Missデビル

Miss デビル(ミスデビル)の4話のあらすじ(ネタバレ)。博史がハニートラップ

見逃した「ミスデビル」をもう一度無料で見るならこちら⇒Hulu

Missデビル

(引用:公式サイト

ドラマ「Missデビル」の4話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。

スポンサーリンク

4話のあらすじ

博史(佐藤勝利)は、南雲(前田航基)や関内(山本直寛)、真冬(白石聖)たちと社内合コンに来ていました。すると、総務部の中山花憐(筧美和子)という女性から猛烈にアタックされました。

翌日、出社すると、沖津(和田正人)たちから昨晩の合コンの写真を見せられて、「モテモテ博史くん」といじられました。そこに、眞子(菜々緒)からお呼びがかかりました。部屋に入ると、総務部にいってくれといいました。

ただ、今回は、リストラ候補者を探すのではなくて、花憐と恋に落ちてくれということでした。

 

あるバーで、大沢社長(船越英一郎)と伊東人事部長(木村佳乃)が飲んでいました。大沢社長は、新製品の部外秘の資料を出しました。そして、ライバルのバーゼル損保の新商品のチラシを見せて、ほとんど同じで価格は少し安くなってると説明しました。伊東人事部長は、誰かが内部情報を漏らしてるのでは?といって内々で調査をしてみるといいました。

さらに大沢社長は、眞子から人件費削減の改革案が来てると言って見せました。

翌日、伊東人事部長は眞子のところに、改革案は必ずわたしを通せと文句を言いにいきました。すると、眞子の机の上にバーゼル損保の封筒がおいてあるのに気がつきました。

すぐに部屋に戻って眞子の過去の会社を調べ始めました。

博史が総務部に行くと、花憐が笑顔で近寄ってきていろいろと世話を焼いてくれました。ただ、それを見ていた真冬たち総務部員は博史の悪口を陰で話していました。

眞子は会長に呼ばれました。両親の事を聞かれたあと、縣という男性を知らないかと言われました。20年前に調査を依頼していた探偵だということですが、眞子は知らないと応えました。

縣のところに、「お前たちのやったことはすべて知ってる」という脅迫状が送られてきていました。

 

伊東部長のところに、部下が眞子の過去の会社の情報を報告しにきました。眞子が勤めていたUSユニオン保険は、スパイによる大規模な情報漏えいがあって、大口顧客が一気にバーゼルに流れたということでした。そして。USユニオンが身売りしたのは、眞子がやめてから1年後だったので、すべて眞子のせいだとうわさがあるということでした。

伊東部長は、眞子の尾行を開始しました。ですが、すぐに見失ってしまいました。姿が見えなくなったのは、バーゼル損保のビルの前でした。

次の日、投資家のトニー・グワントという人物がバーゼルの買収にはかかわってることがわかります。つまりトニー・グワントとつながってるのがスパイだと伊東部長は判断しました。

総務部の給湯室では、博史が花憐にランチデートにさそわれていました。煮え切らない返事をしてると眞子がやってきてハイヒールのかかとで博史の足を踏みつけました。博史はデートすることをOKしました。すると、真冬がやってきて怖い顔をしてそのまま帰っていきました。

博史が人事活用ラボに行ってライバルがたくさんいてなかなかうまく行っていないと報告すると、花憐の本命の彼氏を特定しろという命令が出ました。

 

社長室には、眞子が呼ばれていました。今年は眞子のおかげでいい新卒が入ったと言って、南雲から毎日新商品の提案書が送られてくるとうれしそうにいいました。今度プレゼンをさせてあげようとおもってるといいました。

博史の実家にいる父親の修(鶴見辰吾)のところに、「これ以上深入りするな」とメールが気ました、さらに、家の外から縣が中を覗いていました。

翌日、南雲から社長の前でプレゼンをすると聞くと、自分の出来ることをしろという眞子の言葉をおもいだしました。

総務部にいった博史は、花憐にちかづいていちゃついて手帳を見せてもらいました。そこにはKちゃんという名前がたくさん書かれていました。本命はそれに違いないとおもいました。Kちゃんはこの間の合コンにもきてたとおしえてくれました。

眞子に報告すると、Kがつく名前の男性はいないといわれました。そこに、妹の茜(関屋利歩)から電話が来ました。妹だというと、眞子に促されて出て、「カネコ?あとでおりかえすから」といいました。

それをきいていた眞子は、妹は茜のはずだといいました。博史は、むかしからカネコとよぶと嫌がるからずっとそう呼んでるとこたえました。

「茜がカネコ・・・なるほど・・・斉藤博史君、よくできました」

そういって、にやりとわらいました。そしてすぐに部屋をでていきました。

博史が会社を出ようとすると、梨木課長が花憐と仲良く歩いてるところをみました。Kちゃんは課長ちゃんの略だと気がつきました。そばにいた沖津といっしょに二人をつけていきました。

 

眞子は、ホテルに行って、トニー・グワントと仲良く話しました。そこには伊東部長が来ていて二人のことを写真で撮りました。トニーが帰ったあと、伊東部長は眞子の前に立って、これはどういうことか?と質問しました。そして、トニー・グワントからもらった封筒の中に眞子がスパイだという動かぬ証拠があるといいました。

眞子は、その封筒を奪い取って「そのとおりです」というと、携帯にメッセージがはいりました。それを読んだ眞子は、

「時間がありません。急ぎましょう」

と言って席をたちました。

夜の道を歩いてる眞子を追いかけて伊東部長がやってくると、自分はスパイではないといって、そばにいたカップルに

「かっちゃん」

とよびかけました。そこには、花憐と営業企画部の高木繁克がいました。

眞子は、高木を指差して、

「伊東部長、彼がお探しのスパイです」

といいました。

一方、花憐をつけていた博史と沖津は花憐たちが入っていった店に入りました。すると、そこはオカマバーでした。中には女装した梨木課長がいました。花憐の事を聞くと、途中で別れたといいました。沖津はすぐにでて行きました。

 

眞子は、高木繁克のさいごの克から「かっちゃん」となってるとせつめいしました。さらに、最近高価なものを買っていることを言った後、高木の通帳の記録とバーゼル損保からもらったかっちゃんへの送金記録をみせました。その二つはぴったり一致しました。高木繁克はバーゼルから切り捨てられたんです。

それを知った高木は花憐たちに襲い掛かろうとしますが、眞子はハイキック一発で倒しました。そして、あなたにはやめる権利がありますといったあとに、懲戒解雇に値しますと宣言しました。

翌日、博史が出社すると、沖津の携帯に博史の女装画像があって、みんなにいじられました。

眞子があるいてると、伊東部長から声をかけられました。スパイを見つけてくれてありがとうと行った後、眞子の人事改革案は白紙に戻しておいたといいました。

博史が歩いていると、南雲が反対からやってきました。社長プレゼンが急遽今からになったといいます。変な顔をしてるので、どうした?と聞くと、

「ありがとな、斉藤。おれ、おまえがいるからがんばれたみたいなところあるから」

と言ってあるいていきました。

南雲が社長室はいると、機密事項なのでと言って秘書にでていってもらいました。お辞儀をした南雲は

「やっとこのときが来た」

とつぶやきました。

人材活用ラボでは、眞子が南雲について博史に聞いていました。今、南雲は社長室に呼ばれてプレゼンをしてると聞くと、

「今、今なの?」

といって眞子は走り出しました。

眞子が社長室に入ると、南雲はナイフを振りかざして社長をおいつめていました。社長の左手の甲からは血が流れていました。

眞子は部屋に入るなり、ハイキック一発で南雲をふきとばしました。あとから博史が入って来ました。

「南雲・・・なんで・・・?」

(⇒5話のあらすじ

ドラマ「Missデビル」を見逃してしまったら、月額会費1,007円(税込)で見放題のHuluで見ることができます。いまなら月額会費1,007円(税込)が14日間無料になるキャンペーンをしています。こちらをクリックして登録すれば、5分後には見ることができます。

≫Huluに無料登録!

キャスト

  • 椿眞子 菜々緒、人材活用ラボ人事コンサルタント
  • 沖津周平 和田正人、人材活用ラボ社員
  • 国本要二 モロ師岡、人材活用ラボ社員
  • 田部栞奈 水沢エレナ、人材活用ラボ社員
  • 花村優梨子 山田キヌヲ、人材活用ラボ社員
  • 斉藤博史 佐藤勝利、人材活用ラボ新入社員
  • 藤堂真冬 白石聖、総務新入社員
  • 南雲陽一 前田航基、営業部新入社員
  • 関内秀臣 山本直寛、経理新入社員
  • 斉藤茜 関屋利歩、斉藤博史の妹
  • 斉藤聡子 山下容莉枝、斉藤博史の母
  • 斉藤修 鶴見辰吾、斉藤博史の父
  • 喜多村完治 西田敏行、共亜火災保険会長
  • 柴崎亮 猪野学、共亜火災保険会長秘書
  • 大沢友晴 船越英一郎、共亜火災保険社長
  • 本橋瑞希 瀬戸さおり、共亜火災保険社長秘書
  • 伊東千紘 木村佳乃、共亜火災保険人事部長

4話以外のあらすじ

以上、ドラマ「Missデビル」の4話のあらすじ(ネタバレ)でした。


あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 


LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

40歳で人生を見直す

  1. 結婚
  2. プロ野球
  3. communication
  4. 未来を変える




疲れたときにおススメ

  1. 残念な夫
  2. ボク、運命の人です。
  3. コンフィデンスマンJP
  4. すべてがFになる
  5. ナースのお仕事
  6. 火村英生の推理
  7. 大奥
  8. ブザービート
  9. ファイティングガール
  10. セレブと貧乏太郎-1

40代におススメの韓流ドラマ

  1. 大王の夢~王たちの戦争
  2. 星から来たあなた
  3. モンスター
  4. ハベクの新婦
  5. 花郎
  6. トンイ
  7. 空港に行く道
  8. ヒーラー
スポンサーリンク

最新情報

  1. 江南ロマンストリート
  2. 大王の夢~王たちの戦争
  3. 温かい一言
  4. 最高です!スンシンちゃん
  5. 偽りの雫
東京タラレバ娘
  1. あぶない刑事
  2. 結婚式
  3. すし
  4. 母になる
  5. yoga
  6. BG~身辺警護人~
  7. 子猫
  8. ライアーゲーム
  9. 西郷どん

多くの人に読まれている情報

  1. おんな城主直虎
  2. ラブリラン
  3. 鍋
  4. ゼロ~一獲千金ゲーム
  5. スニッファー嗅覚捜査官
  6. IQ246~華麗なる事件簿~
  7. リピート~運命を変える10か月~
  8. 先に生まれただけの僕
  9. 弁護士
auひかりバナー
PAGE TOP