みをつくし料理帖

NHKドラマ「みをつくし料理帖」5話「ひとくち宝珠」のあらすじと感想!つる家が火事?

みをつくし料理帖
LINEで送る
Pocket

今夜のドラマあらすじは?
アシガール
先に生まれただけの僕
さくらの親子丼

NHKドラマ「みをつくし料理帖」5話「ひとくち宝珠」のあらすじや感想です。つる家の料理のアイデアが盗まれていたのは、登龍楼の仕業だと判りました。そして、その晩、何者かによって付け火されて、つる家は全焼してしまいます。種市は寝込んでしまい、澪は料理をやめようかと思います。


スポンサードリンク


5話以外のあらすじ

ドラマ「みをつくし料理帖」のキャスト

  • 澪(みお) 黒木華
  • 小松原 森山未來、つる家の常連客のお侍
  • 永田源斉 永山絢斗、近所の医者
  • 芳(よし) 安田成美、「天満一兆庵」の元女将さん
  • 嘉兵衛 国広富之、「天満一兆庵」の主人
  • 佐兵衛 柳下大、嘉兵衛の息子、「天満一兆庵」江戸店の主人
  • 種市 小日向文世、「つる家」の主人
  • おりょう 麻生祐未、澪の隣人
  • 伊佐三 小林正寛、おりょうの亭主
  • ふき 蒔田彩珠、「つる家」の奉公人
  • あさひ太夫 成海璃子、吉原・翁屋の花魁
  • 又次 萩原聖人、吉原・翁屋の料理番
  • 伝右衛門 伊武雅刀、吉原・翁屋の主人
  • 菊乃 柳生みゆ、吉原・翁屋の新造
  • 清右衛門 木村祐一、人気の戯作者
  • 坂村堂嘉久 村杉蝉之介、版元、今でいう編集者
  • 富三  大倉孝二、坂村堂の料理番
  • 早帆 佐藤めぐみ、小松原の妹
  • 駒澤弥三郎 波岡一喜、早帆の旦那で小松原の竹馬の友
  • 采女宗馬 松尾スズキ、江戸の名門料理屋登龍楼の楼主

ドラマ「みをつくし料理帖」のストーリー

澪(黒木華)は、丸顔で、眉は下がり気味、鈴のような眼、小さな丸い鼻は上向き。緊迫感のない顔をしてるのですが、料理のこととなると感情を抑えられずひたむきに突き進んでしまう女性です。

澪は、大阪の超一流と言われている名料理屋「天満一兆庵」に料理人として勤めていましたが、ある日、隣家からの出火でお店は全焼してしまいます。そこで、主人の嘉兵衛(国広富之)と女将さんの芳(よし、安田成美)の3人で、「天満一兆庵」の江戸店を任せていた佐兵衛(柳下大)の元を訪ねて江戸までやってきました。

佐兵衛の住んでる長屋につきますが、本人はおらず、佐兵衛の得意な飾り細工だけおいてありました。しかたなく、江戸で暮らし始めますが、長旅と度重なる心労によって、嘉兵衛は「天満一兆庵」の再興を澪と芳に託して亡くなってしまいました。

働き始めた澪は、いつも通る化け物稲荷と呼ばれている荒れ果てたお稲荷様を気に病んでいました。近所の番屋に声をかけますが、誰が管理してるのかもわからない始末だったので、自ら草を引っこ抜いたり、お社を直したりして参道を整備していました。

その様子を見ていたのが、蕎麦屋「つる家」の亭主、種市(小日向文世)でした。種市はおにぎりと水を持ってきてくれるようになって、本当の理由は話さずに、腰が悪くなったという理由で澪を自分の家で働かないかと誘ってくれました。

晴れて、「つる家」の料理人となった澪は、大阪でならった料理を出し始めましたが、お客には不人気でした。ある日、江戸っ子が食べない戻りガツオの時雨煮が入ったおにぎりを、医者の源斉(永山絢斗)に食べてもらったことがきっかけで、「はてなの飯」を思いつきます。「はてなの飯」は大評判で毎日売り切れてしまうほど、売れまくりました。

その夜、「つる家」の常連客で、澪のことをいろいろ心配してくれてる小松原というお侍に、枝豆とお吸い物をだすと、「料理の基本が、なっていない。根本からまちがえてることに、気が付いていないのだ」と言われてしまいます。悩んでる澪に、嘉兵衛の話をすると、嘉兵衛に言われた「料理の基本は出汁」という言葉を思い出します。早速、鰹節の出汁をつくって伊佐三に飲んでもらうと、合わせ出汁のヒントをもらいました。何度も繰り返し試して、だれにもまねできない出汁を引くことができるようになります。そのだしを使った「とろとろ茶碗蒸し」は、大評判になりました。

つる家に、ふきという女の子が奉公人として口入屋から紹介されて入ってきました。料理に興味があって、働き者の女の子で、みんな大喜びでした。

ある日、大人気のとろとろ茶碗蒸しが登龍楼にマネされて、客足が減ってしまいました。さらに、三つ葉尽くしを出そうとすると、前日から登龍楼が出していると聞いて、澪はびっくりしてしまいました。つる家の料理をスパイしていたのは、ふきでした。父親の借金や弟を人質にとられて、登龍楼の料理人の末松に言われてやっていたんです。澪が乗り込んで采女宗馬に文句を言うと、表面上は末松を殴って解雇しました。

数日後、つる家は付け火にあって全焼してしまいます。種市は伊佐三の家に行き、澪は料理をやめようと思います。そこに、又次がやってきて弁当をつくってくれと言います、澪が作り始めると、弁当箱の中から十両と「雲外蒼天」と書かれた文が出てきました。澪は、又次が尽くしている花魁が野江だと気が付きました。

ドラマ「みをつくし料理帖」5話のあらすじ

ここから先はネタバレが含まれます。読みたくない人は、次をクリックしてください。⇒ 感想までジャンプ!

ドラマ「みをつくし料理帖」は有料ですが、U-NEXTで見ることができます。⇒ U-NEXT

 

5話「ひとくち宝珠」

又次( 萩原聖人)から、あさひ太夫からのことづてを聞くと、澪(みお、黒木華)は、あさひ太夫に合わせてほしいと又次に頼みましたが、吉原の掟でそれはできないと断られました。そして、澪が泣いているのをみて、又次は話して聞かせました。

「太夫をあわれんで泣いてるならよしてもらおうか。それより太夫が10両って大金、あんたに託したか、そいつを考えてくんな」

又次は、澪が作った弁当を持って帰りました。その中に、

「旭日昇天さま 感謝」

と書かれていました。

ある日、種市は、1軒の家に源斉に連れられて行きました。そこには、澪や芳(安田成美)、おりょう( 麻生祐未)、伊佐三(小林正寛)たちが掃除や家具をつくったりしていました。澪は、10両を見せました。驚く種市に、「旭日昇天」から借りたことを伝えて、もう一度つる家をやらしてくれと頼みました。初めは断りましたが、みんなで頼むと、涙を流して喜びました。

数日後、つる家ののれんが上がりました。料理番付もあり、大繁盛でした。

一方、小松原こと御膳奉行小野寺数馬は、若年寄坂梨志摩守より、嘉祥の儀(将軍が大名などに御菓子をふるまう儀式)に新たな御菓子を一品、作ることを召しつけられました。今まで見たことのない新しいものをつくらないといけないのです。甘いものが苦手な小野寺数馬は、困ってしまい、妹婿の駒澤弥三郎(波岡一喜)に相談しました。どうも、数馬が浪士の服装をして夜な夜な市中をさまよってることがばれてしまったためでした。

つる家に、人気の戯作者の清右衛門(木村祐一)と版元の坂村堂嘉久(村杉蝉之介)がやってきました。相変わらず、大きな声で、文句を言う清右衛門でしたが、そこに、坂村堂の家の料理人、富三(大倉孝二)がやってきました。味を覚えさせるためでしたが、芳が2階から降りてきて富三と目が合うと、富三がうろたえて何も言わずに逃げて行きました。富三は、天満一兆庵の江戸出店の料理人でした。芳の息子の佐兵衛(柳下大)のことで、何か知ってるに違いないと澪と種市は話しました。

しばらくすると、坂村堂に付き添われて富三がやってきて、2階で芳と話をしました。富三が言うには、佐兵衛は吉原に狂ってしまい、店のお金を使って松葉という遊女を身請けしようとしていたと言います。さらに、松葉に振られたことに頭に来た佐兵衛は、松葉に手を掛けてしまったと富三が言いました。公けにならないように、佐兵衛は身請けの金をそのまま廓に払って、行方知らずになってしまったということです。それを聞いた芳と澪は、ショックを受けてしまいました。澪は、何かの間違いだと芳を元気づけました。

翌日、源斉やってきて、小野寺数馬のことを聞きましたが、澪には全く分かりませんでした。逆に澪は、先日、清衛門に言われた土用のうなぎの料理のことを聞きました。

「先生、なんで、土用にはうなぎを食べるんですか?」

「精がつくからです。でも、必ずうなぎということではありません。少し前まで、土用の丑の日、丑にちなんでうのつくものを食べる習わしがあったんですよ」

「うのつくもの?」

「たとえば、梅干し。猛暑のときに梅干を食べるのは理にかなっています」

「それやったら、何かできると思います。ありがとうございました」

そこに、土左衛門があがったという大声が聞こえてきました。「女郎とどこぞの若旦那の心中らしいぞ」と聞いた芳は、駆け出していきました。芳は、「佐兵衛、佐兵衛」とすがりつきますが、全くの別人でした。芳は、倒れてしまいました。ちょうど源斉がいて、芳を見てくれました。芳は、お店に出れないほど衰弱してしているようでした。

翌日、富三が坂村堂に言われてつる家の調理を助けにやってきました。種市も澪も感謝しました。ところが、お客さんから、「料理人が新しくなったのかい?」と言われたり、料理を残すようになってしまいました。富三が帰ったあと、澪がふと調理場を見ると、手入れされていない富三の包丁がありました。澪は、その包丁を見て違和感を感じました。毎晩、仕事が終わった後に包丁の手入れをして帰っていくのが、一流の料理人でした。

澪が、うのつく、土用の丑の日の料理を考えてると、小松原が一杯だけ飲ませてくれとやってきました。小松原も、嘉祥の儀のお菓子のことで悩んでいたのです。うの付く料理で悩んでいると言うと、一緒に考えてくれました。二人声をそろえて「卯の花」というと、声を上げて笑いました。すると、小松原は「いり豆」とつぶやきます。小松原の頭の中にも、何かひらめいたようです。

翌日、小松原は、いり豆を使ったお菓子「ひとくち宝珠」を作って、上役の若年寄坂梨志摩守に食べてもらいました。坂梨は

「あっぱれじゃ、公方様もきっとお喜びになられよう」

と上機嫌でした。

 

富三が、芳の家に行って、嘉兵衛に線香を立てていました。

「わたしにできることがあれば、何でもおっしゃってください」

「佐兵衛の行方を知りたい・手がかりは吉原だけ。女の身では、探るのも難しい。おまはん、手を貸してくれるか?」

「吉原ですか。力になりたいのもやまやまですが、銭が。しがない雇われ料理番の私にはとても」

そう言われると、種市に取り返してもらったかんざしを富三に渡しました。富三は、にやりと笑いました。

(⇒ 6話のあらすじ

「はてなの飯」のレシピはこちらです。⇒ はてなの飯

 


スポンサーリンク

ドラマ「みをつくし料理帖」5話の感想

おもしろかったですね。つる家も、無事新しい店舗が出来て営業ができるようになりましたし、富三も現れて、物語が進んでいきました。

ただ、しかたがないのですが、物語の進み方がかなり早いような気がしました。もうちょっと遅く進んで行ってもらった方が楽しめるような気がします。おそらく、最終話で、あさひ太夫とのことが解決してしまうのではないでしょうか。原作では11冊もありますし、原作ファンとしてはだいぶ残念ですね。ドラマの雰囲気がとてもいいだけにもったいないような気がしました。

それにしても、ひとくち宝珠はとてもおいしそうで、そのまま料理として通用しそうな感じでした。試してみたいと思いました。

原作は髙田郁先生!

原作の髙田郁先生は、1959年生まれの小説家で、元漫画原作者です。漫画原作者時代のペンネームは、川富士立夏です。

読書好きだった父親の影響で、山本周五郎さんの作品を多く読んで、時代小説ファンになられました。1993年、34歳のとき漫画原作者としてデビューされます。40代後半で再び山本周五郎さんの作品を読んで時代小説家に転身されました。数々の賞をとられて、2008年に「出世花」で小説家デビューされました。

「みをつくし料理帖」は、2009年に第1作を発表して、2014年に刊行された第10作で完結しています。髙田郁先生の本は、

みをつくし料理帖は、1冊に4話ずつ収められています。全10冊でシリーズものなので、1冊目の「八朔の雪」から読んでいかれた方が理解されやすいと思います。そして、とんでもなく面白いです。時代劇につきものの切った張ったはほとんどないですが、その分、人情話という感じで、毎回ほろりとさせてくれて涙も出てしまいます。シリーズ累計330万部出ているだけのことはあります。時代劇好き以外の方でも、ぜんぜん大丈夫ですので、騙されていないと思って、一度手に取られることをお勧めします。一番下の「銀二貫」は、2014年に林遣都さん主演で、NHKでドラマ化されています。

以上、NHKドラマ「みをつくし料理帖」5話のあらすじ、感想でした。

他にも面白いドラマがあります。

陸王
刑事ゆがみ

⇒ ドラマ一覧に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク

 

おすすめの記事

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

本日のおすすめ情報

  1. 『コウノドリ2』のキャストと1話のあらすじ(ネタバレ)。綾野剛と星野源が再び! コウノドリ2
  2. 楽天テレビの申し込み方法と解約方法!話題の動画を見る方法と料金は?[Rakuten TV] 動画
  3. 『監獄のお姫さま』のキャストと1話のあらすじと視聴率。小泉今日子が宮藤官九郎の脚本で! 監獄のお姫さま
  4. J2リーグ2017の日程と順位と放送予定!試合結果やチケットの購入先は?松本山雅は? J2リーグ2017
  5. ドラマ「今からあなたを脅迫します」のキャストや1話のあらすじと感想!ディーン・フジオカと武井咲のW主演! 今からあなたを脅迫します
  6. Jリーグ2017の日程と順位と放送予定!試合結果やチケットの購入先は? 2017Jリーグ順位
  7. 「さくらの親子丼」のキャストや1話のあらすじと感想。真矢ミキさんと吉本実憂さん! さくらの親子丼
  8. ドラマ『ぼくは麻理のなか』のキャストと1話のあらすじ!池田エライザの中に吉沢亮が! ぼくは麻理のなか
  9. 『ブラックリベンジ』のキャストと1話のあらすじと感想★木村多江が復讐の鬼に! ブラックリベンジ
  10. 『奥様は、取り扱い注意』のキャストや1話のあらすじと感想と視聴率!綾瀬はるかと西島秀俊が夫婦? 奥様は、取り扱い注意
スポンサーリンク

最新情報

  1. 先に生まれただけの僕
  2. 先に生まれただけの僕
  3. Bリーグ
  4. マラソン
  5. アシガール
猫
  1. 火花
  2. ハリーポッター
  3. 先に生まれただけの僕
  4. リオパラリンピック車いすテニス
  5. さくらの親子丼
  6. スーパームーン
  7. わにとかげぎす
  8. 大貧乏

多くの人に読まれている情報

  1. 砂の塔
  2. 余呉湖
  3. 家政婦のミタゾノ
  4. ボク、運命の人です
  5. 人は見た目が100%
  6. ギャンブル
  7. アパレル
  8. バルミューダ ザ・ゴハン
  9. ドクターX
PAGE TOP