もみ消して冬

ドラマ「もみ消して冬」の3話のあらすじ(ネタバレ)。小岩井が退職?

ドラマ「もみ消して冬」の3話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。Hey!Say!JUMPの山田涼介さんと波瑠さん、小澤征悦さんのエリート3人兄弟が、一家の安泰を脅かす事件のみを全力で解決するコメディホームドラマです。今回の山田良助さんは、一応エリート警察官ですが、いろいろな面で駄目男を演じています。博文の事件にまったく役に立たなかった秀作は、執事見習いの楠木や、新しく加わった犬のジョンよりも立場がしたになってしまいました。

スポンサーリンク

3話のあらすじ

20年間北沢家につくしてきた執事の小岩井(浅野和之)が、自らの命を絶とうとしていたところを保護されたと連絡があり、秀作(山田涼介)がみんなに伝えました。すると、博文(小澤征悦)は「小岩井はメイド喫茶にはまっていた」といいだします。昨晩、店から出てきたところをしっかり見ていたんです。見られた小岩井は「すみません」と言って逃げ出しました。秀作は、「メイド喫茶ぐらい」というと、「ぐらいとは何だ」と博文と泰蔵(中村梅雀)から思い切りしかられます。北沢家の執事がそんなところに通っていたのがばれたらスキャンダルになるはずだといいました。千晶(波瑠)もそれが原因だと言うと、泰蔵は名誉を傷つける行為は立派な契約違反だからクビだといいます。秀作はそれではあんまりだというと、博文は自主退職にして退職金を増やせばいいといいました。千晶も楠木が使えるようになったので、いい機会だといいました。そんななか、秀作だけが話を聞こうといいました。

秀作が警察に引き取りに行くと、たまたま海を見ていただけだといって、メイド喫茶に行っていたのは本当だといいました。そして、退職願を出しますが、秀作は小岩井がいなくなっては困ると涙をためて慰留しました。すると、小岩井は

「もううんざりなんです。あなたの子守をするのは」

と言われてしまいました。そして、ちょっと前からやめようと思っていたので、いい機会だからといって秀作に退職願を握らせて帰っていきました。

家に帰った秀作がハムスターに話しかけると、ケージにはいませんでした。「プラトン、プラトン」と切なそうに叫びながら探しましたが、どこにもいませんでした。しかも、困ったときにいつも助けてくれた小岩井も出てきてはくれませんでした。秀作は空を見上げて自分の境遇を嘆き悲しみました。

 

翌朝、朝食のときに小岩井の退職願をだしました。泰蔵や博文、千晶はちょうど良かったというと、秀作は「ちょっとがっかりした」というと、千晶と博文からにらみつけられました。そのあと、秀作がキッチンで楠木(千葉雄大)とハムスターの件で話してると、クリーニング屋の手毛綱(小嶋一哉)が来ました。手毛綱は楠木が来てからおかしくなったといってました。秀作は警視庁にいってるあいだも、ずっとそのことをかんがえていました。すると、池江里子(恒松祐里)から、部下の尾関(小瀧望)といっしょになべを行こうと内緒でさそわれました。秀作は有頂天になりました。

千晶は役所に行って小岩井の住民謄本を取っていました。

病院で働いてると、博文はライバルからその日の夜の合コンにさそわれました。相手はモデルとグラビアの子でした。ただ、その日の夜の合コンは大失敗でした。博文の自慢話とライバルのお寒いギャグが敗因でした。しかたなく、もう一軒行きました。メイド喫茶でした。

そのころ、秀作がハムスターをさがしてると、家の中では千晶はずっと楠木と楽しそうにチェスをしていました。その二人を窓の外からずっと秀作が見ていました。

翌朝、博文は小岩井の変わりにメイドを雇えばどうかといいました。すると、小岩井に娘がいることを知っていた?と千晶が言いました。その娘が働いているのがメイド喫茶でした。結婚はしていなくて認知していましたが、母親が亡くなって10年前に小岩井が引き取ったということでした。

千晶はそのメイド喫茶に行って、小岩井の娘、冨美代(桜井日奈子)に会いに行きました。冨美代は小岩井から北沢家のためにメイド喫茶をやめてくれと言ったようでした。冨美代は少し怒られたかったかも知れないといいました。でも、小岩井が執事が辞めたことで後悔してるといって執事に復帰させてくれと頼まれました。

小岩井はラーメン屋さんに面接に行っていました。

その日の夜、秀作の部屋に子供たち3人が集まりました。千晶は冨美代に会ったことを話して、小岩井を戻すには泰蔵を何とかしないといけないといいます。すると、秀作は小岩井をやめさせたのは二人じゃないかといいました。千晶はそれを聞いて、「こうなったのはすべて、あんたのせいじゃないの」とにらみつけました。千晶は秀作が退職願を泰蔵に渡したし、退職願を受け取った時点で小岩井を見捨てたんだといいました。アレだけ世話になった小岩井の手を離したのは秀作だというと、秀作は自分を世話するのにこりごりだからといわれたと反論しました。

千晶はあきれて「ドコまで馬鹿なの?」といいました。そんなことを本気で言うわけがないと秀作に説明しました。秀作が東大に合格したときや警視庁に入ったときに小岩井が家で泣いていたことを冨美代が見ていたと秀作に言うと、すぐに部屋を出て泰蔵にもう一度小岩井を雇ってくれといいました。泰蔵は、すでに退職願を燃やしていて、暖炉のマッチがなくなったから早く戻ってきてくれと伝えてくれといいました。

秀作は、小岩井と橋の上で会いました。すると、小岩井はすでにラーメン屋さんに就職していました。秀作は冨美代や泰蔵のために戻ってきてくれというと、60歳になった自分を雇ってくれた店長を裏切るわけには行かないといいました。そして、最後に秀作に会えてよかったと涙を流して職場に帰っていきました。

その日の夜、泰蔵は楠木が暖炉のマッチを触ってると思いっきり起こりました。楠木が小岩井からの手紙を見ると、いろいろなことが書かれていてもう二度と戻ることはないとかかれていました。そのころ、秀作はラーメン屋さんで働いてる小岩井を見ていました。そして、池江里子たちとの食事会に行って、尾関と二人きりにしてくれといいました。そして、大声で「おんななんてどうでもいい」と言って尾関にアドバイスを求めました。里子はその言葉を聴いてしまいました。

秀作は小岩井のことをどうしたら復帰できるかを聞くと、やめさせれば良いと簡単に言いました。それをきくと「仕事が向いていないと思えばいいんだ」と言って、その店を出て行きました。そのあと、ずっとラーメン屋さんで小岩井のことを観察していました。

翌朝、秀作は千晶と博文に協力を求めました。

 

その日の夜、家に帰った小岩井の財布からラーメン店のカギを冨美代が抜き取り外で待ってる秀作に渡しました。秀作はラーメン店に忍び込んで小岩井の仕込んだスープを捨てて、微妙にまずいスープを作り始めました。すると、泰蔵が現れました。泰蔵はスーパーから野菜を買ってこさせました。そして、二人でスープ作りを始めました。完成すると、泰蔵が秀作に味見をさえました。それはおいしいカレーでした。小さい頃に感動したカレーは泰蔵がつくったものだとわかって涙をながしました。

翌朝、小岩井がお店に来るとそのカレーの前で店長が立っていました。そして誰がこのカレー作ったんだと怒りました。小岩井は一口たべると泰蔵が作ったとわかりました。小岩井が「わたしがやりました」と謝ると、店長は「クビだ。カレー屋をやれ。そういうレベルのカレーだ」といいました。

北沢家では、秀作が博文にラーメン屋さんに人を連れて行ってくれとお願いしていました。

博文が多くの人を連れてラーメン屋さんで食べた後、秀作がその店に入ると、スープが終わりだといわれました。秀作はその言葉を聴いて、胸の中で店長に謝りました。

小岩井は板沢家の前まで着ましたが引き返して公園で就職情報誌を見ていました。すると秀作がやってきて「うちに帰ろう」といってくれました。小岩井と秀作が帰ると、すぐに千晶と博文が何事もなかったように小岩井に用事を言いつけました。そこに泥まみれの楠木がやってきてハムスターが見つかったと渡してくれました。小岩井はすぐにシャワーを浴びてこいとしかりました。

小岩井はひと段落つくと泰蔵に「ありがとうございました」と感謝をいいました。

その頃、楠木はシャワーを浴びていました。その背中には大きく、鯉が二匹の刺青がはいっていました。

(⇒4話のあらすじ

ドラマ「もみ消して冬」を見逃してしまったら、月額会費1,007円(税込)で見放題のHuluで見ることができます。いまなら月額会費1,007円(税込)が14日間無料になるキャンペーンをしています。こちらをクリックして登録すれば、5分後には見ることができます。

≫Huluに無料登録!

各話のあらすじ

キャスト

  • 北沢秀作 山田涼介、25歳の次男、刑事
  • 北沢千晶 波瑠、27歳の長女、弁護士
  • 北沢博文 小澤征悦、38歳の長男、医者
  • 北沢泰蔵 中村梅雀、当主、カリスマ教育者
  • 尾関光希 小瀧望(ジャニーズWEST)
  • 池江里子 恒松祐里、警察官
  • 手毛綱美鎖夫 小嶋一哉(アンジャッシュ)
  • 楠木松也 千葉雄大、執事見習い
  • 小岩井凜治 浅野和之、執事

以上、ドラマ「もみ消して冬」の3話のあらすじ(ネタバレ)でした。

あなたにおすすめの記事

 

スポンサーリンク

 


LINEで送る
Pocket

福田 美喜夫

福田 美喜夫

投稿者の記事一覧

いつもお越しいただいて、ありがとうございます。
これからも面白い記事を書いていきますので、ご意見、ご感想、何でもいいですから、下のコメント欄にお書きください。

【神奈川県在住の45歳、システム工学、情報経営学を専攻後、現在はアクティブシンキングライターとして生活。休日は、サーフィンにキャンプ、遅くやってきた青春を謳歌中。】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

40歳で人生を見直す

  1. モチベーション
  2. コミュニケーションスキル

疲れたときにおススメ

  1. 彼女たちの時代
  2. 私を旅館に連れてって
  3. 僕たちがやりました
  4. FOD
  5. Age35恋しくて
  6. 世界で一番君が好き!
  7. 正義のセ
  8. 民衆の敵
  9. 鹿男あをによし

40代におススメの韓流ドラマ

  1. 花郎
  2. 恋する泥棒
  3. 空港に行く道
  4. 愛人がいます
  5. 星から来たあなた
  6. 夜警日誌
  7. レディの品格
  8. 善徳女王
  9. 最高の愛 ~恋はドゥグンドゥグン~
  10. シークレット・ガーデン
スポンサーリンク

最新情報

  1. 娼年
  2. 曇天に笑う
  3. ランペイジ
  4. 人生の時間
  5. 未来を変える
除湿機
  1. 嘘の戦争
  2. 腰みがき
  3. 民衆の敵
  4. 富士ファミリー
  5. 医龍
  6. ハロー張りネズミ
  7. この世界の片隅に
  8. 結婚式
  9. 僕のヤバイ妻

多くの人に読まれている情報

  1. セシルのもくろみ
  2. 絵本
  3. 陸王
  4. 伝え方
  5. USJ沖縄
  6. 陸王
  7. ボク、運命の人です
  8. 隣の家族は青く見える
  9. この声をきみに
  10. チアダン
電話占いヴェルニ「あの人の気持ちを当てる」全国の有名占い師が集結
PAGE TOP