未解決の女

未解決の女の4話のあらすじ(ネタバレ)。ゲストは真飛聖。

未解決の女

(引用:公式サイト

ドラマ「未解決の女~警視庁文書捜査官」の4話のあらすじ(ネタバレ)です。


スポンサーリンク


4話のあらすじ

15年前の2003年、近所でも“理想の主婦”と評判だった藤田里美(真飛聖)は、代議士の夫・藤田晃一(堀部圭亮)や息子2人といっしょにお祭りに来ていました。みんなで買った焼きそばを食べる前に、おみくじを結びに行った里美は行方不明になりました。その後、警察が事故、事件の両面で探しましたが、一切の痕跡はありませんでした。

 

2018年。

ショップ店員・長瀬真智(吉井怜)が山中の橋から転落し、全身打撲で意識不明の重体になりました。現場には、「特命捜査対策室」室長・古賀清成(沢村一樹)が呼ばれました。じつは、真智が乗ってきた車の中から、藤田里美の毛髪が発見されたんです。古賀は、藤田晃一代議士の名前を見てにやりと笑いました。藤田里美の父親は衆議院議員で、晃一は当時第一秘書をしていました。

古賀は6係にやってきて、里美の書類を探して持って行きました。

強行班係の岡部(工藤藤阿須賀)は上司の川奈部係長(光石研)に橋から転落した真智のことを報告していました。山梨県のアパレルショップに勤めていて、休暇中に車で出かけていて、奥多摩山中で被害にあったということでした。地元のひとが、遠くから、被害者が後ろから落ちていくのを見たので事件として捜査が始まりました。

矢代朋(波瑠)が、なにか文書がないかと川奈部係長に聞くと、暗号のような数字が羅列してる紙切れをわたされました。被害者の車にあったということでした。喜んだ朋は、鳴海理沙(鈴木京香)にわたしました。

朋と草加(遠藤憲一)は、数字の書かれた紙の裏にかかれた公園の名前を頼りに捜査に出ました。

朋たちが公園の近くで聞き込みをしてると、子供たちから、移動図書館のちらしだとおそわりました。そして、かかれてある数字は蔵書の番号だと理沙にほうこくすると、全部借りて濃いといわれました。

6係に蔵書を持ってくると、すべて里美の失踪事件に関する書籍でした。そして、数字の特徴から書いたのは長瀬真智だと理沙がいいまいした。川奈部係長や古賀もそれをきいて、二つの事件はかかわりがあると張り切って出て行きました。

古賀が行ったのは、里美の夫の晃一のところでした。いまだ代議士になってる晃一は選挙に出る準備をしていました。晃一は、子供たちももう帰ってこないことはわかってるので、他の大事な事件を捜査してくれといいました。

朋たちが晃一の自宅に行くと、息子の颯太と陸人が帰ってきました。

朋たちは家に上がって覚えてることをもう一度ききました。ただ、自慢の母親だったと改めてきいただけでした。そして、陸人が作るカレーはおいしいからと言われて食べて帰りました。

その頃強行班では、長瀬真智が、15年前に里美がいなくなった神社で巫女のばいとをしていたとわかりました。また、甲府のナンバー1ホストには待っていて金に困っていたということでした。

6係では、理沙が里美が失踪直前に書いた絵馬をみていました。部屋を出ると、朋が料理本を見ていました。陸人から、料理作れたほうがいいといわれて借りてきたものでした。そこには里美の字がたくさん書かれていました。理沙は取り上げて読んでると、ひとつだけ字がにじんでいました。理沙は科捜研に廻せといって、絵馬ももってきました。その絵馬には、子供が書いた文書の下に、里美の文章がかかれていました。

理沙は、「まるで自分がいなくなることを知っていて、願いをこめたメッセージね」といいました。そして、その絵馬から伝わってきたイメージを朋にはなしました。それは、里美の二人の子供に対する距離感が違うというものでした。

朋がありえないというと、理沙は、書類をだしてきました。そこには、陸人が里美の姉の河村綾子の子供だと書かれていました。古賀に聞くと、川村綾子は子供を産んだ後、新しい男と蒸発してしまったので、赤ちゃんだった陸人を藤田夫妻が特別養子縁組をしたとおしえてくれました。河村綾子は当時から行方をくらましていたということでした。

朋が古賀に里美の失踪と絵馬がなにかつながりがあるといってると、理沙が地下から出てきて科捜研の件酒かを持ってきました。

そこには、料理本のにじんだ文字はなみだによるものだとかかれていました。さらに同じペンで書かれていることから、すべてのページに書かれた文章は、泣きながら短期間に一気にかかれたものだと理沙が言いました。

さらに草加がやってきて、晃一の元秘書と連絡が取れたといいました。

古賀を含めて6係で捜査会議をひらきました。草加は、晃一はとてもおとなしい人物だけど、2009年に、父親の議員が出てる国会中継を見ていて、壁にグラスを投げつけたと報告しました。2009年は、国会で時効廃止法案が審議されたときでした。すると、5時15分のタイマーがなりました。みんな帰って生きました。

古賀が上に上がってくると、川奈部係長がやってきて、長瀬真智がある見せに何度も電話をしていて、河村綾子のことを執拗に聞きだしていたことがわかったといいました。そこに岡部から電話がかかってきて、真智が週明けから出てきていないということでした。

朋は、理沙と草加をつれて里美がいなくなった神社にやってきました。そこで里美の行動を話してると、岡部から河村綾子が書いた伝票が画像で送られてきました。理沙がそれをみてると、「やっときた・・文字の神様が・・」と言ってうずくまりました。

理沙は立ちあがると朋にはなしだしました。

「晃一がなぜ壁にグラスをたたきつけたのか?国会で時効廃止法案が審議されてるのをみて、なぜ、彼はかっとなったのか?・・」

「時効が廃止されたくないから」

「そう、彼は時効の完成を待っていた」

「じゃあ、藤田晃一さんは何か悪いことをしていたってこと?」

「藤田晃一本人か、もしくは・・・」

 

朋と草加と川奈部係長が颯太と陸人の大学にいくと、門の前に里美が立っていました。里美は、「わたしは河村綾子です」と逃げようとしましたが、署につれてきました。川奈部係長たちが取調べをしましたが何も話しませんでした。

すると、理沙がやってきてわたしが聞いてみるといって部屋の中に入りました。理沙は、河村綾子として書いていた伝票の画像をみせました。理沙は、筆跡をいつわろうとしても何度も書くと本来の筆跡が出てしまうといって、伝票の最後の「食」という文字と絵馬に書かれた「食」という文字を重ね合わせました。するとぴったりあいました。それをみて里美は話し出しました。

失踪するまえ、陸人の母親の河村綾子がお金をせびりに何度もきていました。息子に会おうとして2階に上がっていく河村綾子の腕を引っ張ったら、階段から落ちてなくなってしまったといいました。そして、山に遺体を埋めたあと、罪を償いたいと夫に相談すると、自首するのが一番迷惑かかると説得されたんです。ただ、精神的にまいっていた里美がいつばれるのか心配した夫の晃一は、失踪して河村綾子として暮らし始めていけと提案しました。

ただ、時効は廃止されてしまったんです。

そのとき、夫の晃一から、3000万円を渡して河村綾子として生きていけといわれました。

そして、最近、河村綾子の遺体を埋めた場所で手を合わせてると、長瀬真智に秘密を見抜かれて脅迫されたんです。おもわず、里美は橋から突き落としてしまいました。そのあと、晃一から絶対に名前を言うなと電話が来たんです。

その頃、朋と古賀は夫の晃一のところに話を聞きに行きました。すると、すんなりとそのことをみとめました。ただ、晃一は近くにあったガソリンをばら撒きだして、ライターをつけました。「すべてもやして、なにもなくしてやる」といってるところに岡部が着ました。晃一が目を話した瞬間、朋が飛び込んで背負い投げでなげとばしました。ライターは岡部が拾いました。

警察から連行される里美のところに、颯太と陸人がやってきました。ふたりは、「僕達はまってるから」とさけびました。

(⇒5話のあらすじ

ドラマ「未解決の女~警視庁文書捜査官」を見逃してしまったら、U-NEXTで見ることができます。U-NEXTは月額会費2,149円(税込)個別課金で見ることができます。ドラマ「未解決の女~警視庁文書捜査官」の個別課金は各話324円です。今なら31日間月額会費無料キャンペーンを現在やっていますので、個別課金だけで見れます。見放題のドラマもありますので、こちらをクリックしてU-NEXTをお試しください。

≫U-NEXT公式サイトへ

ドラマ「未解決の女~警視庁文書捜査官」の原作

原作は、麻見和史さんで、1965年生まれの小説家、推理作家です。千葉県出身で、立教大学文学部を卒業されて、2006年に「ヴェサリウスの柩」で鮎川哲也賞を受賞してデビューされました。主な作品は、

などです。

キャスト

  • 矢代朋 波瑠、特命捜査対策室第6係刑事
  • 鳴海理沙 鈴木京香、特命捜査対策室第6係刑事
  • 草加慎司 遠藤憲一、特命捜査対策室第6係刑事
  • 財津喜延 高田純次、特命捜査対策室第6係係長
  • 古賀清成 沢村一樹、特命捜査対策室室長
  • 吉田治郎 西銘駿、特命捜査対策室第2係刑事
  • 由比雄一 植木祥平、特命捜査対策室第2係刑事
  • 庄野仁 裵ジョンミョン、特命捜査対策室第2係刑事
  • 川奈部孝史 光石研、第3強行犯係長
  • 岡部守 工藤阿須賀、第3強行犯刑事
  • 桑部一郎 山内圭哉、第3強行犯刑事

各話のあらすじ

以上、ドラマ「未解決の女」の4話のあらすじ(ネタバレ)でした。

あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 

LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

40歳で人生を見直す

  1. ジョジョ

疲れたときにおススメ

  1. 医龍
  2. ゴールデンカムイ
  3. あぶない刑事
  4. 無痛
  5. 君といた夏
  6. カエルの王女さま
  7. ビーチボーイズ
  8. モンテクリスト伯
  9. 問題のあるレストラン

40代におススメの韓流ドラマ

  1. 恋する泥棒
  2. 雲が描いた月明り
  3. 麗
  4. 六龍が飛ぶ
  5. アンダンテ~恋する速度~
  6. 輝け、ウンス!
  7. 青い海の伝説
  8. グッドワイフ
  9. ウチに住むオトコ
  10. デュエル~愛しき者たち~
スポンサーリンク

最新情報

  1. テバク
  2. トンイ
  3. スパイ
  4. 輝くか、狂うか
  5. ショッピング王ルイ
バウムクーヘン
  1. ツバキ文具店
  2. にきび
  3. おんな城主直虎
  4. 突然ですが、明日結婚します
  5. 斉木楠雄のΨ難-1
  6. ルーブル美術館
  7. 貴族探偵
  8. 家政夫のミタゾノ2

多くの人に読まれている情報

  1. J1昇格プレーオフ
  2. 脳にスマホが埋められた!
  3. リバース
  4. NBAオールスター2017inニューオリンズ
  5. 西郷どん
  6. お母さん、娘やめていいですか?
  7. おんな城主直虎
  8. ぶどう
  9. 先に生まれただけの僕
ビットフライヤー
PAGE TOP