もみ消して冬

「もみ消して冬」のキャストと1話のあらすじや相関図。山田涼介と波瑠が姉弟に!

2018年の1月13日(土)の夜10時から始まる新ドラマ「もみ消して冬」のキャストや1話のあらすじ(ネタバレ)や相関図、スタッフ情報などを紹介します。Hey!Say!JUMPの山田涼介さんと波瑠さん、小澤征悦さんのエリート3人兄弟が、一家の安泰を脅かす事件のみを全力で解決するコメディホームドラマです。Hey!Say!JUMPの他のメンバーも4人ほど出てくるようなので、かなりジャニーズ寄りのドラマになると思います。土曜ドラマのこの枠はジャニーズが主役をやるドラマが続いていますが、どれも視聴率が悪かったので、今回は期待したいです。


スポンサーリンク


キャスト

北沢秀作 山田涼介

北沢家の25歳の次男で超エリート警察官の刑事です。夢は未来の警視総監です。家族の中では一番弱い立場で、父親や兄、姉の無理難題を押し付けられてしまいます。その無理難題と警察官としての立場の中で、無理やり事件を解決していきます。

山田涼介さんは、1993年生まれの24歳の歌手、俳優、タレントで男性アイドルグループ・Hey! Say! JUMPのメンバーです。2004年に、バラエティ番組の公開オーディションで合格してジャニーズにはいられました。2006年に「探偵学園Q」でドラマ初出演されます。2007年にHey! Say! JUMPが結成されて、CDデビューされました。ドラマでは、「金田一少年の事件簿」「地獄先生ぬ~べ~」「カインとアベル」などに出られていますが、「カインとアベル」では、月9史上ワースト3位のの6.9%を撮ってしまっています。このドラマで巻き返しができるかどうかもみどころです。

北沢千晶 波瑠

北沢家の長女で、27歳のスーパー毒舌な最強弁護士です。すべてのことを次男の秀作に押し付けて事件の解決を図ろうとしいていきます。3兄弟の中で、いちばんの頭脳と弁舌を誇っていて、頭脳的な役割をしています。

波瑠さんは、1991年生まれの25歳の女優、タレント、モデルです。2004年、オーディションに応募して芸能界入りを果たされました。2015年「あさが来た」のヒロインに抜擢されて一躍優目になりました。最近では、「お母さん、娘やめていいですか?」「ON」「あなたのことはそれほど」などに出られています。

北沢博文 小澤征悦

北沢家の38歳の長男で、絶対に失敗しない外科医のスーパードクターです。家族のことは好きなのですが、それ以上に自分のことが大好きな性格で、自分に不利なことはすべて次男の秀作にふってしまいます。著名人の手術を成功させて、日本中にその名前が知れ渡りました。部下からの信頼も厚く、早くも将来の院長候補だといわれています。

小澤征悦(ゆきよし)さんは、1974年生まれの43歳の俳優です。父親は指揮者の小澤征爾氏。母親は元モデルで女優の入江美樹さん。姉はエッセイストの小澤征良さん。従兄にミュージシャンの小沢健二さんがいます。1998年に大河「徳川慶喜」で、沖田総司役でデビューされました。最近では、「マッサージ探偵ジョー」「花実のない森」「トットちゃん!」などに出れていて、2018年お正月ドラマの「都庁爆破!」にも出られています。

北沢泰蔵 中村梅雀

北沢家当主で、市立中学校「北沢学園」の学園長で、カリスマ教育者です。3人の子供を全員東大に進学させた秘訣を書いた著書がベストセラーになって、名教育者として日本中に知れ渡りました。

中村梅雀さんは、1955年生まれの61歳の歌舞伎役者、俳優、ベーシスト、作曲家です。1995年のNHK大河「八代将軍吉宗」の徳川家重役が話題になって、全国的に名前が知れ渡りました。それ以降、多くのドラマに出演されています。多くの刑事ものや時代物シリーズを持たれています。最近では、「ごめん、愛してる」にでられました。

尾関光希 小瀧望(ジャニーズWEST)

SIT( 警視庁特殊犯捜査係)の隊員です。巧みな話術で犯人の心を開く説得のプロです。小さいころから苦労をしてきたので、セレブの北沢家にあこがれています。

小瀧望さんは、1996年生まれの21歳の俳優、歌手、タレント、モデルで、ジャニーズWESTのメンバーです。2008年にジャニーズに入られて、Hey! Say! 7WESTに加入されて、2014年にジャニーズWESTのメンバーでCDデビューされました。ドラマは、「世界一難しい恋」「盲目のヨシノリ先生」などに出られています。

池江里子 恒松祐里

秀作のことが気になってる女性警察官です。秀作も淡い恋心を抱いています。

恒松祐里さんは、1998年生まれの19歳の女優です。子役として活動されていて、「まれ」や「5→9」の石原さとみさんの妹役でドラマに出られています。最近では、「咲ーSaki」「真田丸」などに出られています。

手毛綱美鎖夫 児嶋一哉(アンジャッシュ)

手毛綱美鎖夫(てげつなみさお)は、北沢家に出入りしてる町のクリーニング屋さんです。

児嶋一哉さんは、1972年生まれの45歳のお笑いタレント、俳優です。お笑いコンビアンジャッシュのリーダーで、ボケ担当です。スクールJCAを経て、1994年にアンジャッシュとしてデビューされました。多くのドラマに出られていて、最近では、「ヤッさん」「小さな巨人」「吾輩の部屋である」などに出られています。

楠木松也 千葉雄大

北沢家の執事見習いです。北沢家の人たちとは違って、純朴なひとで人を疑うということを知りません。イギリスの養成学校を卒業して北沢家に初めてやってきますが、家族の秘密を知ってショックを受けてしまいます。

千葉雄大さんは、1989年生まれの28歳、宮城県出身の俳優、モデルです。大学時代にモデルをしていたところをすかうとされて、2009年、「天装戦隊ゴセイジャー」の主役でデビューされました。最近のドラマでは「家売るオンナ」「ソースさんの恋」「民衆の敵」「わろてんか」などに出られています。

小岩井凜治 浅野和之

北沢家の執事です。北沢家の人たちとは違って、忠実でまじめなひとです。20年前に泰蔵の妻がなくなってからずっと北沢家にお仕えしています。

浅野和之さんは、1954年生まれの63歳の俳優です。安部公房スタジオ、夢の遊眠社などに所属されていました。多くの舞台やドラマに出られている名わき役で、小栗旬さん、高橋克実さん、三谷幸喜酸などが絶賛する俳優です。最近では、「母になる」「カルテット」「リテイク」「コウノドリ2」等に出られています

スポンサーリンク

相関図

もみ消して冬相関図

1話のあらすじ

ある日の朝、北沢家では、父親の泰蔵(中村梅雀)、長男の博文(小澤征悦)、長女の千晶(波瑠)、そして次男の秀作(山田涼介)がそろって朝食をとっていました。そのまわりを、働き出して二日目の執事見習いの楠木松也(千葉雄大)が忙しくお世話をしながら走り回っていました。

北沢家が有名になったのは、自分の子供たち3人をすべて灯台に入れた父親の泰蔵がマスコミに取り上げられて、その著書がベストセラーになったためでした。3人の子供は、それぞれ、スーパードクター、スーパー敏腕弁護士、未来の警視総監を夢見てるエリート警察官になっていました。

その日は、泰蔵の誕生日でした。次男の秀作は警視庁に出勤した後、部下のSITの尾関(小瀧望)に泰造のプレゼントに何がいいのかを聞くと、ニットがいいといわれました。秀作はすすめられたままニットを買って家路に着きました。

 

秀作が家に帰ってくると、すでに博文も千晶もそろっていました。そこに泰蔵が帰ってきました。すぐに乾杯しようと千晶が言うと、泰蔵は人払いをして、

「裸の写真を撮られた。寝てる間に全裸の写真を撮られた」

といいました。3人とも信じないでいるとスマホを見せました。そこには、自分の学園の生徒の母親とホテルにいる裸の泰蔵が写っていました。しかも、泰蔵の足首には、「LOVE」のタトゥーがありました。そして、1枚1000万円払えと脅されてるといいました。ですが、泰蔵は「本気に好きになってしまった。すまん」といいました。

そして、泰蔵は、表ざたにならないように穏便に済ませろと秀作に命じました。千晶も博文も何とかしろと冷たく言い放ちました。秀作はその部屋から飛び出して雪が降ってる庭で大の字になって、「かあさん、なんでぼく、この家に生まれてきたの?」と天を仰ぎました。

部屋に戻った秀作は、今までのことを思い出していました。姉や兄よりも劣っていた秀作は、家の中にいるのがイヤになって家出をしましたが、執事が迎えにきてくれただけでした。そのとき、北沢家の中で暮らしていくためには、人に頼らずに強くなることだときづきました。

 

翌朝、泰蔵は昨晩はなしたことは自分で処理するといって家を出て行きました。そのあと、博文は千晶に相手の女性のことを聞きましたが、秀作は他人事のようにのんきに朝食を食べていました。それを見た博文は、名前くらいメモしてしっかり調べろと怒りました。ところが、秀作は「もう少しお父さんのことを信用したいな~」というと、二人から烈火のごとく「やれよ」とメチャクチャ怒られました。

千晶は事務所に行くと、相手の女性、島畑富士子(磯山さやか)のことを徹底的に調べ始めました。博文も、病院の中での権力闘争の合間に、調べ始めました。実は、秀作が警察官になったのは千晶と博文の命令からでした。警視庁にいると、博文から島畑富士子のことを調べておけと指示がきました。そして、その日の夜、秀作の部屋で作戦会議をすると書かれていました。

北沢家では、クリーニング店の手毛綱美鎖夫(小嶋一哉)がクリーニングをとりにきました。泥だらけの秀作の服を見て何があったのか聞きたがりましたが、小岩井(浅野和之)が追い返しました。

その日の夜。秀作の部屋で3人で作戦会議が行われました。富士子は過去に同じようにハニートラップを仕掛けていて、男もいるようでした。秀作が恐喝で訴えれば?と安易に言うと、北沢家のスキャンダルを世に出すわけには行かないと、再び二人から怒られました。博文は、富士子のマンモグラフィーとレントゲン写真があると取り出しますが、千晶にはあきれられてしまいました。秀作も、それは法律的にまずいというと、再び二人から「お前はばかか?」といわれました。そして、難癖つけるだけで解決策を示さないやつは一番駄目だといわれました。

すると、「僕にチャンスをください。相手の女性を説得します」と秀作は二人に提案しました。秀作は、部下の小関が説得のプロだからそのコツを聞いて富士子を説得してみるといいました。博文はしぶしぶ納得しました。

 

次の日の夜、秀作は尾関に夕食をご馳走しながら説得のコツを聞きました。すると、「ぼくだったら、絶対に説得なんてしません」と言われてしまいました。さらに、男女間に安全かつ楽な道はありませんといわれて、秀作がほのかな恋心を抱いてた池江里子(恒松祐里)は、秀作にはまったく興味がないといわれてしまいました。

家に帰った秀作は、博文から病院の従業員証と作業着を、千晶からは富士子のスマホの暗証番号に一番可能性ある番号を渡されました。翌日、富士子が病院に検診に来るので、検査中にスマホから画像を消去しろということでした。秀作は、「むりにきまってる。それは犯罪でしょ」とはんたいすると、千晶は「できないならいいわよ。あなたが一番大切にしてるのは家族より法律なの?困ってる家族がいたら全力で助ける。お母さんが大切にしていた家族のルールよ」と怒ってでていきました。博文も一晩ゆっくり考えろといって出て行きました。

翌朝、朝食のときに、冒険して男の色気を出すために病院に忍び込んでみると千晶に話しました。「馬鹿じゃないの?」と晶は大笑いしますが、「たとえ反社会的なことであっても、人としてこれは正しいという信念があれば行動すべきよ」と目をあわさずに離してでていきました。

 

秀作は、公園のトイレで作業着に着替えて病院に潜入しました。診察室のベッドの下に潜んでると、富士子がやってきました。秀作はそこでもウジウジといろいろなことを考えていました。富士子が着替えを終えて出て行った後、何とか画像を削除してホッとしていろいろ考えてると富士子が帰ってきました。返すタイミングを失った秀作はそのままスマホを持って海まで逃げてしまいました。自分の運命を呪いながら、そのスマホを海の中に捨てました。そのあと、神社に行って絵馬に「スマホのバックアップが取られていませんように」と書いて奉納しました。

その後、富士子からの脅迫はなくなり、息子は違う学校に転校して行きました。

夕食を食べてると千晶からご褒美に付け合せの野菜をもらって、秀作は喜びました。そこに、泰蔵がやってくると、秀作の誕生日プレゼントのニットを着ていました。それを見た秀作はこどものように笑顔になりました。秀作がパンを台所にとりに行くと、楠木から病院の作業着をわたされました。小声で「処分しておきましょうか?誰にも言いませんよ」といわれますが、秀作は作業着を奪い取って「そういうのが一番あぶないんだよ」とつぶやきました。

そのころ、博文は泥だらけになって、何者かにおいかけられていました。

(⇒2話のあらすじ

今なら、「もみ消して冬」の全話を無料で見ることができます!ドラマ「もみ消して冬」は「Hulu」で配信中で、今なら2週間無料で楽しめるキャンペーンをやってます!!

≫無料で見る方法はこちらをクリック!

各話のあらすじと視聴率

(関東ビデオリサーチ調べ)

スタッフ

「もみ消して冬」のスタッフは、

  • 脚本 金子茂樹
  • 演出 中島悟

原作はなくて、脚本家のオリジナル作品です。

脚本の金子茂樹さんは、1975年生まれの42歳の脚本家です。2004年に「初仕事納め」でフジテレビヤングシナリオ大賞を受賞されて脚本家デビューされました。代表作に「プロポーズ大作戦」「ハチミツとクローバー」などがあります。最近では「世界一難しい恋」「ボク、運命の人です」を書かれています。「ボク、運命の人です」では、初回だけ12%で、平均は9.55%でした。内容はわたしてきには、おもしろかったのですが視聴率をとれるかどうか、楽しみです。

演出の中島悟さんは、「世界一難しい恋」「母になる」「今からあなたを脅迫します」などを演出されています。

以上、ドラマ「もみ消して冬」のキャストと1話のあらすじ、スタッフ情報などでした。

あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 

LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

40歳で人生を見直す

  1. 未来を変える
  2. 未来を変える
  3. コック警部
  4. 人生の扉

疲れたときにおススメ

  1. 花にけだもの
  2. アンフェア
  3. ビーチボーイズ
  4. 贖罪
  5. GTO
  6. ライアーゲーム
  7. 恋仲
  8. ウォーターボーイズ
  9. ラブソング

40代におススメの韓流ドラマ

  1. 明日、キミと
  2. オーマイビーナス
  3. タイプライター
  4. 逆賊ホンギルドン
  5. 相続者たち
  6. あなたは贈りもの
  7. ショッピング王ルイ
  8. 太陽の末裔
  9. 君を守りたい
  10. シンデレラと4人の騎士
スポンサーリンク

最新情報

  1. おくら
  2. アンフェア
  3. グッドモーニングコール
  4. ウォーターボーイズ
警視庁いきもの係
  1. すてきな片想い
  2. リップスティック
  3. 嫌われる勇気
  4. 旅行
  5. 花のち晴れ
  6. 明日の君がもっと好き

多くの人に読まれている情報

  1. 介護
  2. 母になる
  3. ドクターX
  4. 介護
  5. 余呉湖
  6. セシルのもくろみ
  7. ラブリラン
  8. おから
  9. 思い出のマーニー
auひかりバナー
PAGE TOP