家政夫のミタゾノ2

家政夫のミタゾノ2のキャストと5話のあらすじ(ネタバレ)。ゲストは佐藤仁美と宍戸美和公

見逃した「家政夫のミタゾノ2」をもう一度見るには⇒U-NEXT公式サイトへ

家政夫のミタゾノ2

(引用:公式サイト

ドラマ『家政夫のミタゾノ2』の5話のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。

スポンサーリンク

5話のあらすじ

「家政夫のミタゾノ2」の5話を、5月25日の夜10時まで無料で見れます。⇒テレ朝動画

三田園(松岡昌宏)と麻琴(剛力彩芽)は、有名デザイナー・森品千恵子(宍戸美和公)の家に派遣されることになっていました。森品は顔を出さないことで有名なデザイナーでした。

三田園と麻琴が尋ねる前に、森品家では、家政婦として働く木口一美(佐藤仁美)が千恵子にデザインを盗んだのでは?と文句を言ってました。一美は家政婦として働きながら千恵子にデザインを教わっていたデザイナーの卵だったんです。ところが、千恵子は、自分の名前があったからそのデザインがさいようされたんだ、世に出ただけでもありがたいと思えと高圧的にいいました。

そして、怒った千恵子に出ていけといわれた一美は写真を撮り始めてマスコミにバラスと言い出します。それを聞いた千恵子は一美に飛び掛っていってもみまいになりました。その弾みに、千恵子は家具に頭を打ち付けて気を失ってしまいました。

一美は千恵子を風呂場に引きずって行って、すべってころんだように偽装しました。

そして、出て行こうとしたら、そこに三田園と麻琴がやってきました。一美は千恵子を装って、洋二ができたから帰ってくれといいました。そこに、広告代理店の岡見という営業マンがやってきました。あらたに配属されたようで、千恵子の顔も知らないようで、千恵子だとおしとおすことにしました。

岡見は、「モンデュ・ツバサ」のデザインの締め切りが今日なので、ぜひもらいたいといって3人とも家の中に入ってきました。

早く帰ってくれといい続ける一美に、三田園は何かを感じて水周りを掃除するといいだしました。すると、風呂場で音がしました。

一美が行ってみると、千恵子が目を覚まして立っていました。一美はすぐに謝りましたが、千恵子は何も覚えてない記憶喪失になっていました。

そこに三田園がはいってきました。一美は、千恵子のことを前に雇っていた家政婦の木口一美だと紹介しました。さっそく、三田園が引継ぎをしたいと言って台所に連れて行きました。三田園は包丁を渡しますが、ろくに野菜も切れませんでした。その様子を見て一美は普段の仕返しに大笑いしました。

そのあと、一美は千恵子にトイレ掃除をさせて2階に行ってデザインをかんがえはじめました。

麻琴が一美を手伝ってると、記憶喪失になってることがわかりました。それを三田園にいうと、記憶喪失になっても服を着るような習慣化した動作はわすれないといいました。

そこに、岡見が先輩から聞いたといって、高いワインを持ってきました。それを飲むと良いアイデアが出るということでした。

2階では、一美がまったくアイデアが出ずになやんでいました。そこに、麻琴が岡見のワインを一美に教えてもらったといって持ってきました。

一美は千恵子が記憶を取り戻したと思って、一人残しましたが、そうではない事に気づいて帰しました。すると、三田園がドアから見ていました。中に入れると、ワインを飲んでくれといわれたので、一気に飲んで「いつもと同じ味でとてもおいしい」と言ってグラスを返しました。

三田園は、机の上のデザイン帳に「モンデュ・ツバサ」のロゴとデザイン学校のバッグがおいてあるのを見つけて、そのまま何も言わずに降りていきました。実は、一美が飲んだワインは岡見のものではなくて料理用のワインでした。

三田園は、一美の写真を撮って森品千恵子だといって家政婦紹介所に送りました。倫子(内藤理沙)が三田園に言われたデザイン学校を調べていると、三田園が送ってきた写真は学生の木口一美だとわかりました。さらに、一美が考えたデザインが「モンデュ・ツバサ」のロゴに瓜二つだというのも気がつきました。

その日の夜、三田園は夕食の準備ができたと行って帰ろうとしますが、悩んでる一美に「デザインを盗もうと考えるときはありますか?」とききました。家政婦のテクニックは教えてもパクリじゃないけど、デザインはパクリになってしまうのでつらいですねといいました。

早く帰ってくれと、一美が居間に行って麻琴にお金を出すと、千恵子がお札のにおいをかぎ始めました。そして、

「おもいだしたわ、何もかも。わたしは・・・森品千恵子!」

とさけびました。そして、急にえらそうになって一美を起こり始めました。千恵子は一美を怒り始めます。一美が倒錯してると文句を言い始めると、岡見が出てきて、最近の千恵子の作風が変わって来たことが噂になってると言って出てきました。

千恵子が誰なのか?と聞くと、三田園が博通堂の岡見だと紹介すると、千恵子は知らないといいました。そこに電話がかかってきて三田園がでました。博通堂の「モンデュ・ツバサ」の担当者が1時間後にやってくるといわれたといいました。

千恵子と一美たちが岡見を見て「あんた誰?」というと、岡見は週刊文鳥の記者だと白状しました。倒錯疑惑の真偽を確かめにきたといって、タブレットを出して弟子たちのデザインと千恵子が発表したデザインを見せました。千恵子には弟子がたくさんいて、一美だけでなく、それぞれのデザインを盗んでいたようでした。

すると、千恵子はこの家の家政婦だといい始めます。一美が「あなたは生成でしょ」と言い争ってると、キッチンから三田園の声が聞こえてきました。

全員で行ってみると、アルミホイルを丸めたものが流しにおちていました。千恵子はぬめり防止だといいますが、一美はジャガイモの皮むきだといいました。

岡見が盗作は本当ですか?ときくと、一美は自分のデザインを盗まれたといいまいた。麻琴がなぜそんなことを下のかと聞くと、自分の名前を使わないと世に出ないデザインばかりだったといいました。そして、楽をするわけじゃなくて、のた打ち回るほど苦しんでると叫び始めました。

岡見は、

「うるさい。描けよ。ごちゃごちゃ言わずに手を動かせよ。天才なんだろ。無責任に期待させてくれよ。それだけ先生のデザインに心奪われたんだよ」

麻琴はそれを聴いて、千恵子のファンだったのかと聞くと、「大ファンですよ」といって、描いてくれとお願いしました。

千恵子は、「もうかけないのよ、おりてこないのよ、なにも」と言ってへたり込みました。

岡見はその姿を写真にとって、いままでの会話を録音したICレコーダーを出して、これが森品千恵子の最期だ。といいました。

すると、三田園が何かを振り回しながら入ってきました。岡見のカメラやレコーダー、今まで森品が受賞したトロフィーなどをすべて壊しました。三田園は、ソファに座って振り回した中から、アイスを取り出して千恵子に差し出しました。アイスもアイデアが出てくるきっかけだったんです。

ただ、千恵子は「無理よ、太るだけよ」とつぶやくと、一美が笑い出しました。そして、

「天下の森品千恵子が、盗作の次はかけない宣言?落ちぶれたものですね。本当に森品千恵子じゃないのかもしれませんね」

といいだしました。そして、自分の夢を壊さないでくれ、千恵子の作品ですくわれたんだといいました。千恵子は、かってに自分の人生を背負わせるなといってとっくみあいになりました。

千恵子は夢は覚めるものよというと、一美はアイスを食べ初めて、

「覚めさせないわ。だったら、わたしが森品千恵子になる。わたしが名前を守る。あと1時間、デザインを完成させる」

そういって2階に上がっていきました。

三田園は、千恵子に「あなたはどうするの?」というと、

「あの子はひらめきはいいんだけど、まとめる力がたりない」

といいました。三田園は、だったらあなたの力がひつようなんじゃないかしらというと、千恵子は、三田園と岡見に「このことは秘密にしてくれる?」といって、2階に上がっていきました。

一美がデザインしてるところに行って、

「今の時代、おりじなるなんて、もうないのよ。出尽くしちゃってるのよ。これからはアレンジよ」

そういって、二人でデザインを作り始めました。

1時間後、やってきた博通堂の営業マンにデザインを渡すことが出来ました。

(⇒6話のあらすじ

ドラマ「家政夫のミタゾノ2」を見逃してしまったら、U-NEXTで見ることができます。U-NEXTは月額会費2,149円(税込)個別課金で見ることができます。ドラマ「家政夫のミタゾノ2」の個別課金は各話324円です。31日間月額会費無料キャンペーンを現在やっていますので、個別課金だけで見れます。見放題のドラマもありますので、こちらをクリックしてU-NEXTをお試しください。

U-NEXT公式サイトへ

U-NEXT

キャスト

  • 三田園薫 松岡昌宏、プロの家政夫 
  • 五味麻琴 剛力彩芽、むすび家政婦紹介所で新しく働き始めた家政婦、三田園のバディ
  • 平野らむ 椿鬼奴、むすび家政婦紹介所のベテラン家政婦
  • 早坂倫子 内藤理沙、むすび家政婦紹介所の若手家政婦
  • 結頼子 余貴美子、むすび家政婦紹介所所長

各話のあらすじ

以上、ドラマ『家政夫のミタゾノ2』の5話のあらすじ(ネタバレ)でした。


あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 


LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

40歳で人生を見直す

  1. プロ野球
  2. 人生の扉




疲れたときにおススメ

  1. 民王
  2. 僕のいた時間
  3. 山田くんと7人の魔女
  4. いつ恋
  5. イタズラなKiss
  6. 恋ノチカラ
  7. 刑事ゆがみ
  8. 家政夫のミタゾノ2

40代におススメの韓流ドラマ

  1. 彼女はキレイだった
  2. その女の海
  3. また!?オ・ヘヨン~僕が愛した未来(ジカン)~
  4. ショッピング王ルイ
  5. 上流社会
  6. 空港に行く道
  7. 輝け、ウンス!
  8. ただ愛する仲
  9. 自己発光オフィス
  10. オクニョ
スポンサーリンク

最新情報

  1. 黄昏流星群
  2. 黄昏流星群
  3. リーガルV ~元弁護士小鳥遊翔子
  4. リーガルV ~元弁護士小鳥遊翔子
  5. NBA2017-2018
貴族探偵
  1. ネイル
  2. サバイバルウェディング
  3. わにとかげぎす
  4. 校閲
  5. 結婚相手は抽選で
  6. 下剋上受験
  7. 今からあなたを脅迫します
  8. 黄昏流星群

多くの人に読まれている情報

  1. 血管年齢?
  2. 歩きスマホ
  3. この声をきみに
  4. 人生の扉
  5. きみが心に棲みついた
  6. 坦々麺
  7. 恋のドキドキシェアハウス
  8. 流星群
  9. 2017Jリーグ順位
  10. ラストシンデレラ-1
電話占いヴェルニ「あの人の気持ちを当てる」全国の有名占い師が集結
PAGE TOP