NEWS

メタンハイドレートとは?実用化の可能性はいつごろ?長所と短所を調べてみた

メタンハイドレートの価値が3.3兆円だという見込みが経済産業省から出てきました。

そもそもメタンハイドレートとは何か、知ってますか?石油とか石炭に変わる夢のエネルギーと言われていますが、その実用化の可能性と、いつごろになるかが興味ありますよね。そこで、メタンハイドレートの長所と短所を調べてみました。


スポンサーリンク


メタンハイドレートとは?

メタンハイドレートとは、ウィキペディアによると

メタンハイドレート(英: methane hydrate)とは、低温かつ高圧の条件下でメタン分子が水分子に囲まれた、網状の結晶構造をもつ包接水和物の固体である。およその比重は0.9 g/cm3であり、堆積物に固着して海底に大量に埋蔵されている。メタンは、石油や石炭に比べ燃焼時の二酸化炭素排出量がおよそ半分であるため、地球温暖化対策としても有効な新エネルギー源であるとされる(天然ガスも参照。)が、メタンハイドレートについては現時点では商業化されていない。化石燃料の一種であるため、再生可能エネルギーには含まれない。

ウィキペディアより引用)

簡単に言うと、何個かの水分子が手を取り合ってカゴを作って、その中にメタンが一つ入っているというイメージです。

こんな感じ。

methane_hydrate

 

メタンと言うのは、都市ガスの中の80%を占める物質で、要はよく燃えるものです。

つまり、メタンハイドレートに火をつけると、よく燃えて、水しか残らないんです。言って見れば、天然ガスが固形になったみたいなものです。その際には、二酸化炭素も多くは出てきません。

 

しかも、このメタンハイドレートの凄いところは、1立方メートルのメタンハイドレートから、164立方メートルのメタンガスと、0.8立方メートルの水が生成されるんです。

 

ただ、問題があるんです。

 

メタンハイドレートは、1気圧、つまり、私たちが暮らしている環境では存在できません。

メタンハイドレートが安定して存在するには、

  • 1気圧下で、マイナス80℃以下
  • 10気圧下で、マイナス30℃以下
  • 50気圧下で、プラス6℃以下
  • 100気圧下で、プラス12℃以下

の条件が必要になります。

 

地上でマイナス80℃以下の所なんてめったにないですよね。

北極の観測基地や南極の昭和基地でも、平均気温はマイナス10℃くらい。最低気温でマイナス45℃がせいぜい。

 

なので、地上では存在しません。

 

存在できるのは、陸上だったら、永久凍土の下500m位の所か、海の底500m位の所なんです。

 

永久凍土でしたら、ある程度の圧力はあるし、かなり低温になります。現在では、カナダとか、極地方の永久凍土の下に確認されています。

 

海洋では、温度があまり下にならなくても、存在することが可能になります。

というのは、水圧です。

 

海の中では、10mで1気圧下がります。

つまり、500mもぐると、50気圧の圧力がかかる訳ですね。

50気圧だと、プラス6℃以下まで存在できるので、かなり安定して存在することができます。

 

日本では、そこに目を付けたんです。

そこで、太平洋、日本海で調査をしたところ、実は、世界最大のメタンハイドレートの埋蔵量が確認されたんです。

この量は、日本の天然ガス使用量の100年分に匹敵する量なんです。

methan

 

日本の太平洋側が、真っ赤になってるのがわかると思います。

 

つまり、自分の国でエネルギーをまかなうことができてしまうということです。

さらには、東アジアの国へも輸出することが可能なんですね。

 

ただ、良いところもあれば、問題点もあります。


スポンサーリンク

メタンハイドレートの長所と短所は?

メタンハイドレートの長所と短所を見ていきましょう。

 

まず、長所としては、

  • 二酸化炭素を多く輩出しないクリーンエネルギーと言われています
  • 自国内でのエネルギー生産ができるようになります

次に、短所としては、

  • 技術がおいついていない
  • 経済的に採算が合うかどうかが未定

つまり、採算が合う価格でのメタンハイドレートの生産方法が、まだ確立していないということです。

 

ただ、今回でた経済産業省の試算では、

「燃える氷」とも呼ばれ、次世代燃料と期待されるメタンハイドレートを商業化した場合、3兆3千億円程度の売り上げが見込めると経済産業省が試算したことが17日、分かった。政府がメタンハイドレートの販売金額を試算するのは今回が初めて。技術開発などで政府が投じた予算総額の30倍を超える効果があり、平成28年度に最終段階を迎える開発計画の進展にも期待が高まりそうだ。

(ヤフーニュースより引用)

現在では、590億円ほどの投資が行われているんですが、これからの投資も含めて、3.3兆円の売り上げが見込めるとなると、かなりのお得感がでてくるとおもいます。

ただ、問題なのは、買う立場での価格です。

今、ガソリンでしたら、1L当り110円位、都市ガスでしたら、1立方メートルあたり125円くらい。

この金額よりは、最低限、少なくならないと意味がないような気がします。

 

例えば、産油国でしたら、ガソリンがただみたいな値段になっていますよね。それと同じです。

 

また、もう一つの問題としては、太平洋側と日本海側のメタンハイドレートの採取方法が違うということです。

 

日本海側では、量は少ないと思うんですが、あまり他のものが混ざっていない状態で海底にあるらしいのです。

太平洋側では、大量にあるのですが、砂が混ざっていて、これを取り除く技術がさらに必要だと言われているんです。

 

なので、太平洋側をメインに開発が進んでいるらしいのですが、そこに、多くの人の利権が絡んできて、ややこしくなっているようです。

そこら辺りをクリアにしない事には、詐欺師のような人達も現れているようなので、注意が必要です。

まとめます。

メタンハイドレートは、日本にとっての命綱かもしれません。

このまま、少子高齢化が進むことによって、かならず国力は下がります。

 

その時に、自国生産可能なエネルギーを確保することができたら、どれだけプラスになるのかはかりしれません。

それがあるだけで、世界的な立場も強くなれるし、多くの国々にも恩恵を与えることができるようになります。

そのためにも、技術力をしっかり高めて、効率よくエネルギーを取り出す仕組みを作っていってもらいたいと思います。

 

とりあえず、国が主体で、民間が補助として入っていくことでうまく行くことができると思うんですが、一応、2030年代の後半には、商業化ができるらしいので、楽しみに待っていたいですね。

 

国会の先生も、居眠りしている場合じゃないと思いますよ。

おすすめの記事

 

スポンサーリンク

 

LINEで送る
Pocket

角田 勲

角田 勲

投稿者の記事一覧

いつもお読みいただいて、ありがとうございます。
お気づきの点ありましたら、なんでもけっこうですので下のコメント欄にお書きください。

【長野県出身。信州大学卒業後、公務員として20年間勤務した後に、何も考えずに退職。その退職金を元に事業を起こすが、失敗。現在は、人生を楽しむをモットーに奮闘中!】

本日のおすすめ情報

  1. ぜいたくレッドスムージーの口コミ!道端アンジェリカを目指す飲み方とは? ぜいたくレッドスムージー
  2. リッチマンプアウーマンの動画(1話~最終話)を今すぐ無料視聴する方法。
  3. プレミアムスリムビオは痩せない?効果的な飲み方と最安値で通販で買うには?
  4. コストコの店舗の一覧と予定は?時給の高さと出店計画の土地条件が凄い
  5. HuluやFODを無料で映画やドラマを見る方法。安室奈美恵さんの動画やチケットも! 映画
スポンサーリンク

最新情報

  1. 感情8号線
  2. WITH LOVE
  3. Age35恋しくて
  4. 2017Jリーグ順位
サクラダリセット
  1. ドクターX
  2. 小さな巨人
  3. 突然ですが、明日結婚します
  4. ニトリ
  5. リピート~運命を変える10か月~

多くの人に読まれている情報

  1. 台風18号
  2. 確定申告
  3. 過保護のカホコ
  4. ベトナムの少年
  5. この声をきみに
  6. BG~身辺警護人~
  7. コピーフェイス
auひかりバナー
PAGE TOP