔で対応すると、上司達も太ももを触ったりしてにやけて上機嫌になりました。その様子を大が苦々しくみていました。その帰り道、大は何か言いたそうにしますが、光は気づかずに帰っていきました。

銀行では、長谷川は、上司にもう一度融資を検討してくれとお願いしていました。

光は、何件もメーカーを回りますが門前払いをされてしまいました。ところが、ある会社で展示会のチラシを手に取りました、その展示会に行ってみながら歩いていて、声をかけてくれるところからすぐに買おうと決めていました。そして、声をかけてくれたところに、「買います」というと、話しがとんとん拍子に進んで買えることができました。じつは、その社長が泰造のことを知っていたんです。

銀行に行ってその話しを長谷川にすると、「まあ、いいんじゃないですか?結果オーライですから」といいますが、書類を見て全然駄目だといいました。そして、二人でダリア精機に戻って書類を作り直そうと、車に乗って出かけました。その後姿を上司が見て、ふたりはできてるのでは?とうわさしていました。

大の会社でも、光と銀行の長谷川が怪しいんじゃないかとうわさになってると上司が大に話していました。

家に帰ってきた大は、光がいないことに気がつきます。母親から、会社にこもって銀行員と二人で書類を作ってると聞かされました。大は、布団の中に入りますが、まったくねれずにため息ばかりついていました。

ダリア精機では、長谷川がつきっきりで上司にOKをもらえるようにこと細かく指示して作り直していました。休憩してるときに、なんとか職人達にずっと仕事してもらいたいと思って機械を買いたいとか、息子のしょうらいのはなしとか、光は今思ってる本心を長谷川に話しました。その話を部屋の外で、おにぎりを持った大が聞いていました。

翌朝、やっと出来上がった書類を長谷川が手に持って、光に毛布をかけて帰ろうとすると、大が玄関に立っていました。

外に出た大は、長谷川に向かって

「あの、ちょっと非常識なんじゃ?たとえ仕事でも、周囲に誤解されるようなことは」

「誤解?あ、確かに一夜をともにしましたが、一線は越えてません。なんて」

それを聞いた大は、長谷川の襟をつかんで殴ろうとします。そこに、母親が出て来て殴るのをやめました。長谷川は、小声で、「今のはなかったことにしておきますから」と言って、車に乗って帰っていきました。

 

しばらくして、光が家に帰ってきて朝食を食べました。もうすでに、大も息子もいませんでした。すると、母親から、「3人でくらしたら?」といわれました。

銀行に戻った長谷川は、書類を上司に渡しました。煮え切らない上司に向かって、ダリア精機に他の都市銀から話が来てていて、もしかしたら、追加融資だけでなく、貸付金もすべて持っていかれるかもしれないと伝えました。融資は認められました。

銀行でハンコをついたあと、光が車にのってキーをさそうとすると、手が震えてうまくさせませんでした。おもわず、「だいじょうぶだよね、おとうさん」とつぶやきました。

光が会社に帰ってくると、暗いなかに大がひとり座っていました。光が融資がうまくいったとうれしそうに話すと、大は、いろんなところで愛想を振りまいてるので、長谷川と出来てるといううわさが会社にまで来てると不機嫌に言いました。誤解されるのは、光にも隙があるせいじゃないかとつめたい顔で言いました。

光が涙ぐみながら、「仕事してるだけだよ」というと、

「変わったよ、光。帰ってきてから違和感しかない。4000万円の事だって。4000万円だよ。そんなでかい決断、誰にも相談せずにぽんと決めて。なんでそんな平気な顔していられるんだよ、何が大丈夫なんだよ」

「大丈夫なんかじゃなないよ。4000万円だよ、怖いよ。大丈夫だって言ってるだけだよ。何の根拠も自信もないよ。でも、わたしは社長なの。大丈夫って言うしかないじゃない」

「そういうことをさ、なんで俺に言わないんだよ。仕事の不安とかさ、工場のみんなへの想いとか、航太のこれからのこととか。そういうこと相談するの、俺じゃないの?それじゃおれ、帰ってきた意味ないだろ」

そういうと、部屋を出て行きました。

家に帰った大は、荷物をつめて家を出て行きました。

ひとり残った光は、泰造の写真を見ながら泣いていました。そのまま朝まで机で寝てしまいました。

 

2008年9月。新しい機械が入りました。

光が階段に座って新しい機械を見てると、純三と勝俣が先頭きって社員を呼んで光の前に並ばせました。そして、重大発表があると言い出しました。それは、社員旅行に行くということでした。勝俣ががんばりすぎてる光に骨休めさせてやろうということで、毎月1000円ずつ貯めて下呂温泉に連れて行ってやろうと言い出したんです。勝俣は、

「ここんとこお嬢が、かならずだの、だいじょうぶだの、胸を張るたびになんともいえない気持ちになった。お嬢は、泰造じゃねえんだよ。ひとりで背負うな。つまり、こういうことだ。俺達はただの社員じゃない。みんな、お嬢の仲間だ。」

「おれら、社長がどんなへまをやらかそうと、ずっとついていってやるから」

「俺達が言いたかったのは、たったひとつだ。お嬢!3年間お疲れ様でした」

みんな「おつかれさまでした」と頭を下げました。光は涙をながしました。

 

社員旅行の日。

バスの前で写真を撮ってバスに乗り込むと、バスに乗ってるテレビでニュースがながれてきました。アメリカの大手証券会社「リーマン・ブラザーズ」が破綻したということでした。そのときは、光は何も感じずに、そのまま旅行に行きました。

銀行でそのニュースを見ていた長谷川は、凍りついていました。

(⇒6話のあらすじ

「マチ工場のオンナ」5話の感想

おもしろかったですね。内山理名さんと村上淳さん、永井大さんの演技がとってもよかったです。永井大さん演じる大の気持ちはわかりますが、これはどうしようもないことじゃないかと感じました。大がアメリカに行っていた3年の間で、精神的にもかんがえ方も大の何倍も先に光が行ってしまったんだと思います。その取り残された感じをひしひしと感じていて、好きだった光ではなくなってしまったと感じて出ていったのではないでしょうか。そのバックボーンにあるものは、やはり男性は仕事、女性は家事といったような昭和的な発想だと思います。

それは、逆に考えればよくわかります。旦那さんが社長をしてるという家庭は沢山あると思いますが、4000万円の融資を決めたことを相談してくれなかったといって家から出ていってしまう奥さんはまずいないんじゃないかと思います。社長だけじゃなくて、サラリーマンでも接待で女性がいるお店に行って鼻の下を伸ばしてるところを見ても、ある程度は納得するのではないでしょうか。逆に、その女性の方を責めると思います。

そもそも、依存してる部分が大きいので、腹を立ててしまったんじゃないかと感じました。依存というコトバでなければ、所有という感じです。大は光を所有してると思ってるのですが、光は所有ではなくて共存だと思ってると思います。大は光を所有してるので、自分が思い描いた光でないと満足できないですし、社長はどういう仕事をしてどういう決断をしてるのかが想像できないので、パニックになってしまいました。

これは、普通のひとの中にも多かれ少なかれある気持ちだと思います。その部分で喧嘩をしたり、無視してしまうことが起きてきます。

幸せになるためには、依存、所有をしないことです。お互いに相手を認め合って共存していくことで幸せな家庭をつくっていけると思います。大の場合だったら、光は社長だっていうことをまず認めてあげて、サポートをしてあげることです。そのためには、自分の人生をもう一度見直して何のために生きてるのかを考えることです。そこで、専業主婦の光と暮らしていくことが唯一の幸せだとおもったら仕方ないですが、それこそ光の存在を否定してるということになります。人からなにをしてもらいたいのかと考えるよりも、なにをしてあげられるかを考えることがたいせつです。

来週は、年末ということもあって2話連続放送です。お忘れなく。

スポンサーリンク

 

「マチ工場のオンナ」のストーリー

専業主婦の有元光(内山理名)は、夫・大(永井大)と息子の3人暮らしでした。ある日、過労で倒れた父・泰造(舘ひろし)の様子を見にいくと、医師からガンで余命4日と告げられてしまいました。

光は、幼くして亡くなった兄の代わりに光を社長にしようと泰造に育てられて来ましたが、押し付けが強い泰造に反発して、専業主婦となっ手会社のことには一切ノータッチでした。

病床の父を前にしても、自分の気持ちを素直に伝えられませんでした。しかし光は、金庫の番号が光が小さい頃ずっと遊んでいたミニカーの番号だったことを知って、どれだけ自分のことを思っていてくれたかを思い出しました。そして、町工場を守ろうとする父の思いを知ります。社長を継ぐと決意した光は泰造が寝てる病室まで走ってきて、「会社はわたしがやるから」とさけびました。その言葉を聞いて、泰造はしずかにめをとじました。

葬儀の後、取締役会が開かれました。社員の勝俣と純三は光を社長に推して、泰造の妻の百合子とチズ叔母さんは光の夫の大をおしました。光はとりあえず考えさせてくれといいました。

銀行員の長谷川は大を接待して社長になるように口説きます。いったんは社長になる決心をしますが、アメリカへの責任者としての異動がきまり、今の仕事が好きでたまらないことに気がついて、光にいっしょにアメリカに来てくれとたのみました。ところが、光は、勝俣たちに泰造の社長仲間を紹介されたり、工場の中をみたり運転手の三枝の話を聞いたことで、やっと社長になる覚悟ができたので、いっしょには行けないと大に話しました。

翌日、社員達に社長になることを継げて、経理の打越のリストラ案どうりに、三枝を含む5人にリストラを告げました。

翌朝、それを聞いた勝俣と純三はすごい勢いで怒ってしまいました。光はベテラン社員と若手社員を分けてそれぞれのミーティングを行い意見を吸い上げることにしました。若手からの意見で工場内もスッキリしましたが、ある行員のミスで、勝俣と純三は職場放棄してしまいました。

光の必死の説得で、純三は工場に帰ってきてくれて、ミスした仕事は何とか間に合うことができました。ただ、勝俣は、退職願を書いていました。

何回話し合っても光と勝俣はけんかになってしまいました。光は最後に、泰造がやっていた中学校のものづくり教室に行ってくれとお願いしました。勝俣と一ノ瀬は中学生達に教えていきますが、勝俣は泰造がやってきたことをおもいだして、ダリア精機に戻ってきてくれました。一方、夫の大は、アメリカに行く前にインスタント主夫になって光のつらさを身にしみてわかります。そしてアメリカに旅立っていきました。

光が社長に就任して半年後、ダリア精機は黒字になりました。

3年後、光と打越は銀行に行って4000万円の融資を長谷川に頼みました。

「マチ工場のオンナ」の原作

原作は、諏訪貴子さんの「町工場の娘 主婦から社長になった2代目の10年戦争」というビジネス書です。

町工場の娘-主婦から社長になった2代目の10年戦争

諏訪貴子さんは、大学を出られてダイヤ精機の取引先の自動車部品メーカーに就職されましたが、お父さんに請われてダイヤ精機にはいられました。ところが、経営方針の違いから2度もリストラされてしまったそうです。しかし、32歳のときにお父さんが急に亡くなられて社長を継がれました。

バブルの崩壊などもあって赤字だった工場ですが、女性ならではの手腕で情と論理のバランスがとれた経営方法で工場を立ち直らせて、たった10年で「町工場の星」とまで言われるようになったそうです。

詳しくは、ドラマの中でも出てくるでしょうし、本を買われて読んでみてください。小説ではないので、どんなふうにドラマにしてくれてるのか、脚本家や演出の方の力量も感じることができると思います。

「マチ工場のオンナ」のキャスト

  • 有元光 内山理名
  • 有元大 永井大、光の夫、海外赴任してしまう
  • 有元航太 山田羽久利、光と大の息子
  • 須藤泰造 舘ひろし、ダリア精機社長
  • 須藤百合子 市毛良枝、泰造の妻
  • 勝俣勉 竹中直人、ダリア精機社員、ベテラン職人
  • 花田純三 柳沢慎吾、ダリア精機社員、ベテラン職人
  • 三枝文雄 刈谷俊介、ダリア精機社員、運転手
  • 一ノ瀬翔 吉村界人、ダリア精機社員、若手職人
  • 川口大樹 渡辺佑太朗、ダリア精機社員、若手職人
  • 打越和哉 忍成修吾、ダリア精機社員、経理
  • 長谷川隆史 村上淳、愛知東西銀行

各話のあらすじ

以上、NHKドラマ10「マチ工場のオンナ」の5話のあらすじ(ネタバレ)と感想でした。


あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 


LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

40歳で人生を見直す

  1. communication
  2. コミュニケーションスキル




疲れたときにおススメ

  1. 民衆の敵
  2. 抱きしめたい!
  3. パフェちっく
  4. GOLD
  5. 隣の家族は青く見える
  6. サキ
  7. ゴールデンカムイ
  8. 名前をなくした女神
  9. あまちゃN

40代におススメの韓流ドラマ

  1. ジャグラス
  2. 結婚契約
  3. オクニョ
  4. 明日、キミと
  5. ああ、私の幽霊さま
  6. キム課長とソ理事
  7. ロボットじゃない
  8. 僕は彼女に絶対服従
  9. 内省的なボス
スポンサーリンク

最新情報

  1. スーツ
  2. スーツ
  3. NBA2017-2018
  4. 西郷どん
  5. 下町ロケット2
真夏の太陽
  1. 火花
  2. 先に生まれただけの僕
  3. 高嶺の花
  4. 限界団地
  5. サインデザイン
  6. おんな城主直虎
  7. 古城
  8. 砂の塔
  9. 人生の転機は40代

多くの人に読まれている情報

  1. 就活家族
  2. 人は見た目が100%
  3. 大貧乏
  4. 祈りの幕が下りる時
  5. 焼き鳥
  6. オーファンブラック
  7. 小さな巨人
  8. スーツ
  9. 君を守りたい
電話占いヴェルニ「あの人の気持ちを当てる」全国の有名占い師が集結
PAGE TOP